幼稚園の日記(ブログ)

 Home /幼稚園の日記(ブログ)

2008年6月7日 土曜日

 今日は、今年度はじめてのフリースクールでした。今回は今まで子ども達が楽しんできた色の不思議、色が広がる不思議を体験しました。フリースクール恒例の教師たちの劇では、パンダのぱんちゃんが持っていた紫色のバックに、うさぎのうーちゃんが耳につけていたピンクのリボン、そしてリスのりーちゃんが首に巻いていたオレンジのマフラーをお互いが欲しくなってしまいました。そこへドキドキさんとチロリが赤・青・黄・白の4色の絵の具で試行錯誤の末3人の欲しい色を作ってくれました。色を作っていく途中ドキドキさんの質問に年長組の子ども達は、ピンクは「赤と白」、オレンジは「赤と黄色」と次々に答えていました。ぱんちゃん、うーちゃん、りーちゃんの欲しい色ができる度にドキドキさんがその色を紙に浸して確かめていきました。そして、ピンク、オレンジ、紫の色ができると子ども達の中から「水色作って」「くまぐみの茶色も作って」と声があがりドキドキさんは、頭を悩ませながらも全クラスのカラー帽子の色を作ることができました。たった4つの色からこんなにも沢山の色が作れることに大喝采でした。

 浸し染めのコーナーでは、赤・青・黄の色を使って色のにじみ具合によってできる色合いを試したり、野菜スタンプのコーナーではいろいろな野菜を使って形にしてみたり、にじみ絵やマーブリングのコーナーでも、色の混ざり具合を楽しむ姿が見られました。たたき染めと絞り染めのコーナーでは、お花やさんからたくさんの花を頂いて、まるで本物の花屋さんのように色とりどりの花が並んでいました。100本もあったバラの花もあえてトゲがついたまま出しました。それはバラのトゲも自然であり、ありのままを体験してほしいと思ったからです。

bc-103.jpg

 子ども生け花コーナーでは、バラのトゲに注意しながら切っている子、先にトゲを切ってから花を生ける子、お母さんとトゲに興味をもって観察する子など様々な姿が見られました。和気あいあいでこんなに楽しい催しができるのも地域の方々の協力があってこそと感謝の気持ちでいっぱいです。また、たたき染めでは、保護者も子ども達に教わりながら花びらを1枚1枚手にとり、障子紙や布に魚の形に並べたりちょうちょの形に並べたりして楽しまれていました。開いてみるたびに現われる色鮮やかな模様に「わーきれい」「すごい」と拍手と歓声があがっていました。

bc-101.jpg

bc-102.jpg

 「今日きて良かった」と子ども達は作った生け花や染め物をかかえて「お父さんにあげる」「プレゼントにする」「お母さんにあげる」などと嬉しそうでした。参加して下さった保護者の皆さんも子ども達に負けずに作っていらっしゃる姿が見られ、今年もフリースクールは親子で楽しめる課外保育になりそうです。今年度はじめてのフリースクールはお父様の参加も多く、片付けも最後まで一緒にして下さっていました。ありがとうございました。また次のフリースクールも楽しみにしていて下さい。

トラックバック
コメント (フリースクール「色が広がる不思議」    年中担任 はコメントを受け付けていません。)