幼稚園の日記(ブログ)

 Home /幼稚園の日記(ブログ)

2018年9月26日 水曜日

たんぽぽ組のK君は、先週、まだ緑色で帽子をかぶったどんぐりを大切にカバンに入れて持ってきて見せてくれました。それから、毎日カバンから出して見せてくれると、また入れて持って帰っていました。3連休に入る前の日、他の子どもたちにも、お家の人と出かけてどんぐりを拾ったら、見せてねと話ました。すると、今日S君が、うす茶色で細長いどんぐりを持ってきてくれました。ちょうどたんぽぽ組のK先生もクヌギのどんぐりを持ってきてくれていて、S君は自分のどんぐりとクヌギのどんぐりを見比べていました。クヌギのどんぐりは、帽子の部分がはずれていたので、「本当はこうなっていたんだよ」と帽子とどんぐりをくっつけて見せると、「ぼうしがない!」と自分のどんぐりを見て言いました。「みどりじゃない」とK君のどんぐりの色との違いにも気付きました。どんぐりのおしりのような部分を「足かな?」、自分がかぶるどんぐりマンの帽子に描いて貼ってあるどんぐりの絵とどんぐりを並べて、「これよね」と重ね合わせたりして確かめていました。

その横で、Hちゃんが、クヌギのどんぐりを一つずつ、クヌギの帽子の中に入れながら、「目だよ!目だ!」と大喜びしていました。それがいくつかできると、今度は、「かぞえてみる?と言って、となりにいた、くま組のA君が「1,2」と数え始め、「7こあるね」と教えてくれました。Yちゃんは、クヌギのどんぐりの帽子を見て、「いたくない?」と昨日見た、栗のイガを思い出して、触って大丈夫かどうか確かめていました。大丈夫と知ると、「気持ちいい」と感触を楽しみ、指にはめて遊んでいました。その横で、T君は「どんぐりころころ どんぐりこ~」と歌い始めました。

こんな体験をした後は、一人ひとりの頭に合わせて新聞紙で作ったどんぐりマンの帽子をかぶり、踊ったり、カレンダーの裏紙に好きな絵を描いたりして遊びました。Aちゃんは、丸をいっぱい描いて「これ、どんぐりなんよ」と言いながら、そばにあった本物のどんぐりを、その丸の中に一つずつ置いていきました。Eちゃんは、一列に並べて「いちれつならびよ」といつも自分が並ぶ時に、教師に言われているように言いながら遊んでいました。

満3歳の子どもたちが、自分が今までに経験したことと、目の前にあるものとをつなげて、イメージを広げ、さらに言葉や遊びで表現するところに、今日は、驚きと楽しさでいっぱいでした。

そして、昨日、イガイガの中にあった栗を見ていた子どもたちは、今日、片岡先生のお母さんが、みんなで食べられるようたくさん持って来て下さった栗を、調理師さんが、ゆでてくれて、上手にスプーンですくって食べることができました。「おいものあじがする!」「おいものにおいがする!」と言いながら、味わって食べていました。

栗の木の枝に、イガイガのかたまりがついていて、その中にあるものが、「栗」ということを知り、見て、触れて、匂って、味わいました。小さい時の豊かな体験が、これから大きくなって、子どもたちが大人になっても、きっと記憶の中に残っていくんだろうなと思いました。

CIMG9033 CIMG9058 CIMG9067 CIMG9074 CIMG9075 CIMG9081 CIMG9089

トラックバック
コメント (「どんぐりころころ」     たんぽぽ組  佐々木 恵 はコメントを受け付けていません。)

2018年9月25日 火曜日

園庭には銀杏の実が転がり、年中児が植えているさつまいものつるは大きく伸び、稲も穂が垂れ始め、いつの間にか実りの秋が訪れています。

 

土曜日のフリースクールで使った野菜や果物をテラスに飾っていると登園してきた子供達が集まって何やら話をしていました。どうも、野菜や果物の名前を当てるクイズをしているようで、「これはなんだ?」「さといも!」「正解!」などのやり取りをして楽しんでいました。フリースクールに参加していたKちゃんは、「柿は柿でも、この柿はなんだ?」と質問していました。なかなか答えが出ないので、身振り手振りを加えて、「こんな形が渋柿やけん、この丸い柿はなんだ?」とヒントを出しました。それでも答えは出ず、最後はKちゃんが、「正解は、甘柿でした!」と、得意げに答えました。フリースクールで経験したことが、こうやって遊びとして子供達の間で生きていることを知り、子供達の育ち合いの大きさに驚かされました。

 

ここには、たんぽぽ組さんも来ていたようでした。いがの中にある栗を見ると「どんぐり!」と言ってみたり、すすきを見ると「お米!」と言ったりしていたようです。私達が子供の頃には普通に見ることができた栗やすすきも、今はあまり見ることができなくなっていることを感じました。しかし、満3歳児の子供達から、すすきと穂が垂れている稲のイメージが重なり合って言葉として出てきたことには、教師みんなが驚かされ、感心させられました。

IMG_0248  IMG_0240  IMG_0251

事務所前の花壇の片隅には、数個の小さな実をつけたみかんの木があります。そこに、男の子達が集まっていました。みかんの葉っぱに幼虫がいて、何の幼虫なのかを騒いでいました。それを聞きつけて寄ってきたぞう組のSくんは幼虫を見ると「これはアゲハの幼虫やで!アゲハの幼虫はみかん好きやけんね!」と年中、年少児に教えてあげていました。周りにいた子供達が驚いていると、Sくんは続けて「モンシロチョウはキャベツが好きやけん、キャベツに卵産むんで!」と、虫の種類によって卵を産む場所が違うことも教えてあげていました。こうした学年を超えたかかわりも、子供達の知恵を豊かにする要素なんだと感じました。

IMG_0244  IMG_0243

年長の保育室からは鍵盤ハーモニカの音が聞こえてきます。又、年中児は園庭でフラフープを回し、年少児は魚釣りをして遊んでいます。今年は運動会の練習ではなく、興味をもって子供達が遊んでいることを運動会の踊りやゲームに取り入れ、自然な形で表現したり競い合ったりできるよう、まとめていきたいと思って進めています。

IMG_0234  IMG_0238

らいおん組では、先週の金曜日に人間ブロックの形作りを、磁石を人に見立てて動かしながらしていく方法を園長から教えてもらってやってみました。すると、今日は子供達の中から教師役が出てきて、「この形を作って!」「次は4人グループ!」と声を掛けながら磁石を動かして教え合ったり助け合ったりして、色々な人間ブロックを造って楽しんでいました。このように、遊びとして主体的に進めていく育ちや学びを大切にしていきたいと思いました。

IMG_0259  IMG_0258  IMG_0253

 

 

トラックバック
コメント (「秋は野菜や果物がいっぱい!」 らいおん組 丸山利夫 はコメントを受け付けていません。)

2018年9月24日 月曜日

保育室でカラー積み木や並んでいる椅子を見つけると、すぐ上って歩きたくなる2歳児たちです。

そこでこの日は、平均台を出してみました。歩き慣れているカラー積み木と平均台では細さが違います。幼児たちは慎重にスタート地点に立つと手を広げたり、横向きで歩いたり、座ってみたりと自分なりにバランスをとりながらゴールを目指して進んでいました。バランスのとり方もそれぞれで、どうやったら歩きやすいのか考えたり試したりしているのだと感心しました。月齢の高い2歳児のAちゃんは、数回歩くとコツをつかんだようで、トントントンと歩いていました。又、1歳児のBくんは、始めは保育教諭に助けを求めていましたが、途中から自ら手を離してゴールすることができました。

IMG_7673 IMG_7667 IMG_7669 IMG_7682

 IMG_7688  IMG_7704 IMG_7710 IMG_7683

2歳児のCちゃんは、アンパンマンのぬいぐるみを持って並んでいました。「(平均台を)するときは、アンパンマン置いといてね」と声かけしようと思っていると、順番がくるとAちゃんは、アンパンマンを平均台にのせて、ゆっくり歩かせ始めたのです。最後まで歩かせると「できたぁ!!」と満足そうに笑っていました。アンパンマンを歩いている友だちに見立て、自分は援助する保育教諭になっているのだと微笑ましく思いました。

IMG_7695 IMG_7697 IMG_7701 IMG_7698

新しい遊びの環境をつくると我先にと集まってくる幼児達ですが、平均台やすべり台をするときは、自然に並ぶ習慣が身についてきています。幼児たちの好奇心が「やりたい!したい!」という思いにつながるよう年齢に応じた遊びの環境づくりと援助ができるよう考えていきたいと思います。

 

トラックバック
コメント (「じょうずに渡れたねっ♪」 ひよこ組 小笠原美湖 はコメントを受け付けていません。)

2018年9月22日 土曜日

今日は2019年度入園希望者面接がありました。とってもかわいい子供たちが保護者と一緒に園に来てくれました。1号認定児は、本日の面接でほぼ定員に満たしておりますが、あと若干名受付いたしますので、希望の方がいらっしゃいましたらご連絡下さい。2号認定児も若干名受け入れます。

 

夕方からは2学期最初のフリースクール「お月見会」をしました。

先生たち恒例の劇では灯りの無かった昔、月の灯りを頼りに過ごしていたので、月の灯りは神様のように大切に拝まれていた様子を面白おかしく教えてくれました。その為、「お月様」と呼ばれていたそうです。そし、満月の日は、毎月あるけれど9月に、お月見をするのは空気が澄み夜も長くなり、秋の夜長を楽しむにはとても良い季節だからだそうです。先生たちの、少し難問なクイズでは「どうして満月とそうじゃない時があるの?」という質問に年長児、お月様に太陽の光が当たって光ることを答えてくれました。先生たちも実際に、太陽と地球と月になって、くるくる回って太陽の光を地球が邪魔してい欠けていく様子を表現しようとしましたが、、、みんな分かったかな?

IMG_0307IMG_0313IMG_0314


IMG_0315IMG_0318IMG_0323

 

お団子作りで、毎年ご参加頂いている方は勿論、初めてご参加の方も大きさも均一に上手に丸めて同じ大きさの団子ができました。

IMG_0329IMG_0330IMG_0331IMG_0333IMG_0334IMG_0335IMG_0336IMG_0337IMG_0338

IMG_0340

IMG_0341

いもたき会が始まる頃には曇り空の隙間から、とっても綺麗な月が覗いて、とっても賑やかなお月見会になりました。

IMG_0345IMG_0346IMG_0349IMG_0353IMG_0364IMG_0366IMG_0370IMG_0385IMG_0400

今月の満月は9月25日の火曜日です。中秋の名月は9月24日の月曜日が1年で一番綺麗に見える日です。素敵な月がもう一度見えますように☆

最後にクイズです?!

満月と中秋の名月が違う日なのはなぜでしょう。

IMG_2025

トラックバック
コメント (お月見会~秋の夜長に学ぶ月の不思議発見‼︎~ 濱本果穂 はコメントを受け付けていません。)

2018年9月21日 金曜日

今朝も雨が少し残っていたようですが、三葉幼稚園の子どもたちが続々と登園してくると少しづつ空も晴れてきて園庭を駆け回る子どもたちの姿が見られました。

IMG_0237

IMG_0222IMG_0196 戸外で元気いっぱい遊んだ後、年中組は運動会の練習をしました。今年の年中組の踊りはフラフープを使います。フラフープを二人で上手に扱う子どもたちを今日は園長にも見てもらい、ちょっぴり苦戦している移動を練習しました。数回教師と一緒に動くと、その後はカウントを取って自分たちで移動することができ、感心しました。次に小さい丸から横三列に移動するところでは、またまた苦戦!!それを見ていた園長から「みんなは丸いところからおせんべいみたいにくっついて」と声をかけてもらうと、さっと自分たちで動いて綺麗に一列になることができていました。フラフープを持って移動することは難しい事ですが、子どもたちは最後に園長に「話をよく聞いて上手に動けていたよ。しっかり聞いて動いたら年中さんは出来るよ。」とたくさん褒めてもらい、子どもたちの自信につながったと思いました。私も園長の声かけ一つで子どもたちの動きが全然違うので、一つ一つ学んで活かしていきたいと思います。

IMG_0257 IMG_0260 IMG_0272

降園前にうさぎ組とひつじ組は戸外で遊びました。そこでもフラフープを取って練習している子どもたちの姿が見られ、どんどん自分たちの力で上達していく様子に興味を持って取り組むこと、その積み重ねが今日の子どもたちの姿につながっているのだと感じました。

IMG_0288 IMG_0289 IMG_0292 IMG_0297

☆今日の給食のメニュー☆

胚芽米・鮭のつけ焼き・きんぴらごぼう・野菜の甘酢和え・なし

IMG_0299

トラックバック
コメント (「フラフープ楽しいね!!」 うさぎ組 今岡美奈穂 はコメントを受け付けていません。)

2018年9月20日 木曜日

今日年長児は砥部焼観光センターに行って、絵付け体験をしてきました。園を出発する前に園長に今日の体験での約束事を話してもらうと、「はい!わかりました!」と受け答えのできる子供達がいて、すごいなと思いました。きりん組のT君も園長と直接約束をして、「はい!わかりました!」と答えることができ、意識をして体験に向かうことができたように思います。砥部町までの道のりできりん組のバスの中では環境問題や宇宙の話までいろいろと話題が広がって園長からのクイズに車内は大盛り上がりでした。最近の集中豪雨はなぜ起こるのか、夏休みはすごく暑かったという所から「雲」はどうやってできるのかということや、台風はどうやって起こるのかということをクイズにすると、話を聞いていたS君やK君は内容を理解し、きちんと文章で説明することができ、とても驚きました。

IMG_1381 IMG_1386

観光センターに着いてからは、センターの方が温かく迎え入れていただき、子供達も一人ひとりに「おはようございます」と元気良く挨拶することができていました。絵付け体験では、2色の絵の具を使って世界に一つだけの素敵なお皿を作るということで、どの子も描きたいものをすぐにイメージして描いていました。中には筆をしっかりと立てて細い線で細かく絵を描いていく子もいて、集中力の高さに驚きました。

IMG_1387IMG_1392IMG_1407

加工場の見学では、センターの方が一つひとつの工程を丁寧に説明してくださって、子供達は興味津々で聞いて質問にも答えてくださって、たくさんのことを学ぶことができました。ろくろを回しながら職人さんの手でいろいろな形の器が出来上がっていく所や一つひとつ器に絵付けをしていく所を見て、伝統工芸の素晴らしさを感じることができ、貴重な体験になりました。出来上がりが今から楽しみです♪

IMG_1420IMG_1426
IMG_1435IMG_1429

トラックバック
コメント (「伝統工芸の素晴らしさ〜環境問題も考えよう〜」 きりん組 神岡会里 はコメントを受け付けていません。)

2018年9月19日 水曜日

ここ最近、すっかり秋らしい気候になり戸外で遊ぶのも過ごしやすくなってきました。園庭のイチョウの木にもいつの間にかたくさんの銀杏ができて、ポトポトと実が落ち始めました。

IMG_0777

 

たんぽぽ組は9月から赤・青コースの2クラスになりました。青組は18名になり新しいお友達も幼稚園での生活に慣れ、登園すると元気よく戸外に遊びに出かけます。お兄さん、お姉さんたちの真似をして大型遊具に挑戦したり、砂場では一緒に川を作って水を流したりしている姿が見られました。その中で虫探しをしていたたんぽぽさんがあるものを発見!「先生、見てー!」と呼ばれ行ってみると「白いかわいいお花が咲いているよ。」とニコニコして教えてくれました。行ってみるとニラに小さい白い花がたくさん咲いていました。「これはニラって言うんだよ」と言うと「ニラ?」と少し不思議そうにしていました。「給食に出たことがあるよ。ニラみそ知ってる?」と聞くと「ニラみそ!知ってる!」と子どもたちの中でニラが一致したようでした。たんぽぽさんには、この白い花が咲いている物が給食にも出ているニラとは想像もつかなかったんだと思います。こうやって教えてもらって、いろいろなことを吸収しているたんぽぽさんです。

IMG_0765IMG_0770IMG_0772

 

お部屋に入ってからは壁面にぶどうを作って飾りました。初めてのりを使う子もいたので、のりの使い方を指導するとのりがはみださないようにと慎重に裏側に塗ってきれいに横に並べて貼り、重ならないようにと色や柄を変えて貼っている子もいて驚かされました。みんなおいしそうな色とりどりのぶどうが出来ました。

IMG_0779IMG_0780IMG_0789

 

降園前には年中さんがお部屋にきてくれて今日、松山市婦人防火クラブの方々から教えていただいた「お、か、し、も」をたんぽぽさんにもと、教えにきてくれました。「お・・・おさない」「か・・・かけない」「し・・・しゃべらない」「も・・・もどらない」たんぽぽさんもしっかりと聞いていたので、次の避難訓練では守って安全に避難したいと思います。

IMG_0784IMG_0782IMG_0787

トラックバック
コメント (「たくさん教えてもらったよ」 たんぽぽ組 藤原愛梨 はコメントを受け付けていません。)