幼稚園の日記(ブログ)

 Home /幼稚園の日記(ブログ)

2017年12月2日 土曜日

 

 今日は高島屋のクリスマス幼稚園フェスティバルに、きりん組とくま組が参加しました。この日に向けて参観日に練習することを計画していたのですが、干し柿や焼き芋等、この時期にしか体験できないことも大切にしたいという思いから、十分な練習の時間をとることができませんでした。しかし、昨日やっと園長に見てもらえる時間を作ることができ、一通りの流れを見てもらい、高島屋の舞台の大きさやお客さんからよく見える隊形、一人一人が主役になれるようなアドバイスと励ましの言葉を掛けてもらって、今日を迎えました。

 しかし、私達教師は心配や不安ばかりでした。少し早めの時間に集合し、昨日の練習で変更になった隊形や移動のリハーサルをして、「あそこに移動するんだよ。任せたね。」と声を掛けてもらいました。その励ましの言葉に応えるかのように、子ども達はちびっこサンタの衣装に着替えると、一瞬にして目の色が変わったのです。初めての高島屋の舞台、大勢のお客さんの前でも緊張することなく、堂々と笑顔で「島人ぬ宝」の踊りや「大きな古時計」の鼓笛隊を披露してくれました。そして、「赤鼻のトナカイ」の手話では、みんなの心を一つにして伸び伸び表現してくれました。

CIMG2949  IMG_1958  IMG_1965

IMG_1969  CIMG2969  CIMG2972

 体調を崩して練習に参加できていなかったRちゃんは、今日、園長から島人ぬ宝の星を作る隊形で「中心を任せたよ。」と声を掛けてもらって舞台に上がりました。しかし、星の形を作った時、なぜか中央列の最前列になったRちゃんは一人だけお客さんに背を向けて踊り始めたのでした。フェスティバルが終わった後、Rちゃんに後ろを向いていた理由を聞くと、「星の中心だから、みんなの方を向いていたんよ。」と教えてくれました。その時の様子を振り返ってみると、確かにRちゃんは隊形全体が見渡せる方向に体を向けて、演技が終わった後は合図に合わせてくるっと体を一回転させて、お客さんに凛とした態度でお辞儀をしていたのです。

IMG_1927  IMG_1942  IMG_1946

 昨日の練習と今日のリハーサルの中で、子どもたち一人一人がRちゃんのように、園長の言葉で自分ができることを理解し考えて、自ら行動できたことが今日の成功につながったのだと思いました。

 本日、たくさんの拍手をしてくださった保護者の皆様。ありがとうございました。

トラックバック
コメント (「クリスマス幼稚園フェスティバル☆」 きりん組 丸山利夫 はコメントを受け付けていません。)