幼稚園の日記(ブログ)

 Home /幼稚園の日記(ブログ)

2019年3月12日 火曜日

暖かい日差しの中、気持ちの良い2Fテラスをうれしそうに走り回っていたたんぽぽ組の子どもたちは、昨日、事務所の横にきれいなお花が並んでいるのをテラスの上から見つけていました。そして「わあー!おはなきれいねー」「ひまわりみたい」「Mちゃんの服と同じ色!」などと言いながら喜んでいました。

そして今朝、園庭で遊んでいると、T先生が「お花がちぎられてる!」とびっくりしてみんなに教えてくれました。たんぽぽ組の子どもたちと一緒にお花を見に行き、近くで見るとつぼみがたくさんありました。咲いているお花を数えると30でした。これからもっともっといっぱい咲いて、年長さんが卒園するときにお花の道が出来るから「大切にしようね」と話しました。

その後、子どもたちが、「あっちにもあるよ」とお花があるプランターを教えてくれて、みんなでお花探検をしました。年中さんが個人用植木鉢に植えているチューリップの球根を見ているとMちゃんが「あった!」と指差しました。それは、チューリップのつぼみの先がピンク色になり、もうすぐ咲きそうなチューリップでした。

三輪車置き場の横のヒヤシンスも花が咲き、顔を近づけて「どんな匂いがするかな?」と匂っている子もいました。

 

 

IMG_0934IMG_0929IMG_0932IMG_0933IMG_0940

お部屋にある『チューリップ』の自然絵本には土から芽が出て花が咲くまでの写真が載っています。その絵本を見ながら「今日見たチューリップはどれかな?」と聞いてみました。伸びていく段階を一つ一つ指差して「これかな?」「ちがう」「これかな?」「ちがう」「これかな?」「これ‼︎」と実際に見たものと絵本のものを対応させて見ることができており、驚きました。Mちゃんが見つけたつぼみのチューリップはその次だね、そしてこんなになるんだよと開いた花を絵本で見て、本当に咲くのを楽しみにしていました。

IMG_0961IMG_0977IMG_0960

昼食後、あのひまわりみたいな花の名前は何だろう?と気になり、もう一度見に行きました。タブレットで検索して「ちがうねー」「これじゃないねー」「これかな?」「まんなかがむらさきじゃないからちがう」などと言いながら探しました。S先生が「キク科じゃない?」と教えてくれて、さらに検索を続けると「これ!」と同じ花を見つけることができました。「ディモルフォセカ」という名前でした。今日は、お花をいっぱい見てとっても明るい気持ちになりました。

年長さんとのお別れ会に向けて、切り紙でお花を作りました。本物と絵本で見たものと折り紙で作ったもの、いろんなお花とかかわふことができた一日となりました。

IMG_0970IMG_0954

トラックバック
コメント (「お花がいっぱい」 たんぽぽ組  佐々木 恵 はコメントを受け付けていません。)