幼稚園の日記(ブログ)

 Home /幼稚園の日記(ブログ)

2007年12月24日 月曜日

夏休みに入って毎日、暑く、園から帰ってきてもゴロゴロしてなにもする気がないようでした。
一週間程で暑さにも慣れ、園であったことを絵にしながら話してくれるようになりました。それから絵日記として毎日書くようになったのです。
子供は淡々と話してくれますが、聞く私にとってはおかしくてたまりません。子供が話してくれたまま文章にしましたが、うそはいけないということで子供に読み返してもらうと次々と思い出します。文章を書き直すことが多いので鉛筆にしました。

書きたい時だけ書くのと違い、毎日の作業になると苦労していた日もあったようです。一日書かないと次の日に二日分書くのは子供にとって苦痛のようで必ず毎日書いていました。

毎日続ける大事さということも知ってもらいたかったのです。
できあがってファイルに差し込んであげると繰り返し、何度も自分で読み返し、笑っていたのが印象的でした。

子供にとっても私にとっても夏休みの良い思い出になりました。

2007年8月30日

124.jpg

220.jpg

トラックバック
コメント (Comments (1))

2007年12月23日 日曜日

123.jpg

夏休みも今日で終わりだね。
夏休みの間にできたこと、うれしかったことは何?

・セミ、トンボ、チョウチョ、アゲハがとれた。
・Hがあそぼうよといってきたこと。
・おとまりほいくができたこと。

トラックバック
コメント (ゆうきくんの日記 8月30日(木) はコメントを受け付けていません。)

2007年12月22日 土曜日

122.jpg

お弁当の時、ちくわがのびるかなと思って穴の中にはしを入れて広げたらピューンと飛行機のように飛んでいった。
どこにいったのか探していたらHの服に当たって床の上に落ちていた。
Hが「ここだよ」と言って教えてくれた。
ぼくはそれを拾って食べちゃったらガハハハハと笑われた。
落ちたちくわを食べてもお腹は痛くならなかったよ。

トラックバック
コメント (ゆうきくんの日記 8月29日(水) はコメントを受け付けていません。)

2007年12月16日 日曜日

116.jpg

せみがいなくなった。
あんなにいっぱい鳴いていたのに。
もう、秋だから社宅の庭の木を見て回ったけどやっぱりいない。
あげはちょうが飛んでいた。
捕ってみよう。
止まったところを後からそーといって
「エイ!やったー捕ったぞ。初めてのゲットだ。」
虫かごの中に入れようとしたらママのやり方が悪く、ひらひらと逃げていってしまった。
「ああ。」
悔しくて涙がでた。

トラックバック
コメント (ゆうきくんの日記 8月28日(火) はコメントを受け付けていません。)

2007年12月9日 日曜日

18.jpg

幼稚園のブランコで元気にこいでいたら、こぎすぎて木の枝にぶつかって帽子が飛んでいってしまった。
Hが大きな声でガハハハと笑った。
こういうのっていいなと思った。

27.jpg

トラックバック
コメント (ゆうきくんの日記 8月27日(月) はコメントを受け付けていません。)

2007年12月2日 日曜日

11.jpg

お泊り保育で温泉に行った。
女もいっしょだったので「きもいー。」と思った。
体と頭を先生に洗ってもらい、おふろに入って10かぞえてから、ぞうのすべり台をした。
ザッブーンとお湯の中に入ったけどおぼれた。
おふろの中で目を開けて歩いたら水色でとてもきれいだった。
もう一回やりたかったけど先生に「一回だけ」という約束「ルールいはんはだめよ」と言われていたからできなかった。

トラックバック
コメント (ゆうきくんの日記 8月26日(日) はコメントを受け付けていません。)

2007年11月25日 日曜日

113.jpg

キャンプファイアーで先生たちがやった「西遊記」がおもしろかった。
先生たちはとってもカッコイイ。特にとしお先生が悪い奴をバンスカやっつける。
でも、中田先生のつのもとってもよかった。
僕は大きな声で「ガンバレー」と応援した。
最後はそんごくうが数えきれないほど出てきて悪い奴をみんなやっつけた。
お泊り保育はチョー楽しかった。他にもたくさん。
すいかわり、花火、初めて包丁を使ってたまねぎ、人参を切った。
寝る時に古森先生が絵本を読んでくれた。
けどねむくて何の本を読んだのかわからない。でもとっても楽しかった。

「これで大きくなったらしゅっちょうのあるしけんしゃのしごとになれる?」
「もちろん。」
「もし、アメリカしゅっちょうになったらどうする?」
「アメリカだってオッケーよ。」

28.jpg

トラックバック
コメント (ゆうきくんの日記 8月25日(土) はコメントを受け付けていません。)