幼稚園の日記(ブログ)

 Home /幼稚園の日記(ブログ)

2018年4月10日 火曜日

今日は平成30年度1学期の始園式がありました。今年は桜の開花も早く今や園庭の桜の木は緑の若葉をつけています。去年、年中児が植えたチューリップも満開で子ども達の登園を首を長くして待ってくれていたかのように花びらをいっぱいに開いていました。そんな中子ども達は新しい帽子をかぶって元気いっぱい登園してきました。新しいお部屋に入ると自分のシールが貼られている靴箱やロッカーを見て嬉しそうに所持品を片付けていました。今日は幼稚園の始まりの日です。みんなが1年お兄さんお姉さんになる記念の日でもあります。始園式では、まず初めに古森先生から「進級おめでとうございます」と言われて期待に胸を膨らませながら、ドキドキしている様子で子ども達は「ありがとうございます」と答えていました。そして明後日から年少児が登園してきます。「今日泣いてきた人はいるかな?」「もっと泣いて来る人がいるけどどうする?」と聞かれると子ども達から「優しくする」「よしよししてあげる」と答えが返ってきました。そして靴箱が分からず泣いている子がいたら教えてあげるなど、進級してすっかり気持ちはお兄さんお姉さんになって胸を張って答える姿が頼もしいな思いました。そして今日は1年の出発! イチョウや桜の木の葉っぱみたいに元気いっぱい、優しい人になりましょう!と言ってもらって始園式が終わりました。image image image image今日は新しい担任に対して子ども達は様々な表情を見せてくれました。ニヤニヤしながら反対の行動をとってみる、小さい組さんの時から見ると信じられない位、お行儀良くお座りして話を聞いている子、先生のお手伝いが出来るよとばかり、想定外の行動をとって教師は怒るに怒れず…(気持ちがわかっているだけに) などなど、職員会では話題がつきません。子どもがいることの喜びや楽しみは教師をますます元気にしてくれます。

明日は入園式です。進級児はお休みになります。在園児の兄弟のお友達は代表として式に参加します。明後日も元気いっぱいの子ども達に会えるのを楽しみにしています。image

トラックバック
コメント (「H30・始園式」 ぞう組 二宮永実 はコメントを受け付けていません。)