幼稚園の日記(ブログ)

 Home /幼稚園の日記(ブログ)

2022年4月12日 火曜日

本日、令和4年度青空入園式を行いました。年長さん、年中さんが植えていたチューリップがこの日を待っていたかのように大きく開いて、園庭に彩を添えてくれていました。又、なんといっても今日の入園式の天候は先週までは雨予報だったのが嘘のような青空の下、とても暖かい1日となりました。これぞまさに三葉天気です。

 

保護者に手を引かれた新入児達が、ピカピカで少し大きめの制服で登園してきました。いつもとは違う雰囲気を感じ緊張した表情もまた、ちょっぴりお兄さん・お姉さんになったような表情にも見えました。

1917C1A1-B660-4427-9578-8D6833AC863ECF014890-7C1B-4573-895A-63B07FCFEDCA

教師が思いを込めて書いた名札を「よろしくね。」と言いながら、入れていくと「よろしく。」と答えてくれたり、自分と同じ色の教師の名札を『じー。」と見比べて笑顔になるなどコミュニケーションをとることが出来ました。今日が初めての出会いとなった子もいて明日からの生活が楽しみになりました。

式が始まり、園長先生から「ちゅうりっぷぐみさ~ん!」と呼び掛けてもらうと「はーい!」と元気いっぱいの返事!!さくら組・すみれ組・ひまわり組も元気よく「はーい!」と続き、「上手に返事ができたね。」と褒めてもらいました。

02A7B992-3506-4CAD-9F48-5ED24B50C12FFB304877-BFB4-4EFD-BAC7-B56B02DF9AC5D5AF1099-6579-4E0C-83CA-41392DAC4D2F

式が進むにつれ周りが気になり始めた時、救世主の登場です!!在園児代表の年長さんがハッピ姿で舞台に上がってくれました。それまで下を向いていた子や、お母さんにだっこしてもらっていた子が一人、また一人と自分の椅子に座り前を向き始めたのです。毎年ですが、自分達に近い憧れの存在である年長さんの偉大さを感じる瞬間でした。今後も偉大なお兄ちゃんお姉ちゃんを頼っていきながらいっぱいいっぱい遊んで学んで育って追いついていく子と共に自分も成長していこうと楽しみです。

CB18802B-B8B7-496D-A7FF-6C4CE8FF3536

最後に「今度はみんなの番だよ!」と言ってもらい写真撮影になりました。1枚は保護者と一緒に「ハイ、チーズ!」そして、もう1枚は子どもだけで舞台に上がり「にこにこに~!」で撮りました。子どもだけの写真は『お母さんたちから離れられるかな?泣いてしまわないかな?」と教師は不安が多くありました。ところが泣く子が少なく、又、「泣いていたり前を向けないのが当たり前!!これも思い出です。」と園長の放送があったように思い出に残る1枚になったように思います。この1枚と卒園写真を見比べる日が来るのが楽しみです。

調理師さん手作りのドーナツと新しいシール帳をもらい喜んでくれた年少さん。今日は遊べずちょっぴり不服そうな年少さんでしたが、教師一同、明日どんな表情で登園してくるか、楽しみでもあり、大丈夫かな?と緊張感ありの1夜となりそうです。明朝は元気いっぱい遊べる子ども達が大好きな環境を準備をして待ちたいと思います。

D30BC913-14AE-4E3B-86D6-9B9E5600D85D

コロナウイルス感染予防の為、急遽の規模縮小、園庭での実施、保護者参加が人数の制限などご協力頂いての入園式となりました。本日のコロナ感染者数450名、安心はできません。今後もコロナウイルス感染対策をしながらですが、「子ども」を中心に遊んで学べる保育を進めていきたいと思います。今後ともご協力よろしくお願い致します。

トラックバック
コメント (「 令和4年度 青空入園式!! 」  ちゅうりっぷ組 河野拓成 はコメントを受け付けていません)

2020年4月10日 金曜日

 今日は令和2年度の入園式でした。新型コロナウイルスの感染拡大の防止として、式の時間短縮、形態の工夫、十分な換気、人数調整など教師間で様々なことを考えて準備してきました。今年は数年ぶりに満開の桜が新入園児や保護者を迎えてくれました。

IMG_0494 image image

 今年度は入園にあたっての説明会ができていなかったため、保護者には一足先にホールに集まってもらい説明会を行ったのですが、新入園児達はほとんどの子が泣かずに保護者から離れて、室内で好きな遊びをしたり教師と手遊びや踊りをしたりして過ごせたことには驚かされました。

image image IMG_0369 IMG_0367

 そして説明が終わり、いよいよ新入園児の入場です。教職員や保護者の温かい手拍子に迎えられながら、ピアノのリズムに合わせて笑顔で入場することができました。在園児のお兄さんやお姉さんからは、お祝いの言葉と踊りをプレゼントしてもらい、かっこいい踊りを真剣に見て、手拍子をしたり、なかには一緒に真似をしたりして踊り始める子もいました。

image image IMG_0393 image

 入園写真の撮影も中止にしようかと悩んでいましたが、園庭に椅子を並べて青空の下でクラス会をした流れで集合写真を撮ったことで、満開の桜をバックに素敵な記念の写真を撮ることができました。又、お土産のマドレーヌは教師達の手作りの袋に入れてもらい、子ども達はとても喜んでいました。

IMG_0413 IMG_0412 IMG_0408 IMG_0401

 今年度の入園式では、形態の変更に伴い保護者の方々にはご理解とご協力を頂きありがとうございました。この素敵な子ども達の笑顔がたくさん溢れるように、三葉幼稚園の教職員一丸となって保育していきたいと思います。

 入園式で紹介しきれなかった教職員です。

9223284C-D333-4C99-8A9E-CD4DC7CAFC01

トラックバック
コメント (「桜が満開の入園式!」 ひまわり組 丸山利夫 はコメントを受け付けていません)

2018年4月11日 水曜日

桜も葉桜になりましたが、アーチをくぐってくるお父さん、お母さんと一緒に新しいお友達がやってきました。

IMG_0110

「おはよう」「おめでとうございます」の声に恥ずかしそうにしながらも「ぶどうがAちゃんのところよ」「ここに置こうね」と保護者に教わりながら、靴を置くと部屋に入ってきました。そして持ち物をロッカーに片付け始めると自分のマークを見つけて「ここ?」と尋ねながら入れていました。着ている服が大きい目で、かぶっている帽子も大きく色鮮やかで、子ども達が初々しく見えました。

IMG_0113   IMG_0124  IMG_0128

3階ホールに上がると「保護者と離れて座っても大丈夫?」と尋ねると「うん」「大丈夫」と答えたにもかかわらず、実際離れると「ママ どこ?」「見えないねぇ」と探したり、他の子が泣き始めるとつられて泣き始めたりする子もいました。

しかし式が始まり園長が楽しくかつ優しく「〇〇ぐみさ~ん」と声を掛けると、元気よく「は~い」と手をあげ、最初の先生たちが忍者走りで出てきて、「次の忍者は?」と言うと「どこに隠れているの?」「忍者 どこ?」と期待して待つ姿が見られました。途中、新入園児が飽きてくる頃、新入園児の兄弟姉妹の年中、年長児のお祝いの言葉と踊りが入りました。年中、年長児さんが出てくると「わー」と新入児達の目がひかり「何だろう?」「かっこいい格好で出てきたよ」とじっと見ていました。踊り始めると顔を高く上げて見入っていました。最後の”ありがとうの花”の手話では、この歌と手話を知っているひよこ組やプレ年少児だった子は真似をして、手話をしながら歌っていました。歌ったり、踊ったり、言葉を言っている年中、年長児は、どの子もしっかりお兄さん、お姉さんの顔になっていました。そして「三葉幼稚園に来てくれて ありがとう」の最後の言葉は、とても温かく新しいお友達の心にきっと届いているだろうと嬉しい気持ちになりました。

CIMG5701   CIMG5721   CIMG5736   CIMG5749

写真を撮る頃には疲れて「帰りたい」「ママ 抱っこ」と甘える姿もありましたが、お土産の話を聞くと「え~!なになに?お土産?」と頑張っていました。

そして本当に調理師さんが作ってくれたマドレーヌをいただくと嬉しそうに手にして大切に持って帰っていました。(すみれのRちゃんは部屋を出るなり、口にほおばりながら帰っていきました。笑)

IMG_0129  IMG_0133   CIMG5814

今日、新しいみつばっこ達が約120人出来ました。

明日から三葉幼稚園では、子ども達の元気な声が響き渡ることでしょう。

みんなでいっぱいいっぱい遊びたいと思います。

トラックバック
コメント (三葉幼稚園に来てくれて、ありがとう    すみれ組 谷川幸実 はコメントを受け付けていません)