幼稚園の日記(ブログ)

 Home /幼稚園の日記(ブログ)

2021年2月22日 月曜日

2、3日寒い日が続きましたが今日はポカポカ陽気で今日は20℃を超える暖かさになりました。子どもたちは戸外で少し体を動かすだけで汗ばむほどで「先生上の服脱いで良い?」と自分たちで衣服を脱いでいる姿もあちらこちらで見られました。

年中さんは、今日ジャガイモの種芋植えに秀野邸に出掛けました。本当は先週の水曜日に植えに行く予定でしたが強い寒気での霜が降っていた事もあり延期したのでした。その甲斐あって今日はとても良い天気になりジャガイモ植え日和になりました。ぱんだ組の子どもたちはバスの中で「暑いし、土を触るから腕まくりしよう!!」と言うことになり、みんなが腕まくりをしてしいました。半袖ぐらいまで袖をまくり上げてやる気満々で、なんとなく大人っぽくもあり思わず笑ってしまいました。

秀野邸につくと子どもたちはまず畑が玉ねぎを植えた時とは違って黒いビニールに覆われていることに気がついていました。種芋作りをする時にはまず何に気をつけて切ったか問いかけると「へこんでいるところを切らないようにした!」「芽をよけて切った!」と子どもたちから答えが返ってきました。そのへこんだところから目が伸びてくるということは、、、、どの様に植えたら良いかということを考えながら断面を下向きにして植えていました。9D59E831-3218-4F1E-A87F-F0E8EE016C0E71096D40-B91F-41D9-8480-9635259ABCC259356F3E-E085-49AF-8B83-080DAC943C32932E347B-6491-4088-BB0B-24A0F8DFE77D

その隣のうねには12月に植えた玉ねぎも少し大きくなっていて、周りには雑草が生えていたので「大きくなってね!」と草抜きをしました。そして、川沿いをみるとたくさんのつくしがニョキニョキと頭を出していました。それに気づいた子どもたちは「わーっ」と歓声をあげていました。足元にもつくしはたくさん足の踏み場も無いくらい生えていて、踏まないように慎重に歩いて一本一本収穫していました。小さな小さなつくしの赤ちゃんに気づいたYくんは手で守って「みんな踏まないように!」と言っていたり、つくしを折る時につくしの胞子が飛ぶことに気付いたり、たくさんの菜の花に囲まれ春の訪れを感じられる1日になりました。
E14979C3-3559-448B-988A-46A84CE994CF 274F6849-83D5-4EF1-8E26-C72743391386 A2DC89E8-EA74-476C-BE75-3BD0D5711396 103A9C56-74CC-4E36-932F-983EA97CCFF8

 

EBB50F04-1E32-4C2B-BEEC-18C7F553A275 54B425B4-D951-4B37-A161-C3A13B04A309 3208EBFA-8E49-4CE0-A894-4CF23C999608 9BBA26F7-FD53-400B-B47F-7139617B33AD 00AEE738-DE19-4590-B310-23E9ECBC6045 2EDD80F9-AD7E-442B-8DB4-B62210A37A18 0C7C1BB1-3434-4827-8D7C-33E61380B72B EA8E35EF-5E84-40B6-92D7-9800195A1C49とってきたつくしは先日、古森先生がとても美味しく料理してくれたので、「また料理してもらいたい‼︎」と“はかまとり”をしました。みんなの小さな手で真剣につくしと向き合いながらはかまを丁寧にとっていきました。大変のように思うはかま取りも子どもたちは楽しみながら「茎がツルツルになった〜」と喜んでいました。下処理をしてまた楽しみになりました。明日のお休みの日に古森先生が調理をして持って来てくれるそうで、明後日が楽しみです♪

ACED00F4-5C9C-4EA4-BD94-F66E16ECBC2F 8EAFC9E8-61F3-4AD6-8AB3-43F96731FB42 B4EB9BF5-1123-4053-96B4-60F63944CD96 4CA40CDA-1D4E-4CCE-99FA-89FC73DD78E0

 

トラックバック
コメント (「春♪先取り体験〜じゃがいも植えとつくし取り〜」 ぱんだ組濱本果穂 はコメントを受け付けていません)