幼稚園の日記(ブログ)

 Home /幼稚園の日記(ブログ)

2017年11月17日 金曜日

明日はいよいよ作品展とバザー!今朝は、保育教諭たちがバザーの段取りを考えながらテントの準備をしているなか、園庭で好きな遊び(サッカーや乗り物、砂遊び等)をしていました。その中には、園庭に落ちている赤や黄色に染まった桜の葉や黄色く色付いた銀杏の葉を集めて、共同作品の手直しをしている子どもたちの姿も見られました。

P1010138P1010139P1010140

P1010136P1010137P1010141

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お歩きやバス通園の子どもたちが登園し、全員揃ったクラスから自分たちの学年の作品や他学年の作品を見て回りました。そこには、ひよこやプレ年少さんのかわいい作品や年少さんが一人一人の思いを出して作ったり、描いたりした作品がありました。また、年中さんになると作りたいもの、描きたいものの特長をしっかりと掴み、それをそれぞれの工夫で表現できています。また、年長さんになると作る作品もダイナミックで絵も大きくなり、そこにはそのものの特長、雰囲気が細かく表現されていました。

P1010142

 

 

 

 

 

どのコーナーも力作ぞろいで、見て回った子どもたちも「恐竜が よかった」「ハロウィンが よかった」「(砥部焼のお皿の)りすの絵が よかった」等と感想を話してくれました。

それぞれの年齢の子どもの発達の様子がうかがえる作品は見ていて楽しく、感動的でもあります。

明日もみんなの頑張りパワーで雨を吹き飛ばし、参加してくださったみなさんには、楽しい一日を過ごせるよう祈る思いで準備を進めています。

あした てんきにな~れ!

P1010145P1010144  P1010143

トラックバック
コメント (あした てんきにな~れ!         りす組 谷川幸実 はコメントを受け付けていません。)

2017年11月16日 木曜日

作品展まであと2日となりました。ひよこ〜年中児の作品を飾っている2階中央棟の廊下に毎年その年に 馴染んできたお話を題材にして子どもたちと一緒に考えて作った壁面飾りがあります。今年は「さるかに合戦」をテーマにして作ることにしました。年中、年少組がそれぞれの場面に分かれてどんな風に作るか、子どもたちと一緒に考えて作っていきました。年少ではさるかに合戦のお話を聞かせると早速絵を描き始めました。壁面(ガラス)も改めてじっくりご覧頂くと幼い子どもたちの楽しい姿が浮かんでくると思います。

 

今日はとても天気が良かったので年長組を除く全クラスでゆうぎ場まで散歩がてら遊びに行きました。年少児は年中児と手を繋いで行きました。年中さんにつないでもらったおかげであっという間にゆうぎ場に到着しました。天空の城の大きな滑り台は子どもたちに大人気でみんな何度も楽しんでいました。

築山では足が強くなってきた子どもたちは裸足になってスイスイ上まで登っていました。朝は少し肌寒いじゃなと感じましたが、ポカポカ心地よい暖かさを感じました。ひとしきり遊具で遊んだ後、帽子とりをしたりケンケンパーをしたりして遊びました。時間いっぱい遊んでそろそろお腹も減ったので帰ろうかと準備をしていると年長さんがやってきたのでまたまたしばらく遊んでから帰ることになるました。屋外遊ぎ場は山側が広くなり、みかんの木が5、6本あります。次はみかんの収穫ができる頃にみんなで行きたいと思います。

IMG_1695

IMG_1708IMG_1697

 

 

 

 

IMG_1720

IMG_1731

IMG_1728

 

 

 

 

 

今日は明日が半日保育で給食がないので、全員手作り給食でした。メニューは「カレーライス ちくわきゅうり 野菜の一夜漬け バナナ」でした。お部屋の三分の一が作品展示室になっているため学年2クラスずつ合同で食べました。

明日は午前保育です。降園時間を確認して預かり保育を利用される方は給食を予約されていない方は、お弁当をお忘れにならないようにお持たせ下さい。

IMG_1739

トラックバック
コメント (「さわやかな秋の空」 ちゅうりっぷ組 二宮永実 はコメントを受け付けていません。)

2017年11月15日 水曜日

今日は、昨日の雨があがってとてもいい天気になりました。朝から戸外では年長さんがアーチ作りに励んでいました。その横でたんぽぽさんは紙にお絵かきをしたり、松ぼっくりや落ち葉、ドングリをボンドでくっつけるのを楽しんでいました。ボンドの使い方も「葉っぱの裏にぬって白いほうを紙にくっつけるんよ」と言うと器用に塗って貼っていました。今日からたんぽぽさんは作品展の準備で、赤、青組、一緒に過ごしています。青組さんは普段見かけない洗濯バサミに興味津々。帽子につけたり、服につけてみたり、廃材につけたりといろいろな物に変身して遊んでいました。

CIMG2541CIMG2543CIMG2544CIMG2545CIMG2546

戸外ではお引越しゲームをして遊びました。丸、三角、四角の形によーいどんで移動します。オオカミ役の教師に食べられないように「キャー」と言いながら逃げていました。そんな時、施設訪問に行っていたらいおん組さんが帰ってきました。「おかえりなさーい!」とたんぽぽさんがお出迎えすると、園長先生とらいおん組さんが園庭に落ちていたきれいな葉っぱを見せてくれました。その落ち葉を稲刈りが終って、水をはっている泥舟に浮かべると・・・もみじの歌の「みずのうえにーもーおーるーにしき♪」の情景にそっくりです。子どもたちの歌を歌いながら、落ち葉を浮かべている姿はとてもかわいく、ほんわかした気持ちになりました。

CIMG2557CIMG2558CIMG2597CIMG2576

その後、年長さんと一緒に手をつないで道路側に落ち葉がたくさん落ちていたので拾いに行きました。「この葉っぱきれいだよ」「これあげる」とたんぽぽさんにも葉っぱをくれたり、みせてくれたりしていました。たくさんの落ち葉をお土産に持って帰ると、園長先生はテラスの柱にテープで落ち葉をくっつけてみせました。それを見て年長さんも一緒に貼っていくと殺風景だった柱が赤や黄色、オレンジで鮮やかになっていきました。お昼は園庭にブルーシートを敷いてお弁当を食べました。ポカポカの陽気で気持ちの良いおひさまと、色鮮やかな落ち葉でみんなの心と体が温まる一日でした。

CIMG2583CIMG2582CIMG2590CIMG2599

 

トラックバック
コメント (「落ち葉を拾ったよ!」  たんぽぽ組 玉井 愛梨 はコメントを受け付けていません。)

2017年11月14日 火曜日

 作品展•バザーまであと4日。今日から年少、年中の保育室は作品が展示できるように準備が始まりました。子ども達は自分が作った作品を壊れないように大切に展示室まで運んでいました。一方年長児は、一人では運べない大きな作品もあるので、友達と協力しながら運びます。作品展示だけではありません。バザーの食事に使う椅子も自分たちで運ぶなど、子ども達にできることは子ども達も準備します。しかし、ここで問題が起きてしまったのです。

 バザーまでの残りの保育日を楽しくしようと張り切っていた教師達でしたが、子ども達がこれから使うであろう廃材や画材、素材などを部屋に運び過ぎてしまって、とても生活できる環境ではなくなってしまっていたのです。そこで園長は、展示をしていても空いている空間を上手く使って生活することを提案しました。確かに、展示が進むにつれて生活する空間は限られてくるのですが、作品を壊さないように約束を守ったり、限られた場所を上手く利用したりする工夫も生きていく上でとても大切なのです。今日はそこそこのお部屋で上手に楽しく生活している様子が見られました。

 IMG_1265  IMG_1264  IMG_1256

 作品展では、一人一点ずつ絵と作品を展示しますが、協同作品も楽しみの1つです。年長では、本年度、アーチの飾りを協同作品にすることにしました。そこで、先日から施設訪問で歌ったおじいちゃんおばあちゃんの時代の懐かしい歌、「紅葉」の歌詞をイメージしてアーチを飾っていきたいことを園長に相談してみました。すると、「紅葉が子ども達の中で、どれくらいイメージされているのか絵を描いてみたら?」と言ってもらったので、早速きりん組で描いてみました。私は正直なところ、イメージできる子とできない子がいて、難しいのではないかと思っていました。しかし、私の予想に反して子ども達はそれぞれにイメージする紅葉を絵に表現し始めたのです。風に吹かれて散っていく紅葉や、波に揺られながら流れていく様子。秋の夕日や谷を流れる川。歌詞から感じ取った紅葉のイメージを見事に表現していて、驚かされました。他の3クラスもどのような紅葉を表現してくれるのか、協同作品にどのようにつながっていくのか楽しみです。

IMG_1274  IMG_1273  IMG_1277

トラックバック
コメント (「紅葉(もみじ)を表現しよう!」 きりん組 丸山利夫 はコメントを受け付けていません。)

2017年11月13日 月曜日

今日は朝の寒さを吹き飛ばすように、子ども達はサッカーや追いかけっこを楽しんでいました。サッカーは、ビブスが着れるのが嬉しくて、色んな学年の子ども達がしていました。チームに分かれてする時は、自分がシュートするゴールはどっちかを確認し、一生懸命ボールを追いかけていました。たんぽぽ組の子ども達も、見よう見まねでビブスを来て、一人一個ボールを持って蹴っては追いかける姿がとても可愛かったです。

IMG_1645IMG_1657

最近年中の子ども達はわらをない、縄作りをする姿がたくさんみられます。一度やり方を教えるとすぐに覚えて、繰り返し作っているK君やOちゃんはどんどん新しいわらを繋いで、自分の背より長い縄を作ることができていました。作り方が教師も驚くほどの慣れた手つきで、5歳児で縄作りを経験しマスターしている子ども達はすごいなぁと感心しました。年中児がしている横で、年少児も教師に教わりながら縄を作り、できた縄を頭に冠のように付けて喜んでいました。そして、色とりどりの落ち葉を拾って縄にさしていました。年長児のMちゃんは、ぞうり作りに挑戦していました。次々とMちゃんが作っていき、どんどんぞうりの形になっていくのを見て、さすが年長さんだと思いました。年中児もぞうりが作れるようになるのを楽しみにしていました。

IMG_1646IMG_1656IMG_1654

 

一方で、イチョウの葉っぱを一枚ずつ丁寧に拾っていたすみれ組の女の子達は、束ねてイチョウの花束を作っていました。そして花束を持って、「アイドルよ!」となりきって遊んでいました。三葉っ子にとって園庭にある落ち葉は楽しい遊び道具へと変身するので、環境として大切にしたいと思います。たんぽぽ組では、S君が家から持ってきてくれたどんぐりやまつぼっくりを使って遊びました。出来上がったものを、「見てみて」と見せにきてくれました。

IMG_1662IMG_1658IMG_1675

昼からは、給食が終わった子から、アルバム整理をしました。今回は、台紙を文字のみ教師が書いておき、形は子ども達が自由に好きな形に切るようにしました。それぞれがギザギザにしたり丸くしたりと工夫して切っていて、素敵な台紙が完成していました。これからも、子ども達が楽しんでアルバム整理をできるように、材料を出しておき環境を整えておきたいと思います。

IMG_1682

今日の給食は、「胚芽パン・野菜たっぷりコーンスープ・ツナサラダ・りんご」でした。

IMG_1679

 

トラックバック
コメント (「園庭には、素敵なものがたくさんあるよ!」 うさぎ組 上田有沙 はコメントを受け付けていません。)

2017年11月12日 日曜日

駐車場の畑に、毎年さつまいもを植えています。今年も植えたのですが、必要な時期に水が足りなかったのか葉の成長も悪く全く育っていませんでした。それでもプランターには、幼稚園の先生が2株ずつ植えてくれていて、それは葉は大きく成長していました。そのおいもを掘らせてもらうことになりました。おいもの所まで2歳児は、手をつないで端に寄りながら、しっかりと前を向いて歩いて行くことができました。

CIMG1799 CIMG1803 CIMG1804

駐車場につくと、いものつるを刈った畑やプランターの前に座りました。プランターは土が軟らかくて掘りやすかったので、2歳児は上手に土をかきながら、掘っていました。普段、土いじりが苦手がAくんは、プランターから、おいもが見えると目の輝きが変わり自分で最後まで掘っていました。そして出てきたおいもを嬉しそうに高く上げると、みんなに見せてくれました。近くで掘っていたBちゃんも、おいもを見て私も頑張ろうと土を掘っていました。畑よりも掘りやすいということもあり、ほとんどの幼児が集中して掘っていました。

CIMG1816 CIMG1828 CIMG1831 CIMG1833

Cちゃん、Kちゃんは1つのプランターに手をつっこんで掘っていました。時々顔を見合わせて「もうちょっと」と言うような表情で何度も掘っていました。少しずつおいもが出てくると、益々嬉しくなって掘るのに力が入ります。そしてついにおいもを掘り出しました。

CIMG1824 CIMG1827 CIMG1837

畑で掘っている幼児も葉っぱを見つけたり、小さな虫を見つけたりしながら、おいもが出てくるのを楽しみにしていました。すると畑の端からじゃがいもが出てきて、びっくりしていた幼児たちは次々にじゃがいもを掘り出していました。

CIMG1836 CIMG1811 CIMG1825

1つの畑でさつまいもとじゃがいもの収穫ができた幼児は大満足。実はさつまいも畑には今年の春、収穫したじゃがいもが残っていて、それが見事に育っていたのです。本来なら、みんなで畑のさつまいも掘りをするところでしたが、さつまいもの不作というアクシデントがありましたが、じゃがいもはその分、しっかり栄養を吸収していて掘ることができ、さつまいもはプランターの中で幼児にとっては扱いやすい空間で、遊び感覚で掘って楽しむことができました。自然と共に生きている子どもたちと、自然のアクシデントも上手に活用して、工夫ある生活や経験ができるよう心がけていきたいと思います。

トラックバック
コメント (「おいも掘り」  ひよこ組 檜垣美恵子 はコメントを受け付けていません。)

2017年11月10日 金曜日

今朝はとても寒く、今日一日寒くなるのかなと思いきや、時間が経つにつれてどんどん気温が上がり、とても暖かい一日になりました。

三葉幼稚園の子供たちはとても元気で、まだまだ半袖の子もいます。園庭では縄作りをしていたり、砂場、泥場でままごとをしたり、木工をしたりして楽しんでいました。さくら組の子どもたちは最近つりかん、アヒルの乗り物などの固定遊具で遊んでいます。毎日、つりかんの練習をしていたAちゃんとKちゃんですが、最近Kちゃんがつりかんを最初から最後まで行けるようになりました。そこでAちゃんも負けじと何度も練習している姿がありました。毎日同じ遊びを繰り返しする中で試行錯誤したり工夫したりしながら技術も取得していきます。このように子どもたちの成長に大きな意味があると思うので、まだまだKちゃん、Aちゃんを見守っていきたいなと思いました。

IMG_1159IMG_1161IMG_1138IMG_1193IMG_1189

 

園庭の片付けが終わり、お部屋に入ろうと声をかけていると、さくら組のT君が「先生、あの木上の方が黄色くなっとんよ」と気付いて教えてくれました。すると周りにいた子どもたちも「本当!イチョウの木上が黄色いの沢山あるね」と気付いて思い思いに口にしていました。Mちゃん「あっちは赤よ!」と言って指をさしたのは、桜の木でした。すると「こっちは全部赤やね〜」とまたまた色の違いに気付いた子どもたちでした。少しずつ秋の自然を見つけて見せにきてくれるさくら組の子どもたちに、教師がどう声をかけて、色々な発見がもっと出来るようにしてあげたいなと感じました。子どもたちは変化に敏感です。豊かな感受性の育ちを大切にしていきたいと思いました。

IMG_1210IMG_1209IMG_1212IMG_1213

また、少しずつルールのある遊びも取り入れ、降園前に”かごめかごめ”をして遊びました。実際やってみると、綺麗な丸で回っていたのに、最後はみんながやりたがってぐちゃぐちゃになってしまうこともあり、ルールを守ることも教えていってあげたいと思いました。

IMG_1219IMG_1217

☆今日の給食のメニュー☆

栗ご飯、豚の生姜焼き、里芋の煮物、ドレッシング和え、バナナ

IMG_1222

 

 

トラックバック
コメント (「自然がいっぱい!」 さくら組 今岡美奈穂 はコメントを受け付けていません。)