幼稚園の日記(ブログ)

 Home /幼稚園の日記(ブログ)

2022年11月15日 火曜日

①アンパンマン列車送迎編

今朝、子ども達が登園してくると、数人の教師達がいそいそと何やらバックに詰め込んで準備をしていました。子ども達は「何しているの?」「どこに行くの?」と興味津々!すると、A先生が「アンパンマン列車に行ってくるね!」と手を休めず答えました。すると、お留守番の子ども達が集まってきて「いいな〜行ってらっしゃい!」と笑顔で言いました。年少の時にアンパンマン列車のお見送りをしたことを覚えていたRちゃんは、「みんなでバイバイしたよね!」と楽しそうに話していました。そして、お留守番の年長児達が長いカレンダーに「いってらっしゃい」の文字を書き始めると、うさぎ組のMちゃん、Rちゃん、Oちゃん達が「私達もやる!」と言ってクレヨン、ハサミを持って急いでやってきました。包装紙を切って可愛いうさぎさんを作って大きな横断幕に貼ったりアンパンマン列車にちなんでアンパンマンの顔を描いて飾り付けをしたりする子もいました。そんなお兄ちゃん、お姉ちゃんの姿を見て、すみれ組の子ども達も自分でお見送りの準備を始めました。「たのしんでね」を「たもしんでね」と書いていたり、「いってらっしゃい」を「いってらさい」と書いていたりと可愛い文字間違いもありでとても微笑ましい場面です。

632FA5F9-84B9-4BE2-8BE6-28DB065DC60935A5222A-509A-481F-A986-D266FF921C9E1D1712A1-6A42-48DF-9BDA-B3C47475067DD367D7AD-8FEF-48C1-8A03-42E32DF9BDE7FFA43096-7D7E-4E98-9270-35508FF57FC7B25BEA20-2165-4F8B-B4B7-A812DD7F758F

準備万端で団地の前の踏み切り前に急ぎます。もうすぐ松山駅発のアンパンマン列車がここを通るのです。着いて電車を待っている時からワクワクの子ども達。「まだかな〜まだかな〜」と言いながら踏切が鳴るたびに横断幕を上げたり手を振ったりと落ち着きません。すると、汽笛が鳴って電車が…来たー!!子ども達の前に来るとアンパンマン列車はとってもゆっくりで今にも止まりそうな位スピードを落としてくれ、乗っている1人1人の顔が見えるのです。「◯◯ちゃん見えた!」「おーいってしてくれた!」と大興奮です。いつ、どの時でもみんなでのお見送りが恒例になっている三葉幼稚園ですが、今日のアンパンマン列車のお見送りは特別です。その光景はとても温かく、電車に乗っている子も乗っていない子も笑顔で手を振っている姿を見て、やっぱりいいなと改めて感じました。

53676F1B-30D4-416D-B926-59198124C4C949B57E70-64A0-498C-91C3-DBAF8DCBFC5153637CB7-C51E-466C-8C5A-CA2D66BC2FACE8287808-32B2-4B58-BE76-B3117F397CCEAB6A14F6-0C33-44FB-AA31-226EC62247F9

園内では、アンパンマン列車の興奮が収まらず、ダンボール電車が出現しました。1つだった車両はどんどん増えていき、いつのまにか6車両になりました。そこで教師が白線で線路をかくと、三葉幼稚園駅が出来ました。代わりばんこで車掌さん、お客さんが乗って仲良く順番に遊んでいました。待っている子、並んでいる子も、さっき自分達がお見送りしたように「バイバイ〜」「行ってらっしゃい!」と手を振っていてその姿も可愛いのです。自分達が経験したこと、見た物をすぐに遊びの中に取り入れるのは流石三葉っ子だなと思いました。

94BA1BCB-749C-44DC-9260-0392C502F5D036C0B7CC-C518-4D1B-B26D-F46F6CF3542739B8CD95-2F93-4323-A0B4-0B3B458D695CC0D0CFD0-6B62-4D34-A34A-DF9B3C3E7F7FA7A9E17D-EC07-4349-819C-F8C44EE360F3

帰りの電車が踏切を通るのは16時頃です。お迎えも預かりの子ども達と一緒に踏切で今か今かと待っていました。すると、帰りもゆっくり電車が走ってくれたので「おかえりなさい!」とみんなで手を振ることが出来ました。離れた所にいても心は1つの子どもや教師。三葉ならではの光景だと嬉しく思いました。

448F3D91-90F1-4FC3-95F5-C1A57E4FBF0545F598F8-B8DE-4C57-B0D0-FE6B98F4218CFDB5932A-7FD1-4970-A300-E13374B4FC12

②アンパンマン列車の旅~編

昨日から「明日はアンパンマン♪すご~く楽しみ♪」と言っていた子どもたちと保護者の方たちです。今朝は「9時集合」に遅れることなく😊晴れやかな表情で集まって来ました。お見送りに駆けつけてくれた園長が「ポンタ農園のところで幼稚園の皆と先生たちがお見送りにきてくれますよ~」と話すと「ワ~すごい!ほんとですか?」と大感激でした。

『松山駅を出発!』のベルが鳴りました。古森先生・長曽我部さんそして~なんと!JR四国の方たちが勢ぞろいでお見送りをしてくださったのです。あまりの大勢の駅員さんたちのお見送りに皆、びっくりしてしまい、思わず必死でみんなで手を振り返していました。

IMG_9739IMG_9734

そしていよいよポンタ農園の近くの踏切だと思っていると急に列車のスピードがゆっくり、ゆっくり・・・になってきたのです。ふと見ると・・・「わ~!♪すごい!!幼稚園の皆がいる~いる!!いる!!」大勢です!みんなが手を振ってくれていました。なんとその中にアンパンマンも立っているではありませんか?(T先生が子どもたちと作った段ボール仮面をかぶっていたのです。)もうあまりの感動で胸がいっぱいになってしまいました。

IMG_9763A22D1C19-4FBF-4819-BD65-A99698F99D6AFE58DE8E-CE47-4E4C-885C-560CF9E7C0E4

こうしてアンパンマン列車は、幼稚園の子どもたちと先生たちの心と遠足に向かう子どもたちの夢と期待をますます膨らませながら波方駅に向かって行きました。

アンパンマン列車の中はどこもアンパンマンだらけ!♪アンパンマンの曲を聞きながら写真撮影をしたり、トロッコ列車の風邪を心地よく感じたりしながらの旅となりました。

IMG_9801IMG_9873EF0BE083-6E44-4B90-BCEF-30C4EDE5D7CDD0BF22A5-4A7D-425A-A50A-F90A0B847A1FIMG_9791IMG_9797

波方公園までの距離は約3キロメートル!田んぼのあぜ道を歩きます。親子で手をつないで風を心地よく感じながら楽しく歩いていきました。たくさん歩いた後の手作りのお弁当はまた格別です。

3134D49E-1132-499E-8E3F-B70B89A82415IMG_9885

公園の遊具でも三葉っ子たちはたくましく、頼もしい姿を見せていました。たんぽぽ組さん、年少さんたちでもどんどん上まで階段をのぼったりとちょっと大丈夫かなと思うロープもよじ登ったりゆっくり降りて来たり思い切り身体いっぱい動かして遊んでいました。いっぱい遊んだ後の帰り道も・・・なんだかとても楽しそうに歩いていました。友達同士で手をつないで次々と色々な歌を歌って楽しそうに歩くちゅうリっぷ組さんたち。♪本当に心が和みます。

6B59D16A-14B0-4A75-8784-88392153E116IMG_9928BAB302E1-1451-464A-86E5-2765DE1C6E5A02960D74-5210-4B58-9EE8-68862323D5FB6D8F86D6-5C7E-48B5-B3A1-FFA346FA2BE060A5CF67-FFE7-41B0-B2AD-50C35319D755

そして・・アンパンマン列車での帰り道。思いもよらない嬉しい出来事がありました。なんと!三葉っ子たちと先生たちが帰りも同じ場所にお迎えに来てくれるというのです。富田先生から連絡をもらった後、ポンタ農園が近くなると皆窓にかじりついて今か今かと待っていました。すると・・・・・いました!いました。預かりの子たちと先生たちがまた大勢で迎えてくれています。「おかえりなさい~」「たのしかった?」のお迎えの幕に代わっていてこれまたビックリでした。「ばいきんまんがいる~!!」と年長のMちゃん!が教えてくれました。あっという間にみんなの中にばいきんまんがいることを見つけていたことに又ビックリしました。

本当に三葉幼稚園の「温かい仲間の心」は一つだな~と嬉しくなります。感動です。今日遠足に参加された保護者の方々も温かい人ばかり・・・・。みんなで助け合ったり譲りあったり、仲間として一緒に心から楽しんだ一日となりました。♪JR四国の 方に心から・・感謝です。

IMG_9952329070CB-8946-4DA1-8B47-5780A7D7328712AD4AF5-2D26-4ED5-9928-73373FFADAA6IMG_9961

トラックバック
コメント (「アンパンマン列車」①送迎編 岸田亜寿美 ②旅編 吉本多恵子 はコメントを受け付けていません)

2022年10月17日 月曜日

運動会の余韻が残る今日は、久しぶりの雨で園庭が使えません。しかし、子ども達は気にすることなくテント下やプールの中でアスレチックで遊んでいました。よく見ていると、らいおん組のH君が、たんぽぽ組のS君に手を差し伸べてハシゴを渡りやすいように助けてあげていました。さらに、邪魔をしないように左右に場所を変えながらついていってあげている姿に、年長児なりに優しくたんぽぽ組さんに関わってあげていることをとても嬉しく思いました。

00F4B4B2-2E97-4DC5-AA39-F50BAC704AF2EDECF93E-DD1C-496F-9C71-A3FF943A9A69FFD39A9B-DF42-4E7F-BB7A-DF96899C1BCC

 

教師達は来月の作品展に向けての作品作りをするチャンス!!といそいそと材料を用意していました。それを知ってか知らずか運動会の絵をその子なりの表現方法で描いている子。また、さり気なく置かれている廃材を使っていそいそと何かを作っている子もいました。

うさぎ組では、ハサミの使い方がとても上手で、1学期に比べて細かい物が切れるようになっていてびっくりしました。自分達で「これはツルツルだから切れないね。これは箱だから切れる!」とハサミで加工出来るものまで仕分けていて、よく理解をしているなと感心しました。たまたまティッシュの箱が面白い形に切れて「ゾウみたい!」と嬉しそうに話をしているT君、怪獣が作りたくて2本足で立たせたいけどバランスを崩してしまう事に悩んでいたO君など、「自分でしたい!」「これ面白い!」という気持ちが強く、とても楽しい作品が作れそうで私もワクワクしました。

年長児の部屋を覗くと、さらに面白い作品が沢山できていてびっくりしました。飛行機を作ったらいおん組のK君は、翼が開くところを上手に箱を半分にして座席を上につけて表現していたり、くま組のIちゃんはチラシを棒状に巻いてハシゴにして二階建ての図書館にしたりするなど身近な物で自分のイメージ通りに仕上げてくる年長児を見て、改めてすごいなと思いました。

AA6D2B4E-1696-440E-A186-CBFEC94C69274659D8C1-5E23-4BEC-8CAB-4784AE4B87CE2F2B0445-A3B8-4D6C-AB0D-E023C31A52E6BCF8AE01-FB86-4C3B-9A17-A5D8CD795FFB

作っている様子を写真に撮ってうさぎ組の子ども達に見せると、「すごい!」「どうやって作るの?」「見せて見せて!」と興味津々で見ていました。お兄ちゃん、お姉ちゃんから沢山の刺激をもらって楽しく作品作りをする子ども達の姿に今日も感動すると共にどんな環境にも適応して遊びにしていく子ども達の能力に驚かされたのでした。

トラックバック
コメント (『何ができるかな?』 うさぎ組 岸田亜寿美 はコメントを受け付けていません)

2022年10月11日 火曜日

運動会まで今日を含めて残り2日の練習となりました。今まで元気いっぱいの三葉っ子達ちはコロナも恐れをなして近寄れないのかと思うほど感染が少なかったのですが、今月に入って保育園から幼稚園に広がってきました。先日のブログでも紹介したように、最近流行っているコロナは感染力がとても強く今までの感染対策では太刀打ちができず、子どもたちのすぐ横に迫ってきています。

そのことを園長から聞いた子どもたちは、「向き合ったらいかんね。」「ソーシャルディスタンスやん‼」とすぐにコロナ感染防止のために自分たちができることを次々に言葉にしていました。コロナ禍の中で遊びや様々なことを自分たちでやり遂げ、生きる力を身に付けてきた子どもたちの姿に朝一番驚かされました。

B97C32F7-DD05-4733-A0CD-507717E7DE8B 1112FE9E-167B-4AEF-9E4B-E81B3A719876

朝9時頃空を見上げると…「ひこうき」や「くま」など様々な形の雲がまるで三葉幼稚園のみんなを見に来ているようです。そんな中、赤コースの総練習がスタートです!!!どちらのコースのどの学年の子どもたちも気合いが入り、いつもとは少し輝き方が違っているように見えました♪年中、年少、たんぽぽさんもかけっこの時に、お父さんやお母さんが付けてくれた大切な自分の名前を自分で言うカッコいい場面が一人ひとりにあります。今日は本番に向けて年少さん達は名前を言う特訓です。保護者のみなさま、ぜひ子どもたちの逞しい一瞬を聞き逃さず、そして、見逃さないようにお願いします!!

1C9D2005-A2BF-4BA8-AF8A-D90828218C6C 765B373F-1509-412C-BFE2-26DAE017665A E6C9C00B-BE1D-4358-9300-ECF09F995D96

どこの誰よりもスーパー気合いが入っていたのは、年長さんたちです。先週、すぐに話を聞き理解して「すごい!小学生みたい!」と褒められることもあれば、時には「今からできていないところを発表します!」と喝をいれられることもあった子どもたちですが、今日はその全てを出しきろうとする様子が、演技に溢れていました。そのオーラも感じとった年中、年少さんも自然にニコニコ笑顔で身体が動き始めます。そんな三葉ならではの可愛い光景に、教師達もニコニコになっていました。

7D0472F7-2ADA-42C5-B402-095F9F886EBE B0C0B5C1-33A0-4160-9094-6D1003B8C072 B06D5964-4C2F-4AA2-9DD8-E95D7E1609DC 3D8068D6-1087-4DA5-BF70-0AC3EE04E8DD

年長さんたちはもう1つ自分で頭をたくさん働かせないといけない鼓笛隊が待っています‼︎一回の演技に全ての思いを込めてやり遂げると、今まで「まだまだ〜」と言われていたのに、今日はなんと園長から「まあまあできてたよ!」と褒められた?のです。それを聞いて、子どもたちは「イェーーイ!!」と大喜びです。しかし、くま組のAくんが「ちょっとまって‼︎まあまあってすごいにはなってないんよ!みんなをオォーって言わせんと!」とみんなに呼びかけます。すると、みんなからも「本当よ!これからも頑張らんといかんね。」とまだまだ当日までにはかっこいい成長が見られそうです。

DE835D67-6D1B-410F-A452-9185017550CC F11D3C62-717E-477D-BDF4-1B43358F9E41 C3EC003B-E6E6-49DD-8ECD-23D394B3C0E3

練習が終わった後には、みんなで空になびかせる顔旗を描きました。運動会当日の青空にみんなのニコニコ笑顔が飾られるのが楽しみです♪

C934DBA2-661E-40B0-BDF0-A2A1BEBDB67A 5D843BCC-A734-4E54-967B-703D90C13BD4 4F6E5691-7389-47F1-AF1B-B01E32CBA5D9

残念ながら運動会当日参加できないお友達も参観日の日に第二回運動会をすることを先生たちで話し合いました。各家庭1人にはなると思いますがぜひご参加ください!!

トラックバック
コメント (「みんなをオォー!と言わすぞ!!」 くま組 髙松由衣 はコメントを受け付けていません)

2022年9月29日 木曜日

今日も年長児は朝一番にまだみんなが登園していない広い園庭を使ってペットボトルマラカスを持って練習していました。うさぎ組のSちゃんは年長児の踊り「よさこいエイサー琉球王」が大好きで曲がかかると年中組の踊りのバチを持ってきて真似して踊っているのですが、「土ありがとう、空ありがとう、みんなありがとう」の合言葉をしっかり覚えており、年長児に負けないぐらい大きな声で言いながら踊っていました。毎日他の学年の踊りを遊びながら見ているおかげで興味・関心も出てきて「自分もやってみたい!」という気持ちになるんだなと改めて思いました。

年長児が朝一番に園庭を盛り上げてくれたおかげで、その後の練習が活気づいていました。年中児がその後「ミツカラナイ☆」を踊りましたが、周りで年長児が一緒に膝でリズムをとったり、「可愛い!」「上手!」と沢山褒めてくれたりしていたので、真ん中で踊っている年中児はニコニコです。昨日、年長児が園長に教えてもらった「自分で考えて動く!」ということを年中児も少しずつ出来るように特訓中です。「先生が入るのは嫌!自分で出来る!」と言っていたRちゃんは、円に入れていないIちゃんの手を引いて入れてあげたり、踊りの道具を見つけられなかったA君に踊りの道具を渡してあげるR君の姿があったりと、自分だけではなく周りを見ながら動くことが出来る子が増えていてとても嬉しく思います。1人1人が考えて自信を持って動くことができるように、残り数日で褒めて励まして伸ばしていきたいと思います。プレ年少、年少児も年長児に周りで見てもらったり、中に入って踊ってもらったりして刺激を受けながら踊ることができ、いつもとは違った楽しい練習になりました。手足がしっかり伸びた年長児に負けないように年中児も頑張ります。

A02432FA-40CF-4D9A-BC41-40D3C40EEDE2525FC1DE-19E4-4336-9B23-C56F215D60C516B7C149-52A2-490F-A44D-A04600080384BD28FC59-83F3-489D-B6E9-375B3DB210F279BE7565-6F18-45F8-99BD-224FECBCDA5B

また、こいのぼり競争では自分達で考えて他の学年へ繋いでいかないといけないため、頭を沢山使います。どうしたらスムーズにバトンタッチができるのか年長児が頭をクルクル回転させている姿を見ると、「やっぱり年長さんはカッコいいな」と感心しました。年長さんからバトンのこいのぼりをもらう年中児、年少児はとても嬉しそうで、一緒に競技ができることを毎日楽しみにしています。残りの8日間、運動会の練習を楽しみながら盛り上げていきたいです。

4EDF6DB4-231C-4A82-B0E4-F0C00585F1D59343403D-51C7-48AE-AA52-2903A1CACCD0

トラックバック
コメント (「年長さんに負けないぞ!」 うさぎ組 岸田亜寿美 はコメントを受け付けていません)

2022年9月2日 金曜日

今日は、夏休みを挟んで1ヶ月振りの全員揃っての登園日でした。バスに乗ると、ぞう組のAちゃんは「カバンを置いてシール貼ったらみんなで遊ぼ~!」と楽しそうに話していました。すると、うさぎ組のIちゃんが「じゃあ赤いブランコに集まろ!」と約束をしていて、夏休み明けでみんなで遊ぶことを楽しみにしている子達が沢山いて、聞いていて嬉しくなりました。

園に着いて所持品の始末をすると、それぞれがいそいそと集合場所へ集まっていました。そして、「ままごとしよ!」とみんなを誘って準備をし始めました。年長児とメルパルクにお泊まり保育に行った話をしていると、行っていない年中児達は目をキラキラさせながら話を聞いていました。ホテルの料理を知らない子達は「何のご飯を食べたのか」Aちゃんに聞いていました。甘い人参、ブロッコリー、美味しいハンバーグとエビフライなど食べた物を口々に話しながらままごとの料理を作っていきます。ハンバーグを作っていると、「いっぱい野菜が入ってるからにんじんもナスも入れないと!」とコックさんのAちゃんから指導が入ったりと楽しい料理の時間になりました。異年齢児混じっての遊びは、お互い学びもあり良い経験にもなるので、年長児から教わったことを子ども達と吸収していきたいと思いました。

B9F69212-13FA-40CF-8A29-69FB358D91D5 A1A58452-79A2-49FC-BCBB-934CB2C74A2C F021CDE0-AEFD-43A8-953C-EEB58F840D98 E0394AC2-C0D7-432F-A1FD-CCB3638AF67C

 

 

 

 

夏休み明け、クラス全員揃っての水鉄砲大会も大喜び!「かけてかけて~」と教師や友達の周りをチョロチョロしてみたり、水をくんでいる隙を見てニヤニヤしながら顔にかけてみたりと、全身びしょ濡れになりながら楽しんでいました。年長児は鬼ごっこをしながら水をかけ合うなどゲーム感覚で遊んでいる子もいて、面白いなと思いました。

758583C2-BAF1-4062-9424-AEC4E2BAE420 20A369D3-01AA-425C-A7E5-2BD9B279D89E B393DD1D-82C7-4DF1-91FF-B3276F1FB85B EE916CE1-D8E5-4B94-8E1C-E9500450C77C C07AEB25-6019-458B-AFDE-4FB3C584DADC

クラスの子ども達揃っての保育はとても楽しく、1日が早く感じました。「せんせい~!」と駆け寄ってくる子どもの笑顔は本当に素敵で、私達教師の元気の源になっていると改めて感じました。また来週からも元気いっぱい遊びます!

トラックバック
コメント (「1日楽しかったね♪」 うさぎ組 岸田亜寿美 はコメントを受け付けていません)

2022年7月6日 水曜日

今日もテント下の水遊びは大盛り上がり!くま組の子ども達がせっせせっせと積み木を積み上げて階段を作っていきます。そこに雨どいを並べてボールが転がるか挑戦です。少しでも雨どいがずれるとボールは落ちてしまうので、ボールが落ちるたびに微調整を繰り返す姿はまるで工事現場の職人のようでした。次第にボールを集めるEちゃん、水を流すH君など役割分担をし始めました。Eちゃんはバケツいっぱいにボールを入れて並べ、「1つずつどうぞ〜」と言って渡していました。お店の店員さんみたいでとても可愛らしかったです。H君は、最初はひしゃくでホースの穴に水を入れて流していました。それでは流しずらいことに気付き、プラスチックのボトルに水を入れて流し始めました。年長児になると、自分達で他の良い方法がないか考えるので、教師の想像以上のアイディアが出て面白いなと思いました。

C8C27707-F2EE-491F-AE57-8DD0523D88E8BC21F742-3EA6-467C-8404-6E56A6FE473B179D4C18-37D8-48CE-A583-D538E4B06383607BBF40-7A2E-4DD1-B2AF-08AD5FF77BE2779CE79E-6C55-40C1-912B-55E6B65530ECACF6F260-757F-4BB0-B782-D6284F26CC92

また、最近トマトが赤くなってきたためカラスに狙われており、多数のクラスから被害届が出ております。皮だけ残して綺麗に食べていく姿に驚きつつも、どう対策をするべきか考えています。ぞう組では、ネットをかけた後、Uちゃんが「トマトの前におとりを置いたらいい!」とおとりを作戦が始まりました。チラシで茎を作ったり、クレヨンで真っ赤なトマトを描いていたりと本物そっくりのトマトが出来ていました。古森先生から「このトマトは匂いがないけどカラスは来るかな」とアドバイスをもらい、それを聞いたEちゃんは「トマトジュースをぶっかける」という面白い案が思いつきました。今後、賢いカラス達をどこまで騙せるのか、クラスのトマトをみんなでどのくらい美味しく食べることが出来るのか、ワクワクしながら観察していきたいと思います。お迎えにきた保護者に得意そうに話す子ども達がまた可愛いのです。

774EF15E-5F7E-4678-83BB-E450915F7E9851647EA6-8703-4FBC-85D5-7886F7540CEF

明日は七夕です。晴れますように!

トラックバック
コメント (「ピタゴラスイッチ♪」  うさぎ組 岸田亜寿美 はコメントを受け付けていません)

2022年6月8日 水曜日

今日は、全日実習でくま組、うさぎ組で廃材を使っての制作をしました。昨日、実習生がその計画を降園前に話をしてくれていたため、クラスの子達が「廃材持ってきたよ~」と元気良く登園してきました。楽しみにしていた子も多く、「こんなの作ろうかなって持ってきた!」と嬉しそうに見せてくれました。

8682353A-7D6E-44AB-A7D7-A7AA30EF4B896C235396-C62E-40A2-BD81-E2B06847165CD23BD625-31D6-4042-9B94-B2C97351DB429C54EC97-224C-4267-AD2C-077C70C5F415

うさぎ組では、実習生が絵本を読んでくれて、服やカバン、帽子、時計など自分が身に付けたい物を作ってオシャレをしようと声を掛けて廃材や紙袋、ナイロン袋を使ってイメージした物を作っていきました。Iちゃんは、赤色チェックのナイロン袋の下をハサミで切って、手提げの部分を肩にかけて洋服を作りました。それだけでは足りず、クレヨンでリボンを描いて可愛く工夫したりとまるでデザイナーのような姿が見られ、とても可愛いなと思いました。O君は、「時計を作りたい!」と大はりきり。自分の腕に合うようにチラシを何回も巻き直してサイズを合わせたり、針が無いからと厚紙を切って3時に合わせて貼ったりしていました。「なんで3時なの?」と聞くと、「3時が好きだから!おやつが食べられるから!」と嬉しそうに答えていました。同じ廃材であっても、その子その子のイメージがあり、そこから何が生まれてくるのか予測もつきません。子どもは教師が思っている以上に多面的な発想を持っていて、制作している子を見ていると驚かされます。型にはまったものではなく、1人1人が自由に作れるというのは子どもも教師も楽しめることなんだと改めて感じました。

E6035F2B-A660-4E9C-8D0D-C084E0D892E0C0BC84E0-C157-4051-9727-39C5EF327F0E11CAB0B5-3309-431C-BEF2-6BB2C20DFB84B2B9FC50-020D-4E99-9726-61EFD7533D0D3C855ABA-67F9-428C-A102-E4DAA7AD8599

くま組では、色々な動物、生物、虫を制作していました。最初は、個人で1つずつ作っていましたが、自分が作った動物の住む所を作ったり、ダンボールをちぎって看板を作ったり、柵を作ったりと周りにある物まで作り始めました。それを見た子ども達は、「私も作る!」と協力して作っていきました。目に見えるように作った物を飾ることで「あっこれが足りない!◯◯ちゃん手伝って!」と共同作品になっていきました。

50FFF435-7F48-4443-8DB8-6BEEBFE53F33E733D2F4-0263-41D6-BEFC-9C80F143568D645918DB-6171-49FF-B5EE-76BA05F7D5A671BC5A9F-3B2C-4376-B908-7DDDD31A0DAA9EB7106F-DF7D-4895-AAE0-AD3A9EB01746973EA34C-2921-43F2-8BDB-252B3F61CF7BF0192326-72F2-4A54-B48F-FDEB20C00D32

年中児、年長児、それぞれ月齢は違いますが、その年齢に応じた援助をすることで、自分のイメージした物を作って達成感を感じられるんだと思いました。子ども同士、お互いが刺激し合いながら共に育ち合う姿を楽しんで見ていきたいと思いました。

今日は、昨日年長児が生石農園へ行って収穫してくれたビワをお土産で持って帰っています。三葉の農園で育ち、実った甘くて美味しいビワです。家族みんなで食べてみてください。

トラックバック
コメント (『これどうかな?』 うさぎ組 岸田亜寿美 はコメントを受け付けていません)