幼稚園の日記(ブログ)

 Home /幼稚園の日記(ブログ)

2024年3月2日 土曜日

春の訪れを待つ3月ですが、今朝はチラチラとみぞれが降り始め、保護者の集合時間が近づくにつれて雪が降り始めていました。そんな冬の再来を感じさせる今日、ひよこ組のおゆうぎ会がありました。

 

いつも通りの登園を心掛けて受け入れをしていましたが、いつも通りではなくて、みかん組・れもん組の幼児たちが少し不安になり、涙が出てしまう幼児がチラホラ。しかし、お部屋を分けてしばらくすると、玩具で遊んだり、絵本を読んだりと、どの部屋も落ち着いて衣装に着替えてスタンバイできました。

CE1F3A23-C19E-41DF-8024-F45976F81D99-L0-0015C6FF056-ABE4-4913-B1B7-114166402805-L0-001B85744F0-0D33-4E5E-B6C7-31074DB92641-L0-001

 

 

さぁ、会議室に移動です。どのクラスからも「がんばるぞ~!お~~!」とかけ声が聞こえてきました。997FE6D9-75EA-4CA8-AC4F-5A0CD351F46C-L0-0010512DF0A-A665-496C-AA6A-8D7D483DAF54-L0-0018DF647BD-709B-4939-B138-D6624C9C5458-L0-001

 

 

 

会議室でそれぞれ座席に座って、手遊びをしているスキに保護者に席に座っていただき、おゆうぎ会スタートです。

 

はじめは、みかん組の手遊びからです。「みかんぐみさ~ん。おいで~~!」と舞台から声をかけると、「よいしょ!よいしょ!」と自分たちで舞台に上がっていく姿は、可愛いあひるちゃんの大移動です。まつぼっくりでは、歌いながら手遊びしたり、手遊びの仕草も個性ある可愛い姿でした。

あひるサンバの踊りは、前日の練習時に「舞台で踊る人数が少ない方が、子ども達が一人一人よく見えるね」と、古森先生にアドバイスを頂き、半分に分かれて踊ることにしました。「できるかなぁ~」と心配する保育教諭でしたが、子ども達は半分に分かれて、踊りをする子は前に出てリズムに合わせて体を動かしてニコニコ笑って踊っていました。後ろで待っている子ども達も手拍子しながら前で踊る友だちの様子を見たり、応援したりする姿がとっても可愛かったです。

7E0957E4-6CEB-4BAA-845A-8867455F5D2A-L0-0016D0D18CF-8488-425D-80BB-6FB57EDFAEC0-L0-00103E5CECE-F5B6-4EFD-880E-83D5B16DFD21-L0-0018E022116-50E4-4F5D-BB5C-CA1767648526-L0-001

 

 

 

次はもも組です。普段から手遊びも大好きで、特に「げんこつやまのたぬきさん」はお部屋でもノリノリでしていました。「おっぱいのんで ねんねして」の仕草は、とにかく可愛くて、首を真横に倒してねんねするのです。最後の決めポーズの「ばいば~い」も得意顔です。本番はちょっぴり緊張したけど、とっても上手にできました。踊りでは、ペンギン帽子を被って、ペンギンになりきったもも組さんは、音楽が流れだすと、トコトコ歩いたり、おしりを振ったり、体を揺らしたり、友だちと手をつないで歩いたり、泣き顔だったり、様々な表情を見せてくれました。本当に可愛いペンギンさんでした。最後のおまけコーナーでは、ミニカーやトランポリンを出すと緊張していた表情も和らぎ、いつもの顔に戻ったもも組さん。好きな遊びを楽しむことができました。

2C043C5D-4935-490B-961E-F87A7B3C4216-L0-001A6A9DB45-8797-4096-84AB-BD9DEED44CE3-L0-00169373666-5C54-4597-B3EB-5B42A49BCFFB-L0-0010D73F52A-04B3-47B6-8CA7-30ADF7704C85-L0-00110BD1EB0-4763-43F7-BDA8-63C7ED9D54DF-L0-00180585013-D31D-43B8-B318-85D0DB765143-L0-001

最後はれもん組です。それぞれの動物に変身して舞台に登場です。「どうぶつれっしゃが やってきた」は、練習では保育教諭が一緒に出て踊っていたのですが、「子ども達だけでも踊れるんじゃないかな?」と古森先生からアドバイスを頂いたので、本番は子ども達だけで中央に出て踊ってみようと、ぶっつけ本番でやってみました。「さぁ、いっておいで!」と保育教諭に見守られながら、やったことのない事を本番でやってくれる子ども達です。「あれ?いつも先生も踊るのに、来ないの?」と、保育教諭を気にする子どももいましたが、ちゃんと前を向いて堂々と踊ることができたことは、さすが!れもん組さんだなぁ~と感心しました。歌の「きらきらぼし」は、会場の後ろまで、マイクを使わなくても聞こえる大きな声で歌っていたれもん組さんです。練習でも大きな声で歌えていたので「上手だね。大きな声で歌えていたね!」とたくさん褒めてもらった事で、自信に満ち溢れた歌声でした。急に変更したことにも対応することができた子ども達の姿に、とても成長を感じました。

770DFB9B-B720-4311-8B9F-DFA5BF00DBB1-L0-001A22E2AA4-AB06-4AF2-ABEB-6D8B5C981058-L0-00127155A56-79D5-4CBF-B6B2-EC825A6EB20B-L0-00156CA65D2-66C2-4EB6-83A7-1E3AB1C9F183-L0-001974788E1-E72A-4E2E-A2BE-107D58911CB3-L0-001C88917F2-42D6-49D8-8E06-C355E85F8854-L0-001

 

 

プログラムに”おたのしみ”を入れて、みかん・れもんができる事を見てもらおうと、各クラス保育教諭が「何をしようかな~?」「何を見てもらおうかな~?」と考えました。

みかん組は、音楽に合わせて鈴を持って並んで歩く様子を見てもらう事にしました。これは毎週スポーツダンスでサーキットとして、コーンで決められた道を歩くことの応用です。最初はぐるぐる同じところをまわっていましたが、2日前からちょっとアレンジを加えてコーンをジグザグに置いて、ぶつからないように、当たらないように歩いてみました。さらに鈴を持って振って鳴らしながら、ニコニコ笑って歩く姿はとても可愛かったです。

A0C1617D-8707-46E2-A7A7-F4D2E3E33A55-L0-0019171D554-A001-4FE7-A6A7-5FE6E502AEA1-L0-001

 

れもん組はピアノのリズムと保育教諭のかけ声を聞いて動くようにしました。保育教諭のかけ声で、うさぎ・ねずみ・さる・わにになって、動きを表現しました。最初は踊りの動物だけだったのですが、古森先生が、きりん・かめ・ぞうなどなど、色々な動物を言ってくださり、色々な動物の表現を楽しんですることができました。この遊びは実は幼稚園児達の遊びでいう、リトミックなのだそうです。

AB267FDE-84C5-4DB7-A8E2-ED9EFB47F54E-L0-001589692CD-0B43-4EEF-AB9D-0CBAA39057C8-L0-001

 

本当に本当に最後のプログラムの踊りの「ピカピカブー」では、曲が流れると自然に体が動き出す子ども達です。もう踊り慣れている大好きな曲だから、身体も動くし笑顔もこぼれます。

8EC17359-621F-49E3-951D-297D3CA42F04-L0-001BCBBB15D-A957-445F-970C-45DDB79A92B0-L0-001

 

今日のおゆうぎ会では、泣いたり、笑ったり、座ったままだったりと、色々な表情を見せてくれたこどもたち。園長が挨拶の冒頭に話したように、「泣くも笑うも その子の表現」それを優しく見守って受け止めてくださり、ありがとうございました。足元の悪いなか、たくさんのご協力ありがとうございました。

トラックバック
コメント (「令和5年度 ひよこ組おゆうぎかい」 福井 弘美 はコメントを受け付けていません)

2024年2月10日 土曜日

先週の事…暖かかったので園庭で遊びました。幼稚園児達が遊んでいなかったので、貸し切り状態で子ども達は大喜びで遊び始めました。ジャングルジムにいつの間にかスラスラ登って行くようになり、てっぺん手前まで登ると「せんせ〜おーい‼︎」と余裕の表情で呼びかけ、私たちをヒヤヒヤさせてくれた子ども達ですが、降りる時も自分で!としっかり下を確認しながら降りていて、その姿はすごく勇敢です。時々踏み外してしまう時もあるのですが、心配している保育教諭をよそに、子ども達は「おちたねぇ〜」と笑っていて、たくましい子ども達に驚きました。何でもやってみたい子ども達は、今度はさんさんらんどに登って行く坂のフチを登り始めました。慎重に慎重にカニ歩きでどんどん登って行きます。ある程度の高さまで行くと保育教諭が降ろすのですが、その時の子ども達の嬉しそうな顔がまたとても可愛いのです。いろんな事をやってみたい、挑戦してみたい子ども達なので、危険のない様にしっかり見守るようにしたいと思います。

IMG_5568IMG_5564IMG_5563IMG_5560

 

みつばっこハウスへ引っ越しをして約2ヵ月が経ちますが、子ども達はすっかり慣れて楽しく過ごしています。時々、ケンカをしながらも友達と遊ぶ事が楽しくなってきた子ども達は、1人が何か楽しそうな事を始めると、マネをして一緒に始めます。この日は、昼食前やお昼寝前に絵本を読む保育教諭のマネをしていたT君のマネをして次々に友達が集まって来ました。そして保育教諭の様に絵本を2.3冊足の間に挟んで持っていて、よく見ているな〜と保育教諭は何気なくしている行動に注意しなくては、と反省しました。絵本の前は大好きな「アンパンマン」「わにのかぞく」の手遊びをして、絵本を読む前の「おはなしおはなし〜〜しっしっし〜しずかにききましょお〜」もしてから絵本が始まりました。何人も同時に始まり、誰を見ていいか分かりませんでしたが…ちゃんと覚えていて声を出して読んでいる子、ちゃんと絵本を見える様にこちらに向けて見せてくれている子など、よくちゃ見ているな〜と感動しました。友達に食べ物の絵本を見せて「これいる?」と声掛けをしながら「はい!どーぞ!」と食べさせてあげている子もいて、見ていてすごく楽しくなりました。また、遊びの中で順番を待つ事もできる様になりました。平均台を出すと、最初は我先にと行ってしまっていましたが、保育教諭が「赤の方に順番だよ!」と声をかけると、自然と並び始め、前の友達の肩に手を置いて電車が出来ていました。入園して間もない友達もその様子を見ていて、マネをして一緒に並んでいました。早いもので今年度も後2ヵ月。たくさんの事ができる様になった子ども達と、もっともっといろんな事をして、元気に楽しく過ごしたいと思います。

IMG_5527 IMG_5530 IMG_5532 IMG_5542 IMG_5504 IMG_5483 IMG_5489 IMG_5498 IMG_5485

 

トラックバック
コメント (「子どもは遊びの天才‼︎」 ひよこれもん組 今川未貴 はコメントを受け付けていません)

2024年2月3日 土曜日

立春を間近に日中の陽ざしの中にふと、春の訪れを感じます。寒くても暖かくても、お外遊びが大好きなもも組の子ども達は、朝のお茶タイムが終わると誰に言われることもなく、次々に帽子を取り出し、頭に乗せ「早くお外に行こー」のアピールが始まり、おかべぺったんで並んで待っています。
そんな子ども達に保育教諭が「もも組さんー」と呼びかけると、元気いっぱいに「はーい!」と手をあげる可愛いしぐさをします。元気に「はーい!」をすればお外行けるよね…と思っていて、「みかん組さんー」でも「りす組さんー」でも「はーい!」と手をあげるのには…笑いが出てきます。
保育教諭達が笑っていると、よくわからないけれども子ども達も笑い始めなんとも幸せなひと時があります。

IMG_0280IMG_0276

園庭に出ると、開放感からまずは自由に走り始め、少しすると各々が好きな遊びの場所に行きます。
季節を問わず人気なのは、ままごと遊びで、バケツや廃材カップの中にスコップで集めた砂を少しずつ入れています。
カメの形のバケツを腕にかけ、あっちこっちと散策をしている子もいます。
ここ最近の人気は縄とびで、ひっぱって歩いたり揺らしたりしています。
K君やT君は、以前縄とびで電車ごっこをしたのを覚えていたのか、お客さんのいない電車をひっぱり、時々後を確認し、かけ声をかけていました。
また半ば強引に(笑)お客さんになってもらおうと友達に縄を渡す姿も見られます。
ボールを転がして遊んでいたY君はキックができるようになり、足に当ったボールが前に進むのを手を叩きながら、喜んで追いかけていました。

IMG_0206IMG_0204IMG_0211IMG_0208IMG_0198IMG_0200

この日はお外がポカポカと、とっても気持ち良かったので先日から感染予防対策に始まった温かくって美味しいみそ汁をテラスで食べることにしました。
いつもとは違う環境に「何するの?」と準備中はうろうろする子ども達でしたが、スプーンが配られると、にこにこで待っていました。
そして目の前に出てきたみそ汁を脇目も振らず、すごい集中力で残すことなく、こぼすことなく、食べていました。
外気に触れながら食べる 季節の野菜の入った栄養満点のみそ汁は、子ども達のおなかも心も満していました。
食べ終ると「せーせ」と 呼び空っぽのお椀を見せてくれる子が何人かがでてきました。その顔は自信たっぷりです。そして私達保育教諭は、言葉が出始めたもも組の子ども達が「せーせ」と呼んでくれる事が嬉しくって、鼻を指差し「これ誰?」と何度も聞いてしまいます。
するとM君は自分の鼻を指さし「せーせ」と言っていました。
まだおしゃべりのできないF君も保育教諭の鼻をマスクの上から押してきました。

IMG_0217IMG_0215IMG_0214

もも組の子ども達は、お部屋の入口のソファーで古森先生を始め幼稚園の先生や来客者や幼稚園児から声をかけてもらうのを待っています。
いつも「可愛いね。すごいね。」と言って認めてもらい、感性が育ち自信をつけています。
誰からも愛され大切にされる安心できる環境で伸び伸びと過ごせている事を嬉しく思います。

IMG_1995IMG_1991IMG_0286

トラックバック
コメント (「せーせ」ひよこ・もも組 松末華来子 はコメントを受け付けていません)

2024年1月13日 土曜日

今年は暖冬傾向にあるようで、1月だというのに戸外でも天気の良い日はポカポカと日差しが暖かく、過ごしやすい日が沢山あります。そんな日、もも組の子ども達は室内・園庭で身体を動かして機嫌よく遊んでいます。

 

室内ではカートを出すと、「ぼくも!わたしも!」と我先ににとかけ寄ってきてサッとカートに乗ります。1番に乗れた幼児は満足そうにニコニコ笑いながら室内を走り抜けます。乗れなかった幼児は「後ろから押すね!」と言うように友達の乗るカートを押し始めるのです。会話のやり取りがあるわけではないのですが、、同じものや友達のしている事が気になり、いつの間にか別の役割ができているのです。1つの遊具で別々の遊びをやっていくうちに、いつの間にか一緒に遊ぶ楽しさを覚えているのだなぁと思いました。E8D74C0C-8852-4533-ACFC-2EE68760850D-L0-001B9FA630F-61D4-48ED-B44D-8A92461FF0EF-L0-001E7D2820E-E03F-49BF-A46D-83518247F4A4-L0-001

 

「園庭であそぼうか!!」という保育教諭の言葉を聞くと、反射的に帽子を被って入口の所に集まって「かべペッタン」もますます上手になりました。お約束のかけ声の「ももぐみさ~ん」にも「は~~~い!」と元気に応え、「おそといくひと~」「は~~い!」と返事する。このやりとりも、とても可愛いのです。F46DAF7D-8800-49C3-B511-6305819A844C-L0-001F70BB5AD-B127-4C84-A662-0FFD993AD1A2-L0-001

 

そして出入り口の扉が開くと、ぱーーーーっと飛び出して我先にと急ぎ足で行く子ども達。月齢の高い子は競争心も芽生えてきているように思えます。個々のペースで小走りしたり、歩いたり、やっと歩き始めた子は這い這いしたり、なかには何を思ったのか逆走して戻ってきたりしながら、園庭の目的場所まで行きます。

95351FB3-DE66-48B5-A38C-959E8E71CF7A-L0-00144AA898A-0E97-495B-A970-3818281B20FA-L0-001

 

 

外には、ジャングルジム、滑り台、ボール、砂遊び、ブランコなど様々な遊びスペースがあり、自由に好きな遊びを楽しみます。この日は縄跳びの縄を出してみました。本来の使い方は出来ないけれど、1本の縄を2人で持って揺らしたり、引っ張り合ったりして楽しそうにしていましたが、遊んでいるうちに強く引っ張りすぎて、友達の手から縄が離れてしまいました。するとすぐ拾って友だちに渡してあげていました。41787383-B7D7-4E64-A275-ACC3BE4A93E1-L0-001954F6CE7-A4D8-45A1-8A5C-A1744C45884C-L0-001

 

1歳児達は同じような発達段階の友達の中で自己中心でありながら、人の遊んでいる物に興味を持ちます。その物を介していつの間にか役割分担ができてきて、「一緒にあそびたいな」という意識が生まれることで友達との関わり方を身につけていくという発達の姿に気付かされとても嬉しくなりました。

 

1月11日。幼稚園の鏡開きとやきいもの行事に参加させてもらいました。といっても、もも組が遊ぎ場に行った時にはもう鏡開きは終わって、やきいもが焼かれているときでした。「ひよこ組さんも、おしるこをどうぞ」と言っていただいたので、おやつにおもちの入っていないおしるこをいただきました。1人づつおしるこの入ったお椀を受け取ると、上手に口に持っていき傾けて、おしるこを一口。「おいし~!」と思ったのでしょう。顔が隠れてしまうほどお椀を傾けて、残さないようにしっかり味わっていました。顔中あんこだらけになって、お椀は空っぽになっても、両手でしっかり持って離そうとしません!もうなくなってしまったから「おかたづけしようね!」と声をかけても、何度もお椀を傾けてのぞいている子や、回収に行くと、お椀を回収されないようくるっと背を向ける子もいて、その必死さに笑ってしまいました。7BAA83AC-EBEC-494E-B2CF-99D60F053856-L0-0018E587B87-2A24-4810-B955-A91AD815A43E-L0-001744051D2-6C8D-44A4-84BE-B053AFB35A3A-L0-001D5F58EE6-6EA6-4447-B648-97CE35F20D83-L0-001B307970B-D12C-4C8D-B6ED-0A593BE45BE2-L0-001

 

大人との関わりだけでは見られない日々の遊びの中で、自分だけでなく他の幼児に興味を持つことで得られる知恵や行動。行事や園児と関わることで学ぶことなどがたくさんある子ども達のチャンスを大切に、成長をサポートしていきたいと思いました。

 

トラックバック
コメント (「いっしょにすると たのしいね♪」 ひよこ もも組 福井弘美 はコメントを受け付けていません)

2023年12月9日 土曜日

 

12月に入り、れもん組に新しいお友達が仲間入りしました。すると、先輩?の子ども達は、名前を呼んであげたり、手を繋いであげたりら片付けを手伝ってあげたりと、お兄さん・お姉さん気分です。(みんな同い年です)そんな子ども達と外で遊んでいた幼稚園の子ども達が部屋に入ったタイミングを見て、「汽車ぽっぽ行くよ~」と声を掛けるとパッと目を輝かせて急いで帽子を取りに行く姿はとてもおもしろく、可愛いのです。少し手助けが必要な子もいますが、ほとんどの子が靴を自分で履く事が出来るようになりました。毎日いろんな事が少しずつ出来るようになっていく姿を目にして、子ども達の発達の速さに驚かされます。

IMG_4539 IMG_4544

 

 

 

そんな子ども達は機関車の所へ行くと、一瞬で上まで登って行って得意そうに見下ろして姿に感心させられます。右から左からいろんな所から登る事が出来るようになった分だけ目が離せませんが、子ども達のたくましさに嬉しく思います。子ども達は1人1人機関車でも遊び方は違い、何回も滑り台を滑る子もいれば、滑り台の途中で「カンカンカンどーぞー」と交通整理をしてくれる子もいます。機関車の下に入って秘密基地みたいにしたりと、遊びながらいろんな事を考えて楽しんでいる子ども達を見ていると、私達まで楽しくなります。

IMG_4554IMG_4559IMG_4560IMG_4562IMG_4563

 

 

雨の日には、広告や新聞紙を子ども達に渡してみると、ちぎったり、折ったり、思い思いに遊び始めました。中には広告を綺麗に敷いて寝転ぶと友達にトントンしてもらったり、その近くではぬいぐるみを寝かせていたりお母さん?先生?になりきっている子ども達には笑ってしまいました。そうして遊んでいると、新聞紙を丸めた棒でほうきの様に散らばっている広告を集め始める子が出て来ました。ほとんどのごみは散らばったまま(広がったかな?)でしたが、その子達は満足で、いろんな所を掃除してくれていました。そして、楽しかった時間はあっという間で、片付けの声掛けをすると、すぐに片付け始めます。ゴミ箱を近くに持って行って「ここに持ってきて~」と言うと両手にたくさん集めて持って来てくれます。何回も何回も集めに行ってくれている子ども達の顔はもうすっかりお兄さん・お姉さんの顔でした。部屋が綺麗になると得意気に笑っていて褒めると大喜びの子ども達です。

IMG_4574IMG_4588

 

 

 

IMG_4598IMG_4608

 

 

 

 

IMG_4612IMG_4622

 

 

 

 

IMG_4627IMG_4633
12月6日(水)はひよこ組のお楽しみ会を予定していましたが、感染症での欠席者が増えている為、延期となりましたが特別給食をいただき、プレゼントを持ち帰りました。特別給食はいつもと違うメニューで大喜びの子ども達は「おいしいねぇ~」と言いながら一瞬で食べてしまいました。これからも加湿、手洗い、消毒、換気を引き続き行いながら子ども達が元気に過ごす事が出来るようにしたいと思います。

IMG_4657IMG_4660

 

今年は保育園のお楽しみ会は風邪やインフルエンザの流行が気になった事から延期になりました。いつ頃、どのようにしようかと保育教諭達で悩んでいた所、幼稚園のお楽しみ会に保育園児も招待してもらう事になりました。保育教諭手作りの三角帽子を会場へ行く前に被せると、みんなこれから何が始まるのか、ワクワクしていました。子ども達は会場へ行くと、いつもと違う雰囲気でキョロキョロしていましたが、お楽しみ会が始まると、体を揺らしながら手遊びをしたりと、とっても楽しんでいました。幼稚園のお楽しみ会に招待された事から、急遽保育園の先生達の出し物としてハンドベルをする事になり、ドキドキでしたが幼稚園の子ども達がきらきら星の歌を歌ってくれたり、ひよこ組の子ども達も手をキラキラさせて楽しんだりしてくれたので安心しました。幼稚園の先生の出し物では、合奏でピクミンに変身した先生達に手を振ったり、れもん組の子で歌を知っている子は一緒に歌ったりしていました。幼稚園の先生達の劇ではらいろいろな動物が出て来るので、ひよこ組の子ども達も楽しんで観る事が出来ていました。そして、先生のサンタさんが出て来た時は驚いた様子でしたが、偽物のサンタさんがプレゼントを開けて出す時には大喜びでしていました。そして、いざ本物のサンタさんがさんさんらんどの上から登場すると、遠くだったので子ども達が見つけるのには少し時間がかかりましたが、見つけてからは「みて~」とれもん組の子ども達は大喜びで指を指して見ていました。部屋に戻ってから子ども達に「サンタさんの服何色?」と聞いてみると「あかいふくやった!」「ぼうしかぶっとった!」としっかり見た事を話してくれました。そこで、「ひげあった?」と聞いてみると「ここにふわふわがあったんよ~!」と自分のアゴを触りながら教えてくれました。サンタさん怖がらないかな?分かるかな?の保育教諭達の心配をよそに子ども達はちゃんと分かっていて、自分達が見た物、見た色を自分達の言葉で伝えてくれていました。初めて幼稚園のお楽しみ会に参加させてもらいましたが、子ども達は幼稚園児達の雰囲気は格別でとても楽しんでいました。また、幼稚園の楽しい雰囲気も味わう事が出来ました。そして、先日と今日2回目の特別給食の時間は「いただきます」をすると、まず1番にケーキを食べてしまう子(今日だけは特別です。)、最後まで大事に取っておく子、途中でつつきながら食べる子、さまざまでしたがとってもいい笑顔で食べていました。急遽、幼稚園のお楽しみ会に参加させてもらった保育園児達にとって、幼稚園の大好きなお兄さん・お姉さんと一緒に(1人前に)生活できた事、幼稚園の先生達の保育に触れた事はとてもよい体験になりました。幼保連携型認定こども園だからこそ出来る保育です。

 

IMG_4695IMG_4697IMG_4700IMG_4712IMG_4717IMG_4722IMG_4737IMG_4765IMG_4772IMG_4785IMG_4786IMG_4790IMG_4791IMG_4792IMG_4793IMG_4795

トラックバック
コメント (「何でもできるよ!」 れもん組今川未貴 はコメントを受け付けていません)

2023年10月22日 日曜日

 朝夕は涼しい風が吹き、肌寒く感じる季節になってきました。第2園舎で過ごしている保育園児達は毎日遊ぎ場で運動会の練習をしている幼稚園児の真似をして、音楽に合わせて体を動かしたり、鼓笛隊の迫力に立ち止まって見入ったりと興味津々の様子でした。

IMG_5135 IMG_5137 IMG_5141 IMG_5142

その幼稚園の運動会が18日に終わり、10日後の28日は保育園の運動会です。先日から、ひよこ組の運動会も子ども達の普段の遊びから何かできることはないか、どうすれば楽しくできるかと日々考えています。何しろひよこ組は1・2歳児のみで、幼稚園のようなかっこいい演技の見せ場がなく、1・2歳児だからこそ見せられる知恵や発達の過程、親がいてくれる安心感、1・2歳児ならではの行動などから考えようと、園長のアドバイスのもと考えてきました。そして、「玉入れはどう?」という言葉に、ボールが大好きな子ども達なので、きっと楽しんでくれるはず!と早速遊びに取り入れてみました。柱にカゴを取り付けていると、“なんだかおもしろそう”と子ども達が集まって来ました。まずはボール作りから。チラシを丸めて見せると一斉に「ぼくも!」「わたしも!」と手が伸びてきます。次に「見ててね」とボールをカゴに投げると、「うわぁ!」「やる!」と目を輝かせて今度はカゴの周りに集まりました。でも、カゴを少し高めに設置していたので手を伸ばしただけでは届きません。「ん〜」と背伸びをしてTくんが1つボールを入れました。それでも届かない子もいます。どうしようと考えたMちゃんは、カゴを下へ引っ張ってみて、やっと届きました。カゴのふちまで届いたWくんは、カゴと手の平でボールを落ちないように支えながら、徐々に指先へと移動させて入れていました。“背伸びして入れてる姿が可愛いかも”と思い高めに設定していたのですが、こんなにも考えている姿が見られると思わず、驚かされました。そのちょっとの難易度の高さ(手が届くか届かないか)が子どもの好奇心をそそる環境になることも気付かされました。

IMG_5149 IMG_5150 IMG_5163 IMG_5167 IMG_5168IMG_5174 IMG_5175 IMG_5176 IMG_5183 IMG_5196IMG_5190

幼稚園の運動会当日は、本園舎2階の年中さんのお部屋を借りていたれもん組。大型積み木など普段見かけない玩具もあり、引っ張り出してくると転がしたり積み上げたりして遊び始めました。Kくは友達が積み上げた所を山に見立てて「ブゥーン」と車を走らせていました。友達がじっと見ているのに気付くと、2台持っていた内の1台を貸してあげて、2人で走らせ大笑い。楽しいことを共有する楽しさも気付いてから気付かないか、しかし、とても楽しい経験です。

IMG_5245 IMG_5246 IMG_5241 IMG_5242 IMG_5243IMG_5244

Eちやんが大型積み木の上に座っていると、その後ろにどんどん他の積み木を置いていったHくん。すると他のこもEちゃんの後ろに座っていき、バスごっこが始まりました。保育教諭が歌うと、「ゴー!ゴー!」と返してくれ、いつもと違う環境に不安そうにしていた子もにっこり笑顔を見せてくれました。

IMG_5263

テラスでは工事の様子を見ることができました。「すごーい!」「ようちえんおおきいね」と口々に話していました。クレーン車が木材を持ち上げると「おぉ〜」と驚きの声が上がったり、「がんばれー」と作業員さんを応援する子もいたりと、普段見ることのできない光景にはしゃぐ子ども達でした。

IMG_5251 IMG_5255

いよいよ来週はひよこ組の運動会です。当日はお母さん、お父さんに甘えたくなる子もいるかと思いますが、働いているお父さん、お母さんから離れて生活している幼児達です。もっともっとお父さん、お母さんに甘えたい、抱っこされたいのは当たり前です。愛情を腹いっぱいに貯えたら安心して離れていきます。そんな温かい運動会になるようご協力ください。普段の可愛い踊りの様子や遊びの様子も見ていただけるよう、私たちも頑張りたいと思います。

 

 

トラックバック
コメント (「どうやって入れようかな…」 ひよこ れもん組 満永舞子 はコメントを受け付けていません)

2023年9月30日 土曜日

まだ残暑が厳しい日が続いていますが、朝・夕は過ごしやすい季節になり山から吹いて来る秋風を感じながら、子ども達は機嫌よく遊んでいます。特にさんさんらんどの機関車の遊具が大好きな子ども達は、みんな慣れた様子で機関車のいろいろな方向から登って行きます。網の所では、小さな足がすっぽりはまって動けなくなっていたり、網に靴がはまって脱げてしまってそのまま靴が刺さったままだったり・・・いろんなハプニングがありますが、そんな事を気にせず遊んでいる姿がどれも可愛くて、面白くて、ついつい笑ってしまいます。

IMG_2738 IMG_2735 IMG_2732 IMG_2734

夢中になって遊んでいる子ども達は、年長さんが鼓笛隊の練習を始めると、一時停止。足を止めて真剣に見ている子もいれば、手拍子を始める子もいます。年長さんはまだ練習が始まったばかりですが、それでもひよこ組の子ども達は目を輝かせて見ていました。こんなに幼い子ども達が、お兄ちゃん・お姉ちゃんがしている事を吸収している姿は目を見張る物があります。保育園児1.2歳児は鼓笛隊をするのは、まだまだ先の事ですが、この子達にとって年長さんは大きくて憧れの存在なんだろうなと思います。そんな保育園児達も10月28日の運動会に向けて、お部屋で曲を流して踊りを練習している所です。毎日楽しそうに手足を動かして踊る姿は、とっても可愛いです。運動会まで約1ヶ月ありますが、遊びの中で楽しみながら練習(?)していきたいと思っています。

IMG_2760 IMG_2751

IMG_2759

最近、お部屋ではソフトブロックやマグネットブロックでよく遊んでいます。ソフトブロックでは長~く繋げて電車を作ったり、いろんな形をくっつけて飛行機を作ったりしています。この時期の子ども達は1人遊びが多いのですが、中には友達と一緒に作っている姿も見られ、平行遊びから少しずつ関わりも見られるようになり、見ているとほっこりする姿です。マグネットブロックを出した時は最初、同じ形を何個も重ねているだけの子が多かったのですが、今では同じ形を重ねていても色を見て「にじ!」と教えてくれたり、立体の形を作る事が出来るようになり、帽子を作ったり、いろんな形をくっつけて、ぶら下がっているブロックが足に見えると「たこ」を作ったりしていて、その想像力に毎日びっくりさせられています。それにつれて見立て遊びが出来るようになり、自分が作った物を言葉で伝えられるようになってきています。毎日友達や幼稚園のお兄ちゃん・お姉ちゃんの遊ぶ様子を観察して、真似てみたり、気付いたり、周りから色々な刺激を受け、吸収しながら成長しているんだと改めて感じました。これからもいろんな事を体験したり、経験したりしながら成長していく姿を見守っていきたいと思います。

IMG_2706 IMG_2704 IMG_2707IMG_2713IMG_2787 IMG_2789 IMG_2718 IMG_2720 IMG_2629 IMG_2708

トラックバック
コメント (「で~きた♩できた♩」 れもん組 今川未貴 はコメントを受け付けていません)