幼稚園の日記(ブログ)

 Home /幼稚園の日記(ブログ)

2020年7月16日 木曜日

今日はレベル3の警戒情報等で不安定な天候が続いていましたが、今日は久しぶりに青空も見ることができ暑い一日となりました。園庭では、テントの下で包丁ままごとをしており、野菜を切って上手に盛り付けたり、うさぎの所に持って行って「どうぞ!」と笑顔であげたりしていました。泥場では年中児の泥団子作りに混ざってすみれ組のAちゃんも泥団子を作っていました。Aちゃんは近くで作っているお姉ちゃん達を見て真似をしてさら粉をかけていました。途中団子にひびがはいってしまったので少し困っていました。そこで、「お姉ちゃん達に聞いてみる?」と尋ねると「うん」と小さく頷いて年中児の子ども達に聞くとHちゃんが「水をつけたら」と教えてくれました。去年、年少で教えてもらっていた子ども達が考える立場になり優しく教えてあげている姿はとても微笑ましく思いました。

CIMG9360CIMG9364CIMG9362

また、作品展に向けて各学年『あそびのコーナー展」の活動をしており年中児のクラスでは廃材遊びをしていました。S君は平らな箱とカップを持ってくるとセロハンテープでつけ始めました。見ていくと、平らな箱を縦にして上に箱を付けると大きな動物になっていきました。「きりんさん?」と聞くと、S君は「うん!」と教えてくれました。S君はきりんの特徴をしっかりと理解しており、長い首を箱でくっつけて作るとカップを使って頭を作っていました。とても上手だったので「すごいね!」と言うとS君は「うん」と少し照れくさそうにしていました。

CIMG9365CIMG9366

たんぽぽ組では、園長が遊びが広がるようにと環境を作り直してくれました。すると、子ども達はすぐそれぞれやりたい遊びを見つけて積み木遊びやままごと等をし始めました。ままごとコーナーではチラシをちぎって料理をしておりRちゃんはちぎって丸めた料理を作ると「おにぎりどうぞ」と渡してくれました。「美味しいよ!」と言うと笑顔でままごとコーナーに戻ってまた遊んでいました。また、AちゃんはSちゃんと椅子に座ると自分で作ったご飯を「むしゃむしゃ」と言いながら食べていてとても可愛い姿が見られました。

CIMG9367CIMG9369D8B25E46-323E-4599-990A-B27C2D2519A1AABCF4C3-FEDD-4536-9776-0D5E476F8DAAC34BF7EA-A82D-4D2C-9309-1A4F251B57736EAB468F-DEFF-47CC-8780-FC5B0C10654B

また、教師が段ボールで『お家』を作っていると興味津々な子ども達は「何してるの?」「窓だ!」等と言いながら完成を楽しみにしていました。お家が完成すると子ども達は「入りたい」と次々中に入っていました。そんな中、Yちゃんは窓を開けると「ばぁ~」とニコニコで言っていて自分自身見ていて楽しい気分になり自然と笑顔になっていました。

CIMG9371CIMG9376C78FE6AB-2C93-469F-8498-F34D9E078A7C

また、年長児の『おばけやしき』も完成しました。今日は教師だけ入らせてもらいました。お化け屋敷の中には可愛いオバケや怖いオバケが沢山いました。今から他の学年の子ども達の反応が楽しみです!

IMG_1526

〈今日のメニュー〉

5429F0F0-3538-4600-BC3D-134D0E24D8EE

2020年7月15日 水曜日

久しぶりの晴天の日で、子ども達も「外で遊べる!」「外行ってもいい?」と笑顔で聞いてくる子が沢山いました。広い園庭には、あちこちに遊べるコーナーが出来ていて、異年齢同士で楽しそうに遊んでいました。釣りのコーナーでは、雨の日に沢山遊んでいたのもあって、年少児でも、片付け方やルールが分かってきている子が増えてきている様子でした。ボールすくいコーナーでは、ひしゃくでボールをすくってはバケツいっぱいになるまで入れて満足そうに返していました。また、新しいコーナーも出来ていて、ボールを火ばさみや長い竹のお箸で挟んで移す遊びが出ていて、そこではとれるまで根気強く挑戦している姿が見られました。らいおん組のR君は、青色のボールが欲しくて、とれるまで追いかけて、友達や教師の応援もあってやっととることが出来ました。別のボールすくいでは、りす組のRちゃんが紐がついているボールは「当たりなんよ」と遊んでいました。

IMG_5982IMG_5988IMG_5991IMG_5983IMG_5987

もう1つの新しいコーナーでは、(仮名)“ゴミ拾いゲーム”が出来ていました。園長が桶の中にヤクルトの容器、幼稚園で育てている小さくて食べられないきゅうりやトマト、落ち葉などを入れていきました。そして、それらを火ばさみや竹のお箸を使ってバケツに入れるゲームが始まりました。ちゅうりっぷ組のK君は、教師の真似をして落ちて食べられない緑色のトマトを沢山拾っていたりと一生懸命見よう見まねで準備を手伝っていました。

年少児も野菜だけを上手に火ばさみで掴んで同じ所に集めたり、年中児から「こっちの方が良いよ!」と使いやすい道具を教えてもらったりと挑戦しながらやり方を覚えている子もいました。さくら組のH君は、「きゅうりがとれたよ!」と掴めるたびに嬉しそうに教えてくれました。火ばさみの開いたり閉じたりという動きもコツをつかんでしていました。このゲーム名は後で「クリーンクリーンゲーム」と名付けることにしました。

IMG_5981 IMG_5995 IMG_6001 IMG_6003

子どもだけのなつまつり本番でみんながどんな反応をしてくれるのかとても楽しみです。教師も一緒に子ども達と盛り上がれるように準備を進めていきたいと思います。

IMG_5993 IMG_5996

今日の献立は、胚芽米、鳥の照り焼き、切り干し大根、かぼちゃサラダ、リンゴでした。

2020年7月14日 火曜日

子ども達が登園しはじめる頃に激しく降りだした雨も、登園し終える時には小雨になり止むと時折涼しい風がふいていました。今子ども達は作品展に向けて準備を進めていますが、今年は子どものあそび展を考えています。そこで、年中児達はあそびの共同制作展のあそびを展開しています。今日は、新聞紙一面に色紙や広告を小さくちぎって川を作る子ども達は年中4クラス混じり合って作業を進めていきました。

A27938BD-70B7-49B6-8911-7F8680EC8DF2E1832048-26B0-4C0A-94D6-FC590C606668

 

紙をちぎることを楽しんだり、ぱんだ組のSちゃんは折り紙を小さく貼っていたり、ひつじ組のR君は半分に破るとのりが入っている容器に直接紙を入れてのりをつけてダイナミックに貼っていました。

9CBADE44-AA81-49A0-BA24-A872C675897E5ECE650D-A6A0-48A1-85B6-74E09CB46194243CE217-C906-4679-981F-6F98A050D9FA

 

一方隣の部屋では、廃材で思い思いにそのまわりの風景を考えながら作っていました。しばらくして「先生見てー。」という声に振り返るとりす組のH君が出来上がった樹を持って立っていました。「本物みたいに上手に作ったね。」と言うとなにやら浮かない表情をして「でも立たないんよー。」と作った樹を床に置いて見せてくれました。上の方が重たくてバランスを崩して倒れてしまいました。そこで他の子ども達が作っている物から何かヒントを得られないか見に行く事にしました。飛行機や車で遊んでいる友達を見ていると「下に板をつけよう。」とお菓子箱を切り取って貼り、板の部分を出来るだけ小さくしようと少し切っては立っていられるか何度も試してみて自分が納得いくものを作っていました。

 

降園前に、りす組とぱんだ組とで盆踊りをしました。盆踊りの音楽を聴きつけたたんぽぽ組さんが廊下で一緒に踊っていました。それを見かけたりす組のYちゃんはたんぽぽ組さんの前で止まると振り付けを教えたり、手を取って踊ったりする姿が見られました。少しずつお兄ちゃんお姉ちゃんになっている様子を見ることが出来ました。

8564B4B0-39E6-4337-BBAE-66548DA0960E10CE4C66-F472-4712-A83D-CBB225BBBC05B0C6FC7E-A570-4602-8435-8F493945B169

 

今日の給食は中華丼、ジャガイモとキノコの炒め物、オクラサラダ、オレンジ、牛乳でした。

9E412C0C-D053-4AC4-AA0D-F842AB61DB02

 

 

2020年7月13日 月曜日

先週の月曜日、トマトがカラスに食べられて大変なことになっているという出来事がありました。そこで、土曜日に全クラスのプランターを1か所に集め、ネットで囲いました。教師がカラスの目線であちこちから侵入できそうな所を探して、しっかりガードしました。そのおかげで、今日はどのクラスもたくさんの赤いトマトができ、トマトたちは、キラキラ輝きながら子ども達が来るのを待っていました。

ネットを外し、各クラスのトマトが観察できるようにすると、プランターを取り囲むように子ども達が集まりました。収穫して、その場で食べさせてあげたいと、古森先生のアドバイスで塩水を用意し、きれいに洗いました。次亜塩素酸水も塩からできたもので、消毒作用があることを教えていただきました。さくら組は、18個取れたので、1個を半分に切ることにしました。トマトを見せて、「これ何個?」と聞くと、「1こ!」半分に切って「これ何個?」と聞くと、「2こ!」と1つが2つに増えたことを喜んでいました。

「ゼリーみたい」「甘い」と言いながら、今まで食べず嫌いで口にしなかったAちゃんが、友達がおいしそうに食べるのを見て、自分から食べることができました。

後から収穫していたきりん組が、さくら組のトマトが3個残っているのを見つけました。あと3個あれば、きりん組の人数分になるということで、きりん組さんから「さくらさん、トマト3つください」とお願いされました。「いいよ」と応えると「ありがとう」と言われたのですが、次の言葉が出ないさくら組の子ども達に「どういたしまして」と古森先生がにこやかに助けてくださり、みんなが「どういたしまして!」と返しました。

お家では、お店でミニトマトを買うとたくさん入っているので、当たり前に一人1個食べていると思います。幼稚園では、苗から育てて、花が咲いて、緑色の実がなり、何日も何日も待って、やっと赤い実になったこと、雨や風が強いと実が落ちてしまったり、カラスに狙われて食べられたりするんだということを知りました。一人に1個ないときは、半分こにして分け合い、少ないクラスがあれば、多いクラスが分けてあげる。そんな経験を積み重ねることで、子ども達の中に助け合いの気持ちが育つといいなと思いました。

15DA255C-412A-4FC2-A358-724C7402E67800F9B60C-F8AE-4306-A97F-5A2BC454048045809811-7501-4567-8068-81292B6787AD45C25A11-F5E8-4093-98D0-9A1D47943EC59B3D4D53-B918-4527-8D10-D58ECE984E5FC2880ABA-702F-41A4-968A-49CFD4041431

2020年7月12日 日曜日

ぴよぴよが預かり保育をしている場所に様々な花と栽培しているミニトマトがあります。子ども達は玄関を出入りするたびにその植物の前を通るので気が付くと「きれいだね。」と言いながら時々触ってみていました。

そんななかで鮮やかに咲いていたアジサイの花も7月になると少しずつ色があせていき、中には花びらが茶色くなってしまうものもありました。そこである日、おもいきって色が変わってしまった花を遊びに使おうと外遊びの時にテーブルに置きました。すると子ども達は手に取ってポンポンと軽く叩いてみたり花の一つひとつをちぎってみたりして遊び始めました。

アジサイの花は小さな花がギュッと固まっていてその一つひとつが花の形をしているので子ども達は一つひとつちぎってお皿に入れながら「かわいい!」とつぶやいていました。紫や水色、ピンクの3種類の花を次々と手に取りままごとをしていた子ども達の中でA君はカップに入れてそれをままごとハウスに持ち込むと「いらっしゃいませー。」とアイス屋さんをしていました。

又、Iちゃんはちょこんと頭にのせて「にあうかな?」と飾りにしていました。そしてついに花を全部とってしまったH君、その手には茎だけが残っていました。それはまるで珊瑚のような形をしていてじーっと見つめていました。確かに水色のアジサイでも茎の部分は青、紫、しろ、水色と沢山の色が混じって出来ていました。そしてちぎった花も微妙に色が違っている事が不思議でした。

自然の色はとても美しく同じように見えても一つひとつが違っていてそれが集まって花になったアジサイをじっくりと見た保育教諭達からも「へーこんな風に色が違うんだなぁー」と感嘆の声があがりました。何気なく「きれいだなぁ~。」と観ている花にも色や形、その作りに改めてさせられたのでした。

終わりかけたアジサイの花を子ども達の遊びに使わせてもらいながらまた次の年にもきれいな花を咲かせて欲しいと思いました。258D8A01-F367-47AA-89AF-51C71EC4CD25

DEAFC6E0-D224-46B8-9775-D8EEB54820DD

CD13E865-A892-4A42-B599-A9668C47B8E306A323C8-3260-44D2-9ABA-DEBD52D4F7F9

2020年7月10日 金曜日

今日、年長児でこどもだけの夏祭りに向けて活動しました。先日たまたま戸外で、年長児が遊んでいる近くで古森先生が壊れた傘を使って何かを作っていました。それに気付いて、子どもたちが集まると、傘を使って”からかさおばけ”を作っていて、驚かせてくれました。そして、いつの間にかO先生やM先生もおばけを作っていて、子どもたちも大喜び!古森先生に夏祭りに向けて「こどもだけの夏祭りだから、みんなでお化け屋敷作ってみない?どう?」と聞かれ、すぐさま子どもたちは「するー!」とやる気満々でした。「先生たちのより面白いものを作ってね」とお願いしてくれ、期待を持って今日登園することができました。うさぎ・ひつじ組を借りてお化け屋敷作りが始まり、まずは部屋を見てどうしていくのか4クラスで話していました。そこに、古森先生が来てくれ「あら、あら、このままだと全然怖くないよね。怖くないからちょっと通ってみよう」と実際に作っていた通路を「ここにおばけおいてみたら…」「布もあるよ!」と通ってくれながら話してくれたおかげで、こどもたちの中でお化け屋敷のイメージができて来ました。すると、子どもたちも「新聞で貼ったらいい!」「ここに置いてたら小さい子は見えん!」と気付き、いろんな発想が出て、聞いていた私たち教師もなんだかワクワクしてきました。「なんでも使っていいんだよ。先生もみんなが必要なものを言ったらどうにかして持って来てくれるからね!」と最後に話してもらうと、子どもたちはとても生き生きしてすぐにお化けやしき作りに取り掛かり始めました。新聞をちぎって壁に貼る子や、壁になるダンボールに絵を描く子、おばけを考えて作る子など、みんなが楽しんで時間を忘れて作っていました。

IMG_1932 IMG_1938IMG_1954IMG_1953また、高い所は届かないと気付くと「先生上の方に貼って」「これ引っ張って貼って」と次々と教師にも指示を出していく子どもたちの姿はとてもたくましく、素敵で私たちもそれを楽しみながら活動することができました。また、これから子どもたち同士で協力し合い、どんどん楽しいお化け屋敷になっていくのだなと、とても楽しみになりました。

IMG_1958IMG_1948IMG_1942

今日の給食のメニュー

胚芽米・豚しゃぶサラダ・・りんご

IMG_1964

2020年7月9日 木曜日

昨夜に発令された避難準備レベル3が継続されていることで、2日連続の自由登園になりましたが、三葉っ子達は保護者と一緒に元気いっぱいに登園してきました。昨日のブログで少し紹介されていた「楽しい出来事」ですが、少しずつ様子が見えてきました。年長組の2階テラスには、何やらおばけのような物が飾られているではありませんか。すると、「先生!これ見て!」ときりん組のKちゃんが声をかけてきました。Kちゃんの手には怖そうな鬼の絵!この絵も飾るのだそうです。又、Wくんは「今日はお引越しもするんよ♪」と嬉しそうです。秘密の楽しい出来事は、着々と進行しているようです。

IMG_3088 IMG_3087

 

年長さんが植えた稲の田んぼが先週から気になっているひまわり組の男の子達ですが、先日は園長に拡大鏡を借りて生き物を探していましたが、見つけると「何かがおる!!」と大はしゃぎしていました。そして、今日は園内にいる生き物を探しに行こうと園内探検が始まりました。まず見つけたのは、りす組のカメです。子ども達が水槽を覗き込むたびに、カメが首をヌーっと伸ばす様子を驚きながら見ていました。隣のぱんだ組では、Kくんがアゲハ蝶のサナギを持ってきていて「今日生まれるんよ。」と教えてもらうと、サナギを揺らさないように気をつけながら見ていました。

IMG_3109IMG_3106

きりん組にはおたまじゃくしがいました。「おじゃまたくし♪おじゃまたくし♪」と喜んで見ていると、水の中から何やらおかしなカエルが飼育ケースをよじ登ってくるではありませんか。「カエルにしっぽが生えとる!」目を大きく見開いている子ども達に、O先生が月刊絵本を見せてくれました。そこには、おたまじゃくしからカエルになるまでの様子が載っていました。おたまじゃくしから手足が生えて、段々とカエルの姿になっていくのを見て、「これや!このカエル!」と指差して喜んでいました。絵本を見ながら「大人になったらしっぽがなくなるんやね。」と気づいた子ども達は、生き物探しの園内探検で新しい発見をたくさんしたのでした。

IMG_3100IMG_3102IMG_3099

悪天候が続き2日連続の自由登園でしたが、明日は通常通り子ども達が登園できることを願い、会えるのを楽しみにしています。

昨日と今日の2日続いてのレベル3、レベル4の自然災害では幼稚園及び保護者の皆様の実際の行動、意識の持ち方、協力態勢のあり方などたくさんの反省点と学びがありました。お忙しい皆様ですが、園はお休みしませんので、連絡できる状況を作っておいて頂きたくお願い致します。