幼稚園の日記(ブログ)

 Home /幼稚園の日記(ブログ)

2022年2月2日 水曜日

 昨日、屋外ステージで始まった発表会の自主練習は今日も盛り上がっていました。ぱんだ組のKくんは登園して所持品の始末を終えると、いそいそとぞうりに履き替えて「いってきまーす!」とステージへ飛び出していきました。時刻はまだ8時過ぎで、欲張りじいさん役はKくん一人でしたがそんなことは気にせず、小さな体を目一杯動かして堂々と欲張りじいさんを演じていました。

私が驚かされたのは、Kくんだけではありません。ステージで練習する子ども達が徐々に増えてきた頃、ふとステージに目をやると年中4クラスの子ども達が入り交じって練習していたのです。普段は赤と青の2コースに分かれて練習していますが、コースの枠を超えて子ども達が自分で考えて参加し、臆することなく自然と言葉を交わしながら練習していて、これがまさに三葉っ子の姿だなと昨年受け持っていた子ども達の成長を嬉しく思いました。

A2E2C014-F0C8-4443-81EF-C6365D49E205 3FBC3F47-D87F-49B7-9FA9-1A636B931BB3 FA82CFB7-73CC-4B77-8E7A-EC6BBD1092CB

 又、今日は発表会の座席のくじ引きも行いました。換気や密集、密接に注意しながら座席のくじを引いて、発表会の日にお父さんやお母さんに来てもらうことを楽しみにしていました。しかし、コロナ感染症・オミクロン株の感染拡大が続くなか、三葉幼稚園でも家族内感染による濃厚接触者がここ3週間を中心に発生し、松山市の指導により必要と判断された場合にはお知らせしているところです。今月に入って近辺の学校等の兄弟の感染により、濃厚接触者の連絡が入っています。その為、生活発表会の開催においても発表会前日に感染者が出た場合は、中止にせざるを得ない状況です。只今、屋外ステージを使ってどうにか開催できないものかと教師達で話し合っているところですので、日程等決まりましたらお知らせします。その時はご協力をお願いします。

IMG_4326 37248B58-F2D0-4347-BA0D-4859DEF88D83 68BF4F59-116E-4701-9862-66916A92F2B2

 屋外ステージの隣では、いよかんを使ったままごとが盛り上がっていました。このいよかんは、先日屋外遊ぎ場の果樹園で収穫したもので、小さかったり少し痛んだりしたものをままごとで使っています。ひつじ組のIくんは、いよかんを2つに切って絞り器で絞ると、「先生!いいにおいがするよ!」と笑顔でコップを差し出してくれました。いよかんの爽やかな酸味の香りは、果汁100%の本物のジュースです。本物の野菜や果物を本物の包丁や調理器具で料理する三葉幼稚園のままごとは、今日も活気に溢れていました。

4FD11A3B-CA3B-43F3-92F8-63E91BAB49C7 CC98DB2F-15EC-417F-839B-FB43E5DDCA97 EAC8F028-D9A2-4CEA-B64E-0DF17984E85F

 明日、2月3日は節分です。年長児は身の回りにある廃材を使って鬼のお面を作りました。お面作りはお茶の子さいさいの子ども達。新聞紙を折ると頭に合うサイズに調整してセロハンテープで留めました。そこに付けるお面が、それぞれ違って面白いのが三葉っ子達です。箱に穴を開けて覗けるように工夫し被れるお面を作る子や髪の毛やひげを毛糸を使ってリアルに表現する子など、それぞれに工夫の凝らしたお面ができあがりました。明日は恵方巻の節分給食ということで、登園を楽しみにしている子ども達でした。

669FA43D-6EBA-46F8-BD05-626566FE615B 7CDDD952-A608-4C80-95D8-F275B8DA24A7 BCB9C706-DA76-46AD-B258-299D5E6AAC30

トラックバック
コメント (「三葉っ子らしさがいっぱい♪」 くま組 丸山利夫 はコメントを受け付けていません)

2022年1月11日 火曜日

 今日から3学期が始まりました。冬休み明けに子ども達と楽しもうと準備していた凧作りやこま回しなどは生憎の雨でできませんでしたが、晴れた日には戸外で思いっきりお正月遊びもしたいと思います。

久しぶりの登園だった子も元気よく「おはようございます」「あけましておめでとうございます」と挨拶をして元気いっぱいの笑顔で門を入ってきました。明日から2歳児クラス(たんぽぽ黄組)が新しく始まるにあたって保育室の配置を少し変更したため、子ども達が迷わないようにと教師達がクラスの表示を大きく作って見やすい場所に貼って誘導します。それに気が付いた子ども達は、「あったよー!」と指差して駆け寄ったり、迷っている年少児を年長児が連れて行ってあげたりしていました。明日からプレ年少児よりも小さいお友達が来ることを心待ちにしている子ども達です。

3298BC50-6506-4A6A-9745-93903FF9BE33 2EB8245C-2CAB-47E2-B1CB-25D7470FC5FF

 年明けから右肩上がりに増えているコロナウイルスの感染症ですが、新種のオミクロン株は感染力が強いため、密を回避することや換気、手指の消毒には今まで以上に気を付けなければなりません。今日もテラスや大型テントの下を使って密にならないように遊んだり、向かい合ったり頭を寄せ合ったりして遊ばないような環境を作ったり工夫しています。感染症に気を付けながらも子ども達が安全に、そして楽しく遊べるような保育をしていきたいと思います。

これからも検温、マスク着用、手指の消毒は今まで以上にご協力ください。

65EA29D0-5785-4EBC-9560-6552E4601447 F32D46C7-C81D-4C9E-A2C0-19D2C4ECC732

 さて、始園式は蜜を避けるため、各保育室で園内放送で行いました。園長からは、新しいコロナは子ども達が大好きでうつりやすいこと。うつらないためにも大声ではしゃいだりマスクを着けずに歌ったりしなようにしながら発表会に向けて頑張ることを話してもらいました。3学期は1つ上の学年になるための準備の学期です。それぞれの学年で目標をもち、締めくくりの学期にしたいと思います。

F1CCE519-5482-4813-BE11-9DD720C11AA8 BD339BDB-E3B9-4FB2-B4AA-034907BEECD3 F35065FF-46CC-4D3B-97AD-E7DC5ADABC76

 

 ここで、嬉しいエピソードの紹介です。1月8日土曜日の愛媛新聞「読者の広場」に久万高原町の方がアベノマスクを再利用することは賢い方法だという投稿をしてくださっていました。こうした励ましを力にして3学期も頑張っていきたいと思います。

愛媛新聞 1月8日土曜日 ━こだま 読者の広場━ より

「アベノマスク再利用は賢明」

投稿してくださった小倉様 ありがとうございました。

トラックバック
コメント (「3学期が始まったよ!」 くま組 丸山利夫 はコメントを受け付けていません)

2021年10月18日 月曜日

 昨日から朝晩の気温が急に寒くなり、今朝も20℃を下回っていて長袖や長ズボンで登園してくる子どもも多くいました。しかし、三葉っ子は元気いっぱいでつりかんをしたり踊りを踊ったりして体をたくさん動かして遊んでいました。園庭を駆け回る子ども達がより安全に遊べるようにと今日は横断歩道が現れました。交通安全教室で習ったことを思い出しながら、「右を見て、左を見て、もう一度右を見て手をあげて」渡ります。運動会が終わった気の緩みと残暑が和らいだことで、より一層体を動かして遊ぶ子ども達ですが、怪我をしないで遊べるよう安全面も配慮して遊ばせていきたいと思います。

DB7C50C6-FA18-471E-87EF-8966290195A1 839FA8B4-7DDA-4435-8BA8-E88D17BC2AEA 9C403B9E-19A6-45F2-B410-5DE2FCA3D7C4

 先週の金曜日に年長は園内に植えていた稲を刈りました。今年の稲はとても大きく生長したのですが、教師のミスでずっと泥舟に水が溜まったままになっていたことで根が腐り、稲を枯らしてしまったのです。そして、例年より早く稲を刈り取っていたのですが、なんと刈り取った株から新しい芽が出ていて、稲を実らせていたのです。必死で命をつなごうとする稲の力を目の当たりにした子ども達は、今日の稲刈りを楽しみにしていました。

B1EC0328-3166-487F-BF83-D83E45AF4076 554CB602-4C16-429B-9DE2-9155E148C2AF 6F145CB9-0217-4746-94E7-474B21702A90

 6月にレインボーファームに隣接する田んぼに植えた苗が、どんな風に育っているのかと楽しみにしていた子ども達の目の前に広がったのは、黄金色に輝き、こうべを垂れる稲穂の壮大な景色でした。レインボーファームの方や稲を管理してくださっている堀内さんからお話をしていただいたり、園長からは3本の苗が、なんと45本にも増えていることに気付かせてもらったりして、稲の生命力の凄さを感じることができたようでした。そして、待ちに待った稲刈りの始まりです。金曜日に教えてもらった持ち方で稲を握り、力を込めて鎌を引きますが、太く育った数の多い株はなかなか刈ることができません。それでも力を込めて鎌を2,3回引いて、1人3株づつ刈ることができました。

BB836A5B-FABC-4E9B-A544-81CCDBB6C6A5 3E75D9AD-70A6-4C8E-8782-424BF4623101 7B1BEF34-B476-4930-BC6A-C18A76715296

D3945C0C-0EE3-4F3D-8205-235A72224FEA 9A9299CD-25A8-4C63-9300-879CA262EA0B 54D605D1-36CD-4B0A-9135-1BE0386FB012

 今年は稲刈り機で稲を刈り取る様子を見せていただき、刈り取った稲が束になって出てくる様子を子ども達は驚いて見ていました。すると園長が、「子ども達にも体験させてもらえないか」とお願いしてくれ、なんと全員が稲刈り機で稲を刈る体験をすることができました。自分で刈った束になった稲を自分で運び、運転手さん達に稲木にしてもらいましたが、予定より多くなった稲の束は園長が重ねて干して、3階建ての稲木になったそうです。

576D6E75-2157-483D-89B6-D5A2598F0B76 019007A0-6D96-4106-A2D6-531C72A2F4F6 D2AAC221-72F7-4181-AC82-9ED7CAAED379

83DFEA68-24D7-450A-BAF0-98BFA53EFED9 454C55C4-11E4-44B0-AF41-1BA0A9BDEB51 5C59BAF6-B034-4851-9B8C-501E87D12880

 これからしばらく天日干ししてから脱穀した後、12月のおもちつきで使用します。今からおもちつきが楽しみな年長児達です。

 レインボーファームの方々、堀内さん、本日は子ども達のために貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。

トラックバック
コメント (『稲刈りをしたよ♪』 くま組 丸山利夫 はコメントを受け付けていません)

2021年10月7日 木曜日


 コロナ禍だからできることがあるのではないかと昨年から始まった「子ども秋祭り」ですが、今年も山西団地の自治会役員さんからお神輿を2体貸していただけることになり、又、山西町二喜多津会の方々と清住の方々も獅子舞を披露してくださるということで夢の三葉幼稚園子ども秋祭りが実現したのでした。

 昨日のお昼の放送で、お寺と神社の話を園長にしてもらい、秋祭りは山や草木などの自然に宿る神様や農作物の収穫に感謝するお祭りであることを知った子ども達は、それぞれが準備してきたハッピや洋服を身に付け、駄菓子屋さんなどで買い物をするための50円をしっかりと財布に入れて、「今日はお祭りよね!楽しみ♪」とにこにこの笑顔で登園してきました。

 午前中の秋祭り速報でもお伝えしましたが、まずは山西町二喜多津会の方々と赤コースの子ども達によるお神輿のかき比べから秋祭りが始まりました。威勢の良い「わっしょい!」の掛け声に合わせて子ども達も声を出し、年長と年中児はお神輿と一緒に園庭を練り歩きました。又、二喜多津会の方々による獅子舞では、太鼓の拍子に合わせて手を叩いて、獅子の迫力のある動きに拍手喝采の大盛り上がりでした。

902D4199-A907-400B-A58F-D1CBC8649E0D BFE43283-553D-44ED-9339-C9D6771B730C B16AE52A-F10E-427F-A2C1-818A3F58E8BD

 屋台の買い物では約束を守りながら、50円をどのように使おうかと自分で考えて買い物をしました。ここで、買い物での様子を少しご紹介したいと思います。

 年少児も50円をどのように使おうかと自分で決めることができていました。お菓子のみを買う子、ゲームとお菓子を買う子、綿菓子とゲームとお菓子の全部をする子など、屋台での買い物をそれぞれがとても楽しんでいる姿が見られました。年中や年長児になると自分の為にゲームを楽しんだ後、綿菓子を食べた残りで家族へのお土産を買う子がいて感心させられました。

121A900A-F141-47C9-BA69-76D853766D04 FD320E5E-3950-4BD4-A173-4EF0AC8BF887 D315AF3B-1182-4C0E-851E-6DB6B24CE698

 又、今年は綿菓子を食べると綿菓子で10円使った証明として領収書を渡すことになりました。後でお金を使った内容を確認する意味で発行したのですが、それが以外と子ども達に好評で、袋を確認するとちゃんと領収書が入っていました。なかには2枚入っている子もいて、みんなで綿菓子を嬉しそうに食べている姿がうかがえました。

ぜひ、ご家庭で買い物について話題にしてみてください。子ども一人一人がそれぞれの思いを持って買い物をしてきたことがわかると思いますよ。

826B46E6-7B7F-42E3-9A56-1E2AFA33426D 34807039-6E8B-4A48-B62F-11C0ACAB438F C6678F50-5901-445A-BBC4-66BF3F86FFFB

 後半は清住の方々と青コースの子ども達によるお神輿のかき比べです。こちらも赤コースに引けを取らない威勢の良い掛け声と練り歩きで、お神輿を上に差し上げて鈴の音を大きく鳴らしている様は圧巻でした。

清住の獅子舞では獅子が子ども達の目の前まで来てくれ、なかには獅子の表情に驚いている子もいましたが、獅子舞を始める前に「獅子は怖がりだから、近づいてきたら怖がらずに応援してあげてね。」と話してくれていたことで、怖がっていた悲鳴は段々と「がんばれ!」の声援に変わっていきました。

昼食は秋祭りの特別メニューで、「ちらし寿司、からあげ、トマトとサラダ、ゼリー」の子ども達の大好きなメニューで、子ども達は大喜びで食べていました。

山西団地自治会の方々、山西町二喜多津会、清住の獅子舞の方々、地域の方々の温かいご厚意とご協力あってこそ、三葉幼稚園の子ども達はとても貴重で楽しい経験をすることができたと心より感謝しています。ありがとうございました。

8B26B61D-8D6E-4684-B559-10728A1EA392 6B6BEDB6-730A-471A-8C45-CBFE1F48B830 A107C458-E132-47DA-9E6E-8DEB56A151C4

 この楽しかったことを活力にして、又、子ども達の楽しそうな笑顔に教師達も勇気をもらい、運動会本番に向けての残り4日間を頑張っていきたいと思います。

【落とし物のお知らせ】

ハッピの帯2本の落とし物がありました。心当たりのある方はご連絡ください。

IMG_8151

トラックバック
コメント (「楽しかったね!子ども秋祭り♪」 くま組 丸山利夫 はコメントを受け付けていません)

2021年9月6日 月曜日

 今年は毛虫が多い年なのか、先週から今年2度目の毛虫が発生しています。今朝は子ども達が毛虫に刺されないようにとロープと柵をして桜の木に近づけないようにしていたのですが、そこは子ども達の最高の遊び場である砂場やビックボス、ブランコ、つりかんなどの遊具の場所でもありました。それを見た園長は、日除けシートを持って来させるとつりかんやビックボスの上に張り始めたのです。つりかんとビックボスの上の桜の木にシートを張ると、それは毛虫除けにもなり強い日差しの日除けにもなったのです。屋根の付いたつりかんとビックボスは、子どもの目にはまたまた楽しい新たな遊具へと変身し、もとのように広くなった園庭は目新しい環境になりました。大喜びで遊んでいると、今度は数十年前の大型トランポリンも出てきて、子ども達の冒険心は高まっていきました。限られた広さの園庭を教師の都合で仕切って狭くするのではなく、いかに広くとって使えるように工夫するか、教師達で知恵を出し合って環境を作っていくことをまたまた園長から学びました。

IMG_6174 IMG_6170 IMG_6189

 そんな時、年中組のKくんが「先生来てや!大変なんよ!」と、表情を変えてやって来ました。Kくんが指差す先にはひょうたんとゴーヤに囲まれた『男だけの基地』があります。行ってみると「ゴーヤが鳥に食べられとんよ!」と、年中組の男の子達が目を丸くして呼んでいました。そこには、熟して割けたゴーヤから真っ赤になった種がこぼれていましたが、それが上手いことすずめ除けの稲のネットにのっかっていたのでした。騒いでいる年中児の様子に気付いたらいおん組の男の子達が、優しく説明し始めました。「これはお母さんと一緒で、赤ちゃんが産まれただけなんよ。赤い種が赤ちゃんやけん、鳥に食べられたんじゃないんよ。」それを聞いた年中児達は納得したようで、ネットの上の種を集めて、また来年植えられるようにと乾かすことにしました。

IMG_6164 IMG_6167 IMG_6168

 一方、ゴーヤの隣りにはひょうたんが見事に実っています。2週間前のこと。園長がひょうたんを1個収穫して、口を開けて細い棒で突きながら、種と中綿を取り出し始めました。何日もかけて少しずつ種を取り出しては水を入れ、中の種肉を腐らせていきました。そして今日、くま組のSくんとAくんが中を覗いてみると、ついにひょうたんの中が空洞になっていたのです。しかし、中身はとれたのですがなんとも言えない腐った匂いが残っていて、SくんとAくんはこの匂いに負けじとひょうたんの中に水を入れては出してを繰り返して、やっとのこと中身と種を全て出し切りました。あとは周りを磨いて口に栓をつければ、ひょうたんのとっくりの完成です。「完成まであと少し!」と男の子達は意気込んでいます。

IMG_6182 IMG_6184

 2学期が始まって幼稚園にも活気が戻ってきましたが、まだまだコロナという疫病神は牙をむいて待ち構えています。子ども達には、自分や仲間を守ることをしっかり身に付けさせなければなりません。マスクを外して食事をする時には、どうしても感染リスクが高まりますが、今までと同様にテラスも使って密にならないように食事をします。又、食事前のぎりぎりまでマスクを着けたり、食事中は会話をしないで食後の歯磨きの代わりに食後はお茶を噛んで飲んで抗菌したりするなど感染対策をしていきます。元気いっぱい遊んだ後の食事では、誰もふざけたり話したりしないで静かに食べることができるようになり、園長からしっかり褒めてもらっています。体力も養い、約束を守りながら今後も感染予防に努めていきたいと思います。

トラックバック
コメント (「ひょうたんのとっくり完成まであと少し!」 くま組 丸山利夫 はコメントを受け付けていません)

2021年7月6日 火曜日

 明日は七夕です。涼しいテントの下では、自分達で染めた浸し染めのキッチンペーパーを折って切って、天の川を作ったり、三角つなぎや輪つなぎを作ったりして園庭の笹に飾って明日の七夕に期待をもっていました。そうこうしていると、事務所横の水道から2階のテラスに何やらホースが伸びています。非常滑り台をつたって2階のテラスをはっていたホースの先にはT先生がいました。すると、子ども達から「わー!」「きゃー!」と大きな歓声が上がったと同時に2階テラスからホースの雨が降って来たのでした。どうやらこれは、7月末の子どもだけの夏祭りに向けてのお試しの遊びだったようです。昨年と違った夏祭りを先生達が計画していますので、どんな夏祭りになるかは、今後のお知らせを楽しみにしておいてください。

9ADBD485-8B0A-4380-8D8D-1C3BF27DA401 C11A450A-0246-4A12-83D3-ED64614AD3B2 F47F7997-F23E-43FD-BDE5-485E4DD22AB4

さて、ひょうたんとゴーヤの葉が茂り始めた「男だけの基地」では、葉と葉の間から顔を覗かせて何人かの男の子達が遊んでいました。今学期もあと残り2週間ですが、どこまでグリーンの壁ができるか楽しみです。

その基地の目の前の年長児が植えた30㎝程に伸びたもち米の苗を植えた泥舟には、ひつじ組のCちゃんが持って来てくれたおたまじゃくし達が体の形を徐々に変えていて、子ども達は図鑑を広げながら、かえるになる日を心待ちにして観察しています。

そんななか、らいおん組のYくんが4つの泥舟のうち1個だけ稲の生長が悪いことに気付きました。「何でこれだけお米が小さいんかな?」「栄養がないけんやない?」「太陽が当たってないけんよ!」と子ども達が頭を寄せ合って、それぞれの知識を出しながら考え、不思議がっていました。実はこの泥舟だけ田んぼの泥が足りなかったので、腐葉土を入れてかさ増ししたのですが、ここまではっきりと生長の違いがでるとは予測していなかったので、この生長の違いを子ども達と観察していきたいと思います。

B8D82FBA-9246-490E-99DD-2BF7C54DFFDF F463071D-1572-4174-BCCA-F11D1602DC9F EE369671-4D0F-4007-A0A8-D4E91CF89A64 9916B448-AF87-475E-950C-F7D11E4B78ED

そして、2階の年長組のテラスでは、3週間前に植えたアサガオの種が芽を出し、ぐんぐんと生長して支柱にツルを巻き始めています。すると、問題発生です。少し離してはいるものの隣の支柱に巻き付いてしまっているアサガオがあったのです。そこで年長児を呼んで話をすると、Yくんが「ちょっとお手伝いしてあげたらアサガオが自分のところで巻き付くんよ。」と言いました。実はYくんは、男だけの基地作りに参加していて、園長がひょうたんのツルを巻きつける手助けをしていた時のことをきちんと覚えていたのです。

264BE11A-482B-4E12-BE60-BF1DF024EDF2 73D3260B-134C-475D-93C7-394D50634CD3 94341DDA-F8C2-498E-A91B-8F7C15172B2A

身の回りの自然物の世話や観察を通して、子ども達の知恵として培われていることが実感でき、とても嬉しくなりました。

 

トラックバック
コメント (「身近な自然からの学び」 くま組 丸山利夫 はコメントを受け付けていません)

2021年6月15日 火曜日

昨日、「明日はカレー作るんよね。エプロンもってきたけん!」といそいそと準備をしてきた子ども達。プール開きの今日は、園庭にカレー作り用のテントが張られていて、登園してきた子ども達は「カレー作り楽しみ♪プールもできるんよね。」と笑顔で話していました。

園庭の準備ができると、子ども達は早速、持って来たエプロンや三角巾、スモックを身に付けて、「作るぞー!」と気合いが入ったようでした。例年、プール開きの日は役員さん方の手作りカレーを頂いていたのですが、今回はコロナ禍でプレ年少から年長までの全ての園児が野菜を切る工程にかかわり、自分達のカレーを自分達で作ることにしたのでした。

野菜は玉ねぎ、じゃがいも、にんじんの3種類を切ったのですが、どれも自分達が栽培し、先日のじゃがいも掘りで収穫したものです。見本の大きさを見ながら、手際よく切っていく年長児達。さすが、幼稚園の包丁を使ったままごとで遊び込んでいるだけのことはあります。そして、驚かされたのは年中、年少児達です。教師は、まだ切るのは難しいかなと思っていたようですが、その予想に反して、なんとも上手に切っていたのでした。プレ年少の子ども達も教師に手を添えてもらって切ることができました。

95F0D1AA-32AA-4A7F-92AB-CD40E7049E9F CDC51036-22E0-4062-B88A-B3D26A45B0D7 D8935AA6-BC71-4CA2-9C02-9A401655A50A 9506827F-B205-4E55-83F9-D11C76579FA5

そして、お鍋で園長が肉を炒め始めると、子ども達が切った野菜も入れて、自分のカレー分の水をコップ1杯ずつ一人一人が入れていきました。そうこうしていると肉や野菜が煮えてきて、園庭に野菜スープのいいにおいが漂ってきました。そして、園長から野菜スープの味見をさせてもらうと、「じゃがいもの味がする!」「玉ねぎの甘い味がする!」と大喜びで味見をしていました。いよいよカレールーで味付けです。味を見ていた園長が「これは、おいしい!」と言うと、どうしても食べてみたい年中児が口をあーんと開けました。すると、「いいな!」「いいな!」と次々に子ども達が口を開け始め、結局全員がカレーの味見をしたのでした。少しの量でしたが、みんな笑顔になり、カレーライスを食べられることを楽しみにしていました。

4B2637F4-F3F0-4DA5-9ACD-B0B04230C781 48155946-D7DE-4542-8F2C-2A35C7ABACCD 9FE06A6C-F581-4F84-801C-0FE8C892E025 F34155D7-8A56-435A-94A1-14AD2870F7A4

今日のカレーライスは自分達で作った特別なカレーです。おかわりをする子。偏食があったはずなのに野菜も全部食べられた子。外のテントの下でみんなで食べたことが嬉しかった子、等々・・・。それぞれが楽しい時間を過ごせたようでした。

9EED24B2-59BC-4707-87B3-B356891692D8 A8876A09-6259-4B12-8BDA-B86AB0544F49 0654B044-B77D-477A-8331-E2C402F0846E 25B122A2-FAD8-4B09-A5A8-946ADD0E6FCC

D277B638-BAF2-4F5D-8655-2A3A3EB66DD3 44527119-EA04-46A5-B157-70DB8B90E6B1 DE3FA11F-4246-423A-81E0-126733AA784A F8E91E9D-3BBC-42CE-85EC-86D1BA8FA1F6

FFE5AE00-843A-4F5F-B057-647A54E91727 87A7A3D5-9275-49B0-9DE5-7AB63D2A1BD8 59B29FEA-767B-48BE-A91B-0BBE912B17EF AFE7B31D-44E5-4DFA-9A4F-A5E705959709

E86C7DFC-194C-4A88-9EBA-E030A49F10F4 20051D22-BA4D-4F37-A87D-4FD5846DEE40 627212DF-BF38-4463-A026-7D7F0C8566EC

今日は途中から空が曇り始め、風も出てきたためにプールは足のみをつけるようになりましたが、気温や水温に気を付けながら、子ども達が楽しめる水遊びを考えていきたいと思います。

昨年より続くコロナ禍で子ども達が主体となって進める行事が多くなったことで、人に頼ることなく子ども達が主体的に活動した楽しいプール開きになりました。

トラックバック
コメント (「楽しかったね!カレーパーティー♪」 くま組 丸山利夫 はコメントを受け付けていません)