幼稚園の日記(ブログ)

 Home /幼稚園の日記(ブログ)

2019年7月9日 火曜日

今日は蒸し暑い一日でしたが、雨も降らなかったので戸外で遊ぶことが出来ました。晴れてる時しか出来ない遊びである、自転車や魚釣り、しゃぼん玉で夢中になって遊んでいました。そして、お部屋に入る前に、青コース、赤コース一緒に盆踊りを踊りました。教師や他のクラスに負けないように、それぞれのクラスが大きな声を出して元気良く踊っていました。

IMG_2289IMG_2290IMG_2291IMG_2293

お部屋に入ると、すみれ組は、夕涼み会で使ううちわの模様を絵の具を使ってデザインしていきました。うちわに思い思いの色を落とし、振ったり傾けたりして流して、色が混ざり合ったり、線が交差して様々な色が出来ていったりして出来た模様を楽しんでいました。筆から絵の具を落とす際、M君は『ポタポタポタ』と言いながら絵の具が落ちるのを楽しそうに眺め、『次は赤!』と好きな色を選んでいく姿が見られました。それを見ていたSちゃんは、『次?次?』と何度も聞きながら、自分の番を今か今かと待っていました。やっと自分の番が来ると、キラキラした笑顔で嬉しそうに来て、教師に助けてもらいながら絵の具を流していました。

作り終えると、みんなが『これは私のうちわ!』と自慢気に見せ合っていました。自分の手で作った物を使って活動する事の意味を改めて感じました。色が混じって『これは緑だね!』と言いながらしている子もいて、この活動の中でも子ども達は色々な発見をしていて面白いなと思いました。

これから夕涼み会に向けて期待を持って活動が出来るようにしていきたいと思いました。

今日の献立は、胚芽米、鮭のフライ、野菜スープ、きのこと葉野菜のサラダ、バナナでした。

IMG_2311

トラックバック
コメント (『うちわ作りをしたよ』 すみれ組 岸田亜寿美 はコメントを受け付けていません。)

2019年6月13日 木曜日

今日も子ども達はしゃぼん玉遊び、ままごと、水くみ遊びなどそれぞれが好きなコーナーに行って夢中になって遊んでいました。

IMG_1980IMG_1991IMG_1992IMG_1983IMG_1988

ままごとコーナーでは、スープやサラダ、炒め物を作ってパーティーを開いていました。みんなが「私はこれを作るね!」と年少児も加わって役割分担が出来ているのがすごいなと思いました。

いっぱい遊んだ後、部屋に入って廃材遊びと絵の具遊びをしました。廃材遊びは、最初はセロハンテープで廃材をくっつけて楽しんでいましたが、最近は箱の中に何かを入れてみたり、クレヨンで色づけをしたりと工夫をする姿が見られるようになりました。Y君は、みんなが電車を作っているのを見て、「僕も作る!」と言って作り始めましたが、電車ではなくて汽車を作っていました。蒸気を出すために牛乳パックで煙突を作ってくっつけました。他の子とは違う発想で工夫をしていました。子ども達は同じ物を作っていてもそれぞれイメージが違い、考えていることも違っていて人に流されず自分の思いをそのまま表現していきます。それがすごいと思いました。

IMG_1994IMG_1996IMG_1993

また、絵の具遊びでは、絵の具の色が混じらないように、又まるを描いても重ならないようにしたり、筆をトントンと置いて花火みたいにカラフルに色をつけたりしていてとても楽しんでいました。

子ども達と出来た作品を見る時間もとって刺激しあったり楽しんだりしていきたいと思いました。

今日は内科耳鼻科検診がありました。本日受けていない園児は来週20日に検診を受けます。ご協力お願い致します。

IMG_5238

トラックバック
コメント (「廃材遊び楽しいな!」 すみれ組 岸田亜寿美 はコメントを受け付けていません。)

2019年5月28日 火曜日

今日は雨が降っていましたが、テントの下では野菜を使ったスタンプをしたりままごとをしたりして遊んでいました。

すみれ組ではお部屋でみんなが持ってきた廃材を使って遊びました。Sちゃんはアンパンマンが好きなので、沢山ある廃材の中からアンパンマンのお菓子の箱を選んで長く繋いでいました。完成すると「アンパンマン電車が出来たよ!」と嬉しそうに見せてとても満足そうでした。

又、牛乳パックを何個も繋いで同じように電車を作っていたC君はラップの芯とゼリーカップをくっつけて踏切も作っていました。そして「これは宇和島行きの電車だよ」と教えてくれました。イメージに合わせて廃材を選んで自分の好きな物を作ることが出来ていて、子どもの発想力に改めて驚かされました。

飛行機を作ったS君は、機体に見立てたティッシュの箱の中にヤクルトの容器やトイレットペーパーの芯を入れていて、「これは何かな?」と聞くと「お客さんが入ってるんよ」と教えてくれました。飛行機だけでなく、そこに乗っているお客さんをイメージして作っていて、その子の中でストーリーが出来ているんだと感じました。

教師の想像を超えた子ども達の発想力に今後の作品作りが楽しみになりました。

E016E689-BC84-4E03-B292-B711E29D388CIMG_1850IMG_1851IMG_1852IMG_1853IMG_1848IMG_1849

トラックバック
コメント (「はいざいあそびをしたよ」 すみれ組 岸田亜寿美 はコメントを受け付けていません。)

2019年4月24日 水曜日

今日は、天候が悪い中登園すると子供達は窓の外を覗きながら、雨が止むのを今か今かと待っていました。そして、雨が止むと一気に子供達は外に飛び出し、色水コーナー、ままごと、砂場、泥場など自分がしたい遊びの方に走って行きました。

先日、第一駐車場で春の植物探しをしたことで絵本の付録の春の図鑑をぶら下げて園庭を探索している子が多く見られます。今日は、年長、年中、年少さんが入り混じって花壇の下を覗き込んでだんご虫を探して、廃材の箱の中に入れていました。そして、だんご虫が何を食べているのか図鑑で調べて落ち葉や土を入れていました。

IMG_1682IMG_1683IMG_1688IMG_1694IMG_1695IMG_1696IMG_1698

すみれ組では、お部屋に入ると四月のシール帳折り紙のチューリップをみんなで折りました。最初は、教師が折るのを見てから折るようにしましたが、三角形に折ってから「何の形かな?」と聞くと「さんかく!」と分かっている子も多く、図形に興味を持つことが出来ているんだと感じました。一度大きい折り紙で折ってみてから小さい折り紙で折りましたが、折り方をきちんと覚えてすぐに折れる子もいました。また、困っている友達がいると「Y君が教えてあげる!」と折れるようになった事が嬉しくて、丁寧に教えてあげる姿も見ることが出来ました。

IMG_1699IMG_1700IMG_1701

入園して二週間、登園を渋る子もいますが、遊んでいるとすぐに泣いていたことを忘れて年長、年中さんと一緒に笑顔で遊び始めます。心配しないで教師に預けて頂けたらと思います。

間も無く10連休に入ります。安心してお母さんから離れる事が出来るよう、お家でも子供を信じて自分が出来ることをさせて、励まして自信を持たせてください。

トラックバック
コメント (「幼稚園楽しいね!」 すみれ組 岸田亜寿美 はコメントを受け付けていません。)

2018年12月14日 金曜日

今日は、お楽しみ会!子ども達は朝から「今日は、サンタさんが来るんよね」「今日は、お楽しみ会だね!」とワクワクドキドキしながら登園してくる姿が見られました。

9時50分、順次クラスごとにホールに入ってきました。

P1010472 P1010468

古森先生が「心のプレゼントのこと」「座ってみること」等を話してくださると、ステージの中から素敵なハンドベルの音が聞こえてきて、そのまま静かに幕が開くと聞き入っていました。次は楽器の演奏です。楽器は子ども達が知っている物がほとんどでした。「鍵盤ハーモニカ」「木琴」「鈴」「タンバリン」と次々に言い当てていました。演奏が始まり、みんなが知っている曲が聞こえてくると一緒に歌い始め、みんなが一つになっていました。

P10104801

次は、もう一つの心のプレゼント「うさぎのましろ」が出てくる劇です。ましろはサンタさんから2つのプレゼントをもらおう全身に墨を塗って「まくろ」になって、サンタさんからもう一つ木の種をもらいました。ところがましろに戻ろうとしましたが、その方法が分かりません。会場の子ども達が「お風呂に入ったらいいんだよ」と言うと、ましろが「森にはそんなものはないんだよ」と答え、仕方なく「まくろ」のままあきらめて、サンタさんからもらった2つ目のプレゼントの種を土に埋めることにしました。「雪がいっぱいで 土が見えないよ」「冷たいよ」と挫折しそうになると、子ども達が「がんばれ!」と応援してくれて、最後まで頑張ったましろは、いつの間にかましろに戻っていました。そして1年後ましろが植えたクリスマスの木は育って、プレゼントの実をつけました。それを見た子ども達の方からは拍手が起こりました。前列の子どもは、「立ったら見えないから座って」と言われながらも、夢中になって立ってしまう程見入っていたいました。P1010489

その後、電気がチカチカして本物のサンタさんの登場です。河野先生のニセ物のサンタさんではなく、本物のサンタさんだと分かると拍手がいっぱい起こりました。サンタさんへの質問タイムでは、「どうしてサンタクロースと呼ばれているのですか?」「どうやってプレゼントを作るのですか?」「みんなの欲しいプレゼントがどうして分かるのですか?」「どうやってプレゼントを配るのですか?」等の質問に、濱本先生やピーター先生の通訳を通して答えてくださいました。そのお礼に子ども達の方からは、「赤鼻のトナカイ」等の歌のプレゼントをすると、「イエーイ!!」とサンタさんは喜んでくださいました。

P1010491 P1010492 P1010495

そしてホールの電気が消えて、みんなが眠っている間に帰っていったサンタさん。先生が窓の外を見て、サンタさんが「小さくなっていった」ことを教えてもらい、部屋に戻るとプレゼントが届いていました。いい子の所に届くプレゼント。自分のプレゼントを見つけた良い子達は、プレゼントを手にテラスに出て、サンタさんが帰っていった山の方を見ながら「ありがとう」と元気いっぱいお礼を言っていました。

P1010497 P1010499

ひよこ組でも給食の前、お楽しみ会に参加した年長児が、ひよこ組にもプレゼントがあるかどうか心配して見に来てくれました。そして部屋中を探して、部屋の隅に隠してあったプレゼントを見つけて、みんなで「やったー」と大きな声で喜んでいました。そのプレゼントは、年長児が一人ひとり配ってくれました。1,2歳児なので何事かとしばらく呆然と見ていましたが、お兄さん、お姉さん達の雰囲気に刺激されてテラスに飛び出していきました。そして誰からともなくお兄さん、お姉さんの指差す方向に何かあるらしいと目で追っていました。そしてプレゼントを持ったひよこ組の幼児達は「ありがとう」と大きな声でお礼を言っていました。

IMG_3581

今日の昼食は、クリスマスメニュー!そのおいしそうなごちそうを見て、「わぁー」と嬉しそうにお皿をもらっていました。もちろんお皿にはケーキものっていました。「おいしい!お代わり」とピラフやスバゲティを何度もお代わりしていました。

P1010504

サンタさんから頂いたプレゼントと、心に温かいプレゼントを頂いて、子ども達は笑顔で帰っていきました。

今日はお話をいっぱい聞いてあげてください。

本物のサンタさん、今日はありがとうございました。

トラックバック
コメント (今日はお楽しみ会         すみれ組 谷川幸実 はコメントを受け付けていません。)

2018年1月10日 水曜日

今日からいよいよ3学期のスタートです!!幼稚園へ行くことをワクワクしながら待ってくれていたように、私たち教師も子どもたちが登園するのを今か今かと待っていました♩あいにくの雨天でしたが、重いアルバムは、園の門をくぐる時やバスへ乗り込む時に、お母さんお父さんからしっかり受け取ると逞しい顔つきで抱えて登園してくる姿がありました。それは、小さな小さなたんぽぽ組の子どもたちも一緒です。

すみれ組の子どもたちは持ってきた所持品を教師と一緒に片付け始めると、いつもの生活の感覚をすぐに取り戻し、次々と片付けを済ませていきました。そして、久しぶりに再開した友達と話をしたり遊んだりして楽しい幼稚園の始まりです。年中児のクラスでは、お正月遊びのカルタを楽しんでいました。久しぶりに大勢の友達とカルタを取り合って遊ぶのは、取られてしまっても笑顔でいられる、そんな楽しい時間でした。

IMG_0020IMG_0027 IMG_0028IMG_0026IMG_0030 IMG_0032 IMG_0031IMG_0025 IMG_0024

 

今日の始園式では、*1年中の歌*という歌に合わせて、1年が豊かな自然であふれる楽しい事でいっぱいでその始まりの1月だから「おめでとう」と言う挨拶をするのだというお話をしてもらいました。この歌を紹介するにあたって、始園式で歌う歌を教師たちでもう一度よく話し合いました。しかし、なかなかピッタリの歌がないどころか、教師自身に歌のレパートリーが少なく、頭を悩ませていると園長がこの歌を提案してくれました。みんなで聞いてみると、1年の始まりに期待が持て、なおかつ子どもたちもすぐに覚えることができそうなメロディーでした。そして、この歌に決めました。私自身、幼少期に歌った歌を大人になったいまでも、いつまでも覚えていことを思うと、この時期に是非歌わせたいと思いました。このように優しいメロディーで子どもたちに伝えたい歌にもっともっと馴染ませていきたいと思いました。

IMG_0035IMG_0040IMG_0042IMG_0044

 

今日のおやつには、昨年の秋から干して、栄養が凝縮された渋柿の皮のチップスでした。口に入れると、ほんのり「柿の味がする!!」と話しながら味わっていました。

IMG_0050

明日からは給食もスタートします。いよいよ3学期の始まりです。友達との仲も深まり、クラスでの団結意識も高まってきます。この貴重な1日1日を大切にすごし、次のステップへ自信を持って進めるようにしたいと思っています。

 

 

☆健康情報☆

感染症は出ていませんが、インフルエンザの流行等もニュース等で話題に上がっています。家庭でも手洗いうがいの習慣をつけ感染予防をお願い致します。

トラックバック
コメント (今日から3学期〜おめでとう1月〜 すみれ組 濱本果穂 はコメントを受け付けていません。)

2017年11月29日 水曜日

今日はあいにくの雨天でしたが、朝は小雨だった事もあり、先週から穴を掘ったり新聞紙やアルミホイルを持ってきたりして準備をして楽しみにしている子どもたちのために焼き芋をすることにしました。今日は、さつま芋の数を半分にしたので包む作業は年長さんと年中さんがすることになりました。そこで、年少は交代で洗う係をすることにしました!そして、ワラで作ったたわしを使ってお芋をクルクル回しながら洗っていきました。子どもたちは、何個か洗うと後ろに並んでいる友達と交代したり、並んでいる人がいなければ続けて洗ったり、その時々の状況に合わせて臨機応変に動いていきました。お芋を洗って手が冷たくなった子どもたちは、焚火に当たって温めました。

IMG_1813IMG_1817IMG_1838

IMG_1844

温かい焚火は雨が降り肌寒さを感じる今日にピッタリです。年少児が洗ったお芋は年中児、年長児の手によって濡れた新聞紙とアルミホイルで包まれて、火の中に投げ込みました。コントロールの良い子は園長が火の所でバッターになると上手に投げることができました。落ち葉で被せて落ち葉炊きの体験もしました。

IMG_1834IMG_1836IMG_1832IMG_1831IMG_1827

 

そして、一番重要な”焼く”という工程を赤コースの先生にお願いして、本日もう一つのイベントである人形劇を観ました。

 

今年は「花さかじいさん」の人形劇を観ました。たくさんのこあら保育の方々にも参加して観劇して頂きました。人形劇をして下さる劇団バクさんは東京から来てくれています。導入の手遊びでは、教師もいつも勉強させられます。子どもたちは「きゃあきゃあ」言いながら楽しんで、その世界に引き込まれていくのです。「花さかじいさん」の人形劇も年少の子どもたちも1時間も集中して観劇していました。

IMG_1856IMG_1859IMG_1850IMG_1861IMG_0949IMG_0950IMG_0957

 

すみれ組では、お部屋に帰ってから「花さかじいさん」の絵を描くと、それぞれが好きな場面を描いていました。よく見て理解できていて、見ただけでその子の興味のもった部分を表現できていました。”ぐんぐん伸びる木”や”桜の木を眺めるおじいさん・おばあさん””ポチとおじいさん”など、次々に絵を描いていて、人形劇からとても楽しい時間になりました。

IMG_1870IMG_1871IMG_1874IMG_1877IMG_1879IMG_1875

 

 

 

人形劇の後は、赤コースの先生たち焼いてくれた焼き芋が完成していました。感謝の気持ちをもって、ほくほくの焼き芋をいただいて、自分たちで収穫して、洗ったさつま芋を食べて満足な子どもたちでした。こあら組さんも焼き芋を食べた後、焼いてくれた先生方に「ありがとう」とお礼を言って帰っていました。

IMG_1867IMG_1866IMG_1868

トラックバック
コメント (人形劇「花さかじいさん」を見たよ すみれ組 濱本果穂 はコメントを受け付けていません。)