幼稚園の日記(ブログ)

 Home /幼稚園の日記(ブログ)

2021年7月18日 日曜日

暑さが日に日に増し、連日30度を超える日が続いています。

そんな暑さにも負けず、ひよこ組の子ども達は元気いっぱい登園しています。

もも組のお部屋では、先日、古森先生から「特別な事はしなくて良いのよ。コーナー遊びのスペースを色々出すと、子ども達が自分で考えて遊べるし、スポーツダンスでしている片付けなども出来るから。」とアドバイスを受け、物の出し方や配置など指導して頂きました。

いつもは、何冊かの本を立てかけて並べて出していたのですが、それを辞めて、間隔を空けてソファを置き、本を全部カゴに入れて出しておきました。すると、子ども達がカゴの中の本を「どーれーに しーよーうーかーなー」と言っているように自分で選びカゴから取って、横にあるソファに座って読み始めました。

 

DSC04085[1] DSC04086[1] DSC04087[1]

本を片付けるのも本棚に戻すのは難しいのですがカゴに入れて片付ける方法なら、もも組の子ども達でも出来ます!!はじめは出来なくて、そのまま置きっぱなしになっていた本も、「お片づけはここよ!」とカゴに入れることを伝えると、ちゃんと出来るのです!毎日一番近くで保育しているのに、子ども達の「できること」を摘み取ってしまっていたのだなと反省しました。

 

 

木のコーナーハウスも子ども達の盛り上がるスペースになります。かくれんぼしているかのように身を潜め、反対側にいる友達や保育教諭を驚かそうとする子もいれば、お料理を運んでカウンターに並べたりと、遊びは様々です。すかさず保育教諭がお客さんになり、小窓のカーテンを開けて「お店開いてますか?」「おなかぺこぺこです」と言うと、自分が準備したお料理を出してくれて、満足顔のMちゃん。「もぐもぐ、おいし~~!!」と言うと、次から次へと出される食事!!カウンターの向こう側は子ども達が集まって、自分のも食べてほしい!おいしー!と言ってほしい、可愛い子ども達がいっぱいでした。

「ぶどうジュースが飲みたいなー」と言うとポットを傾け、コップに注ぐ仕草をして「はい」とコップを渡してくれるRちゃん。ぶどうの食材を直接手渡してくれるYちゃん。自分たちで色々考えています。

DSC04106[1] DSC04089[1] DSC04092[1] DSC04098[1]

環境作りを再度意識してからの子ども達の遊びの変化や成長は目まぐるしく、「こんな事もできるんだ!」「保育教諭の話をよく聞いているんだな!」など発見の多い日々でした。楽しいことを見つけ、キラキラと目を輝かせているこども達の遊びがもっと楽しくなるよう工夫していきたいなと思いました。教えなくても幼児期は環境で育つと園長は言います。生まれてやっと1年の乳幼児でも大人の仕草、行動をしっかる見ていて、それが遊びにつながり、知恵となります。責任重大です。お父さんお母さん、一緒に子どもの育ちを楽しみましょう。

DSC04108[1] DSC04112[1] DSC04113[1] DSC04114[1]

トラックバック
コメント (「ももぐみでもやれるよ!」     ひよこ もも組 福井弘美 はコメントを受け付けていません)

2021年6月13日 日曜日

梅雨明けはまだですが、天気のよい日は日差しが強くなり30度近い夏日になります。こんな暑い中でも汗をかきながら子ども達は元気に遊んでいます。以前、幼稚園のブログでトマト事件の記事がありましたが実はひよこ組のトマトの赤ちゃんも何者かに盗られてしまっていました。その事をれもん組の子ども達にも分かりやすく話すと「盗ったらダメ!」「痛いよね!」と2歳児なりに考えた答えが返ってきました。保育教諭がどうやって守れば良いかを問いかけると、「ギザギザ!」「チクってする!」など自分がいたずらした時に叱られた経験を思い出したようで答えていました。幼い子にそれ以上の対策は出てくるはずもありません。そこで、子どもたちと一緒に廃材を使ってバリケードを作る事にしました。たくさんの廃材の中からいろんな事を考えながら並べてみて、上手に使う事が出来るようになったセロハンテープで一生懸命くっつけていきました。中にはアンパンマンの廃材を見つけてアンパンマンに守ってもらう様に作っている子もいました。最後はみんなでお絵描きをした厚紙を保育教諭がおばけの形に切ってひよこ組のバリケードが完成しました。子どもたちとトマトの所に付けると、それからは毎日の様にトマトの様子を見に行っている子もいます。今たくさんトマトの赤ちゃんが出来ているので、これからも子ども達と観察して赤くなるのを楽しみに待ちたいと思います。今回のトマト事件の事でこんなに小さな子どもでも、私達の言葉掛け次第であらん限りの知恵を出して表現してくる事が出来るんだと驚きました。そして、中には自分たちで自分たちでトマトを守ろうとする姿もみられ、このことがきっかけでしてはいけない事があることに気付くきっかけになったのではないかと思います。

CIMG6262 CIMG6283 CIMG6285 CIMG6290 CIMG6298 CIMG6303 CIMG6305

 

 

 

 

 

 

 

 

6月に入ってすぐ、2歳児達はじゃがいもとたまねぎを掘りに行きました。小さな手で虫も怖がらずに掘っている姿はとてもたくましく思いました。幼稚園でも、じゃがいも堀りがあり、次の日には粉ふきいも屋さんが出来ていました。れもん組の子ども達を連れてその様子を見に行くと、古森先生が「みんなも掘ったよね!」と大きなじゃがいもを見せてくれました。そして、実際に保育教諭が皮をむいたり、切ったりする所を見て、「がんばれ」と応援してくれる子もいたり、じっと見ている子もいたりと反応は様々でしたが、自分達が掘ったじゃがいもがどんな風になるのか実際に見る事が出来てとても良い経験が出来ました。出来上がった粉ふきいもはあっという間に食べてしまう子が多く、苦手でいつもは食べられない子が普通に食べられたりと、自分達で掘ったじゃがいもは格別の味だったようです。

CIMG6293 CIMG6295 CIMG6296

 

 

 

 

<6月11日金曜日>

今週は暑い日が続いていましたが今日はくもり空で涼しかったのでこれはチャンスと、遊戯場へお散歩に行く事にしました。行く前にはしっかり友達と手を繋いで歩く事や、車や自転車が来ると危ない事などを話してから出発しました。門の所で幼稚園の先生や子ども達に見送ってもらうとますます嬉しそうになんとなく足も軽くなったようでした。すれ違う人や近所の人達に保育教諭が挨拶をすると、それに続いて子ども達も「こんにちは!」「バイバーイ」と手を振る姿がありました。初めて見る光景がたくさんあったので子ども達はいろいろな事に興味津々でしたが、小さな体で友達と手を繋いでしっかりとした足どりで歩く事ができていました。私たちが思っていた時間よりはるかに早い時間で遊戯場に着きとても驚きました。遊戯場では、汽車の遊具が大人気で網の所から手と足を使って登る子、途中にある丸太の橋を怖がりながらも一生懸命進んでいる子、「先生!おーい!」とどこから声がするのかと思うと、背伸びをして高い所から顔を出して手を振っている子など、楽しい時間を過ごすことができました。帰り際には、三好先生にきゅうりと「うさぎにあげてね。」とまだ小さいにんじんを何本か持たせてもらいました。にんじんを大切そうに片手で持ち、歩いて帰っている姿は何だか行きよりお兄ちゃん、お姉ちゃんになった様な気がしました。幼稚園に帰ると、古森先生に「ただいまー!」と元気に言う事ができ、「楽しかった!」「にんじん」「きゅうり」など、子ども達は思い思いに子ども達なりの言葉で一生懸命伝えようとしている姿があり、すごく驚かされました。そのままうさぎ小屋へ行き、にんじんを食べさせてあげると「食べた!」と子ども達は満足気に部屋へ帰っていました。この1日だけで、何だかひとまわり成長した様な気がしました。これからもチャンスを見つけて、子ども達にはいろいろな経験や体験をさせたいと思います。子ども達は「またお散歩行くー!」と嬉しそうに言っていました。また涼しい日にいけたらと思っています。

IMG_8941 IMG_8947 IMG_8963 IMG_8966 IMG_8970 IMG_8974 IMG_8979 IMG_8985 IMG_8993

 

 

トラックバック
コメント (「ひよこ組にも・・・?」     ひよこれもん組 今川未貴 はコメントを受け付けていません)

2021年4月4日 日曜日

暖かくなり、とても過ごしやすくなり三葉幼稚園の桜は満開になりました。今日は4月4日、3日前の4月1日ひよこ組からは20名の子ども達が幼稚園年少組、たんぽぽ組のお部屋へ移行しました。年少組さんは4月12日の入園式で正式に幼稚園児になります。外で元気よく遊ぶひよこあがりの子ども達を見て心が踊ります。風が吹いて桜が散るたび「わあ~」とくぎ付けになっている子がいたり、散った桜も花びらを両手いっぱいに集めて「見て!桜!」と嬉しそうに家族へのプレゼントに持って帰る子もいました。子ども達はいろいろな形で春を感じています。ひよこ組の新しく4月1日より通園を始めた子達はまだ慣れず、不安で泣いている子は保育教諭に抱っこされて園庭をお散歩したり、うさぎさんを見たり園庭から見える電車に手を振ったりして落ち着いていました。又、一方ではテラス前に人工芝を敷き、ひよこ組の広場を作り「あったかいね!」と友達と日向ぼっこをしていると、柵にてんとう虫が止まっている事に気が付きました。すると、何人も集まって来て、みんなでてんとう虫の観察が始まりました。てんとう虫が動くと、動いた方へ子ども達も動いて行き、羽を広げると「おっ!」とキラキラした目で見ていました。残念ながら上手に飛ぶ事は出来ず、飛び立つ所は見られませんでしたが、子ども達が「がんばれ~」と応援している姿は真剣でした。

CIMG6126 CIMG6129 CIMG6133 CIMG6145 CIMG6152 CIMG6153

そして、てんとう虫が動かなくなると、子ども達がそれぞれ「寝たんかな?」「起きてー」と声を掛けたり、「足が痛いんかな?」と心配したりしている子がいてとても可愛く思いました。部屋に入る時間になり、てんとう虫に「ばいばーい」と手を振ってお別れをしている姿がまたまた可愛いかったです。この1年を通して子ども達はたくさんの経験をし、見違える程成長しました。昨日出来なかった事が次の日には出来るようになっていたり、保育教諭が予想していなかった事をしたりと、たくさん驚かされる事がありました。そして、私達保育教諭が子ども達に教えられる事もたくさんありました。3分の1の子ども達が年少組、たんぽぽ組に進級しました。更に成長していくであろう子ども達を見守り、応援していきたいと思います。

 

さて、ひよこ組の新入生達の大部分は初めてお母さん、お父さんから離れる子、初めての環境で戸惑っている子もいますが、それでも子ども達は子ども達なりに先輩の友達に混じって遊び始めています。園庭へお散歩へ行ってうさぎを見つけたり、犬のすべり台やあひるの乗り物を見つけて興味を持ったりと、笑顔も見られます。しばらくの間は登園する時に泣いて来る子もいますが、お母さん、お父さんは心配しないで笑顔で保育教諭にお渡し下さい。お預かりしたお子さんは三葉っ子らしく、たくましく育っていくよう、見守り、援助し生きるために必要な習慣を身につけさせていきたいと思います。今年度もよろしくお願い致します。

CIMG6174 CIMG6180 CIMG6184 CIMG6187 CIMG6193 CIMG6200 CIMG6206 CIMG6208 CIMG6216

トラックバック
コメント (「ようこそ!ひよこ組へ」   ひよこ れもん組今川未貴 はコメントを受け付けていません)

2021年1月24日 日曜日

あっという間に1月も残り1週間になりました。まだまだ寒い日が続いていますが、日中は過ごしやすい日も増えてきました。子どもたちは登園して毎日自分で所持品の始末をします。月齢の高い子どもは自分でカバンの中から必要な物を取り出して始末します。毎日保育者と一緒に繰り返していた事がしっかり身に付いてきて成長を感じます。れもん組の子どもたちは最近、折り紙にハマっています。最初はなかなか折れなかった子もいましたが、繰り返していく内に三角や四角を折る事ができるようになりました。保育者が声を掛けながら一緒にやっていくと、犬や猫も折る事ができ、顔や髭も描いている子もいて、とても驚かされました。後2か月で年少さん、たんぽぽ組さんになる子どもたちには、もっと自分で出来る事や必要な習慣を身に付けさせて進級させたいと改めて思っています。

CIMG6055 CIMG6053 CIMG6058

 

 

 

 

~屋外遊戯場へパート1~

幼稚園児がいよかん狩りに行くという事で園長から「ひよこさんもどう?」と誘ってもらいました。スポーツダンスのない2歳児は早速お散歩の準備です。友達と手を繋いで歩くのも上手になり、保育者の声掛けで道路の脇に寄ったり、列の間を開けないよう歩いたりする事ができるようになりました。踏切の音が鳴り始めると「電車がくるよ。何色かな?」と指さしながら見ていました。オレンジ色の電車が来ると「あーオレンジ」と嬉しそうです。そんな風景を眺めながら屋外遊戯場に着くと汽車の遊具に一目散に走って行きました。この日幼稚園児たちは緑のカバンをリュックがわりにしていよかん狩りをしていました。ひよこ組もみかんを採ってみるよう声を掛けてもらったのですが、保育者達が慣れない事からしりごみしてしまい、せっかくのチャンスを逃してしまいました。園長からは、子どもたちには教師達が安全面への配慮をしながらできるだけ、三葉の子らしい体験をさせる努力をするよう指導を受けてしまいました。年齢や発達差を踏まえた上で工夫しながら幼稚園児と同じ環境の中で雰囲気を体験できるビックチャンスをこれから大切にしていきたいと思いました。

IMG_7198 IMG_7199 IMG_7201 IMG_7209 IMG_7210 IMG_7213

 

 

 

 

IMG_7214 IMG_7216 IMG_7217IMG_7218

 

 

 

 

 

~パート2~

その翌日、最近にはないポカポカ日和でした。昨日散歩に行けなかった1,2歳児が散歩に行く事になりました。テクテク、ヨチヨチお手て繋いで「頑張れ!頑張れ!」と声を掛けながら歩いて行きました。途中、誰かに会うと「こんにちは」とぺコっと頭を下げる幼児もいて、笑顔をさそっていました。やっと屋外遊戯場に着くと1歳児は広い遊戯場をトコトコとどこまでも歩いて行きました。あわてて保育者が追いかけます。その先には赤い汽車の遊具が見えます。汽車に遊具に着くと足がしっかりしっかりしている子はすぐに網の方からどんどん登って行き、上から下を眺めていました。その間に園庭では昨日収穫してきたいよかんを剥いていると、匂いにつられて小さな子達が一人二人と近寄って来ました。「ちょっと待ってってね」と言うとニコッと笑いながらその場から離れずいい子で見ていました。「用意ができたよ」と言うと待ってましたとばかり順番に並んで座ります。1口大に切って見せると、どの幼児達も大きな口を開けて口に入れてもらうのを待ち、口にポンっと入ると嬉しそうに食べていました。自分が食べ終わると隣の友達がもらっているのをじっと見ていました。いよかんを食べた幼児達はパワーをもらってまた元気いっぱい。友達と手を繋いで幼稚園への帰途に着きました。今しかできない経験のチャンスを逃さず、保育者も一緒に楽しんでいきたいと思います。

IMG_7221 IMG_7223 IMG_7236 IMG_7237 IMG_7244 IMG_7253 IMG_7268 IMG_7272

トラックバック
コメント (「もうすぐお兄さん・お姉さん~屋外遊戯場へいったよ♪~」   ひよこ組今川未貴 はコメントを受け付けていません)

2021年1月17日 日曜日

先週はいよいよ本格的な冬の訪れと感じる寒さがやってきて、先日は雪もチラチラ降ってきました。それに気づいた子どもたちは、テラスへ走って行って「キャー!」と大喜びで、その場でくるくる回ったり、手を広げて受けようとする姿が見られました。幼児たちはもしかしたら生まれて初めて見た白い粉は物珍しく嬉しかったのでしょう。

お部屋に入ると、この日は新聞バルーンで遊びました。新聞を広げると、子どもたちは次々と新聞バルーンの下に座っていました。保育教諭がそれを上下に動かすたび「キャー」と大喜び。隠れて遊ぶだけでなく、みんなでバルーンを持ってバサバサ動かしてみたり、布団にしてみたり、ちぎったり…とどんどん遊び方は変わっていきました。

IMG_7005 IMG_7011 (1) IMG_7018

IMG_7024 IMG_7022 (2) IMG_7012

最後にみんなでちぎった新聞を雪に見立てて遊びました。雲をつけたかごから「雪だ~‼」と新聞をまくと、子どもたちは舞う新聞に大喜びで目をキラキラさせて上を見上げていました。大きな大きなバルーンがお布団となり、最後は雪になる等、色々な物に変化させて遊ぶことによって様々な楽しさを味わうことができました。

IMG_7038 IMG_7035 IMG_7039

IMG_7046 IMG_7049 IMG_7056

又、別の日には、新聞や広告を両腕につけて鳥になりきって遊びました。「パタパタパタ~」と子どもたちの前で走ると上手に真似をしながらついてきて本物のひよこさんの行列になっていました。

IMG_7090 IMG_7074 IMG_7091

IMG_7112 IMG_7093 IMG_7072 (4)

この遊びを通して新聞紙は多様な遊びに利用でき、その中で育つ子ども達の想像力や気付き、知恵、工夫など楽しみながら五感を養っていく素材であることに気づきました。これからも五感を刺激しながら、子どもたちが楽しく遊べる保育を工夫していきたいと思います。

トラックバック
コメント (「新聞紙って楽しいね♪」ひよこ みかん組 小笠原美湖 はコメントを受け付けていません)

2021年1月11日 月曜日

お正月を家族で過ごしたひよこ組の子ども達は元気いっぱい登園し、何事もなかったかのように園生活に入っています。

もも組では廃材を使って、お正月遊びのこまを作ってみました。小さな手と、小さな力でまわせるよう工夫したこまに興味を持ったIくんとYくんは、保育教諭の手つきを真似て上手にクルクルと回転させていました。又、TちゃんとSちゃんはゆっくりだけどまわすことができていました。Kくんは羽の部分を勢いよく押してまわしていました。遊び方は様々ですが、まわせた時の顔はみんな同じ笑顔で、満足そうでした。

DSC03824DSC03862DSC03819DSC03843DSC03861

 

 

 

 

 

みかん組は、羽子板を作って「はねつき」をしていました。羽根を打とうとする顔は真剣です。しかし1.2歳児には難しくなかなか当たりませんが、振っていると羽根が羽子板にカチッと当たり、自分でもビックリ顔の場面もみられました。

 

れもん組はナイロン袋にシールを貼り付けて、自分だけの凧作り。「せんせー!見て!」「いっぱい貼った」と会話を楽しみながら作っていました。もも組も他の部屋のお正月遊びやままごとなどに一緒に参加させてもらい、異年齢児と関わる事で、良い刺激を受けています。3部屋とも、それぞれお正月遊びを楽しんだ一日でした。

DSC03829DSC03782

DSC03811

 

 

 

 

(幼稚園児との触れ合い)

また、ある時はテラスで遊んでいると、外で遊んでいる幼稚園児が気になるひよこ組です。テラスギリギリまで行って、座ってその様子を見ている幼児もいます。「おーーい!」と手を振ると、幼稚園のお兄さんお姉さんもテラスまで来てくれて、ひよこ組の相手をして遊んでくれます。小さい幼児を相手にするのに慣れている園児は、しっかり目線を下げて、優しく語りかけてくれます。幼保連携型ならではの光景だなと、微笑ましく見守っています。

DSC03775DSC03793DSC03872DSC03790DSC03786

 

 

 

 

(室内ボール遊び)

幼児達が大好きなボール遊びをしました。もも組は、ボールをそっとタライや箱に入れる事を楽しんだり、投げて転がるのを追いかけたりしていました。そこで保育教諭が輪っかにナイロン袋をかぶせてバスケットのゴールかのようにして持ち、目標にしてみました。すると、最初は近くまで行き、背伸びしてボールを入れていましたが、Kくんが少し離れた所から輪に向かって「えい!」とボールを投げました。「うわー!凄いね!Kくん」と保育教諭に褒められているのを見た他の幼児が「ぼくも!」「わたしも!」と、輪に向かってボールを投げ始めました。ボール入れから、ボール投げへと変わり、目標に向かって投げる遊びへと発展しました。ボールを投げるフォームも上手で、勢いもあり保育教諭も「お~~!」と驚く一面でした。

DSC03836DSC03840DSC03841DSC03847DSC03851

 

 

 

 

 

ボールを投げると誰かに当たってしまうこともあります。そんな時、幼児の投げたボールが保育教諭に当たってしまいました。そこで、本当は全く痛くないのですが、大げさに痛がるフリをすると、ボールを投げた幼児が寄ってきて保育教諭の頭をナデナデすると、他の幼児も数名寄ってきてナデナデしてくれました。優しい気持ちが育ってるなぁと嬉しく思う瞬間でした。幼いながらも、優しい気持ちや思いやりの心が育つ保育を心がけていきたいなと思いました。

DSC03887DSC03892

トラックバック
コメント (お正月遊び♪          ひよこ もも組 福井弘美 はコメントを受け付けていません)

2020年12月27日 日曜日

 今年もあと残り数日となりました。ひよこ組の子供たちは寒さに負けず元気いっぱい遊んでいます。天気が良い日には陽の当たる園庭で、肌寒い日にはテラスの陽だまりと室内を行き来しながら楽しんでいます。この日は晴れたり曇ったりでしたが、風もなくテラスの陽だまりはポカポカと心地よく過ごせました。
ゴザの上ではYくんとHくんがままごとの食材を並べて「○○できましたよ~」「○○ください!」とやりとりを楽しんでいました。そこへOちゃんがひもをつけた箱の中に食材を入れてやってきて、2人と一緒に食材をお皿に入れたり渡し合ったりし始めました。

DSCF1814 DSCF1805 DSCF1806

 そしてまた1人Rちゃんも仲間入りしてきたので、スポンジ積み木を持ってきてカウンターテーブルのように置いてみました。するとその上に食材をお皿を並べ始め、「いらっしゃいませ~」とお店屋さんが開店しました。「はい、できましたよ」「○○はジュースがいいでーす」などとそれぞれが口々に言います。そのうちにRちゃんがブロックに食材を当てて「ピッ!100円です」と渡し始めました。どうやらレジのつもりのようです。それを見た他の幼児たちも、ブロックを探して持って来て「ピッ!10円ですよ」「ピッ!50円」と金額を言い始め驚きました。以前幼稚園児たちのおかいものごっこに少しだけお邪魔したことがあり、その時の年長さんとのやりとりを覚えていたのでしょうか。

DSCF1826 DSCF1832 DSCF1845

 そんなやりとりの中食材が少なくなってくると「なくなっちゃったー」とRちゃんが言いました。「探してきてくれる?」と言うと、ひも付きの箱を引っ張って行き、食材を入れて戻ってきました。そしてその後ろには同じように食材を持って来たWちゃんも、「パンもってきたよ」と嬉しそうに言っていました。

DSCF1843 DSCF1855

 気付けばお店屋さんにはたくさんのお客さんや店員さんが集まっていました。『どうぞ』『ありがとう』のやりとりがうまくいく時もあれば、一方通行で思うような反応が返ってこなくて怒ってしまったり、これは自分の!と物の取り合いや、ここは自分が座ってたの!と場所の取り合いもあります。その中でも自分の持っている物の中から1つ渡したり、自分が寄ってお友達の場所をあけてあげたりもします。

 幼稚園のお兄さんやお姉さんから刺激を受けながら遊びを学び、我慢したり譲り合ったりすることが楽しくなることだと気付き、共有していくことなのだと思いました。保育教諭の仲立ちも必要ですが、子供たちが自主的に遊びを見付け発展させていけるような環境作りや援助の仕方を工夫していこうと思います。

DSCF1839 DSCF1840

トラックバック
コメント (「お店屋さんにいらっしゃい!」 ひよこ れもん組 山岡由紀子 はコメントを受け付けていません)