幼稚園の日記(ブログ)

 Home /幼稚園の日記(ブログ)

2021年9月21日 火曜日

今朝、登園してきたりす組のMちゃんが「先生おはよう」の元気いっぱい挨拶の後満面の笑みで「おじいちゃんからハガキありがとうってパパに電話があったよ」と言い、近くにいたKちゃんやHくんも「私のおばあちゃんも言ってたよ」「俺のおじいちゃんめっちゃ喜んでたで」と次々に話してくれました。子ども一人一人の思いがこもった大切なハガキがおじいちゃんおばあちゃんに届いてとても嬉しそうでした。

園庭では、年長さん達が植えた稲が大変なことになってるのを園長が見つけて、年長さん達に集まるように声を掛けました。

3F9AFEB4-AFF2-4C0B-8746-5770894AAF12

子ども達がどうしたんだろう?と集まって来ると、そこには大きく育っていた稲の所々が灰色に変色してしまっていました。それを子ども達に見せながら話をしてくれました。「苗を植える時はお水が必要だけど、大きくなっていくと今度はお水があるとバイ菌が増えて根っこが腐ってしまう」という話を聞いた子ども達の表情は真剣です。桶を傾けて水を出すと少し鼻をつくような匂いと、稲を植えている土にはすっかり苔が生えている状態になっていました。そこで、もしかしたらお米が生き返るかもしれないとお日様がいっぱいあたるように正門近くに教師達が移動させました。すると、きりん組の女の子がスプーンを持ってきて中の水を汲み出し始めました。園長が子どもたちに「動物でも植物でも自分達の都合で飼ったり育てたりするのであれば、最後までしっかりと世話をしないといけないんだよ」という言葉をかけてくれました。それを聞いた、教師である自分も野菜を植えて収穫をする事まではするのですが、その後の管理の部分でせっかく実った野菜を腐らせたり枯らしたりしてしまう事が多くあったことを思い出し恥ずかしくなりました。これから子ども達の手本となれるように何事も最後まで責任をもって見届けること、それが動物や植物の飼育、栽培ではそれぞれの生物の命に責任を持つことであり、それぞれからもらった命に感謝することなのだと思いました。

5670C421-77CD-4BB6-86CC-D453A1065C97D5409ADF-5CED-481B-AD7C-634D0671617159BFA856-5A95-4A4D-BC51-8E06B18B0F4F

 

今日は、中秋の名月と満月が重なる貴重な日だけではなく、今年から3年連続で同日という日だそうです。子ども達と是非月を見てみてください。

EC810E6A-F891-4152-AA51-9FA7EC8D0802B3CC8002-2F83-49EE-9AE2-95060BFFBF8D3A911573-FF2F-49F7-8FA6-5A5531845C5A

トラックバック
コメント (「命を大切に」 りす組 澤近 宏一 はコメントを受け付けていません)

2021年9月2日 木曜日

今朝はパラパラと小雨が降っていましたが、子ども達が応援する頃にはすっかり止み、荷物をしまい終えた子ども達が園庭に出てきました。

そこで、駐車場で育てている夏野菜をままごとで使っていいと古森先生から昨日許可を得ていたので、数人の子ども達と収穫しに行きました。駐車場に着くと、屋外遊ぎ場からちょうど上がってきた古森先生と一緒になり、収穫を手伝ってもらいました。子ども達は、真っ赤になっている沢山のトマトの実を見つけて、りす組のMちゃんは「先生奥に大きなトマトがあるよ」と周りのトマトの2個分くらいの大きいトマトを収穫してとても嬉しそうでした。

F1376EDE-4DF9-4F7D-8399-24A26D25BBA6

子ども達が夏野菜を収穫している中、古森先生がビワのそばに生えていた里芋の葉っぱとひよこ組さんが植えたサツマイモの葉っぱを採って来て。面白いことを教えてくれました。サツマイモの茎を折っては引っ張って鎖のように繋げて見せてくれました。それを見ていたKちゃんは「何それ〜」と興味津々。古森先生が「やってみる?」と言うと、Kちゃんは仕方を教わりながら緊張した様子で茎を折り作っていました。

8C602A56-6C87-45A6-99CD-15CC62EF4F2A88C4C0FF-663F-417E-8B93-61005526D54DB2748998-D663-4CE6-A320-81FB679001C6D2BE8977-578B-4945-AB4F-666289973C87

 

次に、「里芋の葉っぱに水をかけるとダイヤモンドみたいにキラキラとするんだよ」と教えてもらったのですが、水がキラキラ?と分からない様子だったので「幼稚園に帰ってしてみよう」と言うことで帰ってから試してみることにしました。幼稚園に帰ると、早速水鉄砲に使っていたペットボトルに水を入れて、里芋の葉っぱに水をかけてみると水が球状になって葉っぱからながれおちました。「わ~スーって落ちた」「キラキラしてたね」と子ども達は大興奮。

C60B07DA-E3AB-4FA7-B8A3-A5BF091CDDFB00A6F2C2-5B4A-44B4-8859-44ED53447B18

 

らいおん組のOちゃんが「ねぇ今度は水を貯めてみようよ」と提案し、水を貯めようとしたのですが水がスルスルと傾いた方に流れていって貯める事ができません。そこでどのようにしたら水を貯めていけるか考えていると、りす組Kちゃんが「手をお皿にしてそこに葉っぱを入れたらいいんじゃない?」と言いました。そこで早速試してみることにしました。葉っぱの隙間から何度もこぼれ落ちそうになると「ちょっと待って!落ちてる落ちてる!」とその都度修正しながら水をついに貯めることが出来ました。貯まっている水は、古森先生から教えてもらったように水の周りがキラキラと輝いて「本物の宝石みたいだね」「何でキラキラしてるんだろう?」とみんなで考えていました。

E49B2276-B785-4E4F-9BC4-A21B87046A31F198E1D9-197D-45C0-BB52-59A8C2D5156734E1DA2F-3396-44A9-AFEB-D31CE90A388A

 

次に、駐車場から一緒に採ってきた赤シソて色水を作ってみる事にしました。一人の教師が、すり鉢にシソと水を入れて作ってみたのですが、黒っぽい緑色の色水が出来ていました。

29D27888-22DE-4280-BF73-4A0E658503AA

古森先生が「塩で軽く揉んで擦ると赤色になるんだよ」と子ども達の前で実践してくれました。すると不思議な事に、さっきはすり潰しても黒っぽい緑色だったシソの汁が軽く塩をつけて手で揉むと赤色の色水が出来たのです。

83B495F2-EDCC-43EA-B2F4-5395663DD9483571E66E-35DC-4577-AC05-D57407D7A272

 

更に「そこに酢を入れるともっと綺麗な色になるんだよ」と少し酢を入れて混ぜると、あっという間に色がピンク色に変わっていきました。色水でよく遊んでいる三葉っ子達は、今までで経験したことのない魔法に大興奮で夢中になって作っていました。三葉っ子達は、楽しい事があるとすぐに嗅ぎつけていつの間にか集まってきます。今回もあっという間に子ども達が集まり、密になりそうなので机の数を増やした程でした。

648EC10B-9E54-4AD8-A1B8-A563AD352D14762B2246-3086-409A-A701-62FB1B956CF5035252DF-BF7F-4189-A26C-C681CCEEC42F8AC549AF-65F7-4A8E-8ED0-7C097AB40839

 

今日は、シソの色水遊びの初日でしたが綺麗なピンク色をすぐに作り出す子がいる中、何度もチャレンジしても黒っぽい緑色から変わらず悪戦苦闘している子がいましたが、色々な遊びを経験している三葉っ子達は、ピンク色の色水作りからどんな遊びに発展していくのかが楽しみです。子ども達だけでなく教師も自然の不思議体験を夢中になって楽しみました。今後も、子ども達と一緒に自然の不思議と神秘を楽しみたいと思います。

6AC44F91-0472-43E5-8397-B7E8D2952376C8ECDEBB-A452-4785-9536-17406D257B31

トラックバック
コメント (「自然の不思議体験」 りす組 澤近宏一 はコメントを受け付けていません)

2021年7月5日 月曜日

今日は30℃を越える真夏日となりました。子ども達が涼しい場所で遊べるようにと、設置したテントやすだれの影で廃材やブロックで遊んでいました。

今までりす組の子ども達は、自分達で育てているトマトや園庭の夏野菜を観察すると「先生トマトがいっぱいなってたよ」と報告していましたが、更に古森先生から1日の生活に興味を持ち、どの時間になったら自分達が何をするのかを理解して行動できるように、各学年のプールの時間等が書いてあるホワイトボードを見るようになってきました。その時間表には、トマトや野菜の観察時間も入っています。

67A1AB28-6554-4044-BF64-60A08E3B83F0

 

そこで今日は、週明けで土日の2日間に夏野菜の成長が見ただけで分かります。どのくらい成長したのか気になる子どもも多く、園内にある夏野菜を観察しに行くことになりました。最初に年長児が植えた稲を見に行きました。稲もすっかり大きくなり、子ども達の腰の高さまで育っていて、「稲も私達よりも大きくなるのかな?」などの会話が聞かれました。又、後ろでひょうたんを見ていた男の子達の「めっちゃ大きくなっているひょうたんの赤ちゃんがある!!」との一言に「どこにあるの?」と次々にひょうたんの周りに集まり探し始めました。集まってきた友達に「ほら、ここにあるよ」とK君が葉っぱをめくってみんなに教えると「あった!!」「大きくなったね」とひょうたんの赤ちゃんの成長に子ども達は大喜びでした。

133E4CE5-60F9-4C16-8D9E-308311C36C420C3AE7EF-C112-4A2F-89A2-1AAB149C5375CF9C466E-8E9F-43A1-B8CB-04ADD13EA31F75B9CCA1-2387-4825-9A8D-1A4E4AEE408D

 

最後にひよこさんの前にあるきゅうりを見に行くと、2階のテラスにもう少しで届きそうになるくらい伸びたきゅうりに、「先生より大っきいね!」「もう少ししたら上からさわれるね」と話していると、Mちゃんが「葉っぱが何か小さくなってる」と言うのでよく見ると、子どもの顔と同じくらいあった大きな葉っぱがしなびれてしまいしょんぼりしていました。今朝はひょうたんの葉っぱも同じようになっていたようで、小さくなっているのは葉っぱまで十分な水分がいきわたっていないので、水分の蒸発を防ぐためになるんだよと、古森先生から教えてもらっていたとの事で、子ども達から自分も教わりました。葉っぱが大きい植物ほど水分の蒸発が大きいので、水を沢山あげなければならないそうなのです。夏は朝晩の水やりは欠かせません。子ども達の知識は植物や、生き物の飼育栽培からどんどん広がります。

4C914FE8-4626-492A-B20A-75911459F60EB6B8BB3C-B7E1-469A-A6DB-7ED98A11697D79115C3E-5C4C-435A-8249-A47DF7B4B73A8F3346A0-020A-4849-9D9A-4602A1783742

 

今日の給食は、パン、具だくさん焼きそば、コールスローサラダ、トウモロコシ、牛乳でした。

6808049B-CC1E-47D4-AB25-7AB874CFA22D

 

 

トラックバック
コメント (「大きくなった赤ちゃん」 りす組 澤近宏一 はコメントを受け付けていません)

2021年6月16日 水曜日

 先日、梅雨入りしたばかりの大雨の日、園長から各教師にこの日は一日、室内で子ども達が楽しめる環境を工夫し室内で過ごしましょうと提案されました。そんな指導を受けて教師たちは色々考えていましたが、子ども達は自分達でさっさと遊びを広げていきました。らいおん組では、くじ引き屋さん、ぱんだ組では、パン屋さんがオープンし、りす組の子ども達を招待してくれました。りす組の子ども達は、大喜びで早速お金を作って買い物に行き、帰ってくると自分達もお店屋さんをしたくなり、「りす組さんもお店屋さんしたいよ」と子ども達が言ってきました。翌日バスから帰り、部屋で粘土や廃材遊びをしていた子ども達に「今日お店屋さんする?」と聞くと「するする〜」と目を輝かせました。待ちに待ったお店屋さんをすると知った周りにいた子ども達も出していたおもちゃをさっさと片付けて、お店屋さんをするのに必要なセロハンテープや机、ハサミを準備し終え「何屋する?」と聞いてみると「ケーキ屋さんがいい」「美味しいケーキ作る」ということで、ケーキ屋さんをオープンすることになりました。

7072EB6F-75A3-4E45-A4D5-93C91EE96DB2

 ケーキを1つ作り終え、廃材箱を見ていたAくんはケーキの空き箱を見つけて「先生、ケーキの箱あった!」と興奮したように見せにきました。「ケーキの箱があったんやね」と声をかけると「さっき僕が作ったケーキを入れてみる」と先ほど包装紙を巻いて作ったケーキを入れました。すると、その箱が大きすぎてケーキを入れるスペースがまだ空いていることに気づき、「先生見て、こんなにまだ空いてるから作って入れてくる」と再び、机に戻るとカップに折り紙を切って詰めたケーキをいくつも作って箱に収めていきました。

 ケーキ作りをしている途中、長い包装紙を見つけたYちゃんは、それを床に広げると細いロープを見つけてきてガムテープで貼り付け「見て!スカートできた!」と周りの友達に見せました。「スカート作ったの?」と言うと近くにいたIちゃんが「メイドさんのお店あるやん」と言ってきて、なるほどとそんなことまで知っていることに驚きました。そして、ケーキがいくつも机の上に並び、ケーキ屋さんがオープンしようとしているとSちゃんが「大きな紙ない?」と言ってきました。「どうしたの?」と聞くと「看板がないとなんのお店か分からんやん」と周りの友達を誘い、字が書けるHちゃんが「りすのおいしい」「けえきやさん」と書き、ハートや花などを沢山描き、仕上げていました。描き終わった看板は、りす組の入口と廊下に貼りました。その他にYちゃんはレジを作り、Nちゃんはメニュー表を作って、お客さんが困らないようにしてYちゃんが作っていたスカートにメニュー表を入れられるよう、ポケットを作っていました。

 準備万端整い、隣のぱんだ組にSちゃんとRちゃんで、みんなで決めた「小さいケーキは100円、大きなケーキは500円です。買いにきてね!」と伝えました。お金を作ったぱんだ組さんが部屋に入ってくると、りす組の子ども達は、お客さんとのやりとりはスムーズで「これは100円だよ」「ありがとうございました!」と応対していました。その後、昼食中だったぞう組さんのくま組さんにも行って「ケーキ屋さんしてるから買いにきてね」と案内していました。ぞう組のRくんは、お金を作っては何度も買いにきてくれていました。子ども達は買いにきてくれるRくんをみると「あ!また買いにきたよ!」「お金めっちゃ持ってる」とすっかりなじみになっていました。今回お店屋さんをオープンして遊んでいる子ども達の様子を見ていて子ども自身が値段を決めたり、お金のやり取りをしたり、実際のお店で見た制服やレジまで作っていて体験することの大切さを強く感じました。

8C5D6771-B218-4B11-ADF5-576492582B63

〈こあら保育〉

 今日は午前中、雨が降りましたが1日図書館下で包丁ままごとをして遊びました。初めは包丁を持つ手がぎこちなかったのですが、一緒に遊んでいたたんぽぽ組さんから刺激を受け、野菜を細かく切ったり、お鍋に入れて混ぜたりしてお料理を楽しんでいました。また、テント下では、水の中に浮かべたボールを柄杓ですくってバケツに移す遊び(ボールすくい)を飽きることなくしていました。この遊びは、幼稚園児も大好きな遊びです。これから暑い日にはプールで直接水に触れて水の感触を味わったり、楽しんだりしたいと思います。

B955D073-90CC-43B3-97B7-8F6C12BCB01F020C9344-3AEF-4EEC-AD2D-CEEB66B11295D25B1999-D669-430E-A1D9-981FB304660E

トラックバック
コメント (「まちに待ったお店屋さん」 りす組 澤近宏一 はコメントを受け付けていません)

2021年6月10日 木曜日

昨日は、粉吹き芋屋さんを開店しようと各クラス担任が、ジャガイモの皮を剥いている様子を嬉しそうに見ていた子ども達でしたが、今日は登園してくると先日抜いてきた玉ねぎをしようと教師達が玉ねぎの皮剥きの準備をしていました。するとそれを見ていた子ども達が「するする~」「オレも一緒に手伝ってもいい?」とりす組とぱんだ組の子ども達が集まって来ました。子ども達は競うように、少しでも大きい玉ねぎの皮を剥こうと選んでいました。中には、子どもの手には収まらないくらい大きな玉ねぎもありましたが、一枚一枚皮を丁寧に剥いていました。

D12459DF-0E55-4E71-927E-9A32DAC48AB1ABBBD013-BBA0-4D6B-BAB1-47F35124860D6857C7FD-BEBD-4936-B00F-4E0F0A18FAC27BAF0C97-FFD3-4356-BBFB-E8519E016571C4B75441-F752-4DF6-8875-BEAF67FF862D

前回食べたかき揚げは調理したてのアツアツでしたので、子ども達が口に入れると「サクサク」と音がする程サクサクしていました。その時のあの味と感覚を覚えている子ども達は「またかき揚げ食べれるね」「サクサクして美味しかったよね」と皮を剥きながら話していました。そして、剥き終えた玉ねぎを調理室に持っていき「お願いします」「美味しいの作ってね」と調理師さんにお願いしていました。

C7D5FFE4-E9BB-45EB-A730-1D8136FACE6E692D2CD7-F6C7-40C7-BE95-4D53E08E6BCA

今日りす組では、今年度第1回目の交流でミキスタディの子ども達を迎えて楽しく過ごしました。幼稚園にバスで到着したミキスタディのお友達を「こんにちは~」と元気に挨拶をして迎え入れたりす組の子ども達でしたが、最初は戸外でお互い恥ずかしがり何となくぎこちなく一緒に遊べずにいましたが、室内に戻ってリズムに合わせて体を動かしたり踊ったり、歌を歌ったりしているうちにあっという間に仲良くなっていました。幼稚園の手作り給食を「おいしいおいしい」とおかわりもしたミキスタディのお友達は予定の時間をすぎてギリギリまで名残りを惜しんでいて「今度は鬼ごっこ一緒にしようね」「また遊びに来るね」とお互いに次回会えるのを楽しみに手を振って帰っていきました。

273BEC97-BE7B-4BDD-874D-99670A6672DA8925F4F4-338E-4E57-BA1F-DC0EE33D6BABBF08C2BD-71B4-4637-A8DD-AEAF729AD9E3260E7B16-AFAF-4874-87C8-53D24C1AD549D7E7A610-652E-4397-BE38-6709FF418E35

トラックバック
コメント (「おいしかったかき揚げ」 りす組 澤近宏一 はコメントを受け付けていません)

2021年5月24日 月曜日

今日の天気予報は雨100%。それでも朝は雨が止み、いつものように園庭で遊びの環境をせっせと用意して、いつもの遊びが始まっていました。しかし、そのうち雨がポツポツと降ったり止んだりし始め教師達は天候を気にしながらも、子ども達は雨などなんのその、藤棚の砂場やテントの中に移動した滑り台などで元気に遊んでいる姿がありました。

子ども達が登園し終える頃には小粒の雨が降りだしました。そこで、幼稚園にある傘を出すと、近くにいた年中の子ども達が気が付いて傘を広げて散歩をしはじめました。大人用の傘を子ども達がさしている姿を見た古森先生が、子どもでも使いやすい小さな傘を買ってくれました。

4F3FC77E-11F2-428F-9084-8925856D00F8A0C5CBFF-056C-4669-9051-56BC3DBA76AA

 

子ども達に「古森先生が傘を買ってくれたよー」と伝えると、目を輝かせ近づいて来ると「はーい!一つ欲しい」「わたしもー」とすぐに傘がなくなり「私も欲しかったー」と声が上がりました。その声を聞いたりす組のKくんやぱんだ組のHくんは「じゃあ一緒に使おうよ」と友達を誘い、一本の傘を二人でさして遊ぶ姿がありました。ひまわり組のEちゃんは透明な傘に当たりスーッと雨が流れ落ちる様子を観察していたり、りす組のTくんは傘を持っていない教師を見つけると駆け寄り「先生傘に入れてあげる」と腕をいっぱいにのばし屋根のある所に連れて行くなど梅雨の季節をそれぞれ楽しんでいました。

9EB16B5B-847D-4BF4-97DB-CC62A6637209D2FC64B3-5024-4E23-94AF-F090CF4D0F61FFB8964E-CB60-4A18-B143-1761BFB71F84A6FB9539-307A-4F05-9B1E-27597B6C0A2D

十分外遊びを楽しんだ年中さんは、土日で大きく真っ赤になっていたいちごを見に行くと大きないちごが4つと、中くらいのいちごが28個ありました。

9F375F1A-08FB-47FE-8AFF-59CE7AAE9639D1AB1FCA-0071-43B9-94ED-FBD06A4B164F5187A046-A07C-4EB8-9360-150DCBB1F23248229B74-178D-4991-AF97-0FDF1EF0477E

 

その事を古森先生に伝え、大きないちごを年中さんで中くらいのいちごを他の学年が2つずつ収穫していいですか?と聞きに行きました。すると古森先生は、「古森先生はいいけど、年長さんや年少さん達にそれでいいか聞いてみたら」との事でした。そこで年中さん達に「どうやって聞きに行こうか?」と問いかけると「自分達で行って聞いてくる」という答えが返ってきました。年長、年少各クラスとたんぽぽさんやひよこさんにも聞きに行くことにしました。

AC37A662-7844-4AFB-A6BE-ABA82EE2925BC251E2E8-89AB-4313-BDE8-D05427DD6DD3

 

りす組はきりん組とさくら組に聞きに行くことになりました。部屋に入る前に子ども達に「何を聞きに行くんだっけ?」と聞くと、「年中さんが大きいの一つで、皆は中くらいのいちご2つずつでいいですかって聞いてくる」と大きな声でMちゃんが言うと、近くの子ども達も口々に言いました。しかし、部屋に入りきりん組の前に立ったりす組は緊張してしまい伝える内容を忘れてしまうなどのハプニングもありましたが何とか自分達で伝える事が出来ました。次に行ったさくら組では、子ども達の緊張もほぐれて大きな声で聞く事が出来ました。

39BA123D-1A37-44B5-A56E-170024A5CC565994BFE8-F9E1-491E-A70F-42CF47B88B816AE5C4AE-D257-4B6E-ABB1-196CEE0F57D3317662EF-BF40-48F3-8EE1-D1852A9095A9D472C454-78D4-4C3F-A27F-E5DA6B46E4F961FAAF72-9CE7-4943-B70B-465C1B3570BE

 

その後他のクラスから承諾を得た事を古森先生に伝えて収穫する事になりました。植物を栽培、収穫するだけではなく、他のクラスや先生達と分け合って食べ美味しさを共感し、喜び合える事を今後も大切にしていきたいと思います。

98027427-0227-4024-A4FE-26CBE27CDF00A2E4322A-D004-428E-945C-2CA40AFB85FE

 

今日の給食は、パン、具だくさん焼きそば、コーンサラダ、リンゴ、牛乳でした。

B3938AAF-9060-4439-8E0E-2FB76C4A31D5

トラックバック
コメント (「沢山採れたいちご」 りす組 澤近宏一 はコメントを受け付けていません)

2021年5月10日 月曜日

「絶対負けないぞ!」

屋外遊ぎ場 青コース 西川友理

 今日、屋外遊ぎ場では青コースの子ども達の元気な声が響き渡っていました。すみれ組のHちゃんは各クラスの名簿の前で登園した友達に「おはようございます!名前を言ってください!」と言って、次々と誘導をしていました。毎朝、先生のそのような様子を見ていたHちゃんは、自分が先生になったつもりでたくさんの友達に声をかけていました。その姿がとても可愛らしくつい見入ってしまいました。

C52F8714-B2EC-4918-8C8A-BA2507C7A906E6A7D9D3-2BAF-4A69-A9ED-EA05ACCDA645AEC1410B-B34C-4652-9E43-1380CA5B95E7ED2CFE5C-DC16-4FF5-B9D0-4842DD82A2F9

らいおん組とぞう組では戸外でリズム遊びとタイヤ転がし競争をしました。ぜんかいも競争をした子ども達は少しづつコツを掴み、後ろから転がす子と、横から転がしながらタイヤを支える子と分かれてスイスイと進んでいるペアもいて、さすが年長さんだなと感心しました。しかし、中には競争していることも忘れて、タイヤを転がすことに集中していてやっとバトンを繋ぐ子もいました。無事、全チームがゴールして順位が決まると、4位になったチームは悔しがりながらも、「次は頑張って勝つぞ!」と言って、闘争心を燃やしていました。

7F919452-1AFC-4033-88C7-5EC82CCEDB66C4A772CC-1261-4510-A6E3-4699712659124DC7E865-6BD8-4042-A7E5-D2313D2E9859888BC44A-36B3-4FB0-8B9D-9D478B7566EE22DA851B-8B05-4E4D-8E22-72566C6B3C51EFCD7E36-4E9C-4CC3-B1B9-D85DA04392A34E0A80C8-D751-4A73-AFC1-62A62329D195F7960C98-16AA-4A9D-9A55-F48008D539DA

タイヤ競争の後、近くで応援してくれていた三好みさこ先生から「他にも面白いゲームがあるよ!」と言ってもらい、1本の長い棒を使った棒運びゲームを教えてもらいました。1本の棒を4人で運び、ゴールを目指すゲームでみさこ先生のルール説明を真剣に聞き、いよいよゲーム開始です!初めてする競技に子ども達もやる気満々でスタートです。1番にスタートしたチームは少し困っている姿もありましたが、ゲームが進むにつれてルールを理解し、スイスイと進み始めました。応援の声もどんどん大きくなり、大興奮です!勝負の結果は・・・ぞう組の勝ち!!少しの差で負けたらいおん組の子ども達は「悔しい!次は勝ちたい!」と、この勝負にも闘争心を燃やして、さらにやる気になっていました。これからも色んなゲームを子ども達と楽しんでいきたいと思います!

708999D6-FB02-47F5-ADCD-13B63E52D4D444450C9A-565B-4673-A148-C6CD34EBB0974EB614F9-2540-43AF-95C3-973E7734822D6939A9C1-352B-4940-AB6C-6EDA6D2DF843

 

「沢山採ったよ」

幼稚園  赤コース 澤近宏一

ゴールデンウィークが明けの今日も、園庭で多くの子ども達の声が聞こえてきました。りす組のKくんは荷物を片付けて園庭に降りてくると、真っ先にいちごを見に行ってました。連休になる前のいちごは、まだ小さい緑色の実が生っていましたが、今朝は沢山の実が真っ赤になり甘い香りがほのかにしていました。それに気がついたKくんは「先生いちごがめっちゃ赤くなってる。」と目を輝かせて言ってきました。その後から登園した子ども達も赤く色ずいている事に気が付いて、しゃがみこんで個数を数えていました。

又、いちごの他先週子ども達が袋がけをしたびわもオレンジ色に色ずいていて、今回は赤コースで収穫をすることになりました。年長さんが正門に並んでいると、教師がびわの木にとまるカラスの姿を見つけ「大変カラスがびわを食べようとしてるよ!」と伝えると子ども達はとても心配そうな表情をしてその様子を見ていました。びわを収穫したHちゃんが「びわがいっぱいなってたよ。」とザルに入ったびわを見せ教えてくれました。教師から「Hちゃん年中さん達にも教えてあげて。」と言うと、「うん。分かった。」と年中さんに少し緊張しながらも「びわがいっぱいあるから採ってきてね。」と伝えていました。

EFE8A947-5D01-4194-B3BA-1FE8FA8E04621BF9FD3A-C9A7-43CF-BD48-6671C10E0FEC

駐車場に着いた年中の子ども達は、オレンジ色になっているびわを見ると「めっちゃ色が変わってる!」「大きくなってる!」と声をあげていました。数人が収穫している間にも、子ども達の頭上を大きなカラスが2羽「自分達にも食べさせて」といわんばかりに鳴きながら飛ぶ姿がありました。それに気がついたりす組のMちゃんは「鳴いてもあげない」「カラスさんにはないよー」と周りの友達と一緒に追い払おうとしていました。収穫したばかりのびわが入ったザルの中を覗き込んだKくんは「う~ん。いい匂いがする」と食べるのを楽しみにしていました。

737C25E3-B705-4C97-8F18-130110696FB126D4C6CD-0C67-41E9-A59B-BAC9473FFCCCA39970F3-A40A-4F5F-9C63-2067F133B23D94AF2D3F-4166-4447-B4B4-1A74FB3C24A2F7787435-DB84-4C86-9A63-012B914F9C9B

今育てているミニトマトやまだまだ実が生っているびわだけではなく、屋外遊戯場には桃、ぶどう、ミカンなど次々となっていきます。子ども達と季節の変化や自然の不思議を感じていけたらなと思っています。

41AAD3BA-B42A-442F-A8E3-BCFE0CE61C58
2ED677A5-A6BC-430B-BB59-554548BF9CB565DD8877-203E-4D8D-A3A2-5585468D1F073DA52551-249C-4F93-AF35-407DA5B80E2104EC7F23-3164-4787-80B5-B936507E6E051213B974-415C-4C48-BEFD-69818580BEFB

 

 

 

今日の給食はパン、シチュー、マカロニサラダ、りんこでした。

82550B67-3AB4-4F39-B60A-BBB236096460

トラックバック
コメント (今日の活動 はコメントを受け付けていません)