幼稚園の日記(ブログ)

 Home /幼稚園の日記(ブログ)

2018年12月7日 金曜日

今日は、あいにくの曇り空。しかも、昨日とうってかわっての寒さ!!そんな天気の中でも、園児たちは元気いっぱい戸外で遊んでいました。早く登園した子どもたちから、戸外で長縄をしたり教師も混じってサッカーをしたりしていました。ボールを追いかけながら、サッカーを楽しむ様子はとても楽しそうで、ゴールを決めて喜ぶ子どもたちの姿もみられました。

IMG_0349IMG_0356

 

包丁ままごとのコーナーでは、たんぽぽ組の子どもたちが野菜を切って、料理をしていました。入園してきたころと比べると、包丁の使い方や盛り付け方が上手になっていて、子どもたちの成長を感じることができました。ままごとのコーナーにいると、くま組のMちゃんが「先生、これ見て!」と呼びました。行ってみると、丸く切ったにんじんに縦と横の切りこみをいれていました。何を作っているのか分からず考えていると、「ひまわりの真ん中を作った。」と教えてくれました。少したって、またMちゃんのところに行ってみると、きゅうりを小さく切って切りこみをいれたにんじんのまわりに花びらのように並べていました。「かわいいひまわりができたね!」と声を掛けると、Mちゃんはとても嬉しそうに笑いました。

IMG_0359IMG_0363IMG_0361

今日は午前保育で個別懇談と言うことで、たんぽぽ青組の子どもたちは靴箱をほうきではいたり、雑巾できれいに拭いたりしました。ほうきではく子ども、雑巾で拭く子どもなど、分担しながら掃除をすることができました。靴箱だけでなく、お部屋もきれいにしないといけないということで、みんなで1列に並んで雑巾がけをしました。普段から雑巾で床を拭く手伝いをしているたんぽぽ青組の子どもたちは上手に床を拭くことができました。雑巾がけをしている最中、子どもたちが足でトンネルを作り始めました。最初は、5人のトンネルだったものがだんだん増えてきて8人になっていました。トンネルを作った子どもも、トンネルをくぐった子どももどちらもにこにこで楽しみながら掃除をすることができました。子どもたちに掃除の仕方を教えつつ、楽しみながら掃除ができるといいと改めて思いました。

保護者の皆様、今日は寒い中懇談に来てくださってありがとうございました。

IMG_0371IMG_0376IMG_0381

ちゅうりっぷ組・さくら組・すみれ組・たんぽぽ赤組に1名ずつ水疱そうがでました。体や手足に湿疹が見つかりましたら、疑ってみて医師に診せてください。

トラックバック
コメント (「きれいにそうじをしたよ♪」 たんぽぽ組 森岡朋音 はコメントを受け付けていません。)

2018年11月30日 金曜日

自由参観、最終日の今日は朝からとても好い天気になりました。戸外では各コーナーとても賑わっていました。包丁ままごとのコーナーでは、ぞう組の男の子たちが料理作りに夢中になっていました。いつもは体を動かして遊ぶことが好きなH君もシェフになったかのように華麗な包丁さばきをみんなに披露してくれました。そして盛り付けも、きゅうりとにんじんで顔を作ると大根でお花、すりおろした野菜も回りに飾り、素敵なワンプレートが出来上がりました。出来た物はみんなに見てもらおうと、自分たちで名前と料理名を書いて机に飾るとみんなから「すごいね!」「大きくなったら料理人になれるね。」と言われH君は少し照れくさそうにしていましたが、とても嬉しそうでした。意外な才能にびっくりでした。

IMG_0228IMG_0230IMG_0234IMG_0236

 

また今日は、明日(土)のフリースクールの予定だった干し柿作りが中止になったことで、「参観日中に干し柿作りをしてください」とメールを昨日流すと、「干し柿屋さん」が誕生しました。年長児たちがエプロンを着て、店員に変身です。エプロンが足りなくなると自分たちで包装紙を使ってかわいいエプロンを作りました。先週からお店屋さんごっこを経験した年長児は呼び込みや案内もお手のものです。「あまいかきです」とチラシを作って配ったり、「縄はいりますか?自分で作りますか?」と確認したり、「テントの下で縄の作り方の説明があります」と案内をしたりと本物の店員さんになりきっていました。でも今日は本物のお金でのやり取りです。教師と一緒にお金の計算をしながら、間違えないようにと慎重に接客をしていました。

IMG_0243IMG_0241

 

今日、たんぽぽ青組はすみれ組と一緒に合歓の木に、たんぽぽ赤組とちゅうりっぷ組はケアフル竹原に施設訪問をしました。今年度いろいろな経験をさせてもらっているたんぽぽさん。今回は年長さんたちの代わりの施設訪問です。どんな風になるのかドキドキしている教師をよそに子どもたちは「おじいちゃん、おばあちゃんに元気をあげる!」と張りきっていました。そして、いざおじいちゃん、おばあちゃんの前に立った子どもたちは少し緊張していたようで「にこにこ笑顔」がなかなかでません。緊張をほぐすためにとみんなでにらめっこをすると、子どもたちもおじいちゃん、おばあちゃんにも笑顔がでてきました。それからは手遊びを一緒にしたり、じゃんけんをしたり子どもたちも楽しんですることができました。

最後は歌です。子どもたちが大好きな「まつぼっくり」と「きくのはな」を歌いました。きくのはなは、歌詞の最後を変えて「おじいちゃんにあげよう♪」「おばあちゃんにあげよう♪」と子どもたちが手でお花を作って差し出すとおじいちゃん、おばあちゃんも優しい笑顔で受け取ってくれました。楽しい時間はあっという間で、帰りはみなさんに「また、くるね!」と言い、握手やタッチをしてお別れをしました。次に会える時は、子どもたちも大きくなって成長した姿を見ていただけたら嬉しいなと思いました。

IMG_0253IMG_0258IMG_0262IMG_0289IMG_0294

 

トラックバック
コメント (「にこにこ笑顔で元気をあげたよ」 たんぽぽ青組 藤原愛梨 はコメントを受け付けていません。)

2018年11月2日 金曜日

11月に入り、急に上着が欲しい程肌寒い日が多くなりましたが、園児たちは元気いっぱいです。今日も年中児やたんぽぽ組の子どもたちは、友だちと砂場で穴を掘ったり、大きな山を造ったりしていました。お兄ちゃん・お姉ちゃんに混じって遊ぶたんぽぽ組の子どもの様子を見ていると、とてもほほえましく成長を感じることができました。園庭では、草花を使って様々なものを作ったり、わらで縄を作って教師や友だちと跳んだりして遊ぶ子どもの姿もみられました。

 

CIMG9934CIMG9935CIMG9938

 

今日は、ポンタ農園にさつまいもを掘りに行きました。ポンタ農園に行くとき、たんぽぽ青組は年中のお姉ちゃんたちと手をつないで行きました。年中児は、たんぽぽ組が危なくないように道路の壁ぎわを歩かせてくれました。たんぽぽ組さんに「危ないから、こっちに来てね」と声を掛けている年中児をみると、「やっぱりお兄ちゃん・お姉ちゃんだな」と思いました。ポンタ農園に着くと、古森先生から「さつまいもは小さな苗から土の中で大きくなったこと」「栄養がなくても、自分の力で大きくなろうとすること」を教えていただきました。それを聞いたたんぽぽ組のYちゃんは「お砂の中でお芋さんが寝てるのかな」と言っていました。昨日、乗馬に行った際に畑で教師がいも掘りをしているところを見たということもあり、たんぽぽの子どもたちも土の中にさつまいもが埋まっているということを理解することができました。「畑の土の中にいる虫は、ともだち」ということを古森先生に教えてもらった子どもたちは、虫がいても驚かずにさつまいも掘りを体験しました。大きなさつまいもが掘れた子、小さなさつまいもだった子など、ひとりひとりが収穫したさつまいもを比べ合っていました。収穫したさつまいもを見せてくれる子どもたちの表情は、とてもすてきな笑顔でした。ポンタ農園から戻ると、たんぽぽ組のKくんは紙においもの絵をすぐに描きました。この絵から、今日の活動が子どもたちにとって貴重な1日になったことが伝わってきました。

CIMG9941CIMG9970IMG_3495CIMG9945CIMG9952

 

収穫したさつまいもは、育ててくれた人・お手伝いしてくださった役員さん達に感謝しながら、いただきたいと思います。

トラックバック
コメント (「さつまいもほりに行ったよ!!」 たんぽぽ組 森岡朋音 はコメントを受け付けていません。)

2018年10月29日 月曜日

最近、朝晩と寒くなってきましたが、今日も日中はとても天気が良く戸外で遊ぶには過ごしやすい1日でした。

今日、園庭には先週に引き続きお絵描きコーナーがあり、各学年刺激し合いながら絵を描いている姿が見られました。

また、先週年長児は稲刈り に行ったことから、お米が出来るまでの過程を子ども達に知ってもらうために、稲をお箸で挟んでお米を取る脱殻、すり鉢にお米を入れボールで擦っていくもみすりを子ども達がしていました。機械が無くても身近な物でこのような体験が出来るのも三葉ならではないかと思います。初めて経験する年少児は年長児に教わりながら、一粒一粒大事にお米を拾っていました。そして、お米を取った後のわらは子ども達のアイディアで色々な物に変身していきました。昔の人はお米だけではなく、わらも大事にし、生活に役立てていました。園長先生に縄のない方を教えてもらった年長児はやり方をすぐに覚えなっていきます。そして、出来上がった縄は縄跳び用の縄にして友達と跳んでみたり、輪にして落ち葉を飾りつけ冠にしたりして嬉しそうに見せ合ったりしていました。中には園長先生に教えてもらいながらわらぞうり作りに挑戦している子もいて驚かされました。生活の知恵を遊びに生かしていく三葉っ子はさすがだなと感心しました。

IMG_1374IMG_1380IMG_1370

また、今日年長児は屋外遊ぎ場にみかんを獲りに行きました。みかんを獲れると聞いた子供達は大喜びで屋外遊ぎ場に行きました。行ってみると、工事中で緑にフェンスに囲まれているみかん畑の中に1本だけ実が黄色く色づき、実が鈴なりになっている木がありました。園長がまず1個獲って味見をすると、子供達からは「ずるいー!」と声が上がりましたが、園長の顔は笑顔になると甘いことが分かり、「食べたいー!」と大騒ぎでした!そして、みかん山の中腹あたりにも、少し色付いていた大きいみかんがあったので、2つの味比べをしてみることにしました。みかんを獲る時はちぎって皮が残ると、次に実がならないことを教えてもらって、実を回しながら獲ることや皮が残ってしまった時には、先生にハサミで切ってもらって、次の実がなるようにすることを教わりました。そして、大喜びでみかんを一人2個ずつ獲り、2つの味比べをしました。やはり、実は大きいけれどあまり陽が当たっていない所のみかんは甘みが少なく、陽がたくさん当たっている所の小さいみかんは、とても甘くてみんな笑顔で食べていました。

年少さん、たんぽぽ組さんにお土産を1つずつ獲り帰ろうとしていると、園長が先頭になってみかん山の探検が始まりました。みかんの木を横目に険しい道を進んでいくと、桃の木やぶどう畑が見えてきて、次は桃やぶどうの収穫もしてみたいと期待を膨らませながら、更に上へと登っていきました。頂上付近から下を見下ろすと、屋外遊ぎ場で遊んでいるぴよぴよ組の子供達が、蟻のように小さく見えました。子供達は大きく手を振り、「やっほー!」と呼び掛けていました。又、遠くには海も見えて、遠くの景色がきれいで子供達はみかんの収穫とみかん山の探検を存分に楽しんだのでした。

獲ってきたみかんは帰ってくると年少さんとたんぽぽさんに「お土産だよ!」と届けました。たんぽぽ組は一人一個ずつはなかったので、子ども達に「どうする?」と聞いてみると「分けっこする」と返事が返ってきました。どんぐりマンの踊りの時みたいに2人組になって半分こして食べると「美味しいー!」と言ってみんな満面の笑顔になりました。みんなで食べたみかんはとても甘くてあっという間になくなってしまいました。

IMG_2136  IMG_2149  IMG_2176  IMG_2193 

IMG_3381  IMG_2203  IMG_1388  IMG_1389

IMG_1397

今日の給食のメニューは、具沢山焼きそば、野菜のドレッシング和え、りんご、牛乳でした。

IMG_1393

トラックバック
コメント (「稲ってすごいな!縄を作ってみよう!」 たんぽぽ組 藤原愛梨 はコメントを受け付けていません。)

2018年10月3日 水曜日

今日は、青コースの子どもたちが運動会の練習をしました。今日の練習では、初めて全てのプログラムを通してやってみました。まず、初めに踊りと応援合戦をしました。たんぽぽ青組の子どもたちも元気に踊ったり、声を出したりしていました。たんぽぽ組の子どもたちは踊ったり、歌を歌ったりすることが大好きで、今日も他の学年の子どもたちが踊っている様子をみて、真似をして踊っていました。また、年長さんが鼓笛隊をしているときは、「青い空に絵をかこう」のリズムに合わせて歌っていました。

IMG_0813 IMG_0812

競技の最後は、年長さんによるクラス対抗リレーです。年長さんに兄弟が多いたんぽぽ組の子どもたちは、「がんばれー!!」と一生懸命、応援していました。年長さんが走っているのを見ているときのたんぽぽ青組さんの表情は、あこがれで目がキラキラしていました。

IMG_0836 IMG_0818

全てのプログラムを終え、空を見るときれいな青空とうろこ雲がありました。その様子は、まるで運動会の練習を頑張った子どもたちへのごほうびのようでした。夏から秋への季節の移り変わりを子どもたちと一緒に感じていきたいと思います。

IMG_0840

 

今月から水曜日の家庭弁当の日が始まりました。たんぽぽ組の子どもの中には、初めてお弁当を食べる子どももいるため、食べ始める前から笑顔で準備をしていました。準備が終わるころに古森先生がたんぽぽ青組の部屋に来てくださって、子どもたちに「お弁当を作ってくれたお家の人に、帰ったら何を言うの?」と質問すると、たんぽぽ青組さんは「ありがとうって言う!」と答えました。感謝の気持ちをもって食べることで、野菜が苦手な子も食べることができました。お家の人のお弁当は、やっぱりすごいと思いました。

IMG_0846 IMG_0849

トラックバック
コメント (「お弁当をたくさん食べたよ♪」 たんぽぽ組 森岡朋音 はコメントを受け付けていません。)

2018年9月19日 水曜日

ここ最近、すっかり秋らしい気候になり戸外で遊ぶのも過ごしやすくなってきました。園庭のイチョウの木にもいつの間にかたくさんの銀杏ができて、ポトポトと実が落ち始めました。

IMG_0777

 

たんぽぽ組は9月から赤・青コースの2クラスになりました。青組は18名になり新しいお友達も幼稚園での生活に慣れ、登園すると元気よく戸外に遊びに出かけます。お兄さん、お姉さんたちの真似をして大型遊具に挑戦したり、砂場では一緒に川を作って水を流したりしている姿が見られました。その中で虫探しをしていたたんぽぽさんがあるものを発見!「先生、見てー!」と呼ばれ行ってみると「白いかわいいお花が咲いているよ。」とニコニコして教えてくれました。行ってみるとニラに小さい白い花がたくさん咲いていました。「これはニラって言うんだよ」と言うと「ニラ?」と少し不思議そうにしていました。「給食に出たことがあるよ。ニラみそ知ってる?」と聞くと「ニラみそ!知ってる!」と子どもたちの中でニラが一致したようでした。たんぽぽさんには、この白い花が咲いている物が給食にも出ているニラとは想像もつかなかったんだと思います。こうやって教えてもらって、いろいろなことを吸収しているたんぽぽさんです。

IMG_0765IMG_0770IMG_0772

 

お部屋に入ってからは壁面にぶどうを作って飾りました。初めてのりを使う子もいたので、のりの使い方を指導するとのりがはみださないようにと慎重に裏側に塗ってきれいに横に並べて貼り、重ならないようにと色や柄を変えて貼っている子もいて驚かされました。みんなおいしそうな色とりどりのぶどうが出来ました。

IMG_0779IMG_0780IMG_0789

 

降園前には年中さんがお部屋にきてくれて今日、松山市婦人防火クラブの方々から教えていただいた「お、か、し、も」をたんぽぽさんにもと、教えにきてくれました。「お・・・おさない」「か・・・かけない」「し・・・しゃべらない」「も・・・もどらない」たんぽぽさんもしっかりと聞いていたので、次の避難訓練では守って安全に避難したいと思います。

IMG_0784IMG_0782IMG_0787

トラックバック
コメント (「たくさん教えてもらったよ」 たんぽぽ組 藤原愛梨 はコメントを受け付けていません。)

2018年4月19日 木曜日

戸外遊びが大好きな三葉の子どもたちは、今日も園庭には色とりどりのカラー帽子があふれていました。そんな園庭の隅のほうで仲良くお店やさんごっこをしていたのは、昨年、たんぽぽ組だった4人の女の子でした。4人それぞれ帽子の色が違うのに、今までと変わらず、いつものように自然に集まって遊んでいました。泥団子作りの所にも同じようなグループがありました。いっぱい笑って、話して、友だちと一緒に楽しく遊ぶ姿を見て、とてもうれしく思いました。一方、今年度4月から新入園した年少児たちもかわいらしい姿を見せてくれています。砂場の奥にある祠に手を合わせて拝んでいる子、涙をこらえながら包丁ままごとでにんじんを切って、うさぎにあげている子、幼稚園の環境による保育という意味がとてもよくわかります。

DSC02330DSC02311DSC02324DSC02312

今日は赤コースが手作り給食でした。初めて食べる子どもたちもいましたが、完食する子がとても多くて驚きました。戸外で身体をいっぱい動かして遊び、たくさんの友だちと一緒に同じものを食べることで、食欲も増すのでしょうか。メニューの中に切り干し大根の煮物がありました。小さい子の中には好まない子もいますが、おかわりをする子がたくさんいました。私もおいしくて、調理師さんにどんな味付けをしたのか聞きました。今日はいつもと違い、油揚げの油ぬきをわざとしなかったそうです。とても香ばしくおいしかったです。切り干し大根と油揚げの組み合わせは骨を丈夫にするカルシウムが効率よくとれるそうです。食事も楽しく、おいしく頂くことを、これからも大切にしていきたいと思います。

DSC02383DSC02382DSC02367DSC02388

たんぽぽ組では、アルバムに貼る手形をとりました。2人共ひよこ組で経験しているので、手に絵の具をぬることに抵抗なくできました。それだけで終わるのはもったいないと、包装紙の裏にも2人でペタペタ手形スタンプをして遊びました。こんな小さな手もやがて大きくなり、いろんなことができるようになるんだなあととても楽しい気持ちになりました。

DSC02359DSC02355

 

 

 

トラックバック
コメント (「幼稚園って楽しいな」 たんぽぽ組 佐々木 恵 はコメントを受け付けていません。)