幼稚園の日記(ブログ)

 Home /幼稚園の日記(ブログ)

2018年2月4日 日曜日

立春が過ぎても寒い日が続いています。天候不順の折から室内で過ごすことが多いですが、子ども達は毎日、絵本を読んだり、ぬいぐるみで遊んだり積み木をしたりと思い思いに楽しんでいます。

そんな子どもたちの前に新聞紙や広告を出すと「何が始まるの?」と目を輝かせて集まってきました。月齢の高いMちゃんは「何しよん?」と興味津々で保育教諭が新聞紙で折っているのを見ていました。一方その隣ではKくんが一生懸命新聞紙をちぎろうとしていました。1歳児にとっては紙をちぎるのもまだまだ大仕事です。さらに月齢の低い子ども達はちぎってある紙を拾っては友達の頭や腕、足に乗せ合いっこをして楽しんでいました。同じ1歳児でも遊び方は様々です。

P1010339 P1010364

P1010367 P1010366 P1010347

2月3日は節分なので、先日から新聞紙で鬼の帽子やダンボールで鬼の形を作りました。発語の早い幼児は「おに!」と真似をして言っていました。鬼の帽子を見ると、我先にと頭をポンポンとたたきながら、かぶせて~とアピールしてきました。帽子をかぶると幼児達は、互いに顔を見合いながら嬉しそうにしていました。ダンボールの鬼を吊るすと、新聞紙で作った豆を片手に持ち、鬼の大きく開いた口に入れようと手を伸ばして鬼のアゴを掴んでポイっと投げ入れていました。保育教諭が予測した遊びと違った遊びをしたり、展開したりする幼児たちに日々感心させられています。気候や気温など自然の変化に合わせて戸外でも、室内でも環境を工夫しながら楽しく過ごしていきたいと思います。

P1010376 P1010358 P1010377

トラックバック
コメント (「おには~そと」 ひよこ組 青木 千雅 はコメントを受け付けていません。)