幼稚園の日記(ブログ)

 Home /幼稚園の日記(ブログ)

2020年10月28日 水曜日

今日は、朝は寒く感じましたが天気もよくたくさん遊ぶにはぴったりの1日になりました。朝から木工あそびのコーナーには子どもたちが大勢集まっていました。りす組のSくんは、キャリに入ったたくさんの木材の中から一方が溝で、もう一方がでっぱっている物見つけると木と木を組み合わせていました。でっぱり部分が溝にはまることに気付いたSくんは何枚もつないでいました。すると、組んでいった木材はSくんの身長をこえていて、背伸びしながら支えているSくんの表情も誇らし気でした。その様子を見て、年少組担任の私は「さすが年中さんだな。」と思いました。今朝、園庭には昨日赤コースの年中・年長さんが掘ってきたさつまいもが干してありました。それを見た年少さんは、「おいも大きいね!」と驚いていました。また、今日さつまいもを掘りに行くことになっている青コースの子ども達はままごとコーナーに出ていたさつまいもの茎を使って、ネックレスとブレスレットを作ってました。「今日はさつまいもを掘りに行くんよ!」と言いながら作ったものを見せてくれました。

IMG_4387IMG_4399IMG_4402IMG_4422IMG_4418

年少組は戸外でたくさん遊んだあと、「駐車場に小さな赤ちゃんいもがある」と聞いてたんぽぽさんと駐車場に見に行きました。行ってみると、駐車場の畑のさつまいものつるには細い根っこと小さないもがついていました。かわいらしいいもを見て、「小さいね~。」「さつまいもの赤ちゃんだね。」などと 口々に言っていました。すみれ組のSちゃんやYくんは幼稚園に戻ると、「駐車場に行ってきたよ。」「小さな赤ちゃんいもがあったよ。」とそこにいた教師に報告していました。たんぽぽさんと年少さんは、金曜日にポンタ農園にさつまいも掘りに行きます。身近な自然に興味を持って、活動を楽しませたいと思います。

IMG_4435IMG_4437IMG_4438IMG_4448

 

今日、年中・年長青コースはレインボーファームへさつまいも掘りに行きました。昨日大きな芋を持って帰って来ている赤コースの子どもたちを見ていたので、「大きいお芋掘りたいな」とワクワクしていました。レインボーファームに付くと、芋づるや根っこが栄養や水を求めて長く伸びていることを古森先生から教えてもらいました。お話のあとはいよいよさつまいも掘りのスタートです!いもを掘り始め、頭の部分が見えてくると「あった!」と言ってさらに力いっぱい掘っていました。

17F55893-4E93-41C2-A173-0B2C83E931FB8FE4E266-DDEF-46AB-B65F-E9C819AAD33D

さつまいも掘りの後は、この前の稲刈りで年長さんが刈った稲が稲木に干してあるのを見に行きました。稲の中は空洞になっていて稲穂を下向きに干すことで水にぬれないようになっていることや田んぼの土は幼稚園の土とは違って土の粘土のようになっていて、乾いてくるとひびが入っていることや粘土と同じなので泥団子が簡単にできることを教わりました。さらに川の氾濫によって田んぼに流れついたたくさんの”ゴミ”についても教えてもらいました。みんながゴミ箱ではなく道端や海や川に捨ててしまったゴミが洪水によって田んぼに流れつき、稲の成長をさえぎってしまいおいしいご飯も食べられなくなってしまうこと、、ゴミ箱にきちんと捨てることで、田んぼや川ではなく、きちんとゴミ処理場に届けられることを話してもらって子どもたちは「ゴミはきちんとゴミ箱に捨てないといけないね」と環境についても学ぶことができました。その後は自動で稲を刈り取る”コンバイン”を見せてもらいました。稲がすいこまれていく様子に子どもたちも「すごーい!」「大きい!」と大興奮!コンバインから出てくる稲にはお米が付いていないことに気付き、年長のKちゃんは「どこにお米が入っているんだろう」と疑問に思い、レインボーファームの方に質問しました。お米は機械の中のお腹のあたりにあるちいさな窓から中のお米がたまっているところを近くまで行って見せてもらいました。次に稲を刈った後、どうやってお米だけを取っているのか機械の中を開けて見せてもらいました。そこにはバリカンと同じような刃物で稲を刈り、イボイボのついた鉄の部分で、人の手で取るのと同じようにもみだけをきれいに取っていると教えてもらって、子どもたちは真剣に機械の内側を見つめていました。今日、刈り取った稲を幼稚園へ持ち帰り、1本の稲穂に何粒のお米ができるのか数えてみました。すると90個もできていて、子どもたちも大喜び!今日は特別に一人一本稲穂を持ち帰っていいよと古森先生に言ってもらい、「持って帰ってお母さんと何個ついてるか数える」とうれしそうににぎりしめて」持って帰っていました。この稲穂は腐らないので部屋のどこかに飾ってみてください。

5496F9B3-7DA3-40D3-A2B9-9EBEC5B70E2F89F7B513-AB86-43BD-BEB4-F66E082FF38364749C52-8AAC-4261-AE61-5CBDFAEEE49B9999A14A-F449-414D-ACCE-BAA482BCDCC259338CD7-CF47-4BCA-AA51-5AEC4743B67CCC073770-90B6-4159-B120-F197B3D797716BC45965-FFDD-4B8F-944B-7BC7854A1DC5

トラックバック
コメント (「赤ちゃんいもを見たよ&青コースさつまいも掘り」 すみれ組 森岡朋音 はコメントを受け付けていません。)

2020年10月27日 火曜日

朝は肌寒かったのですが、日中は暖かく少し体を動かすと汗ばむ程の1日でした。

今日は、6月にレインボーファームの田んぼに年長さん達が植えたさつまいもを、赤コースの年長児と年中児で掘りに行きました。

レインボーファームに着くと、沢山の方々が温かく迎えて下さいました。今年は、芋ずるが育つ時期に雨が少なく根っこが長くなっていることを園長から教えていただいたあと根っこを見せてもらうと、子ども達の中からは「お髭みたい」「そうめんみたい」と色々な意見が出ていました。

 

IMG_3730IMG_8764IMG_3739IMG_3745

 

お話のあと、畝ごとにクラスでわかれて年長児は1人2株、年中児は1人1株掘っていきました。子ども達が掘る所は分かりやすいようにと残してあった茎の周りを掘り、さつまいもが少し見えると「お芋見つけた!!」と声が上がりそれを聞いた他の子も覗き込むように見ていました。掘る場所によっては土の中深くまでかくれんぼをしているさつまいももいて、なかなか出てきません。りす組のK君は「絶対に土の中にまだある」と言って、自分の膝位まで掘っていくとさつまいもがありました。役員さんに少し手伝ってもらいながら、何とか大きなさつまいもを掘りだすことが出来ていました。

IMG_8776IMG_8775IMG_4420IMG_8779IMG_8370IMG_8371

さつまいもを掘ったあと、年長さんがこの前稲刈りをした場所を見に行きました。年長さんが刈って稲木に干してある稲を見た年中児は、年長さんになったら田植えをしに来ることを教えてもらい年長さんになる事を楽しみにしていました。その後、みんなで田んぼの土を触って見ることになりました。触ってみた子ども達は「なんか粘土みたいやね」「土がちょっと硬い」と砂場や泥場の土との違いにすぐに気が付いていました。土がすぐには壊れないので、普段作ることの出来ない小さい団子を沢山作っていたり、乾燥し割れている土のところに手を入れて土を掘り出したりと田んぼの土を存分に楽しんでいました。

IMG_4472IMG_4479IMG_4478IMG_4481

その間にレインボーファームの方々が、新芋を大学芋風に調理してくださった出来たてのお芋をいただきました。ほのかに甘く子ども達は「美味しい~」「あま~い」と大喜びで舌鼓を打って食べていました。帰る前に、さつまいもを大切に育てていただいたレインボーファームの方々にお礼を言って帰りました。帰りのバスや園に帰ったあとも大きなお芋が掘れたことを笑顔いっぱいで話していました。

IMG_4502IMG_4500IMG_8792

 

 

トラックバック
コメント (さつまいも掘り りす組 澤近宏一 はコメントを受け付けていません。)

2020年10月26日 月曜日

日に日に秋が深まり、今日は日本晴れで澄み渡る青空の下、三葉の子どもたちは元気いっぱいで戸外で走り回っていました。運動会の余韻で運動会の踊りの曲が流れると楽しそうに踊り始めます。

IMG_3877

IMG_3882

3歳児も幼稚園に来て半年たった今では、少しボコボコしていた泥団子もつるつるに綺麗な泥団子が作れるようになっていました。滑って登りにくいドームも上手に縄を掴んで登ったり、手と足や膝の摩擦を利用して嬉しそうに登っている姿があります。今まで1歩も進めずぶら下がっているだけだった子も、日々練習をしていて端から端まで出来るようになっていました。半年たって、すごい成長が見られました。

IMG_3895IMG_3902IMG_3928

昼前ぐらいからは各クラスで実習生が考えた遊びが始まりました。実習生が考えた遊びで「何が始まるのかな」とすごく目を輝かせていました。ハロウィンが近いということで、ひまわり組ではおばけ作りをしました。廃材を使って立体的なおばけを作っていたり、ストローと絵の具を使った“吹き絵”というやり方で遊んだりしていました。廃材を使った遊びでは、前までハサミの持ち方もわからなかった子が上手に持てるようになっていて、集中してハサミを使っている姿が見られました。吹き絵では、上手にストローで絵の具を吹いて色を混ぜて遊んでいました。あまり絵の具を使う機会がない年少クラスだから、今日、いつもと違う絵の具の使い方をやっていてすごく楽しんでいました。落ちたゴミら掃除好きな子が嬉しそうに手伝ってくれました。

IMG_3981IMG_3987IMG_3989IMG_4017

他の実習生がいるクラスでは“なんでもバスケット”をしたり、“しっぽとり”をしてすごく楽しそうに遊んでいました。朝は寒いので、風邪をひかないように室内にとどまってしまうのではなく、戸外に出てたくさん体を動かして三葉幼稚園ならではの免疫力をつけていきたいです。

明日は年長、年中赤コースのさつまいも掘りです。子どもたちもすごく張り切っていたので、先生も気合を入れて頑張ります。

IMG_4007IMG_3998

トラックバック
コメント (「遊びの中の成長」 ひまわり組 阿部葉月 はコメントを受け付けていません。)

2020年10月25日 日曜日

10月も後半に入り、朝晩は肌寒いものの日中は汗ばむ日もあります。服装選びにも悩む時期ですが、幼児たちの体調や活動に合わせて衣服の調節をしながら体調管理をしていきたいと思います。

幼児たちは毎朝登園してくるとまず自分の持ち物を決められた場所に片付けます。そして出席シールを貼ると思い思いに遊び始めます。この日のれもん組ではYちゃんとRちゃんがレゴブロックで何か作り始めました。少し前までお人形遊びやままごとなどの遊びが多かった2人ですが、最近はブロック遊びをする姿も見られます。「これはこっちね。」「ちがう、これはこっちよ。」などと言い合いながら何かを作り上げていきます。時折目を合わせて笑い声をあげる2人の姿がとても微笑ましいです。「なにができるのかな?」という問いかけにも返事はなく、すっかり2人の世界です。

DSCF1745

 

 

 

 

 

DSCF1743

 

 

 

 

DSCF1741

 

 

 

 

またKちゃんはソフトブロックを黙々とつなげていました。今まであまりブロックに興味がなかったKちゃんですが、友達が作る様子を見て真似するようになりました。うまく穴にはまらないと違うブロックと取り替え、どんどんつなげていきます。長くつなげることができると、集中して力を使ったのか「はぁー。」と大きな息を吐いていました。「見てー。」と嬉しそうなKちゃんに「たくさんつなげたね。」と言うと、得意気な表情で笑いました。

DSCF1752

 

 

 

 

DSCF1754

 

 

 

 

一方では廃材遊びが始まりました。セロハンテープの使い方にも少しずつ慣れてきています。上手に切れる子もいれば、引っ張ることはできても丸まってしまって「できーん!」とちょっぴり苛立ちを見せる子もいます。最初は箱などにただテープを貼っていくだけだった幼児も次第に2つの物をくっつけようとするようになりました。自分の思うところに貼ろうとする表情は真剣そのものです。

DSCF1764

 

 

 

 

DSCF1763

 

 

 

 

DSCF1770

 

 

 

 

DSCF1761

 

 

 

 

今はただ、つなげる・重ねる・くっつけるなどの動きが、そのうちに頭の中で想像したものを形にすることにつながっていきます。ブロック遊びや廃材遊びを通し幼児たちの自由な創造力を育み、伸ばしていけるような声かけや関わりをしていきたいと思います。

 

 

トラックバック
コメント (「作るの大好き!」 ひよこ れもん組 山岡由紀子 はコメントを受け付けていません。)

2020年10月23日 金曜日

今朝の園庭では、昨日の雨でいくつかの水たまりができていました。バスから降りると、水たまりの上をピチャピチャ歩いて登園する子や、所持品の始末を終えると裸足で園庭に飛び出し、水たまりの感触を楽しむ子など、どの子も水たまりを楽しんでいました。年中の女の子達は大きなホットケーキを作ったり、製氷皿を使ってチョコレートを作ったりしていました。たんぽぽ組の子ども達も、水たまりの上を飛んでみたり、一列になって歩いて「つめたーい」と言って喜んだり、ドロドロになりながら雨上がりの遊びを楽しんでいました。

790E4C6E-F913-4F0C-92DE-24449FC7735BF9E575B7-A370-48AF-8F4D-DEDABCD1521685D3F9E1-5759-4738-B4B6-C46EAABCF96B

10月からたんぽぽ組に入園したO君とNちゃん、朝は泣いてくる二人ですがNちゃんは砂場でたくさんのケーキを作っていると、同じクラスの友達が来て、Nちゃんが作ったケーキの上に葉っぱをのせたり、飾り付けを始めました。また、O君も「つくりたーい」と言ってコップを持ってきて一緒に作り始めました。一人遊びから少しずつ友達と関わって遊ぶ姿が見られるようになってきました。

D2CAEC3C-E820-4D3A-8413-BAF9B48BCCBA

外でたくさん遊んだ後は、お部屋で絵を描いたり、廃材で作品を作ったりしました。

また、N君は遠足での追いかけっこが楽しかったようで追いかけっこの絵を描いていました。Mちゃんは「夜はお家に帰るんよ。でも外にも電気があるんよ」といろいろな色のクレヨンで楽しみながらグルグル描いた上から黒の絵の具で塗っていました。どの絵も楽しく塗って塗って!楽しく描いて描いて!!楽しんだ結果が作品になりました。

廃材遊びではセロハンテープが上手くつかず、貼っていくうちに丸まって玉になり、思う所にくっつかず重なってぶ厚くなっていたり、悪戦苦闘しながらも出来た時の嬉しそうな顔はとっても満足そうで可愛く思いました。

AFAA0E16-376D-4804-8784-4BA64DFC36CD0B7CB2A9-EBEB-463F-A0D6-99A8D63EBECD

作品展は、たくさん描いたり、作ったりした作品の中から一つ選んで展示していきたいと思います。子ども達の作品には子どもなりのその時の心がうかがえます。コメントを読みながら楽しんでいただけたらと思います。

〈今日のメニュー〉

B9D3BBF7-CFF1-4105-8911-26452C7EAC7A

トラックバック
コメント (「雨上がりの一日」 たんぽぽ組 松本 良美 はコメントを受け付けていません。)

2020年10月22日 木曜日

登園してくると、子ども達が口々に「遠足楽しかったー!」と笑顔で話していました。3歳児が昨日の楽しかったことを友達同士で話しているのです。聞いていて嬉しく思いました。

IMG_8812IMG_8814IMG_8817

一方、泥場ではあるお店が開かれていました。それはお団子屋さんです!運動会の時に使った退場門を柱にして「だんごやさん」という看板を作ってお店が出来ていました。異年齢の子ども達がそれぞれお団子を作って大小様々な団子が出来上がっていました。そして、そのお団子をお皿に並べて「いらっしゃいませ〜」と声掛けをしているとお客さんがやって来ました。お金のやりとりが分からない年少児達は「お団子下さい」「どうぞ!」と言葉でやりとりをして楽しんでいました。泥団子作りが苦手なちゅうりっぷ組のS君は、教師に教えてもらいまん丸ではありませんが、可愛いデコボコの泥団子が出来上がっていました。そんな中、次第にお店もパワーアップしてきて、鍋に砂を入れたI君は、お店の机に置いて教師や子どもが作った泥団子を中に入れて砂をかけはじめました。泥団子を並べて渡すだけでなく、お店の中で作るという過程も付け加えながらお店屋さんごっこをしていて、お母さん達とお買い物に行った時によく観察しているのかなと思いました。

IMG_4346IMG_4347

年少児も入園当初は泥団子の作り方も分からず、教師や年中児、年長児に作ってもらって持って帰ることが多かったのですが、少しずつ作り方も覚えて自分達でも作れるようになりました。遊びを通して主体性も育ち始め、成長を感じることが増えてきて今後の成長がとても楽しみです。

今日の献立は、胚芽米、鶏つくね、きんぴらごぼう、野菜の甘酢和え、リンゴでした。

IMG_8821

トラックバック
コメント (「だんごやさん開店です!」 ちゅうりっぷ組 岸田亜寿美 はコメントを受け付けていません。)

2020年10月21日 水曜日

今日は待ちに待った遠足です。昨日うさぎ組では”明日晴れますように!”とお祈りして帰りました。三葉っ子の願いも届き、朝の寒さも吹き飛び、心地よい風と日差しの中、城山公園の遠足を楽しみました。

登園した子どもたちの表情はどの子もにこにこ!つぶやきに耳を傾けてみると・・・「はぁ~♪早く遠足行きたいなあ」とうさぎ組のUくん、「今日はAちゃんとごはん食べたいな。かわいいお弁当にしてくれたんよ♪」とさくら組のMちゃん。どの子も出発を待ちわびているようです。そうしていると、幼稚園の横を大きな大きな「宇和島バス」があがってきました。子ども達は「きゃ~!!」「大きい~!!」「でっけ~!!」「すごーい!」と大盛り上がり!!子ども達のあまりの興奮を見かねた園長が近くにいた年中児を大型バスの近くまで連れて行ってくれました。早コースの子ども達が乗る前にちょっぴり試乗です。すると「すごーい!」「50人分や!」「ホテルみた~い!!」と大喜びでした♪その時、運転手さんがバスの横のトランクをあけて荷物を入れているのを見て「ここにもお部屋があるんだ~」と驚いていました。バスの周りをドドドドド・・!!と走ったHくんはスタート地点まで戻ってくると肩を大きく揺らして「ハァ、ハァ・・・これは疲れるなぁ」と一言。走ってバスの大きさを感じていたようで、その様子に思わず教師は笑ってしまいました。

IMG_8588IMG_8595

その大きなホテルのような大型バスに年中と年長は乗って城山公園に出発です。幼稚園バスに乗った年少、プレ年少の子ども達も、普段お歩きで登園する子が多いのと、バス通園の子ども達も他のバスに乗ったことがない子がほとんどで、きゃっきゃと大喜びしていました。大型バスで県立美術館前で降り、城山公園広場まで少し歩きました。「うわ~きれい」「広いね」「大きい木がいっぱいだね」キョロキョロ、わくわくしながら進みました。まず最初に園長先生が危ない所やトイレの使い方を教えてくれました。話をよ~く聞いて荷物を置いた瞬間、子ども達は一目散に駆け出しました!!こんな時の子ども達の速さといったらありません!「ねえ、ねえ!みんな!!鬼ごっこをするのはどう?」「いいね~!!」あっという間に友達同士で遊び始めました。広~い芝生の上を走って転がってジャンプして・・・それだけで楽しい子ども達!どの子もキラキラの笑顔を見せてくれました。

IMG_2667E7F88269-B694-4B6A-A63C-A357B9013DC1IMG_4313B506D2DB-DAEF-4F3F-AB6A-C7FB4376AA83IMG_8752

お城を見たひつじ組は「忍者がいるかもしれない・・・」と忍者になりきって抜き足、差し足、忍び足・・・たたたたた~!!とこっそり走っているつもりでしたが大勢で動くのでバレバレ忍者になっていました。かわいい忍者たちの登場にほっこりしました。

8CE308E8-158E-459F-8459-C43C3D571D8F

IMG_4683プレ年少児や年少児も広い公園にびっくり。小さな体で力いっぱい走ったり、木の後ろに隠れて「こっちだよ~!」とかくれんぼをしたり楽しそうに遊んでいました。

IMG_8599IMG_8620F1AC4091-EC49-4C64-99D3-220BC5A4C77D1FFD6EEE-FA25-41F0-A91C-4E6B684A132BIMG_8716IMG_8745

 

広場で走り回って遊んでいると、子どもたちに通りがかった人たちが何人も声をかけてくださいました。自転車を押して足を止めたおばあちゃんがしばらく子どもたちを目を細めて眺めていました。子どもたちも気さくに「おはよう!」と声をかけるので、そのあばあちゃんが教師と子どもたちに「かわいいねえ、みんなが元気に遊んでいるのを見たら元気が出るわ」としみじみ話してくれました。他にも電話をしていたおじちゃんが丁度電話を切った時、子どもたちがおじちゃんの足元に走っていきました。「おぉ!どうしたん!?」とびっくりしていたおじちゃんでしたが、子どもたちが「バッタがあっち行ったんよ!!」と言うと「おじちゃんが探してやるわ!」と長い間一緒に虫探しを楽しんでくれました。あたたかい地域の方々との交流に、見ていた教師は心がぽかぽかになりました。

たっぷり遊んだ後は待ちに待ったお弁当です。今回持ち物で45リットルのビニール袋を用意していただきました。「さあ、食べよう!」と子どもたちがビニールを広げた時、「これ見て!」とYくんが一面に自分の好きなキャラクターが描かれた物を見せてくれました。又、ちゅうりっぷ組のHちゃんは昨日の夜、お母さんにもらった袋と空っぽのお弁当箱を何度も出して遠足ごっこをして楽しみにしていたそうです。きりん組のSちゃんは「自分で名前と絵を描いたんよ♪」とにこにこ話してくれました。他にもお母さんに名前を書いてもらったり、わかるようにワンポイントかわいいマークを描いてもらったりしていた子もいました。ビニール袋を敷いてみると、風に飛ばされそうなビニールをカバンや水筒で必死に押さえたり、ここが私の場所!と得意そうに座ったり・・・レジャーシートでは味わえないうきうき、わくわく、胸の高鳴りが聞こえてきました。ご協力ありがとうございました。家庭で子どもたちと一緒に楽しみに準備していただいた気持ちが伝わってきて職員会で教師たちは”嬉しいね””感動するね”と話が盛り上がりました。敷物をビニール袋にした教師の思いの意図を何となく察していただき、送り出してくださったことで子どもたちのわくわく感が何倍にもなったことを嬉しく思いました。友達同士、誘い合って座り、「先生、見てみて~!!」と子どもたち。お母さんやおばあちゃんが作ってくれたお弁当は子ども達の自慢です。どの子も嬉しそうに見せてくれました。おやつも遠足の楽しみの一つです。気前よく「はい!あげる!!」と友達や教師にあげる子、「みんなでポテチパーティーしよ~!!」と周りの子を誘う子、嬉しそうに自分のお菓子を味わって食べる子等とても良い一日になりました。IMG_2690

IMG_8787IMG_8763

食べ終えた後は迎えのバスが来るまでもう一遊び♪なんと…使い終わったビニール袋を使って遊び始めました。ゴミ袋を風に向かって広げるとぱんぱんにふくらんで風船のようになり風船遊びになりました。風に乗ってゴミ袋の風船が飛んでいくのを追いかけたり、Uくんは「先生こっち(袋の端)持っとって!せーので走るよ!!」と風集めをして遊んでいました。走る向きによって袋に風がうまく入ったり入らなかったり・・・「こっちはだめ!あっち向いて走ろう!」と風向きに気付いたようです。

IMG_8873

存分に遊んだ子ども達は満足そうに帰ってきました。何もない場所でも工夫してたっぷり遊べる三葉っ子の姿を見て安心しました。子ども達にはどんな場所でも楽しく充実した人生を生きて行ける人になってほしいのです。幼児期の今、様々な経験を積み重ね、楽しい思い出と共に子ども達の中に」残っていってほしいと思います。

 

トラックバック
コメント (「城山公園にLet’s Go~!!」     うさぎ組 富田瑞穂 はコメントを受け付けていません。)