幼稚園の日記(ブログ)

 Home /幼稚園の日記(ブログ)

2017年6月5日 月曜日

今日も、事務所横の花壇でダンゴ虫探しをしていたぞう組のK君は、赤ちゃんを産んでいるダンゴ虫を見つけました。よく見るとお腹の上にはたくさんの小さなダンゴ虫の赤ちゃんがいました。最初は嬉しくて皆に見せてあげようとフライパンに入れて持ち歩いていましたが教師と「赤ちゃんを生むにはどこが一番いいのかなぁ」と考えた結果「かわいそうだから、土の所にかえしてあげよう」ということになりました。元いた所に返しに行きましたが、また戻ってきて「誰かに見つけられたら大変だから…」と言って、誰にも見つからないように草の下にそっと返してあげていました。
IMG_0182IMG_0183
一方砂場では、ひまわり組の子ども達が年中児と一緒に砂場で山作りを始めていました。うさぎ組のH君が「おおきいやまをつくりたい」と言って作り始めるとひまわり組のHちゃんは手を大きく広げて「おっきいの。うえにつくぐらいのやまやね」と言って、おおはりきりで、どんどん砂をかけていました。そして時々、山を固めたり、水を流してみたり…水を流すと道が出来て山が崩れていく不思議にも気付いていました。また白い砂をかけるとMちゃんは「雲のうえみたい」Iちゃんは、「山に雪がふったみたい」などと楽しみながら山作りをしていました。
IMG_0177IMG_0181

作り進めていくうちにトンネルも掘っていきました。子ども達は、穴の中から出てきた手に「すごーい。Y先生の手がでてきたよー」とびっくりしながらも反対側から手を入れて、手をつなぐことが出来ると、大喜びでした。あいたトンネルに水を入れて流そうとしたM君。しかし、うまく流れず自分達でどうしたら水は流れるのか考えトンネルの中に竹を通すことを思いつきました。それを見ていたぱんだ組のS君は、もう一つトンネルを作り始めました。すると、近くで山を作っていたきりん組のK君は「それいじょうトンネル作ると山は崩れるよ。」と言ったそのとたん、あっという間に真ん中から山は崩れていきました。
年長さんになると様々なことを経験してきたからこそ、見てわかるんだなぁー。経験ってほんとに大切だと思いました。これから、子ども達と一緒にいろいろなことを経験していきたいと思います。
IMG_0189IMG_0190IMG_0194IMG_0195
今日のメニュー
はいがぱいん・野菜たっぷりコーンスープ・チキンサラダ・びわでした。
IMG_0201

★健康状況★
水ぼうそう1名

トラックバック
コメント (「山を作ったよ」   ひまわり組水木 良美 はコメントを受け付けていません。)