幼稚園の日記(ブログ)

 Home /幼稚園の日記(ブログ)

2018年6月20日 水曜日

梅雨らしい天候が続いています。雨の日も楽しく過ごそうと、昨日は、年長らいおん組に遊びに行ったり、3Fホールで思い切り身体を動かしたりして遊びました。

DSC02743DSC02750DSC02758DSC02761

今日は、室内に粘土コーナー・のり遊びコーナー・ままごとコーナー・廃材遊びコーナーを準備しました。のりや廃材は、一つできるとそれで満足し、別の遊びに移っていきましたが、多様な遊びができる粘土では、遊びが持続し、楽しんでました。粘土で団子を作ったり、小さくちぎったりしている所に、型ぬきをいくつか出しました。ハートや花、ひこうきなどの形を見て、その中に粘土をつめ込んでいました。教師が粘土を平らにして、花の形をくり抜いたのを見て、やってみようと挑戦し始めました。自分でできてうれしかったEちゃんは、それをお皿に置いて、ままごとの食べ物を並べて置きました。コップものせて、廃材の中から選んできたジュースのパックを脇にかかえて、お客さんの所に運んでいました。粘土の型ぬきが何個かできて、友だちが欲しがるとあげていました。別の所では、Aちゃんが友だちのを作ってあげていました。たんぽぽ組の人数が増え、人とのかかわりに変化を感じます。

入ってきたばかりで、うまく思いを伝えられずに、けんかになることもありますが、何かおもしろいことがあると、次の瞬間には、顔を見合わせて笑っています。集団の中での一人ひとりの育ちをこれからも楽しんで見つめていきたいと思います。

DSC02781DSC02789DSC02774

来週の参観日を前に、リトミック遊びとカスタネットをしてみました。音楽が流れている時、止まった時、トリルが聞こえた時、子どもたちは聞き分けて動きを楽しみました。カスタネットも鳴らす時、鳴らさない時があることがわかると、ぱっと手を止めて音を聞き分けて動いたり止まったりすることがでいました。その後は、子どもたちのリクエストに応えて、『かえるのうた』『かたつむり』『おもちゃのチャチャチャ』をピアノで弾き、楽器遊びを楽しみました。

自由参観では、お家の人を見ると甘えてしまうかもしれませんが、ご都合のつく日時でお越しください。

DSC02790DSC02811DSC02821

トラックバック
コメント (雨の日も楽しく       たんぽぽ組  佐々木 恵 はコメントを受け付けていません。)

2018年5月22日 火曜日

今日は、戸外に新しい遊びの環境が出ました。テントの下で野菜やブロックなどを使って、スタンプ遊びをするコーナーと大きな泥舟に水をいっぱい入れて、色々な容器で水を汲んで遊ぶコーナーです。水汲み遊びでは、ヤクルト容器、ヨーグルトカップ、500mlペットボトルやその他様々なプラスチック容器をたくさん準備して、子どもたちが自由に使って遊んでいました。一つの容器でただ水を汲んで流すだけでも小さな子どもたちには、気持ちよく楽しい遊びです。大きな容器に小さな容器で何回も水を汲んで、いっぱいにしてみたり、その逆をして水があふれたり、卵パックの一つ一つの穴に少しずつ水を入れてみたり・・・このような遊びを幼児期に十分楽しんでおくことがやがて学校で学習していくときの基礎になっていくのだなあと子どもたちの様子を見ているとつくづく思います。大きな容器に水をいっぱいためるには小さな容器で何回水を入れたらいいかな?とさりげなくつぶやくと子どもは「いーち、にいー」と数を数えながら入れていくのです。㎖やℓなど難しい単位を今は知らなくても、水の量が多い、少ないということを体で覚えていると、その学習をする段階になって点と点が線でつながるように学びの意欲となっていくであろうと実感します。

 

DSC02486 DSC02483 DSC02484 DSC02463

スタンプコーナーにも見に行こうかなと思っていると、「さくら組のK君がおもしろいことをしているよ」と吉本先生が教えてくれました。K君は水をいっぱいに入れた筒型の容器に全く別の種類のカップを入れ込むようにしてフタをしていました。それをひっくり返してみるとなんと水は一滴も落ちません。偶然にもヨーグルト容器が筒型の容器にぴったりと合うフタになったのです。みんなでぴったりとあう形を見つけたことに驚いているとその後K君は、水の入った筒型の容器の中にヤクルト容器を入れてその上からカップでふたをしました。そして、底を泥舟につけてぎゅーっと押し込んだ瞬間、立っていた私の視点からヤクルト容器が巨大になって見えたのです。「あー!すごいすごい」と声をあげましたが、K君本人も周りでしゃがんで遊んでいる子ども達も何のことだろうという顔をしていました。「この辺から見てごらん」と斜めの角度から見ると子どもたちにも大きくなったことがわかるようでした。子どもたちはびっくりして「なんで?」「マジックみたいやね」と話していると「水に入れたけん大きくなったんよ」「そういう仕組みなんよ」と子どもたちから意見が出ました。この現象も水と光の関係であり、光の屈折によるものなのですが、こんな風に遊びの中でひとつひとつの体験をすることで科学の芽が育っていってるんだなと嬉しく頼もしく思いました。K君が小学生になって理科の勉強で光の現象?に出会った時、ふとこの体験が生きるのかなと思うとなんだかとても嬉しくなります。K君は最初から最後までずっとこの水汲みで遊んでいました。あんまり楽しくて最後にナイロン袋にその水を入れて大切に持って帰っていました。

 

DSC02466 DSC02490 DSC02496 DSC02509 DSC02513

トラックバック
コメント (幼児期の遊びとは  たんぽぽ組   佐々木 恵 はコメントを受け付けていません。)

2018年2月14日 水曜日

今日は、未就園児保育のこあら組さんが一人で登園しました。お家の人と離れて泣く子を見て、年中さんがそっと手を繋いでくれました。しばらくして一緒にいてくれて安心したのか泣きやんでいました。たんぽぽ組のテラスでは、廃材遊びや発表会の踊りで盛り上がっていました。昨日から、日中暖かくなったので包丁、ままごとコーナーを鉄棒の前に設定していますが、今日たんぽぽ組のY君はきゅうりを次々と切って大盛りにしていました。また、年中さんは「ハッピーバレンタイン!」と言いながら、チョコレートに見立てた創作料理を河野先生にプレゼントしてました。

CIMG4527CIMG4526CIMG4519CIMG4516CIMG4514CIMG4509CIMG4499CIMG4494CIMG4505CIMG4503

そんな中、たんぽぽ組ではあまりに良い天気なのでお散歩に行きたいと園庭では“はないちもんめ”をしていた年中さんを誘うと「一緒にいきたーい!」と次々に手を繋いでくれました。今年度は芋掘りやどんぐり拾いなど年中児と一緒に歩くことが多かったたんぽぽ組。以前は、教師でないと手を繋がなかった子もみんな年中さんに手を繋いでもらい笑顔で歩いているのを見て子ども同士ってやっぱり良いなぁーと思いました。年中さんも「もうすぐ年長さんになるけんね」とお兄さん、お姉さんの顔になり、ゆっくり歩くたんぽぽさんのペースに合わせ歩いてくれたり、転んだら膝の汚れをはらってくれたりする姿がありました。

CIMG4545CIMG4546CIMG4547CIMG4550

屋外遊ぎ場に着くと、天空の城の滑り台をキャーキャー言って滑っていました。木々が揺れるのを見て「風ビュンビュンや」と言っていたたんぽぽさんを見て滑り台でも風を感じて気持ちよかったのだろうと思いました。築山でも、滑ったり、転んだり、もみくちゃになりながら楽しくて仕方ない様子でした。帰りも年中さんに手を繋いでもらったのですが、いつもひつじ組のT君に手を繋いでもらっているたんぽぽ組のK君は、T君を探していました。K君に大好きなお兄ちゃんができたことに私も嬉しくなりました。

CIMG4554CIMG4552CIMG4568CIMG4578CIMG4565CIMG4562CIMG4567

歩いて帰って体もポカポカでお腹ペコペコの子どもたちと園庭にブルーシートを広げて年中さんと一緒にお弁当を食べました。りす組の子ども達のお弁当には、とても大きなおにぎりが入っていました。今は小さなたんぽぽさんのおにぎりもやがてこんなに大きくなっていくのだなぁーと思いました。クラスの中でも困ってる子を助けようとしたり、シールを貼るところを教えたり、友達の水筒やコップを配ったりするようになりました。一人一人だったものが友達と一緒、異年齢児と一緒というように人との関わりが広がっていく様子を見て嬉しく思います。

CIMG4584CIMG4581

トラックバック
コメント (「楽しかったね、散歩」  たんぽぽ組  佐々木 惠 はコメントを受け付けていません。)

2018年2月5日 月曜日

今日は、午後から古森先生に見てもらうため、午前中は、部屋でお絵描きやままごとや発表会の練習などをしました。Y君とA君は、お絵描きに夢中で「何、書いているの?」と聞くと「中ヤギ・小ヤギ」と言っていて、発表会でする「三匹のヤギとトロル」を描いていました。頭の中でイメージできていることに感心しました。また、Y君はアンパンマンを描くのが得意なのですが、アンパンマン以外の絵も描くことができていました。

IMG_0178IMG_0179

 

一方では、ピアノの音に合わせて歌を歌っていました。何の歌を歌っているのかなと聞いてみると「ヤギとトロル」の歌でした。毎日お昼に曲をかけているので、歌詞も少しづつ覚えて大きな声で元気よく歌っていました。

IMG_0180

また、違う場所では、友達と積み木を運んできてミニ滑り台を作っていました。出来上がったミニ滑り台はとても人気で行列になっていました。

IMG_0185IMG_0184

お昼前に練習をしました。少しずつ自分たちの動きが分かってきたたんぽぽさんたちは、自分の位置や道具類の置き場所などを覚えて自分たちで移動もできるようになってきています。

IMG_0187IMG_0191

 

お昼を食べ終えたあとホールに上がり、古森先生に見てもらいました。ヤギたちは大きく踊ったり、トロル役の子は、出るタイミングをつかんで出たりすることができていました。また、歌も聞いてもらって「大きな声で歌えて、とても上手だったよ」と褒めていただきました。またオペレッタでは「トロルが頑張ったらヤギたちも頑張れるからね。」とたくさん褒めていただきました。ご褒美をもらって嬉しそうでした。明日の練習がとても楽しみです。

IMG_0193IMG_0197

 

IMG_0192

 

トラックバック
コメント (「練習がんばったもん!!」  たんぽぽ組(赤) 上田由梨 はコメントを受け付けていません。)

2018年1月17日 水曜日

たんぽぽ組は、生活発表会で『三匹のやぎとトロル』のオペレッタをします。テラスに木のベンチを並べて橋を作っていると子ども達は、毎日その上を歩いて渡っています。遊びながら自然にバランスをとってスムーズに橋を渡れるようになってきました。そこで、園長からトロルが追いかけて、やぎが逃げる鬼ごっこのようにしてみてはと助言があり、昨日、試みてみたもののなかなかうまくいきません。今日こそはと練習していると心配して園長が見に来てくれました。

DSC01871

そしてトロル役の子ども達に「よーいどん!」で勢いよく出てポーズを決めることを教えてくれました。「古森先生と競争だよ、よーいどん!」と何度も繰り返すうちに楽しくなってきて、かっこいいポーズもばっちり決めるようになってきました。教師達は楽しみながら練習をしていこうと考えていてもその具体的な方法まで思いつくことができませんでした。ゲーム的な要素をどこにどのように入れていくか、今日の指導でまた一つ学びました。やぎ達にも工夫して取り入れていこうと思います。

DSC01868DSC01867

三葉幼稚園では、舞台で使うものも自分達で作ります。今日は絵の具でトロルが隠れている岩の色を塗りました。そうしているうちに子ども達はオペレッタの歌を覚えて口ずさむようにもなってきました。お家でも話題にしてみてください。

DSC01863DSC01862

さて、4月から年少になる子ども達は生活面でもできることが多くなってきました。食事の時間に、箸を使って食べる子が増え、(火)「先生見よって」と得意げに見せてくれます。昨日の給食では、大豆を箸ではさんで食べる子もいて、成長に驚きました。月齢差があるので、トレーニング箸やスプーンを使っている子もいます。今日は、3学期になって初めての家庭弁当日でした。1月から入った子も友だちと一緒に、お家の人が作ってくれたお弁当をうれしそうに食べていました。そして「ぜんぶたべたよ」と空っぽのお弁当箱を見せてくれました。時間がかかっても自分のお弁当箱やお箸を片付けること、はみがきをすることなど、身につくように声をかけ見守っていこうと思います。

DSC01858DSC01855DSC01886DSC01879

手洗いうがい、バランスよい食事、十分な睡眠をとり、インフルエンザを予防しましょう。

トラックバック
コメント (「楽しく練習!」  たんぽぽ組 佐々木  惠 はコメントを受け付けていません。)

2017年12月4日 月曜日

12月になり、たんぽぽ組には新しい友達が7名入りました。1学期から来ているK君は、泣いているY君の手を繋いでお部屋まで連れて行ってくれました。すると、閉まっていた戸を9月から来ているM君が開けてくれました。周りの子ども達も手を繋いで入ってくるK君とY君の姿を見ていました。そして、部屋では使っていたおもちゃを取られるとK君は以前は泣いていたのに今日は「とられちゃった、でもいいんよ」と言って笑っていました。満3歳児でも集団で生活する中で、友達を思いやり、自分の思いをコントロールすることができてくることに驚きました。

遊びの中でも友達がいる喜びを感じています。「ねんどする人、手をあげて」「はーい!」と言いながら洗濯バサミで粘土をつまみ、原木からシイタケがにょきにょき出てきた所を作ったり、ブロックを大型積木の上に並べて、両側からパタパタとあおいでやきいもを焼く姿がみられました。それぞれの遊びに友達の輪ができて今まで体験してきたことが遊びの中に出てきていることにも驚きました。

IMG_1981IMG_1974IMG_1971IMG_2005IMG_2022

そして、今日は年長児のお店やさんの見学をしました。ゲームコーナーがあったり、アクセサリーやお花、お菓子などどれも買いたくなるような売り場の工夫がされていました。郵便局もあり、どんなことをするのか丁寧に教えてくれました。友達と一緒に買い物に行くのが楽しみです。

IMG_2006IMG_2008

そして、今日年中はチューリップの球根を植えるために自分の植木鉢に土を入れに行きました。その時「こんな所にー。」と園長がたんぽぽのわたげをみつけて「フー」と吹くと一つの種がふわふわと飛び地面にポトンと落ちました。「どうしてくるくる回りながら落ちると思う?」と聞かれると「種の方が重いから」などとそれぞれが考える様子が見られました。それからも、リリコがカラスに運ばれて畑の外に育っていることやニラは花に種が付き風でパラパラ落ちることなど植物によっての違いを実際に見ながら気づくことができました。そして、野菜を見ているとニラが黄色く細くなっていることも子ども達に投げかけてくれました。「みんなもお肉ばっかり食べて野菜を食べなかったらどうなる?」と聞かれ「風邪をひく」「元気になれない」と子ども達。そこで登場したのが先日の焼き芋でできた灰です。「この灰は熱い火の中にいたからばい菌もやっつけられてとっても良いものになってるんだよ。手洗い場を磨いてもピカピカになるんだよ」「その灰を土にまぜると土のばい菌もやっつけたり、栄養のバランスを取ってくれるんだよ。」と教えてもらいました。そして園長が「みててねー。」と「ぱー」とまきました。何度がまくとS君が「花咲かじいさんやー。」と気づき今日はみんなで花咲かじいさんになって灰をまきました。来年野菜が実った時には今日の出来事も思い出し、収穫を喜びたいと思います。

IMG_0980IMG_0979IMG_0986IMG_0984IMG_0987

<今日の給食>

IMG_2023

トラックバック
コメント (「友達と一緒に」 たんぽぽ組 佐々木 恵 はコメントを受け付けていません。)

2017年10月31日 火曜日

今朝も気温が低く肌寒く感じましたが、子どもたちは元気いっぱい遊んでいました。砂場では、教師と大きいお山や落とし穴を作っていました。また一方では、作品展に出す絵を描いているお兄さん・お姉さんを見て、R君がクレヨンで絵を描いていました。

CIMG2431CIMG2429

また、テラスには、ハロウィンを意識して大きい南瓜・小さい南瓜が様々な形の南瓜がありました。園長から「南瓜に顔を描いていいよ」と声をかけてもらった子どもたちは、マジックを持ってきて描き始めました。顔がある南瓜を見て、指をさして何やら話している子もいました。それを見てままごとの野菜を使って、上手に顔を作っている子もいました。

CIMG2422CIMG2426CIMG2434CIMG2424

外から戻ると、部屋の中がハロウィンになっていました。大きなお化けを見て、「おばけだぞ」「お化け」と叫んでいました。教師が手作りのアメを作っていて、それを見ていたY君も自分から作り始めていました。自分から積極的に「作りたい」という思いが満3歳児にもあるんだと感じました。そして、今度はお面を作りました。オレンジの画用紙に好きな色で書きました。Wちゃんがお面を付けている姿を見て、ほかの子たちも「私もやる。」「僕もする。」とたくさん声が聞こえてきました。ささやかですが子どもたちにとっては、楽しいハロウィンになったのかなと思いました。

CIMG2438CIMG2440

トラックバック
コメント (「今日はハロウィン」 たんぽぽ組  上田由梨 はコメントを受け付けていません。)