幼稚園の日記(ブログ)

 Home /幼稚園の日記(ブログ)

2020年2月26日 水曜日

 

昨日の三輪車のトンネルが楽しくて今日も登園してきた子ども達がワクワクした表情で『今か今か』と待ち構えていました。しかし、昨日と違うことがありました。昨日はカラッと乾いた土だったのですが、昨晩降った雨で園庭はしっとり濡れていたのです。そこで、今日はそっと竹の棒を環境の一部として出しておきました。するとらいおん組のY君ときりん組のR君が真ん中から左右に分かれて、それぞれ線を引いてつなげ、「ここ難しくしよ!」「ここは曲がろう!!」とくねくねあり、デコボコありの道を作りました。「トンネルはこことあっちに置いて!」とY君が提案すると周りの年長児がさっとキャリーや柵を運び教師に手伝ってもらいながらトンネルを作りました。

CACE38FF-8859-45C2-A5A8-F725752CBAF8 0C2A39C9-AD3C-4E36-80C0-89A2C264D1E2

道ができた時点でさも当たり前かのように三輪車をすいすいこいでいた年少・年中児はトンネルの開通待ちで大行列を作っていました。トンネルが開通してもしばらくその混雑は続き、道路を人が渡れない状況でした。すると、さっきの竹を持ってきて「ここは横断歩道ね。」と線を年長児が引き、それを見た年少児はほっとしたように渡ることができていました。Y君が「信号がなっかたらこまるなぁ。」と一言つぶやくとひらめいたように走って小さな赤・青の三角コーンを取って戻ってきました。横断歩道には歩行者用の信号を付けました。しかし、Y君が本当に作りたいのは横に3つ並んだ自動車用の信号です。「ん~」と悩みながらトンネルの天井のイスの上に3つ並べておくと「あっ!わかったわかった!!」と目をキラキラさせながら白い三角コーンを2つ走って取りに行き椅子の上に置いたコーンの3つの内、2つにかぶせました。

EF554B6A-3963-44AC-AA3D-14189FC9CC7A EAF9A71A-C460-48E9-A862-307351AF81A2

16625D55-B365-49A8-99AA-E67936C4CB21 04979CD1-CAE5-41D4-B019-011810CF0258

『進め』の青のときは黄色と赤に白いコーンをかぶせ見えないようにする。『止まれ』の赤には青と黄色を隠す…というアイディアに見ていた教師たちは驚きました。その信号のアイディアはあっという間に広がり、くま組のA君達は信号のチカチカを表現しようとコーンをパタパタ動かすなど新しい発想も生まれました。「あ~ほんとおもしろい!」と大笑いしながら見ているとぞう組のO君が上手に駐車場を描いていました。今日の駐車場は一つ一つが囲まれているタイプです。1台出ると整理して止め直すR君はまるで大街道の駐輪場のおじちゃんのようでまたまた笑いました。どんどん停められていく三輪車の中にストライダーのような2輪車がやってきました。ポタンと倒れる2輪車、それをどうにか立てようとするT君とEちゃん。T君がキャリーを持ってきて立てかけるとEちゃんが「私いいもの持ってくる!」と園庭の隅に置いてある重しを持ってきて前後のタイヤの下に置きタイヤ止めとして使いました。見事に立った2輪車を見て「なぜ重しがそこにあることを知ってたんだろう…なぜタイヤ止めのことなんか知ってるんだろう…」と感心しすぎて疑問だらけの教師を尻目に2人は大喜びしていました。しばらくすると、どうしても混雑するトンネルの前後に迂回の為のバイパスも通っていました。暴走車やあおり運転を厳しく取り締まる道路交通隊も出てきました。

A4A11D04-F7C3-45E4-AE4A-7CFDA029DC2D

次々湧いて出る子ども達のアイディアに教師たちは楽しんで観察していて、時折子どもが必要とする道具を一緒に調達しか必要とされていないのです。中には子ども達に混ざって三輪車を「キャーキャー」漕いでいる教師もいましたが、昨日の園長の環境作りがきっかけで今日はこんなに発展しました。明日はどうなることでしょう。なにやら子ども達の中にはガソリンスタンドを作りたい。道の駅やお店を作りたいと言う子もいました。子ども達の主体的に遊び、『こうしたい!あぁしたい!』という要求を叶えてあげたいなと思います。

トラックバック
コメント (「続!三輪車のトンネル作り!!」 はコメントを受け付けていません。)

2020年2月25日 火曜日

今朝、園庭には何やら面白そうなものが出ていました。園長が歩き椅子を使って、三輪車のトンネルを作ってくれたのです!目ざとい子ども達はそれに気づいてどんどん周りに集まってきました。気づくと、三輪車にまたがってトンネルの開通を待ち遠しそうにする子ども達が、長い列を作っていました。トンネルの設置が終わりいよいよ開通です。開通と同時に三輪車が次々スタートしました。高さは頭スレスレ、三輪車の幅もスレスレで、頭をぶつけないように三輪車の両輪も当たらないように注意しながら通らなければいけない分、難易度もかなりアップしています。三輪車に乗りなれた、年中年長児は頭を下げ、難なく通っていくのですが年少やたんぽぽの子たちはタイヤをぶつけないようにと、ゆっくり慎重に通り抜けていて、その集中力と小さいなりに器用に進む様子に感心しました。しばらくするとRくんとYくんが水を持ってきてトンネルから出た三輪車に洗車を始めたのです。初めは手でしていたRくんとYくんですが、教師からたわしを受け取ると1回1回たわしを水につけタイヤに付いた砂を落としていきました。洗車をしてもらった子ども達は「タイヤ綺麗になったー!」と嬉しそうに出発していました。洗車が盛り上がると、その後方が大渋滞になりました。空に気づいた年長児のTくんを筆頭に交通整理が始まり、事故が起こらないよう至る所で「ちょっと待ってくださーい!」「どうぞー、ゆっくり進んでくださいーい」と、声が聞こえてきました。その年長児の姿を見た年少の子達もメガホン片手に「早く行ってくださーい」とお兄ちゃん達の真似をして、みつばの交通整理をしていました。

しばらくすると、ぞう組のHくんがたくさんの四角の線を水線で書き始めました。何をしているのか聞いてみると、「これ駐車場なんよ」「この丸があるところは車椅子のところ」と、教えてくれました。三輪車を停められるようにとたくさんの駐車場を作っていました。車椅子専用の駐車場を作るHくんもさすがだなと感じました。駐車場ができると、少し休憩しようとたくさんの三輪車か泊まり始めました。ちゅうりっぷ組のSくんは「たくさん停まってるね」「ぼくも停めてるよ」「あ!また入ってきた!」とたくさん出入りする三輪車を嬉しそうに眺めていました。Hくんによるとすぐ側にはお店があるそうです。トンネルの入口には、年少のYくんが、駐車券を発券している姿もありました。

今までにない程の盛り上がりだった子ども達の気持ちをそのままに、明日も楽しんでいけるようにしていきたいと思います。

IMG_4170IMG_4173IMG_4174IMG_4180IMG_4181IMG_4189IMG_4190IMG_4208IMG_4209IMG_4213

トラックバック
コメント (「じょうずに通れるかな??」 うさぎ組 西川友理 はコメントを受け付けていません。)

2020年2月23日 日曜日

2月21日金曜日に子育て支援スポーツ推進委員会のちびっ子スポーツクラブ・スマイルさんによる体力測定を行いました。今回は年長児対象で朝早くからスタッフの方が準備を始めてくださると子どもたちは興味津々です。「何が始まるの?」「ドキドキする。」と言いながら時間が来るのを楽しみに待っていました。

そして、いよいよ時間です。いつも、ひよこ組・たんぽぽ組・年少組にスポーツダンスを教えてくれ、預かり保育にも入って遊んでもらっている大好きな池本先生から説明を受けると「ハイ!」と元気よく答えました。

IMG_5346

第1種目はボール投げ!「太陽に向かってボールを投げてね。」と声をかけてもらい、思い切り投げました。中には驚くほど遠くに投げる幼児に対し「すっげー!」と声が上がりました。最高記録は15メートルでした。

IMG_5366

第2種目は25メートル走です。周りからの「〇〇君がんばれ!」の声援に押されるようにスピードが上がり迫力満点でした。そして、驚きの5秒台で走った子が、女の子1名を含めて7名もいた事が話題になりました。

IMG_5358

第3種目は両足連続飛び越しです。この種目はリズム感も重要です。焦れば焦るほどリズムが崩れてしまします。どの子も集中して臨んでいました。

IMG_5386IMG_5372

第4種目は鉄棒ぶらさがりです。これは何と言っても我慢が大事!応援にも後押しされながら歯を食いしばって頑張りました。最高時間、4分には驚かされました。

IMG_5379IMG_5373

年長になると友達の記録を意識したり、応援に答えたり、どの種目も楽しんでいました。そして、スタッフの方々もたくさん盛り上げてくださり、とても素晴らしい経験をさせて頂きました。測定結果は後日お知らせいたします。楽しみにしていてください。

トラックバック
コメント (「体力測定を行いました!」 年長組 はコメントを受け付けていません。)

2020年2月22日 土曜日

2月22日(土)平成31年度認定こども園三葉幼稚園ひよこ組・ぴよぴよのおゆうぎ会を行いました。

こども達の普段の姿を見ていただく為、いつもと同じように受け入れ、保護者には時間をおいて入場して頂きました。朝、雨が降っていたので園長の配慮で保護者の控室を急拠設けることにし、急拠メールを流しました。保護者の方も冷静に対応していただきありがとうございました。

会議室に幼児が集まり、順番に着替え、泣いている幼児は園長のアドバイスでアンパンマンのテレビをつけると集中して観て、いつの間にか涙も止まっていました。

お陰でスムーズに着替えも終わりホールに移動して、手遊びや大型絵本で時間待ちをしていましたが、幼児達は大きな声で歌ったり、返事をしたりして楽しんで待つことができました。保護者の協力のもと時間通りに開演することができました。おかげでこども達はオープニングも、にぎやかに笑顔で参加することができました。

IMG_3842 IMG_3848 IMG_3860 IMG_3851

プログラム1番の1歳児も泣くことなく舞台に立つことができました。かわいい笑顔も見られ心が温かくなりました。

1、2歳児と2歳後半の2歳児の発達差も見ることができました。

IMG_3879 IMG_3884 IMG_3970 

IMG_3999 IMG_4019 IMG_4022

一方では、いつもと違う空気に気分が高揚して歩きまわったり舞台に上がったり、降りたりする子もいて保育教諭はドキドキしました。

今回のおゆうぎ会では、スポーツダンスを入れ、普段の様子を見ていただいたり、2歳児はうさぎとかめの簡単な劇遊びをしました。日頃からうさぎになったり、かめになったりして遊んでいた幼児のごっこ遊びも見ていただくことができました。

IMG_3916 IMG_3929 IMG_3941 IMG_3953

IMG_4072 IMG_4083

IMG_4121 IMG_4128 IMG_4130 IMG_4132

保育園の行事としてこのような特別な機会を大切にし、保育教諭も成長していきたいと思います。

保護者の皆様 には御協力いただきありがとうございました。

トラックバック
コメント (「ひよこ組・ぴよぴよ おゆうぎ会」 檜垣 美恵子 はコメントを受け付けていません。)

2020年2月21日 金曜日

 今日、年中りす組は、施設訪問で「デイサービス歩風里」に行きました。生活発表会で歌った「どじょっこふなっこ」を歌い始めると、お年寄りの方も合わせて歌って下さいました。「よさこいカンフー」の踊りは、生活発表会の舞台では、曲に合わせて立つタイミングやポーズを1列目、2列目、3列目で変化させていたのですが、今回は背中合わせの2列の隊形なので、どうするか子ども達と考えて2列を端から数えて5人ずつで区切り、3つのグループにして踊りました。移動は柱を回るようにして、同じ曲でもパターンを変えて踊りました。「お寺のおしょうさん」でジャンケンを楽しんだ後、折り紙でお花を折りました。先日、秀野邸の畑でじゃがいもを植えた時、畑の脇に咲き誇る菜の花やつくしを見つけて子ども達が大喜びで摘んで持って帰りました。そんな風景を1枚の絵にしようと、1人が2つ3つと花を折りました。お年寄りの方も一緒に折ってくださって、できたお花を次々に貼っていくと「お花が咲いたね〜」と声が上がり、出来上がると「飾ってください!」とプレゼントしました。「年長さんになったら、また来ます」と最後の挨拶をして帰りました。

 年少の時、年中の時と施設訪問を経験し地域社会に出てお年寄りと関わり親しみを持つようになってきました。これから年長になる子ども達が、相手の気持ちを考えて関わり、自分が役に立つ喜びを感じ、社会と繋がっていけるようになれるといいなと思います。

IMG_2235IMG_2237IMG_2243IMG_2251IMG_2262IMG_2271

トラックバック
コメント (デイサービス歩風里に行ったよ   りす組 佐々木 恵 はコメントを受け付けていません。)

2020年2月20日 木曜日

「おはよう!」と元気いっぱいの子ども達が「今日は撮影の日だよね」とワクワクしながら登園してきました。年長児達は今週になって今日のために歌や言葉の練習をしてきました。今年の年長児は例年の年長児よりも長い文章をいうことになっていたのですがよく覚えていてびっくりしました。長い文章ほどクラス31人で揃えるのは難しいのですが、さすがもうすぐ1年生!クラスで呼吸が揃うよう自主練習をし、今日も心をひとつにして頑張って言うことができていました。「みんなが大人になった時に見るんだよ」と古森先生にたくさん声をかけてもらい、いつもよりも子ども達のキラキラした笑顔が見られたホールでの撮影でした。
IMG_5461IMG_5462

ホールでの撮影が終わると、次はいよいよ各クラスに分かれて「大きくなったら」の撮影です。昨日自分のお部屋で撮影することを聞いていた子ども達はやる気十分です。早速靴箱や部屋の掃除を登園した子ども達とスタートです。遅れてバスで来た子も「手伝うよ、あとどこ?」「ならドアのガラスをk君と拭いてきて」「いいよ!」などと役割分担をしてどんどん綺麗にして準備していきました。

IMG_5455IMG_5459IMG_5454IMG_5457IMG_5458

くま組では昨日「大きくなったら何になりたいかな?」とみんなで練習しました。すると、、、準備が終わった所からその練習が始まったのです。

IMG_5456

「今のとこ大きな声だった?」と確認し合っていました。気がつくと、、、ぞう組でも、、、みんながそれぞれ練習していて大人顔負けのやる気に驚かされました。

子ども達の大きくなったらの夢。どれも素敵な夢ばかりで、聞いている私もどれも叶ってほしいな、これから頑張ってほしいなと強く感じました。夢が今までずっと一緒のA君は「警察官になって、先生のこともAが守るけんね」と約束してくれて胸が熱くなりました。

IMG_5463IMG_5464

年長児は卒園まであと20日ほどしか登園する日がありません。子ども達と1日でも多く、楽しく一緒に過ごして行きたいと思います。残り少ない幼稚園生活をおもいっきり遊び楽しめるよう後押しをして送り出して頂けたらと思います。

IMG_5465

現在園では伝染病は特に出ていませんが、報道にもありますように新型コロナウイルスなどの感染力の強い病気の発生も皆無とは言えません。丁寧な手洗い、うがい、早めの就寝を心掛けてください!

トラックバック
コメント (「大きくなったら」 くま組 重野華 はコメントを受け付けていません。)

2020年2月19日 水曜日

今朝、子ども達が登園してくると、空を見上げてSちゃんが「雲が長いね!」と呟くと、すみれ組のHちゃんが「アラジンの魔法のランプの白い煙みたいだね!」、そして、Yちゃんが「バスからでも見えたよ!」と想像を膨らませていました。想像性豊かな子どもならではの考え方だと思いました。

IMG_4607

すみれ組のHちゃんは登園すると、松葉や木の実が入った袋を持って来て、「昨日はR君と集めたけど、今日も集めたい!」と嬉しそうに見せてくれました。一緒に 松葉や木の実を集め、袋に入れていると、突然Hちゃんが「これ繋げたらうさぎ作れそう!ぞうも作りたいなぁ」とアイデアを出してくれました。「じゃあすみれ組みんなで作ってみようか」と声を掛けると、Eちゃん、Mちゃん、H君達がすぐにお皿に沢山の松葉を集めて袋に入れてくれました。たんぽぽ組のEちゃんも「私も手伝うね」と言って沢山松葉が落ちている所を見つけて拾ってくれました。

IMG_4609 IMG_4610 IMG_4611

部屋に戻って、Hちゃんが考えてくれた素敵なアイデアを伝えると、「楽しそう!」「やってみたい!」とみんなが集まって来ました。松葉を小さくちぎって猫の顔の髭にしている子や、長い松葉を曲げて丸くして利用している子もいました。公園を作っていたEちゃんは、長い松葉と小さく ちぎった松葉を組み合わせて滑り台の階段にしたり、台紙の紙に沢山の松葉を貼りつけてポテトに見立てたりしていました。

IMG_4618 IMG_4619 IMG_4620 IMG_4621 IMG_4623

作品展の時にも自然の物を使ってライオンを作りましたが、身近な物でも子ども達は想像を広げて、イメージ通りに作り上げていて、教師の想像以上に子どもの持っている能力はすごいなと思いました。色々なアイデアを生かした作品を見せ合いこして楽しんでいる子ども達を見ると、今日のHちゃんからの発案で始まった遊びは、すみれ組の子ども達にとって充実した活動になりました。これからも子ども達の声に耳を傾けていきたいと思います。

トラックバック
コメント (「松葉でお絵描きをしたよ!」 すみれ組 岸田亜寿美 はコメントを受け付けていません。)