幼稚園の日記(ブログ)

 Home /幼稚園の日記(ブログ)

2014年5月10日 土曜日

4月半ば頃から園庭には、大きいこいのぼりが何匹も泳いでいました。そして、幼稚園の子ども達が浸し染めで作ったこいのぼりや包装紙で作ったこいのぼりも次々と増えて華やかな環境になってきています。ぴよぴよでも2歳児が、こいのぼりの製作をしました。保育士が包装紙で作ったこいのぼりをもって座ると『何をするのだろう』と興味津々で次々と集まってきました。包装紙で作ったこいのぼりの型から好きな模様を選び、その上に いろいろな色のうろこの形に切った色紙をのりで貼っていきます。のりを使うのが初めての子には、のりを人差し指に少しつけて塗るよう手本を見せました。色紙の裏を向けると のりを真ん中にこわごわ ちょこんとつける子、2本指で大胆につける子などそれぞれでしたが「ぬりぬり」「ぬりぬり」と言いながら全体にのばしていきました。子どもによっては、どんどん貼ってたくさんうろこを貼っている子もいました。作ったこいのぼりを部屋に飾るとMちゃんは「あいのぼり!」と言って自分のを見つけて「これ!」と指差しました。YちゃんとRちゃんも遊びの途中に眺めては「Yちゃんの!」「Rちゃんの!」と自分のこいのぼりの下に行って嬉しそうに指差していました。

また、親子運動会のご案内のこいのぼり作りもすることにしました。2歳児は、出席ノートのシールより小さい色とりどりのシールを貼りましたが、台紙から上手にはがし、指先で貼っていました。1歳児は、毎日の出席ノートのシールと同じ大きさのものですが、シール貼りは楽しいようで、今日は何個も貼ってよいことを話すとペタペタと貼ることを楽しんでいました。目玉も貼り、かわいいこいのぼりのプログラムが完成しました。

まだ、朝夕は少し寒いのですが、日中は暖かくなり子ども達も薄着になってきました。ぴよぴよのお部屋でも、うさぎのカーペットを片付けて動物の絵がついた ふかふかマットを敷いて保育室も夏の装いになりました。2歳児のYちゃんが気付き、絵を見て「これ、なに?」と次から次へと聞いてきました。猿の絵を見て「アイアイ!」とKちゃん。「うさぎ!」「トトロ!」など指を差し、同じ絵を見つけ「おんなじ!」と言い合っていました。また、RくんやTくんは、マットの上に気持ちよさそうな表情で寝転んでいました。暖かく気持ちのよい季節、毎日 子ども達は、からだを動かしながら楽しい遊びを見つけています。

トラックバック
コメント (「こいのぼりを作ったよ!」 ぴよぴよ 政所恵美 はコメントを受け付けていません。)