幼稚園の日記(ブログ)

 Home /幼稚園の日記(ブログ)

2010年2月2日 火曜日

 先日のリハーサルを無事に終えて、市民会館の舞台の雰囲気を味わった子ども達は、今日も元気に登園してきました。実はくじら組では、昨日のリハーサルでいろいろな課題が残っていました。一番は声の大きさです。一人ひとりが役を演じながら、しっかりとセリフをマイクの前で言うことを中心に練習しました。反対によかった事もありました。客席から見てくれていた副園長から職員会の時に、「Tちゃんのセリフの言い方がとても上手だった!」と、褒めてもらいました。私もうれしく感じ、この事を子ども達に伝えたら、きっと良い刺激になる!と思い、話をしました。すると、「お!」と歓声が上がって、実際にみんなの前で演じると、「うまい!」「心がこもっとる!」と、感じたことを言っていました。その後の練習では、セリフを言う声も少しずつ変わって、意識をして演じる子が増えていました。ホールでも副園長に見てもらい、もっと楽しくなるように、小人さんの演技を工夫してもらったり、最後少し疲れてしまっていたおじいさん達にもう少し靴作りをする道具があったらいいなぁと、課題を与えてもらったりしました。そして、全員で踊るフィナーレの曲では、みんなで決めた振り付けなのに、ほとんど手が伸びてませんでした。年長さんは、踊りが上手なはず!と言ってもらい、もう一度手先を見て伸ばすことを意識するように声を掛けてもらいました。最後も手を伸ばした状態から”頭の中で4秒数えて気をつけをする”ことで集中するようななっていました。                                                                   s1.jpgs3.jpgs2.jpg 

 また年中さんのにゃんきちいっかのだいぼうけんでは、今以上にもっと楽しくする方法を副園長に工夫してもらいました。その中で海賊たちが、「ワッハッハーーッ!!」と笑う所でもっと迫力があったらいいなぁということになりました。そこに中田先生が登場して、副園長が子ども達に「中田先生ね、優しいけど今から強い海賊になるからね!」と言って、中田先生に何やら小声で言いました。すると中田先生が、お腹をたたきながら、大きな声量で迫力満点で、「ワッハッハーー!!!」と大笑いをして見せました。それを見て海賊以外の子ども達も一緒になって「ワッハッハーー!!!」の大合唱!!大盛り上がりでした。するとY先生が小声で、「中田先生の大きなお腹も役に立つんですね♪」と、ささやきました。実は中田先生はただ今ダイエット中なのです。今日は、大活躍の中田先生でした。

                  s42.jpg

 本番まで、それぞれの学年で課題があるけれど、こうやっていろんな先生が違う学年に入ってみんなで盛り上げていきたいなと感じる一日でした。

トラックバック
コメント (「みんなの課題!!」  くじら組 村田 麻美 はコメントを受け付けていません。)