幼稚園の日記(ブログ)

 Home /幼稚園の日記(ブログ)

2018年7月6日 金曜日

今日は、全国的にも豪雨という情報の中、松山地方も例外ではなく大雨に見舞われました。外遊びが大好きな三葉っ子たちはこんな雨の日でも、図書館下で泥遊びや包丁ままごとを楽しんでいました。図書館下までは、雨で濡れないよう、教師たちが試行錯誤しながら通路を作っていきました。通り道になるプール前の人工芝が泥だらけにならないように柵を立てチェーンで繋ぐと橋のようになりました。それには”三葉大橋”と名付けられ、子どもたちが楽しそうに行き交っていました。しかし、そのうち事情の知らない子どもたちが通っていき、いつの間にやら靴が脱いだまま置かれ、プール前のテラスが泥々状態になってしまいました。そこで、書かれた注意事項の表示には、立ったまま靴は履いたり脱いだりするよう書いてありました。又、脱いだ靴を片付ける事も書かれてあり、日頃から指導しなければいけないと反省しました。

2階のテラスでは年長の女の子達が横一列に並び手を合わせて「あめさーん!もうふらないでくださーい!」「おねがいします」「たいようさんまけないで!」と空に向かって大声で叫んでいました。子どもたちの晴の日を願う思いが伝わってきました。

244606D6-8795-4A50-A5A3-FB1CCB071874

 

さて、友達関係が広がり始めた年少児。雨の日にお部屋で過ごすのは、クラスの友達と一緒に遊べる絶好のチャンスです。ちゅうりっぷ組の子どもたちは園内のあちらこちらに飾られている笹飾りを見てお部屋でも七夕飾りを作りたいと言って輪つなぎをし始めていました。のりのつけ方や輪っかの作り方など、周りの友達を見たり教えあったりしながらコツコツ繋いでいってみんなで笹に飾りつけました。雨の日は雨の日なりにお部屋でゆっくり落ち着いて友達と遊ぶ姿がみられ微笑ましく思いました。

88619A99-0DA7-4D00-8BFB-0187FAF2A11C6B018193-8AF4-4E27-B8FD-907C76250BEF

 

 

今日の給食は昨日と反対コースの青コースさんが七夕メニューでした。★たなばたそうめん、白身魚の醤油焼き、ナスの甘辛煮、野菜のおかかあえ、バナナ★でした。そうめんの上に星の形に切った人参と、天の川のきゅうりが飾られていました。「ひこぼしさまとおりひめさま」と言って嬉しそうでした。

明日は晴れるといいですね。

612870AE-416E-4F44-BED4-F3D71513283A1048E8EC-354D-4E75-A988-898F918E7FEE

 

トラックバック
コメント (「雨の日も楽しいね♪」 ちゅうりっぷ組 須賀真由美 はコメントを受け付けていません。)

2018年6月6日 水曜日

午前中、ひつじ組に入っていた実習生の総合実習があるという事でホールに見に行くと新聞遊びを始めていました。一人一枚の新聞紙を足元に広げてその上に立ち、ジャンケンに負けたら段々小さくなるという遊びを始めようと実習生が何度も「ひつじぐみさ~ん」と呼びかけるのですが子ども達は聞く耳持たず、しばらく時間が経ちました。そこへ園長先生が「今は新聞紙の音を楽しんでいるのよ」と一言。そこでまわりの友達の新聞の上にジャンプをしながらお引越しをするジャンケン遊びで盛り上がりました。子ども達と過ごしているとこちらの意図していない出来事に遭遇しますが、子ども達の思いや発見を見逃さずその思いに寄り添いながら楽しく活動できるように柔軟に関わっていきたいと思いました。

その後の活動の中で”色々考えているなぁ”と感心する姿がありました。「新聞紙を長くしよう」という事でどうするのかなと見ていると、A君は細長くちぎった紙の端と端を重ねながら床の上に長く置いていっていました。なるほど、くっついていなくても確かに長くなっています。また、T君は端と端を重ねてはねじって繋ぎ、ねじっては繋いで長くしながら自分の周りを囲っていました。大人には思いもつかないような閃きがあり本当におもしろいなと思いました。

CIMG6917CIMG6937CIMG6946

ひよこ組の保育室前のテラスには、数週間前から巣をつくっていたツバメさんが卵を温めていて、時々お父さんツバメはお母さんツバメにえさを運んできています。ちゅうりっぷ組のY君とその様子を一緒に見ながらツバメさんの赤ちゃんが生まれる話をしていると「お母さんのお腹にも赤ちゃんがおるんよ。」と話し、心待ちにしているようでした。

幼稚園ではツバメの赤ちゃんにダンゴムシの赤ちゃんと命が次々と生まれています。Y君にとってはお母さんのお腹の赤ちゃんがまさに新しい命の誕生を実感する時です。この感情を大切にしていきたいと思いました。

IMG_0287IMG_0289IMG_0291

トラックバック
コメント (「なが~く なが~く なぁれ」 ちゅうりっぷ組 須賀真由美 はコメントを受け付けていません。)

2018年5月8日 火曜日

ちゅうりっぷ組の保育室は、年少さくら組・プレ年少(満3歳児)のたんぽぽ組と同じフロアーです。昼食後しばらくすると、どこからか聞いたことのある曲が聞こえてきました。さくら組の保育室からです!見に行くとさくら組さんが楽しそうに踊っていたので、ちゅうりっぷ組とたんぽぽ組さんにも声をかけました。すると、嬉しそうにさくら組に入りみんなで一緒に踊りを始めました。初めは、クラス毎に集まって踊っていたのにだんだん入り交ってクラス関係なく楽しそうに踊っているのを見てオープンの保育室はいいなぁ、、、と改めて思いました。

踊りが大好きなちゅうりっぷ組の子どもたちは、保育室に戻ってからもおどりたそうにしていたので、「何が踊りたい?」と聞いてみました。すると「サンサンダンス!!」「エビカニクス!」と口々に踊りたい曲を言ってきました。その中に、「汗かきがいい!」と言う声があがりました。『汗かき』とは、来週予定している親子運動会の年少組親子ダンス『汗かき親子体操』の事です。先日の保育参観の時に親子で踊ったのですが、今日はお父さん、お母さんもいません。「じゃあ汗かき親子体操にするね」と決めたものの、子どもたちがどうするか見ていると、数人の子どもたちが近くにいた子の手を取り2人組になりました。以前にも子ども同士で踊った事を覚えていたのです。お友達と2人組になった子どもたちは顔を合わせてニッコリ楽しそうに踊る姿が微笑ましかったです。親子運動会では、もっともっと素敵な笑顔で踊ってくれるだろうと思うと楽しみです。

 

IMG_0385IMG_0390IMG_0393

 

今年度初めての未就園児こあら保育は、沢山の親子が参加してくださいました。第1回目の今日は、「お母さんとこいのぼりを作って持ち帰る」と題して親子でこいのぼり作りをしました。まず最初に広告を丸めてさおになる棒を作りました。棒ができると男の子の中には、それを剣にして嬉しそうに遊び始めていました。その後、口を大きく開けたこいのぼりにシールを貼ってうろこにしました。棒にくっつけてこいのぼりの完成です。それをゆらゆら振って泳がせて嬉しそうに見入っていました。手作りおやつはクッキー。ひとつのお皿にクッキーが4枚。親子で仲良く食べていただきました。食べ終わったお皿を次々片付けに来てくれたこあら組の子どもたちを見て初めてなのに自分で片付けできるなんてすごい!!と感動しました。また次回、沢山のこあら組さんに会えるのを楽しみにしています。

 

P1070421P1070420P1070409

 

トラックバック
コメント (「みんなで踊ると楽しいね」 ちゅうりっぷ組 須賀 真由美 はコメントを受け付けていません。)

2017年2月27日 月曜日

自由参観日最終日の今日は、天気にも恵まれ子どもたちは戸外で元気いっぱい遊んでいました。アヒルの乗り物のところでは何やらちゅうりっぷ組の子どもたちが集まって「どこに行く?」と相談中...。I君は「動物園!!」S君は「ジュウオウジャーのところ!!」などと自分たちが行きたい所へアヒル号で出発のようです。そんな年少組の姿を見た年長組の女の子たちが近づいてきて「切符はここに入れてください。」「次は○○、次は○○です」と声をかけました。それを聞いて本物の乗り物に乗ったような気持ちになったちゅうりっぷ組のT君も年長児に「切符下さい」と声をかけていました。そんな年少児の誘いを受けて年長児が本気で遊びに入ってきました。いろいろな経験をしてきた年長児の言葉や行動に年少児もいい刺激を受けて遊びが続いていきました。一つの遊具で想像の世界がこんなにも広がっていくことに驚きました。

IMG_0241IMG_0247IMG_0236IMG_0235

 

 

 

お部屋に入る前にひまわり組とちゅうりっぷ組はリレーをしました。たくさんの保護者の前でも子どもたちは元気いっぱいでたくさんの声援を受けて嬉しかったようで、終わると「もう一回!」という子もいました。次々と上手にバトンがつながっていく様子を見て年少児たちが運動会の年長児のリレーを見て覚えていたこと思いだしました。参観日でこの一年で成長した子どもたちの姿を見て頂いたことと思います。この一週間とても良い笑顔が見られ、嬉しかったのだと思います。お忙しい中参観くださってありがとうございました。

IMG_0248 IMG_0257IMG_0249IMG_0256

 

 

 

今日の給食のメニュー

いよかんぱん、野菜たっぷりナポリタン、コールスローサラダ、バナナ

IMG_0267 IMG_0268

トラックバック
コメント (自由参観日 最終日  ちゅうりっぷ組 今岡美奈穂 はコメントを受け付けていません。)

2016年6月29日 水曜日

今日は自由参観日2日目。

大雨にもかかわらず、たくさんの保護者の方が見に来て下さり、嬉しく思いました。

雨のため、図書館下と室内での活動となりました。朝自由に遊んでいるとき、年長さんが、何人か年少組の部屋に遊びに来てくれて、浸し染めを編んで作ったカチューシャや笹飾りを見せてくれました。それを見た、ちゅうりっぷ組、ひまわり組、さくら組は三角つなぎ、四角つなぎ、輪つなぎなどを遊びの中で作ることにしました。蒸し暑い一日でしたが、笹飾りを飾るだけで、なんだか部屋が涼しくなった気がしました。

IMG_0054IMG_0058

その後ちゅうりっぷ組では、遊んだあとの椅子の片付けをしていたT君が、並べた椅子に座って列車ごっこを始めました。A君が、ハンドルをもって出発進行!それを見たちゅうりっぷさんが、次々とA君の列車に乗り込みました。ガッタンゴットンす・・・・・・するとM君が『温泉に行きたいね」と提案!参観に来られていたお母さんたちも誘って温泉旅行に出かけることになりました。ガッタンゴットン・・とにぎやかに楽しい列車の旅が続き、やっと温泉に到着しました。が、・・・・・・・温泉がありません。するとMちゃんがそばにあった新聞紙を見つけました。ビリビリと新聞紙を破るS君を見て思わずみんなも次々とびりびり…・・どんどんと楽しそうに破り始めました。ビリビリと破れる音を楽しんだり、上に向かって投げてふわふわ落ちてくるのを楽しんだりしながら、ちゅうりっぷ組の温泉が出来上がりました。お母さんにも入ってもらって新聞紙の温泉で存分に遊びました。そして、片付けの時には、I君が玉をつくって投げたのをきっかけに玉入れが始まり、しばらく遊びました。運動会で経験したことが生きているんだなと感じました。ゴミ袋に集める時も、玉入れのように袋に入れたり、サンタさんのように背中にかついでいたりと、最後の片付けまでみんなで楽しみました。

IMG_0060

たくさん身体を動かして、待ちに待ったお弁当の時間!今回の参観日は保護者も一緒にお弁当を食べることができて、子どもたちはとても喜んでいました。

年長くま組ときりん組は、明日ちびっこ七夕まつりに参加します。その練習で、会議室には年長児の素敵な歌声が響いていました。ちびっこ七夕まつりに向けて、クラスで競い合って歌の練習をしたり、笹飾りをつくったり、たくさんの準備をしてきた年長さん、明日頑張ってきてほしいです。

CIMG1842CIMG1846

トラックバック
コメント (「自由参観日2日目」    ちゅうりっぷ組 鈴木麻未 はコメントを受け付けていません。)

2016年3月18日 金曜日

今日は雨が降ったり止んだり、おかしな天気でしたが、雨が止むと子どもたちは嬉しそうに戸外に出て遊んでいました。土が湿った砂場では、大きな山に旗を立てて先に登園していた子どもたちが昨日の続きをしていました。卒園して自由登園で来ていた年長さんも加わって楽しんでいました。

 

その後ホールでは、終園式がありました。すっかりお兄さんお姉さんになった気分の年中、年少さんは、副園長の話を集中して聞いていました。
先日、卒園式をしたばかりの年長さんも参加し、春休みのお約束をみんなでしました。

「かっこいいお兄さんがいたらどうする?」「知らない人には?」と聞かれ、「知らない人はダメ!」「ついていかない」とすぐに返事が返ってきていました。また、電車の線路に「せんろはつづくよどこまでも」みたいに石を置いていくのはどう?と聞くと、「ダメダメー!」「脱線する!」など、子どもたちの反応がたくさん返ってきていました。そして、最後に「風邪をひかない」の約束をしました。今日は「大きい組になる記念日」という事で、子どもたちは次のクラスが何組なのかわくわくしながら部屋に戻っていました。

部屋では、クラスのお別れ会をしました。
役員さんが楽しいミニゲームとして、じゃんけん列車を用意してくれていたので、みんなで楽しみました。後出しになったり、あいこがずっと続いたりといろいろなじゃんけんがあったので、保護者の方々の笑い声が終始聞こえていました。
1年間、自分たちが過ごしてきたちゅうりっぷぐみの部屋は、入園当初は体が小さく広々と感じていたのが、今では大人が入ると狭く感じるくらい子どもたちは成長したのだなと実感しました。
会食では、保護者の方々が協力して下さったおかげでスムーズに配膳をすることができました。子どもたちも年少最後の手作り給食がカレーライスだったので大喜びでした。また、今日は全員が保護者と一緒に食事をするという事で、お母さんの分のお箸セットを嬉しそうに進んで用意していました。せっせと準備する自分の子どもの姿を見て、「この1年ですごくたくましくなりました。」と言って下さり、さすが三葉っ子だなと思いました。

 

新クラス発表では、子どもたちも保護者もドキドキしていたようで、新しい帽子を見て、自分の名前がいつ呼ばれるのか集中して待ち構えていました。なりたかった色、組の帽子と名札に大喜びする子や、仲良しの友達と離れて残念がる子など、様々な反応がありましたが、年中になっても誰とでも仲良く遊んでほしいなと思いました。

 

 

今日の手作り給食は、
チキンカレーライス、大根サラダ、ドーナツ、ジュースでした。
みんなおいしいと言ってたくさんおかわりをしていました。
お腹いっぱいになるまで食べることができ、大満足でした。

トラックバック
コメント (「今日は終園式とおわかれ会」 ちゅうりっぷ組 堀井美穂 はコメントを受け付けていません。)

2015年5月12日 火曜日

今日は台風の接近で曇り空が広がり、時折強い風が吹いていて天気が悪い中、園庭では子どもたちの元気に遊ぶ声が響いていました。ぽつぽつと雨が降りだすと、一斉にどろ場へ走り込む園児たちの姿は、雨もなんだかとても楽しそうに見えました。

今朝、登園し、門をくぐったちゅうりっぷ組のYちゃんは、いつもと違う灰色の空と強い風を感じながら近くにいた教師に「先生、台風なんだって!」と言っていました。
カバンも水筒もさげたまま、しばらく園庭や空の様子を見渡すと、「あ!先生!いちごの葉っぱが飛ばされそう!」と慌てて知らせに来ました。
見ると、いちごの葉っぱが風に揺られ、茎も高く伸びてあおられていて、本当に今にも飛んでいってしまいそうでした。あわてたYちゃんがプランターの近くに行くと、真っ赤ないちごがたくさんあることに気付きました。たちまち「うわぁ?!」と歓声が上がり、心配そうにしていた表情がぱっと明るい笑顔に変わりました。「すごいね!いっぱいだね!先生に言ってくる!」とぴょんぴょんとびはねながらお部屋に向かいました。

Yちゃんが部屋に入ってしばらくすると、ザルをもった副園長とひよこ組さんたちがいちごのプランターの周りに集まっていました。灰色の曇り空と正反対のひよこさんたちの嬉しそうな表情と声が聞こえてきました。
「赤いね?!」「とっていい?」とそわそわするひよこさんたちに副園長が「いいよー!たくさんあるね。ここにもあるよ!」と声をかけてくれました。「何?何?」と集まった子どもたちのおかげで、あっという間にザルがいっぱいになりました。
いちごの収穫も終わりかけた頃にやってきたYちゃんは、1つ2つ採ったときに副園長に「これも見てごらん。」と黄色い実のなった枇杷の木のところから声をかけてもらいました。「うわぁ?!!」とまたまた大喜びのYちゃんは、教師に抱き上げてもらって、木のてっぺんになっていたびわに手を伸ばして引っ張りましたがなかなかとれません。
すると副園長から、「くるくるねじってとるんだよ。」と教わり、Yちゃんはすぐに要領をつかみ、収穫することができました。
その様子を見ていた周りの子が「ぼくも!私も!」と次々やってきて、ザルの中にびわも仲間入りしました。今日はいちごが80個以上、びわは18個の大収穫です。


 切り分けてもらった、いつもより大きないちごと甘いびわに子どもたちは大喜びでした。

今日の健康情報  感染症、伝染病はでていません。

トラックバック
コメント (「にこにこ大収穫」  ちゅうりっぷ組 堀井美穂 はコメントを受け付けていません。)