幼稚園の日記(ブログ)

 Home /幼稚園の日記(ブログ)

2019年9月12日 木曜日

本日のニュースでも、西日本の暑さは熱中症の危険度が最高値になっていました。しかし、今朝は相変わらず暑いのですが、時折風が吹いてホッと一息心地よい瞬間を味わうことができました。そんな中、園庭に出ると、なんだか楽しい音楽が流れていました。年中児が集まって踊りの練習をしていたのでした。

CIMG8268CIMG8277

遊具で遊んだり、周りで見たりしていた異年齢児達もいつに間にか一緒に踊ったり、手拍子をしたりと盛り上がっていました。年長、年中、年少児、そして、たんぽぽ組の子どもたちみんなが他学年の踊りを踊って覚えていく姿がとても良いなと思いました。遊びの中で運動会のゲームや踊りを楽しんでいる子どもたちと一緒に教師自身も楽しみ、雰囲気を盛り上げていきたいと思います。

また、今日はアスレチックコーナーに新しくはしごが登場しました。子どもたちがどのようにしてはしごを渡るのか見ていると…上手にバランスをとりながら渡っていく子や手を支えにして足をまたいで渡っていく子がいました。「こわいこわい」と言いながら渡っている子もいましたが渡りきった時には、達成感のある満面の笑みが見られました。1つのはしごでも、様々な渡り方があることが面白く感じました。特に4歳児達のはしご渡りを見ていると、はしごの両枠を足に指にはさんで綱渡りのように歩いていて驚きました。これも昨年からみさとっ子ぞうりで過ごしてきて、足の指を自由に使えるようになってきているのだと思われます。

CIMG8283CIMG8271CIMG8279

 

今日、年少組では初めての図書の貸し出し練習をしました。子どもたちがそれぞれ好きな絵本を選び借りました。借りる時は、「お願いします」「ありがとうございました」をしっかりとお礼を言える子が多くいました。1つ1つお礼の言葉が大切だということをこれからの保育の中でも伝えていきたいと思います。今回の図書の貸し出し練習に、絵本サークルの保護者の方々もご協力頂きました。お忙しい中ご協力頂きありがとうございました。

CIMG8286CIMG8289

トラックバック
コメント (いろいろな渡り方 ちゅうりっぷ組 石川結妃乃 はコメントを受け付けていません。)

2019年9月11日 水曜日

今日は朝から戸外でポンポンを持って自由に踊っている年長の女の子や踊りやかけっこなどを楽しんでいる子供達の姿が見られ運動会に向けて気持ちが盛り上がってきているようです。

IMG_4965 IMG_4959

そんな中、10時からホールで全幼稚園児参加の交通安全教室がありました。教室が始まる前に園長から「大人も子供も守らないといけない約束があるんだよ。誰かが道路を歩く時の約束も守らなかったら、車を運転する人が約束を守ってもぶつかってしまうよね?だからみんなが約束を守ったら事故もなく仲良く生活することができるよね。なので今日はおじさんたちの話をよく聞いてお父さんやお母さんたちにも教えてあげてね。」と話してもらいました。その話を聞いた後、腹話術のお姉さんとたー君の登場です。おまわりのお姉さんとたー君の話を真剣に聞いて横断歩道の渡り方、「右見て左見て、もう一度右を見て」をたー君と一緒に手をあげたり声に出したりしながら教えてもらいました。そして質問にも元気いっぱい答えることができていました。映画の中では道路の歩き方や信号の「赤、青、黄」の意味、踏切の渡り方など楽しくルールを覚えることができていました。

IMG_6072 IMG_6837 IMG_6073 IMG_6844

その後ホールで教えてもらったルールを戸外にできた横断歩道や曲がり角など実地訓練をしました。年長さんと年少さん、年中さんは年中さん同士でペアを作り年少さんは年長さんの上手な手本を見ながら一列になって歩いたり、左右を見て「はひふへほ」の約束を守って歩いたりすることができ、感心しました。今日は交通ルールをたくさん教えてもらい、降園前に子供達に質問をするときちんと覚えて答えることができていました。教えてもらったルールは大人も子供も守らないといけない自分の命を守る為の大切なお約束です。ぜひご家庭でも今日教わったルールをお出かけの際には話題にして1つ1つ確かめながら歩いて見てください。

IMG_1299 IMG_2679 IMG_0821IMG_6847

※本日伝染性結膜炎の流行についてのお問い合わせがありました。プールで感染するのではないか、という内容でしたが、本園では伝染性については現在欠席されています。伝染性ではなくて医師の許可のある子どもについてもプールはお休みしてもらっています。プールは後少しの期間ですので楽しませてあげてください。

トラックバック
コメント (「交通安全教室があったよ」 ちゅうりっぷ組 今岡美奈穂 はコメントを受け付けていません。)

2019年7月18日 木曜日

今朝登園してきた子どもたちが部屋に入って騒いでいました。実はお部屋の様子がいつもと違っていたのです。それに私も加わってクイズを出しました。「今日はどうして青いシートが敷いてあると思う?」と子どもたちに聞くと、「今日はお店ができるから!」とちゅうりっぷ組のKちゃんが答えました。昨日、ちゅうりっぷ組の部屋がお店屋さんに変わるため、ちゅうりっぷ組のみんなで掃除をしたのです。Kちゃんは昨日の出来事をしっかりと覚えていたのでした。また、テラスの壁や窓には、くじびきや先生の夜店、カラオケなどの表示も出ていて、子どもたちは「ここでくじびきするん?」とくじびきコーナーの部屋に行ってみたり、先生の夜店の部屋にいってみたりとわくわく、どきどきした気持ちであちこちの部屋を訪ねて歩いていました。年中児が飾り付けをした「ゆうすずみかい」の素敵な表示も今日から飾られていて、子どもたちの気持ちも夕涼み会への期待へと高まってきているように思いました。

IMG_0841IMG_0895

今日は、土砂災害によるひき渡し訓練がありました。今回は、警戒レベル3を想定した訓練を行い、子どもたちは、3階の会議室へ避難しました。園内放送が流れたとき、不安で泣いてしまう子どももいましたが、避難する際は担任の先生の話を聞いて落ち着いて避難することができていました。会議室に全員が避難し、人数点呼をし終えると、園長の話がありました。今回は土砂災害の訓練であり、実際に起きた場合を想定して動くことが大切であるということを話してくれました。今回の訓練だけではなく、火災や地震、不審者の訓練の際も実際のことを想定して行動することを私たち教師が意識して行動することが大事だと思いました。

IMG_0919

 

その後はお迎えに来られた保護者の方から順に子どもをひき渡していきました。「今日はお母さんが早くお迎えに来てくれるんよ。」と嬉しそうに話していた年少組のTちゃんでしたが、なかなか自分の名前が呼ばれず不安そうな表情をしていました。しばらく待っていると、自分の名前が呼ばれ、お母さんの顔が見えた時には、とても嬉しそうにお母さんに抱きついていたのが印象的でした。

今回の訓練はお昼休みの時間帯に行っていたこともあり、仕事の合間を見て訓練に参加してくださった保護者の方や13時ぎりぎりに駆けつけてくださった方もいました。13時のお迎えの子どもたちには、幼稚園に備蓄している非常食の中から、ビスッケトを分け合って食べました。

IMG_2349IMG_2347

訓練ではなく、実際に災害が起こった時には、保護者の方がお迎えに来られるまでは、子どもの身の安全と、体調管理、心のケア等、自分たちがどうしなければならないのか改めて考え直すことができた訓練でした。今後も、南海トラフ地震、大雨、台風等、気をつけなけらばならない災害が起こりうる可能性が十分にあります。今回の訓練を機にご家族との連絡の取り方や、避難方法等、話し合うきっかけになれば嬉しいなと思います。

ご協力頂きました保護者の皆様ありがとうございました。今回残念ながらご参加頂けなかった皆様には今後の非常災害時に際してのご協力よろしくお願い致します。

 

 

トラックバック
コメント (「避難訓練をしたよ」ちゅうりっぷ組 石川結妃乃 はコメントを受け付けていません。)

2019年7月11日 木曜日

子供達は登園するといつものように園庭に出て遊んでいると途中で雨が降り始めました。砂場で遊んでいた子供達は、急いで図書館の下に帰ってきました。その様子を見ていた園長が子供達が使えるようにと傘を柵にかけて用意してくれました。それを見た年長の子供達はすぐに傘を持ってさすと雨の中へ出て行きました。中には年少さんを入れて2人でさして歩いている子もいました。雨の中で傘をさし、長靴で水たまりにピチピチと入ったり、小雨になると砂場まで行って遊んだりと雨を楽しんでいました。

IMG_5856 IMG_5858 IMG_2315  IMG_2313

また、今日は昨日までは出ていなかったカラオケが会議室に出ていました。声をかけるとすぐに子供達は上がってきて「えっなにがはじまるの?」「カラオケだ!!」と声を上げていました。早速カラオケが始まると友達に「ねぇ何ならうたえる?」と誘い一緒に歌っていました。もちろん、お客さんも手拍子をしたり手話をしたりと盛り上げてくれ、歌い終えるたびに大きな拍手が起こっていました。ちゅうりっぷ組のMちゃんとKちゃんは楽しそうに歌っているお姉ちゃんお兄ちゃんを見て「歌いたい」と恥ずかしそうに言ってきました。2人は歌う曲と名前をみんなの前でしっかり言うことができました。いざ曲が流れると少しモジモジしていましたがお客さん達が温かい手拍子をしてくれたことが嬉しくてその後も「もう一回歌いたい!」と言って順番を待っていました。人前で歌うと言う経験が少ない年少児は、遊びの中でこのような経験が自信につながることを実感しました。明日からも順番を守る、お客さんは上手に聞いて拍手するなどきちんとルールも守って楽しんで行きたいと思いました。

IMG_5872 IMG_5886 IMG_5889 IMG_5898

今日のメニューは

胚芽米、高野豆腐の煮物、海藻サラダ、コロッケ、りんご

IMG_5924

トラックバック
コメント (「たくさん歌おうね♩」 ちゅうりっぷ組 今岡美奈穂 はコメントを受け付けていません。)

2019年6月20日 木曜日

今日の気温は32℃と高く、昨日に続いて太陽が顔を出し、暑い一日となりました。

登園してきた子どもたちは部屋に入り、カバンの片付けを終えると、「先生!外行きたい!」と言って、早速外に飛び出していきました。子どもたちについて、戸外 に出てみると、海の家の横で水遊びをしている子どもたちを発見しました。その様子を見ていると、ペットボトルを沈めて泡をぶくぶくさせて遊んでいる子や、色々なカップに水を溜めて遊んでいる子どもたちの姿がありました。

IMG_5519IMG_5498

 

そんな中に、真剣に水遊びをしているたんぽぽ組のKくんの姿がありました。Kくんは、小さいペットボトルに水を入れ、大きいペットボトルに水を移し替えて遊んでいました。小さいペットボトルの他にも、ヨーグルトカップやヤクルトカップなどの廃材を使い、水を移し替えていましたが、やはり、小さいペットボトルが一番水をを移し替えやすいことに気が付きました。必死に水が漏れないように水を移し替えているKくんの姿を周りの友達も見て、年少児のYちゃんも、「Yちゃんもやりたい!」と言って、周りの子どもたちもペットボトルを移し替える遊びをしていました。たんぽぽ組さんなりに頭をぐるぐると回転させ、考えながら遊んでいる姿がすごいなと思い、感心しました。また、年中児は、ペット水を入れ、「どっちが重いでしょうか!」と友達同士でクイズを出し合っていました。水遊びの仕方も年齢にが上がるにつれ、変化していて面白いなと思いました。明日からも水遊びコーナーにどんな遊びが広がっていくのか楽しみです。

IMG_5507IMG_5534
暑い日の水遊びは冷たくて気持ちが良く、「プールまだ?」とプールを楽しみにしている子どもたちが多くいました。子どもたちが水遊びを楽しむことができるよう、水に触れて遊ぶ場合の注意や決まりを守って楽しませたいと思います。

 

 

☆今日の給食のメニュー(赤コース)☆

胚芽米・鰆の付焼き・肉じゃが・酢の物・オレンジ

IMG_5593

 

トラックバック
コメント (「いろいろな水遊び」ちゅうりっぷ組 石川 結妃乃 はコメントを受け付けていません。)

2019年6月14日 金曜日

三葉幼稚園の門の横には、ピンクと紫色が混ざったアジサイが咲いています。今日はそんなアジサイが待ちに待った梅雨のような候でした。雨が降る前の今朝の園庭は、少し涼しかったので体を動かしたりアスレチックをしたりする子の姿が多く見られました。5月から続いているままごと、シャボン玉に色をつけて模様作りを楽しんでいる子も多くいました。

IMG_5295IMG_5276IMG_5301

今日、ちゅうりっぷ組はりす組のお兄ちゃんお姉ちゃんを誘って会議室で遊びました。新入児たちにとっては初めてのクライミングとトランポリンとトンネルを出しました。こんな時、子どもたちは何も言われなくても順番を守って並ぶことができており、年少児でも入園して数ヶ月ですが、今までの生活の中で身に付いたのだと感心しました。またりす組の子たちもお兄ちゃんお姉ちゃんになって優しくちゅうりっぷ組の子に声をかけてくれたりトランポリンでは数を数えてくれたりしていました。クライミングでは、スイスイと移動するりす組の子を見てちゅうりっぷ組の子も一生懸命で落ちても何度も並び直し、挑戦していました。たくさん遊んだ後の片付けもみんなが手伝ってたちまち綺麗になりました。最後は踊りを踊ってりす組さんとバイバイしました。なかなかこうして一緒に遊ぶことがなかったのでとっても楽しかったようで降園前でもちゅうりっぷ組の子たちは「楽しかったね」と満足そうに話していました。

IMG_5314 IMG_5327 IMG_5328

今日の給食のメニュー

☆胚芽米 ☆鰆の付焼き ☆肉じゃが ☆酢のもの ☆ オレンジ

IMG_5335

トラックバック
コメント (「たくさん遊んだね!」 ちゅうりっぷ組 今岡美奈穂 はコメントを受け付けていません。)

2019年5月29日 水曜日

今日は、涼しい風が吹き、空一面に青空が広がっていました。今朝、園庭に出ると、年長組や、年中組の子どもたちがドームの遊具の前に集まり、何か作っていました。何をしているのか近づいてみると、昨日、雨が降った後の水溜りに足を入れたり、泥団子を作ったりして遊んでいました。所々に泥を集めて円形にしていたので、「これは何?」と聞くと、Hくんが「ぷにぷにらんど!」と答えました。どうやら、泥がぷにぷにしているので、年長児童が「ぷにぷにらんど」と名付けたようです。年少組のYくんも、年長、年中児が作るぷにぷにらんどに惹かれ、輪の中に入り一緒に遊んでいました。その後、ぷにぷにらんどがどうなっているのか様子を見に行くと、今度は料理をしたり、川を作ったりと遊びが変化していました。雨が降った後の環境は子どもたちにとって絶好の遊び場であり、1つの水溜りが様々な遊びに繋がるため、子どもたちの遊ぶ力も広がっていくのだなと感じました。今日のように自然が作ったタイミングを逃さず、遊びに繋げていきたいと思いました。

 

IMG_5135IMG_5134IMG_5139IMG_5141

ちゅうりっぷ組では、戸外遊びの中にある浸し染めを活用した壁面制作をしました。初めに、浸し染めを自由な形に切らせると、Tくんは「こいのぼり!」と、こいのぼりの形に切っていました。子どもたちは、はさみをぎこちなくつかいながら一生懸命に浸し染めを切っていました。そして、今度は傘の形の画用紙に、切った浸し染めを貼っていきます。自分たちが切った細長い形や四角い形の浸し染めを夢中になって貼っていました。

 

IMG_5150 IMG_5155

 

切ったり、貼ったり、また、絵を描いたりと、入園して2ヶ月ですが興味を持って活動に取り組む子どもたちの姿が見られています。これから、子どもたちが作る作品が楽しみです。

トラックバック
コメント (「どろあそびたのしいよ」 ちゅうりっぷ組 石川 結妃乃 はコメントを受け付けていません。)