幼稚園の日記(ブログ)

 Home /幼稚園の日記(ブログ)

2020年2月18日 火曜日

 お天気に恵まれた今日、年中児は秀野邸の畑へじゃがいもを植えに行きました。自分達で2つに切り、灰を付けた種芋を持って出発です。子ども達は穴を掘り、種芋を隠すように丁寧に土をかけていきました。

IMG_4106IMG_4108

 そんな中、りす組のHちゃんは土を撫でているので様子を見ていると隣にいた男の子に「よしよしした?」「入れたらよしよしするんよ。」と話しながらまた土を優しく撫でていました。きっとHちゃんだけでなく、年中児の優しさや思いのこもったじゃがいもは大きく育ってくれるだろうと思いました。

IMG_4110

 種芋を植え終わった子から12月に植えた玉ねぎの観察をしました。すると1人の女の子が泣き出したので理由を聞いてみると「自分が植えた玉ねぎがどこにあるか分からない」という事でした。そこで、今回植えたじゃがいもに目印を付けようと菜の花の方へと誘いかけました。菜の花は玉ねぎを植えた12月からより高く成長し、沢山咲いていました。するとその子の行動をきっかけに他の子ども達も大きい菜の花に興味を持ちました。その花は玉ねぎの時にも咲いていて摘んでお土産にしたことを覚えていた子ども達は菜の花を今回もお土産として持って帰ることにしました。自分で摘んだ菜の花をプレゼントにすると手いっぱいに持っている子ども達が次に何かを見つけました。子ども達の中には初めて見る子も多かった「つくし」です。初めて見るつくしにどこから摘んでいいのか分からず、つくしの頭だけ取る子どももいました。そのつくしが食べられると初めて知った子ども達は「焼くのかな?」「つくしごはんとか?」と大盛り上がりでした。

IMG_4122IMG_4125IMG_4129

 幼稚園へ戻り、ひつじ組では、年長児の卒園写真に参加していた園長先生に報告の手紙を書きました。その中には、「たまねぎのげんきがなかったです、どうしたらいいですか、おしえてください」と玉ねぎを見て枯れているのではないかと心配した子どもが書いたメッセージがありました。今まで言葉でのやり取りでしたが、文字が少しずつ書けるようになり、子ども達が分担し、3枚の紙にまとめました。手紙という形でも伝えられるようになったのだと子ども達の成長も感じることが出来ました。

IMG_4149IMG_4148IMG_4142

2020年2月17日 月曜日

今日は風も冷たく、登園してきた子供たちは「わぁ〜さむいー!!」と頬を赤く染めながら体を縮めていました。今年1番の寒さに、さすがの子供たちも室内遊びを楽しんでいると…突然、空が曇り、雨が降り出したかと思い窓を開けると音を立ててあられが…と子供たちに「雪だよー」と言ってテラスに誘うとなんと6〜7㎜のひょうが降っていました。子供たちが集まり「わぁ〜手に乗った!!」と嬉しそうにいい、テラスにいた子達は上靴で踏んだ時に「ジャリっていった」などと目で見て、触って感じることができ、冬の寒さを体感出来ました。ほんの短い時間でしたが、空からの今年1番の子供たちへのプレゼントになりました。

IMG_9418 IMG_9421 IMG_9424

ちゅうりっぷ組では、S君とT君が廃材で電車や飛行機、戦車を作って遊んでいました。するとY君が「電車って線路通るよねー!」と言ったので、今日はみんなで乗り物や道路作りをすることにしました。新聞で道路を作っていると、またまたY君が「信号がいるんよ!」と気付いて牛乳パックで信号を作りました。そして今度は「電車が入るところがいる!」「ガソリンスタンドもいる!」「道路に模様あったよね?」などと他の子たちも次々とアイディアを出して表現を楽しんでいました。また、友達と協力して新聞紙をちぎる人とセロハンテープをちぎってくる人、新聞紙を押さえる人と役割を分担してどんどん自分たちで道路を広げていく姿に驚きました。また、要領いいなぁと感じたのは、セロハンテープを1枚ずつちぎって来るのではなく、何枚かを1回でちぎってきて何ヶ所か一気に止めていく姿に”あぁ〜すごいな”と、私も見習わないといけないなと感じる場面でした。4月は個々の遊びだった子供たちが、今はこうして「ああしよう、こうしたら?」と相談し、協力し合って一緒に作ったり、イメージした物を表現できたり、知恵を寄せ合いながら色々な力を身に付け、成長しているんだなと感じることが出来ました。楽しんでいる子供たちを見て、私自身も幸せを感じる時間となりました。

IMG_9386 IMG_9397 IMG_9412 IMG_9416 IMG_9429 IMG_9410

今日の給食のメニュー

パン・具だくさんポトフ・ドレッシングサラダ・りんご

IMG_9431

2020年2月16日 日曜日

梅の花も咲き始め春の近づきを感じられる今日この頃です。

ひよこ組の子ども達も元気に登園しています。
日々の成長が感じられる中で、お手伝いが喜びになっている子が増えています。
「お手伝いしてくれる人」と声かけをすると集まってきて、お昼寝の布団運びをしてくれます。
「よいしょ」「よいしょ」と運ぶ姿は頼もしく可愛いです。
午睡後のシーツも保育教諭が畳むと、押入に片付けている保育教諭の所まで運んでくれます。
「ありがとうRちゃんすごいネ」と誉めると、私も誉めてと、Wちゃん・M君も始めます。
誉めてもらえる事は、1歳児達のやる気を育てています。
遊びの中でOちゃんは、ぬいぐるみにハンカチをかけた後2つに折って持ち歩いていました。片付けのお手伝いの真似っ子です。
「おもちゃ片付けてネ」では、反応しない子も「U君お片付けお手伝いしてネ」と言うと始まるのです。
終ると「ハイタッチ」と「ぎゅっ」が待っています。給食の後の食器運びのお手伝いも誰がするかケンカになる程の人気なのです。
いっぱい誉めることによって、見せてくれる誇らしい顔は、輝いています。
日々の生活の中で、誉める事を増やしていきたいなと思います。

DSCN0518DSCN0553 DSCN0555 DSCN0569 DSCN0520 DSCN0550 DSCN0523

楽しみにしているお遊戯会が近付いています。

お部屋ではジョイントマットを敷いてステージを作って踊ったり、お面のベルトにお絵かきをしたりなど、気持ちも高まってきています。3Fホールまで月齢の低い数名はだっこですが、他の子はしっかり手すりにつかまって1段1段丁寧に上がっていき、足腰もしっかり鍛えています。
最初はなれないステージでの踊りは、不安な子や落ち着かない子も多かったですが、繰り返す事、誉める事で少しづつ慣れてくるにつれ、楽しみにしてる子も増えてきています。
22日は保護者の皆様を前にして、どんなハプニングが起るかドキドキですが、無心な子ども達の演技をお楽しみ頂きたいと思います。

DSCN0532DSCN0566DSCN0534DSCN0564DSCN0536DSCN0561

2020年2月14日 金曜日

(さらに…)

2020年2月13日 木曜日

朝一番は、昨日の雨で園庭にできた水たまりを横目に砂場や三輪車で遊んでいた子どもたちでしたが、曇り空の隙間から太陽が顔を覗かせポカポカ暖かくなると、自然の変化に敏感な子どもたちは「せんせい!はだしになっていい??」と言って泥遊びを始めました。時々、太陽が隠れて寒くなると「たいようさーん!!」と空に呼びかけていました。体を動かしているうちに体の中からポカポカ温かくなり踊りやオペレッタで遊んでいる子どもも次々と上着を脱いで薄着になって遊ぶ姿が見られました。

177410D3-2889-403C-A591-ABA656B3CF94 1828330E-0B74-4475-B6D1-C36D9CB46AF4 57A8C692-1AC3-42B3-94DB-B8F78917FDD3 7D0B04CA-4ABB-458E-9FD3-0A351DB8A92B D93FC5AF-FB95-428C-85C9-88A275B52F07 79C1BF97-DCA4-47D2-9A4C-0D79AB73C190

さて、年中ぱんだ組とひつじ組はミキ・スタディパルズの子どもたちとの交流がありました。2学期から運動会の練習等でたくさん交流をしてきた子どもたちでしたが、3学期になり久しぶりに顔を合わせると少し恥ずかしそうにしていました。サッカーやかくれんぼなどをして遊んでいるうちに馴染んで一緒に遊び始めました。すぐに打ち解けたぱんだ組のAちゃんとHちゃんは「Rちゃんと、ともだちになったー!」と教えてくれました。

その後のミキ・スタディのマット先生のレッスンでは、楽しく体で表現しながら英語を教えてもらいました。手をいっぱいに広げて「Big」しゃがんで体を小さくして「Small」、元気の良い生き生きした表情、疲れた表情、先生の表情やイントネーションの抑揚に興味を持って発音を繰り返したり、真似したりしていました。英語に限らず、新しい事に対してどんな事でも“興味を持ってやってみる”という力が身についている姿を見て嬉しく思いました。

08700A96-B6A9-4BBF-B483-1DC8B1B053E2 262AA39C-FDD9-45FF-8F93-A32B2C4F66D7 5EF1CDC3-E3FA-4437-984E-D030D1D3CF3F C7C1DF67-43C1-4992-BB61-FBB22CCA5638 2E7531F1-E415-4BCA-B38D-A86C2A3DBA35 13C2045E-301F-46B0-8BAB-D8E4F896CFED

今回の交流では、ミキ・スタディの子どもたちも三葉幼稚園の手作り給食を食べる事になりぱんだ組で一緒に給食を食べました。すっかり仲良くなったひつじ組の子どもたちは「えーーー!」「いっしょにたべたかった〜」と嘆きながら教室に戻りましたが、気を取り直して「『またあおうね』のおてがみかこう!」「バイバイするときにわたそうや」と言って、今日一緒に遊んだ友達にお手紙を書き始めました。「“みきすたでぃ”ってどうかくん?」「カタカナがいいー」「“またあおうね”は?」「“ねんちょう”ってかきたいんやけど」と教師に聞いて文章を書いたり楽しかった思い出を絵に描いたりして、完成すると自分たちで封筒も作って、素敵な手紙をプレゼントする事が出来ました。今度1年生になるミキ・スタディのお友達は「もうこれないの、、、」とちょっぴり寂しそうでしたが、年中児は年長になる事をお互いに期待しながら最後の交流ができました。

8AE48112-7EBC-4B4E-A648-FA9D6027B15A AC5DD397-62EA-4425-96B3-9942BACB0408 5BC36E68-8E84-4ECA-8C5F-168B6378C9D3 8EB97EFB-F470-4C49-BEF6-96E93561F1D4 DA68DCFE-78B8-4830-9691-AAEB3BF55CE8 D308CA65-BF38-442E-B3A6-C1A09E23E2FD

 

 

 

今日の帰りのバスでは、昼前から気温が上がり車内はもっと暖かくなりました。朝は寒くて、上着やセーターを着てきた子どもたちも「せんせい!あつくなってきた!うわぎぬいでいい?」「あせかいてきたかも」などと口々に言っていました。そんな暖かい陽射しが射し込むバスの中から窓の外を眺めていたちゅうりっぷ組のHちゃんが「せんせい!はるにむかっていきよるね〜」とつぶやきました。「ほんとだね。」と言いながら心が温かくなりました。植物や生き物が目を覚ますのが待ち遠しくなる1日になりました。子どもたちと迎える春も目の前に迫っているのだと思うと、1日1日を大切に過ごしたいと改めて思いました。

 

07CE262D-373E-43DD-8D1C-FA8473A16355F297F176-4F5A-44CD-AEA0-C9AE82CBAC83C833E812-3B1D-425E-AB2D-C7C5B7E61860

 

2020年2月12日 水曜日

今にも雨が落ちてきそうな空の下、朝はどうにか雨が降らず、園庭では子どもたちの元気いっぱいの声が聞こえてきました。

F02E44E1-CE20-4FCB-8F59-059A404AD795 49E37612-6819-4C75-9480-4AA63C1411D8 FA4796AD-C988-4874-A4A2-1E0A8F62D071

 

 

ままごとのコーナーでは、年少・ちゅうりっぷ組のAちゃんが大根を切っていました。Aちゃんが切った大根は、きれいなハート型になっていました。それを4つ作り組み合わせると、大きな四つ葉のクローバーができました。Aちゃんは、教師が野菜をハートに切っている様子をみて、「自分もハート型に切りたい。」と練習し続けていたのでした。そしてついに上手に切ることができたAちゃんはとても嬉しそうでした。

FFEFB0E7-C39B-4133-BC3F-5AFBF79D5B55 395D163E-5A87-44CC-BE71-3B7D5DD19C13

 

たんぽぽ青組の子どもたちは、おいしいお弁当を食べたあと、隣のクラスの年少・すみれ組さんに踊りを教えてもらいました。すみれ組のY君は、たんぽぽ組の子どもたちと一緒に踊りをすることが楽しみだったようで、「準備できた?」と言いながら、何度もたんぽぽ組の部屋へ呼びに来てくれていました。たんぽぽ組の子どもたちがすみれ組に入っていくと待ちかまえていたすみれ組の子どもたちが「海のダンスパーティー」のオペレッタを教えてくれました。たんぽぽ組の子どもたちもお兄ちゃん・お姉ちゃんの踊りを真似して上手に踊ることができました。たんぽぽさんも教えてもらったお礼にすみれ組さんに「こぶたとおおかみ」のオペレッタを教えました。

00C645A3-5A6E-430E-B899-11843926CD65 A271F349-23EE-40FB-9BC4-C15B8DBC88C6

 

プレ年少児の他学年との関わりは、子どもたちにとって良い刺激をもらえると共に、お兄ちゃん・お姉ちゃんに対してのあこがれの気持ちをもつことにつながり、更に自分達ももうすぐ年少のお兄さん・お姉さんになるという自覚も生まれてくると思います。年少組さんになるまでの約1ヶ月の間にこのような機会をまたとっていきたいと思っています。

0B7A6B36-C654-43DE-9F73-A8FEE8AF2B02 EB52F418-6835-49C4-889D-E05EC4EDF3D6 96603C53-4F55-471A-978A-2ECC89D0C23B

2020年2月10日 月曜日


真冬の寒さが続いていますが、今日も園庭では元気なみつばっ子達がサッカーや長縄などで体をいっぱい動かして遊んでいました。又テラス前では生活発表会の踊りや、オペレッタ、劇を楽しんでいる子どもも沢山いました。

imageimageimage

 

一方砂場に目を向けると、年少さんと年中さんとにそれぞれ分かれて山を作っていました。年中さん達は慣れた手つきで砂を集めると、スコップの裏で叩いて固めては砂をかけてを繰り返す中で、次第に役割も決まり状況を見てさっと動いて自分達であっという間に完成させていました。

image

 

年少さん達はというと、6、7人が集まり年中さん達の作り方を見よう見まねで、作っていましたが、「砂を固めるんやったら水をかけたらいいんよ。」と誰かが案を出して、鍋いっぱいに水を運んで水をかけ作っていた山が崩れてしまい慌ててしまう場面も見られ微笑ましく思いました。

image

 

山が完成すると、「山に木を植えよう。」とM君が言うと、園庭に落ちている松の枝を拾ってきて、砂場の頂上に次々に差していき森のように作っていました。それを見ていたY君は「今日寒いけん雪降らそうや。」と乾いて白くなっている砂をかけはじめました。するとうっすらと山に雪が降ったように白くなりました。それを見ていた他の子ども達も「雪が降ったみたいやね。」「俺も持ってくる。」と砂を集め次々にかけていき雪山にしていました。

imageimageimage

 

木を植えたり、寒いから雪を降らそうという子ども達の発想に驚きました。何気ない一人の発想から、次々に遊びが展開できる環境や、一人一人の子どものつぶやきをこれからも大切にしていきたいと思います。

今日の給食は、パン、具沢山塩焼きそば、ブロッコリーサラダ、バナナ、牛乳でした。

image