幼稚園の日記(ブログ)

 Home /幼稚園の日記(ブログ)

2020年2月25日 火曜日

今朝、園庭には何やら面白そうなものが出ていました。園長が歩き椅子を使って、三輪車のトンネルを作ってくれたのです!目ざとい子ども達はそれに気づいてどんどん周りに集まってきました。気づくと、三輪車にまたがってトンネルの開通を待ち遠しそうにする子ども達が、長い列を作っていました。トンネルの設置が終わりいよいよ開通です。開通と同時に三輪車が次々スタートしました。高さは頭スレスレ、三輪車の幅もスレスレで、頭をぶつけないように三輪車の両輪も当たらないように注意しながら通らなければいけない分、難易度もかなりアップしています。三輪車に乗りなれた、年中年長児は頭を下げ、難なく通っていくのですが年少やたんぽぽの子たちはタイヤをぶつけないようにと、ゆっくり慎重に通り抜けていて、その集中力と小さいなりに器用に進む様子に感心しました。しばらくするとRくんとYくんが水を持ってきてトンネルから出た三輪車に洗車を始めたのです。初めは手でしていたRくんとYくんですが、教師からたわしを受け取ると1回1回たわしを水につけタイヤに付いた砂を落としていきました。洗車をしてもらった子ども達は「タイヤ綺麗になったー!」と嬉しそうに出発していました。洗車が盛り上がると、その後方が大渋滞になりました。空に気づいた年長児のTくんを筆頭に交通整理が始まり、事故が起こらないよう至る所で「ちょっと待ってくださーい!」「どうぞー、ゆっくり進んでくださいーい」と、声が聞こえてきました。その年長児の姿を見た年少の子達もメガホン片手に「早く行ってくださーい」とお兄ちゃん達の真似をして、みつばの交通整理をしていました。

しばらくすると、ぞう組のHくんがたくさんの四角の線を水線で書き始めました。何をしているのか聞いてみると、「これ駐車場なんよ」「この丸があるところは車椅子のところ」と、教えてくれました。三輪車を停められるようにとたくさんの駐車場を作っていました。車椅子専用の駐車場を作るHくんもさすがだなと感じました。駐車場ができると、少し休憩しようとたくさんの三輪車か泊まり始めました。ちゅうりっぷ組のSくんは「たくさん停まってるね」「ぼくも停めてるよ」「あ!また入ってきた!」とたくさん出入りする三輪車を嬉しそうに眺めていました。Hくんによるとすぐ側にはお店があるそうです。トンネルの入口には、年少のYくんが、駐車券を発券している姿もありました。

今までにない程の盛り上がりだった子ども達の気持ちをそのままに、明日も楽しんでいけるようにしていきたいと思います。

IMG_4170IMG_4173IMG_4174IMG_4180IMG_4181IMG_4189IMG_4190IMG_4208IMG_4209IMG_4213

トラックバック
コメント (「じょうずに通れるかな??」 うさぎ組 西川友理 はコメントを受け付けていません。)

2019年12月18日 水曜日

昨晩の雨で、園庭にはたくさんの水たまりが出来ていました。登園した子ども達は、カバンを置くとすぐに園庭に出てきて泥遊びを始めました。しばらくすると、うんていのそばの水たまりがなんだか賑わっていました。行ってみるとイチョウの葉で船を作って遊んでいました。それを見た他の子ども達も水に浮いている船を見ながら同じように作り、次々と水に浮かばせて行きました。子ども達の作った船は上手に浮くのもあれば、すぐに沈んでしまうものもあり、子ども達はなぜ沈むのか考えながら何度も挑戦していました。そのうちイチョウの葉だけでなく落ち葉を使った船も作っていました。又、園長が笹の葉を使って”笹舟”を作ってくれ、子ども達も大喜びでした。園長の作った笹舟は沈むことなく最後まで浮かんでいました。くま組のA君は、笹の根元に落ちているイチョウの葉がとても綺麗だと気付くと船を作ろうと葉っぱを探している子に「あっちに綺麗なのがあるんよ!ついてきて!」と教えてあげていました。つりかんをしている子ども達も何をしているのか気になり、ついて行きました。その頃にはフーッと息を吐くとスイスイと進む船が沢山あり、誰の船が1番早く進むのか競争も始まっていました。どの子も1位になりたくて船を走らせようと一生懸命息を吹きかけていました。真っ直ぐには中々進まない船をゴール目指して頑張っていました。船を沢山作りたいと思った数人の女の子は片手にイチョウの花束を持ち、いくつも船を作って浮かばせていました。イチョウの船が上手く作れなかったRちゃんは、沢山作るうちに上達し、最後には「家でも船を作りたい!」と、たくさんのイチョウの葉を持って帰っていました。

IMG_3192IMG_3181IMG_3184IMG_3187IMG_3190IMG_3198

昼食が終わったあと、秋にみんなで掘ったさつまいもがまだ残っていたのでそのさつまいもを使って茶巾絞りでおいものケーキをみんなで作りました。各クラスで、さつまいもを潰して自分でサランラップで茶巾絞りにしてお皿に移すと、かわいいお花の形のおいもケーキができるのです。そのきっかけは、園長が最初、らいおん組に1つ作った茶巾絞りを見せてくれました。それを見た子ども達は、大興奮!!ほかのクラスにも見せたいと、年長のみんなに見せて回っていました。年中児は、年長から下でいいことをしていると聞き、興味津々で見に行きました。さつまいもを潰している時には、「おいしくな〜れ!おいしくな〜れ!」と、お願いしながらみんなで力を合わせて潰しました。茶巾絞りのお花ケーキを食べた子ども達は「ほっぺが落ちそう!」とほっぺを押さえる子どもがいたり、「美味しすぎる〜!」と倒れてみせる子がいたりと、自分たちで作ったおやつを満喫していました。

IMG_6251IMG_6252IMG_6253IMG_6262

トラックバック
コメント (「イチョウの船が出来たよ!」 うさぎ組 西川友理 はコメントを受け付けていません。)

2019年11月22日 金曜日

今日、朝登園すると、以前子ども達と作った藁の家のそばに子ども達が集まっていました。その様子に気付いた子ども達も次々と集まって来ました。朝、教師が出勤して園庭に出ると藁の家が半分壊れていて、どうしたものか眺めていたのでした。修復を試みましたが壊れた方の藁は別の遊びに使えないかと考えた園長が、つりかんの下にクッションの代わりに敷き詰めてくれました。それを見た子ども達は嬉しそうにつりかんをして遊んでいました。しばらくすると、さらに園長が集めた藁くずを拾って何か作り始めました。その側で見ていたKちゃんとEちゃんは何ができるのか興味津々で、じっと見つめていました。出来上がったものはなんと「藁のボール」でした!そのボールを貰ったKちゃんは嬉しそうに蹴って遊んでいました。いつもサッカーをして遊んでいる男の子達はそのボールを見つけるとすぐに近寄ってきました。ボールを受け取ったY君は自分たちが今までしていたサッカーボールと藁のボールを交換し、サッカーを始めました。いつもと違うボールで、サッカーをしていると知った子ども達が集まってきて大盛り上がりのサッカー大会でした。サッカーボールが出来上がると次は小さな手のひらサイズのボールを作ってくれました。今度はその小さなボールを使ってキャッチボールが始まりました。以前、年長児のマンダリン野球教室の様子を見ていた子ども達は、教師と上手にキャッチボールをして楽しんでいました。自分のボールが欲しいと思ったT君は「古森先生の作ったボールが欲しい」と、園長の作っているボールをじっと待っていました。完成すると、嬉しそうにボールを貰って教師とキャッチボールをしていました。

IMG_2697IMG_2700IMG_2704IMG_2705IMG_2707IMG_2711IMG_2712IMG_2758IMG_2793

藁ボールで盛り上がっている中、気の家では、何やら年少児達が楽しそうに遊んでいました。「煙突に触ると熱いよ」と言う子ども達の声が聞こえてきたので覗いてみると、家の中で火をおこしていたのです。3びきのこぶたの話の流れで作った木の家を今度はレンガの家に見立てて狼を退治するためにザルの中に藁を入れて火をおこしていました。昨日の焼き芋を間近で見ていた子ども達だからこそ藁を集めて火をおこす発想になるんだなと思いました。

IMG_2722

今日の給食は、胚芽米、はまちの塩焼き、肉じゃが、ドレッシングサラダ、キウイです。

IMG_2821

トラックバック
コメント (「藁のボールで遊んだよ!」 うさぎ組 西川友理 はコメントを受け付けていません。)

2019年10月24日 木曜日

昨日の遠足が楽しかった子ども達は部屋で絵を描きながら楽しかった思い出を話していました。

そして今日は年中児はホールでスポーツダンスの先生達による体力測定がありました。ホールに集まり園長の話を聞いた後、担当して下さる先生方から今日することの説明を受けた子ども達は気分も盛り上がっていました。初めにぱんだ組とうさぎ組が測定を行いました。鉄棒ぶら下がりでは鉄棒から落ちないように必死につかまり、手がだんだん滑り落ちそうになるとそれでも踏ん張る姿が見られ頼もしく思いました。待っている子ども達は「頑張れー!」と応援し測定を受けている子は応援を力に変えて頑張っていました。往復25m走では腕を一生懸命に振って走っていました。つまづいて転びそうになり悔し涙を流してる子もいて子ども達はいつでも本気でチャレンジしているんだなと改めて感じました。

IMG_1932IMG_1935IMG_1944IMG_1945IMG_1946IMG_1949

昼食後ぱんだ組とうさぎ組は明日の施設訪問の練習を行いました。普段クラスごとに練習をしていた子ども達は初めてお互いの練習を見ました。初めは自分たちもするという意識が無く見るだけだった子ども達に園長から「お互い見合いっこして勝負だよ」と声をかけてくださったことで、うさぎ組のH君はぱんだ組の振り付けを真似して負けないように踊る姿も見られ、だんだんと子どもたちの意識も高まっていきました。練習後に園長から「明日の訪問で一緒に行った先生から点数を付けてもらおうね」と声をかけてもらった子ども達は、明日の施設訪問を楽しみにしている様子でした。明日はおじいちゃんおばあちゃんにたくさんの笑顔をあげられるように頑張ってきます。

トラックバック
コメント (「体力測定したよ!」 うさぎ組 西川友理 はコメントを受け付けていません。)

2019年10月10日 木曜日

登園すると真っ先に、お土産の袋作りが途中になっていた子は「先生!お土産の袋の絵書く〜!!」と言ってきました。運動会に向けて、お土産を入れてもらう準備まで欠かさないなんて!みつばっ子はさすがです♪運動会まであと2日!!今日、ひつじ、うさぎ組の子どもたちは、一緒に演技をするミキスタディ・パルズの友達と最後の合同練習をしました。団体競技やバルーンの演技では、みんなで助け合うことを約束しました。そして、明日はゆっくり休んで土曜日の本番に備えることを話しました。

CIMG8669CIMG8673

 

一方では、ひつじ組の子どもたちは10月に入って練習の合間にコツコツと壁面製作を楽しんでいます。ひつじ組の壁面に貼られたタイトルは“あきのひつじぐみずかん”です。秋のおいしい果物が好きな女の子たちが、ある日りんごやかきを作ったのをきっかけに、ぶどう、なし、シャインマスカットなど次々と作っていました。それを見た男の子たちも楽しそうだから何か作りたい、自分に作れる秋のものってなんだろう、、と頭を悩ませて思いついたのは、きのこです!男の子たちはせっせと大量にきのこを作り、きのこコーナーも出来ていきました。他に何か作れるものはないかなぁ、、、とAちゃんが月刊絵本の付録の“あきのずかん”を取り出したのをきっかけにみんなが図鑑を見ながら作るようになりました。虫を作りたかったTくんも、図鑑を見ると真似して絵が描けて、虫コーナーもできました。すると、きのこ作りをしていた男の子たちも火が付き虫作りを楽しむようになりました。昼食も早く食べ終えて「つづきしようぜ!」と声をかけ合っています。珍しい虫も描き始めた男の子たち。今日、こおろぎの絵を描いたKくんは「先生“ろ”ってどうかくん?」と尋ねてきましたが、、、「“お”もわからんかったけど、Oくんの“お”やから書いてもらったんやけど、、、あ!Rちゃんがおった‼︎」と自分で“ろ”がつく名前の友達を見つけて書き方を教わっていました。

CIMG8671 CIMG8672CIMG8676 CIMG8677CIMG8675 CIMG8674CIMG8681 CIMG8682

 

運動会の練習をする中で自然に助けあったり、自分たちで教え合うことが身についてきたように思います。子どもたちの秋の発見はまだまだ広がって、壁面制作もまだまだ続きそうです。

CIMG8662CIMG8665CIMG8666 CIMG8668 CIMG8667

トラックバック
コメント (教え合う心〜あきのひつじぐみずかんをつくる〜  ひつじ組 濱本 果穂 はコメントを受け付けていません。)

2019年9月25日 水曜日

今日も幼稚園には子供たちの元気いっぱいの声が響いていました。リレーが大好きな子ども達は、トラックを全力で走りバトンを繋いでいました。1位で帰ってきた子達は後ろを気にしながら抜かされないようにと、気にしながら走っていました。

トラックの真ん中には、アスレチックが出ていまた。丸太渡りや網潜りなど楽しそうなコースが作られていて子ども達は何度も繰り返しチャレンジしていました。はしごで作った橋では年長児が両手を伸ばしてバランスを上手に取りながら渡っていました。年少児は手と足を使って4本足になって、ゆっくりゆっくり落ちないように慎重に渡って満足そうにしていました。子どもによって渡り方が様々で、自分なりのやり方を考え真剣な表情で、渡っている子供達がとてもかわいらしく思えました。次の網の下をくぐるコースでは手で網を上に持ち上げながらくぐる子や、体をかがめて走り抜ける子などそれぞれで見ていてとても面白かったです。

IMG_1368IMG_1375IMG_1376IMG_1388

アスレチックの他にも今日は新しくデコジャンボが出ていました。デコジャンボに空気を入れて膨らましているのを眺めている子ども達の目は何ができるんだろうと興味津々でした。空気が入って徐々に大きくなってデコジャンボのボールができると昨年運動会でした年長児たちは「デコジャンボやー!」と嬉しそうに寄ってきました。そこで3人組を作ってデコジャンボレースのスタートです。普通のボールとは違いボコボコになっているボールは思い通りには進みません。子ども達にはそれがとても楽しいようで終始笑顔で遊んでいました。子ども達が笑顔で「もっとしたい」と楽しめるような練習にしていきたいと思います。

IMG_1390IMG_1396IMG_1400IMG_1401

今日の給食は、胚芽米、回鍋肉、根菜の煮物、野菜のおかか和え、バナナです。

IMG_1405

トラックバック
コメント (「アスレチック楽しいね!」 うさぎ組 西川友理 はコメントを受け付けていません。)

2019年9月5日 木曜日

今朝園庭で、「がんばれー!」「いけー!」と応援の声がたくさん聞こえてきたので見てみると、年長児たちがリレーをしていました。どの子も追い抜かれないようにと必死になって走っている姿を見ていた私は、いつの間にか気持ちが熱くなってきてそばにいた子ども達と一緒に大きな声で「ガンバレ~!」と言っていました。追い抜き、追い抜かれ、順位がゴールまでわからないので見ている私もハラハラ、ドキドキでした。

今日年中児は婦人防火クラブの方が来て下さり、火事の時の約束や防災ダックを教えてもらいました。子ども達は、火事に関する紙芝居「おかしの国は大さわぎ」真剣に聞いていました。話の中に出てきた火事の時の約束「お・か・し・も」を聞かれると大きな声で「おさない」「かけない」「しゃべらない」「もどらない」と言っていました。また、どうしていけないのかということを実際に押したり、走ったりの動作をしながら話し、防災について楽しく学ぶことができました。踊り「防災ダック」のポーズを教えてもらうとき、昨年踊っていた子どもたちは教えてもらう前から「知っとる!チーターやろ?」や「うさぎ!」と楽しそうにカードを見ていました。子どもたちが一番楽しそうにしていたポーズが、頭を隠して小さくなる雷の時の亀ポーズでした。「亀のポーズはこうするんよ」と教えてもらうとすぐに小さくなり、楽しそうに亀ポーズをする子ども達がとても可愛かったです。踊りの時になると、曲に合わせて教えてもらったポーズをとっていました。部屋に戻ってもう一度踊ってみると、子ども達もよく覚えていて「うさぎ!」「ダック!」「チーター!」と動物の名前を言いながらどんな時にポーズをするのか意味もしっかり覚えていたので驚きでした。防災ダックを覚えて「自分の身は自分で守る」ことも楽しく踊りながらしっかりと身につけていきたいと思います。

IMG_6971IMG_6973IMG_6974IMG_6975IMG_6977IMG_6980IMG_6981IMG_6986

今日の給食は、胚芽米、ソーセージの天ぷら、里芋と鶏肉の煮物、春雨サラダ、リンゴです。

IMG_1270

トラックバック
コメント (「火事の時のお約束」 うさぎ組 西川友理 はコメントを受け付けていません。)