幼稚園の日記(ブログ)

 Home /幼稚園の日記(ブログ)

2016年5月10日 火曜日

降水確率100%の今日、いつ降り出すかな?と空とにらめっこしながら戸外の準備をしていると、所持品の始末を終えた子どもたちが「やったー!外で遊べる!」とどんどん裸足になり嬉しそうに出てきました。

昨日も雨だったので遊びたくてうずうずしていた子どもたちは、玉入れやおいかけっこおどりをして体を動かして遊んでいました。年少さんのMくん、Yくんは、大きな水たまりの前でスコップで波を立てたり、水をすくって流したりと、なかなか直接自分の手足で触れることができませんでした。周りのお兄ちゃんお姉ちゃんが汚れるのを気にせず、ダイナミックに遊ぶ姿を見て少しずつ裸足になり…水たまりに入り…手で泥をすくい…最後はどろどろになりながら楽しんでいました。そんな年少さんたちの短時間での動きを感心しながら一緒に遊んでいるとぽつ、ぽつ・・・と雨が降り始めました。そこで子どもたちに「濡れちゃうから屋根の下に行ってー!」と声をかけ、教師は砂場の片付けをしていました。青々と生い茂った藤棚の下で片付けをしていたので、ほとんど濡れなかったのですが、振り返るとびっくり!!どしゃ降りになっていました。砂場にぽつーん…とS先生と二人、取り残されてしまい「どうする・・・走ろうか・・・。」と話していましたが、テラスにいる子どもたちに「たすけてー!」と呼んでみました。すると、園長から傘を受け取った年長のYちゃんとHちゃんが「来たよー!」と言いながらまるでヒーローのように助けに来てくれました。YちゃんとHちゃんが「先生たちは大きいから!」と腕を高く上げ背伸びしながら傘に入れてくれ、テラスまで連れて行ってくれました。そのあとも「いつでも連れて行ってあげる!」と傘を持ってスタンバイする頼もしいYちゃんとHちゃんでした。

テラスで雨宿りをしながら園長が楽しい遊びを教えてくれました。駐車場の竹やぶで拾った竹の子の皮を使ってカチューシャやブレスレットなどのアクセサリーが作れるのです。園長の隣でじっと見ていたCちゃんやSちゃんは手取り足取り園長に教わりながら、カチューシャを作って頭に飾りました。すると、それを見ていたちゅうりっぷ組のSちゃんは、同じものがほしくてたまらなくなりました。しかし、竹の子の皮はなくなってしまいました。しょんぼりしながらそのことを園長に伝えると、その足で一緒に駐車場に竹の子の皮を取りに行ってくれました。そして三つ編みにしてカチューシャを作って「雨に濡れているから乾かしてから頭につけようね。」とゴムをつけずに渡してくれました。Sちゃんはその濡れたカチューシャをしばらくぶんぶんと振った後、「乾いたよ。」と笑顔で持ってきました。「ほしい!」という気持ちを素直に表現できるSちゃんの姿がとっても微笑ましくて、ちょっぴり濡れていたけれど、ゴムを付けて頭に着けてあげました。ちゅうりっぷ組のSちゃんも年長のCちゃんも今日は一日嬉しそうに頭に着けていました。

園長の近くにいたら、楽しいことを教えてもらえる・・・と子どもたちもわかっているようです。私たち教師も、身近なものを遊びに利用できる方法を身に着け、子どもたちに教えてあげたいなと思いました。

トラックバック
コメント (「雨が降っても楽しいよ。」     りす組 富田瑞穂 はコメントを受け付けていません。)

2014年9月11日 木曜日

今、年中児の間では♪すすめ すすめ あおいそらにむかって ゴーゴーゴー! すすめ すすめ あおいそらにむかって ゴーゴーゴー!♪の歌がとても流行っています。もう、家庭でも話題にしているかもしれませんが運動会でこの曲を踊ります。昨日、踊りの練習をしている時に副園長から踊りがもっと楽しくなる方法を教えてもらったので、りす組のNちゃんとMちゃんは「早く踊ろう、先生がいなくても踊れるようになりたい」と言って張り切っていました。運動会に向けて一人ひとりの意識が高まるよう、私自身、言葉掛けやかかわり方の工夫をしていきたいと思います。

午前中、おもいきり遊んだりす組の子ども達は、午後から運動会で踊る、海賊をイメージしながらパステルで思い思いに絵を描きました。描いている最中も♪たからじまは、どこだ!♪と口ずさみながら嬉しそうに描いている様子が見られました。

 

H君は、「先生、ぼくの海賊は、赤い服を着ているんよ」と言って嬉しそうに見せてくれました。どの海賊も笑顔でとても楽しそうです。まだ、完成ではありませんがこの絵は、クラスの壁に飾る予定です。私もどんな海賊が集まるのか今から楽しみです。

 

 

今日の給食のメニューは、胚芽米、鶏のオーブン焼き、ポークビーンズ、春雨サラダ、りんごでした。ポークビーンズは大人気で「美味しい」と喜んで食べいました。しかし、T君は、「この肉は、かたいなー調理師さんに言ってくるね」と言って調理室へ走って行きました。調理師の石川さんに「今度は、もう少しやわらかくして下さい。」と伝えました。石川さんも「ごめんね、今度は、やわらかくするね」と答えてくれていました。実はどういう訳か、T君のお肉の1カ所がかなりかたかったようでした。子ども達も素直に苦情が言える、三葉ならではの給食です。食への意欲、気持ちをこれからも大切にしたいと思います。

 

 

トラックバック
コメント (「ぼくらは小さな海賊だ」   りす組 山田美和 はコメントを受け付けていません。)