幼稚園の日記(ブログ)

 Home /幼稚園の日記(ブログ)

2017年6月22日 木曜日

朝は、小雨が降り、気温も低く、せっかくのプール開きが水に入れないのではないかと、教師達が計画をやり直している中、子ども達はわくわくしながら登園してきました。バスから降りてくるなり「先生、プールバック」「今日はプール開きだね。水着持って来たよ」と、嬉しそうに上にあげて見せてくれました。どの子からも楽しみにしていることが伝わってきました。

P1000653

 

 

その様子を見ながら、プールに完全に入ることが出来ないのであれば、それに代わる遊びをと考えて急拠さかな釣りコーナーを出しました。昨年したことがある年中児の3人が、すぐにし始めたのを見ていた年少児が、「なにしよるん?」と尋ねると、「さかな釣りをしよるんよ」と答えました。そこで年少児達は、年中児がしているのを見て、真似てし始めました。「つれた」と見せてくれる年少児の歓声に、だんだんと人数も増えて、大賑わいになってきたので、釣り堀をもう1コーナー出すことになりました。魚をとろうとして、釣り竿が絡まると、年長児が「手を離して」と言って、絡まった年少児の釣り竿をほどいて、渡してくれていました。そして釣り竿でなかなか釣れない年少児が、手で魚をつかもうとすると、年長・年中児が「手でとったらいかんよ。こうするんよ」と優しく教えていました。コーナーを増やしたものの入れなくて、順番を待っている子に、終わった子が「はい、どうぞ」と釣り竿とバケツを渡して、交代していました。その中で釣った魚を入れようと小さな容器を砂場から持ってきた年少のMちゃんは、大きなクジラがいるのを見つけて、手で捕まえようとし、「わぁ!食べられちゃう」の声で、手を引っ込めていました。

P1000649P1000650P1000654P1000655

 

 

P1000665P1000664

 

 

今日はプール開きということで、昼食は役員さん方の手作り特別メニューのカレーです。朝登園してきた子から、先日年長児が収穫してきた玉ねぎの皮をむいて、お手伝いをしていました。「玉ねぎの皮むきできるよ」「もうひとつ、剥いていい?」「もう終わり」と全部剥き終わると、後片付けの掃除もしていました。また、みんながポンタ農園で掘ったじゃがいもも役員さんが洗ってくださっているのを見て、年中児のA君とB君は、「何しているの?」と尋ね、「じゃがいもをきれいにしているのよ」と聞くと、「運んであげる」と洗ったじゃがいもを調理室まで運んでいました。それを見た他の子ども達が少しずつ集まってきて、じゃがいもを洗ったり、運んだりしてお手伝いをしていました。

P1000652P1000656P1000663

 

 

そうやって出来た役員さんの心のこもったカレーをみんなで食べました。またおいしく頂き、「先生、見て」と空っぽになったお皿を見せてくれました。それに「おかわり」と言って、何度かお代りもする姿が見られました。役員さん、おいしいカレーをありがとうございました。

P1000672P1000673P1000675

 

 

気温・水温が上がらなかったので、プールで足をつけて遊ぶことをしましたが、楽しかった子ども達は、笑顔いっぱいでした。

 

トラックバック
コメント (楽しいね!水遊び!    りす組  谷川幸実 はコメントを受け付けていません。)