幼稚園の日記(ブログ)

 Home /幼稚園の日記(ブログ)

2022年11月21日 月曜日

今朝、幼稚園の裏の道路にどんぐりがたくさん落ちていることに気付いたひつじ組のYちゃんは、そのことをM先生に言って来ました。そこでM先生が裏山を見上げると、どんぐりの木が道路まで茂っていて実がなっていました。園に帰るとM先生は、「みんなでどんぐり拾いに行こうか!」と子ども達を誘って拾いに行きました。どんぐりを拾って園に帰るとYちゃんは「ケーキ屋さんがしたい…!」と思いつきました。そして、周りを見渡してみるとどんぐりをのせるのに丁度いい大きさの木材があることに気付きました。木材が入ったキャリーを友達と運んで、その中から気に入った大きさの木材をみつけると上にどんぐりをのせました。「先生!いちごのケーキが出来たよ!」と言うとどんぐりをボンドでくっつけて、更に細い木片を見つけてロウソクに見立ててケーキに立てていました。楽しくなってきたYちゃんのアイデアはどんどんと広がって、「先生!紙ないん?お皿がいるけん!」と言うので紙を用意すると丸く切ってお皿もできました。そして、クレヨンを持ってくるとたくさんの色を使う子、一つの色を使う子、様々なクレヨンの塗り方をしてそれぞれ違う素敵などんぐりケーキが出来上がりました。それを見ていた子ども達が、一人、また一人‥‥と入ってきてケーキ屋さんのコーナーはあっという間にひつじ組の子達でいっぱいになりました。Yちゃんは一つ作れば二つ目以降はささっと作り終わり、ひつじ組の子達もそれぞれ自分の好きなケーキを作り…。色とりどりのたくさんのケーキが並んで、まるで本物のケーキ屋さんみたいになりました。

ひつじ組さんの楽しげな声につられて、今度はさくら組さんが集まってきました。「これは何を作ってるのー?」「私も作りたいな!」「僕も!」と興味津々です。ボンドを使う時は、量が多すぎるとなかなか乾かないことを知っていたひつじ組のEちゃんは、さくら組さんがボンドを出し過ぎていないか確認していました。「これくらいが良いと思うよ。」「これはちょっと出し過ぎじゃない?」その場に居ると子ども達の会話が聞こえてきます。ケーキを一つ作るだけでも、ケーキやお皿、ロウソクにいちご等、子ども達の楽しい発想がたくさん出てきて、とても面白いなと感心させられました。

E3EF774D-4CF0-4B5D-830A-999EFE3A221A F97FE633-96A7-4522-9C81-11AEFC344579 BE4ECB38-324B-47D1-85F8-540C83F5740A 559DB8DF-4E28-478A-9053-BFFF9CD1150C

ケーキ屋さんコーナーの横では、M先生やN先生が干し柿をつるす為の縄をなっていました。子ども達も教えてもらいながら縄をなっていましたが、「先生、出来な~い‥‥」と言うと先生が手を添えて教えてくれて、最初は出来なかったのに何回か繰り返すうちに、いつの間にか上手になっていました。出来ないからすぐに諦めるのではなく、繰り返して縄をなっていく子ども達の根気強い姿を見て、すごいなと感動させられました。

331D82AE-0D20-4407-B2AA-46185B75A982 2D68C568-FD65-4BDE-B0E8-EAA17BC2E39A

1週間前に頂いた渋柿はまだ少し時期が早かったので、薄暗いプールでヘタを水で濡らしたキッチンペーパーで巻いて大切に保存しています。教師が干し柿用の縄をなう方が早いのですが、それでは子ども達に「食べる体験」しかさせてあげられません。三葉の保育は、子どもと一緒に準備をしていく中で縄をなう等の生活の知恵も身に付けていくのだなと思いました。

656729AC-B0BA-41F6-B444-DCE5C38A23F4

トラックバック
コメント (「どんぐりケーキが出来たよ!」 ひつじ組 太田菜美子 はコメントを受け付けていません)

2022年11月14日 月曜日

 昨晩のこと。明日に作品展を控え、作品展示の最終確認をしていると年長児のペットボトルのお城が崩れてきているのを園長が見つけ、すぐに修理が始まりました。学年を越えて色々な学年の教師が集まり、『明日は保護者に子ども達の素敵な作品を見てもらいたい!』と一生懸命に準備を進めてきました。

AFD9249A-279A-424E-98E0-F427884C822F

 そして、今日。教師達の思いが通じたかのような晴天の秋空の下、令和4年度の作品展・バザーが開催されました。今年でコロナ禍での開催は3年目になりますが、コロナの感染者が増加傾向にあることも踏まえ、今年も人数と時間の制限を設けての開催となりました。

3B161102-2D1D-4663-918B-014AD18C3F10

 午前9:00。開門と同時に子ども達が保護者と一緒に笑顔でやってきました。まず始めに子ども達を迎えてくれたのは、正門に飾られたアーチです。先日のブログでも紹介されていましたが、素材は藁とペットボトル、落ち葉やまつぼっくり・・・。捨てられる物を利用したSDGsのアーチです。利用できる物を上手に使う三葉らしさのあるアーチでした。

567EE6EF-48CA-4490-B4C4-FABBCD87FC2B

そして、すぐ目に飛び込んできたのが、超大作の2メートルを超えるペットボトルのお城、年長の協同作品「夢のお城」です。1階テラスの一角にできた大きなお城に参会の保護者も釘付けで、「これを作るためのペットボトルだったんだ。」「年長さんってすごいねー♪」と感心されていました。年長児達の協力と今までに身に付けてきた技術と創造性等、全ての結晶で完成したお城ですが、このお城を作っている大量のペットボトルは年長児のみならず、年中や年少児等、色々な学年の子ども達が持って来てくれて出来上がったお城でもあったのです。

IMG_8434

子ども達が見てもらいたいのは、やっぱり自分が作ったり描いたりした作品です。お父さんやお母さんの手を引いて作品の所まで連れていくと喜んで作品の説明をして、「上手にできてるね!」「頑張ってるね♪」と褒めてもらって、とても嬉しそうにしていました。そんな親子のやり取りを見て、私達教師もホッと温かい気持ちになりました。

IMG_8414 IMG_8435 FEA23E06-0470-4ED9-8133-F0D9FE96A27F IMG_8428

 子ども達の個人作品と共に、前述の年長児の協同制作「ペットボトルのお城」そして、年中児の「さんさんらんど」は子ども達の遊びの共同作品でした。木材で作った滑り台や廃材で作った遊具や果樹園を見て、「すごいね!」と感心してくださっていました。

 年少児の集合作品「バナナの森にようこそ」は、子ども一人一人が廃材で作った動物がバナナを食べに来ています。自分が作った動物のことを一生懸命に説明しているのを保護者の皆さんが優しい眼差しで聞いてくださっているのが印象的でした。

 プレ年少は「芋づる電車」を作りましたが、そこに一人ひとりが描いた可愛いお顔が乗っているのを見て、「これを作ったって言ってたんだね♪」と子どもの目線になって、作品を一緒に微笑ましく見てくださっていました。

IMG_8415

 園庭では先生達の手作り品が並ぶ「子どものお店」や手作りの芋アイスやみたらし団子が食べられる「喫茶」、調理師さんのお店や後援会のお店で賑わっていました。子どものお店は、子ども達が買い物をしやすい値段の物が多く、子ども達は何円使うかを決めて、自分で計算して買い物を楽しんでいました。

 喫茶では天気が良かったこともあり、午後も大賑わいで芋アイスや手製のみたらし団子は追加する程で、「おいしーい!」「おかわりほしい!」とみんな笑顔で食べていました。

IMG_8419 IMG_8457 IMG_8430 IMG_8457

  コロナ禍3年目の作品展は、子ども達がこれまでに体験してきた『嬉しい!楽しい!できた!』が作品にたくさん表現されていたように思います。こうした「今しかできない、今だからこそできる体験」は、保護者の皆様の理解や協力、子ども達のためにとしてくださる地域の方々のお陰だと感謝しています。本当にありがとうございました。

【作品展・バザーの落とし物】

お心当たりの方は事務所までご連絡ください。

714AA01D-4051-4D7F-A8A9-FBFB5DA67463

トラックバック
コメント (「嬉しい♪楽しい!!作品展・バザー」 ひつじ組 丸山利夫 はコメントを受け付けていません)

2022年10月31日 月曜日

 今朝、登園して来た年中児の男の子達が、「先生、あれやっていい?」と指差したのはたくさんの木材や木片が入ったキャリーでした。先週の金曜日のことです。今年も園長が寿建設の社長さんに頼んでくれて、様々な形や大きさ、長さの木材をたくさん頂きました。その木材が入ったキャリーをひっくり返すと、早速木材をつないで道を作り、車を走らせて遊び始めたのでした。

その遊びをしばらくすると、今度は細長い木材をつないでレールを作りました。「ピタゴラスイッチを作ろうや!」とRくんが言うと、「いいね!」「僕もやりたい!」と男の子達が集まり、木材を積み上げたりつないだりして、長い線路のようなピタゴラスイッチが出来ました。「いくよー!」とRくんの合図でボールがレールを転がり始めましたが、途中でコロンとレールから転がり落ちてしまいました。しかし、ここからが三葉っ子のすごいところです。今度はボールが転がり落ちないようにとレールの幅を変えたり、スピードが出過ぎないように高さを調節したりして、何度も試行錯誤を繰り返していました。そして、最後までボールが落ちずに転がった時には、みんなで「やったー!」と大喜びしました。

1学期にテント下の“科学の広場”で雨どいをつなぎ、水を流してボールを転がして遊んでいた子ども達が、今は自分達でボールが転がるレールを作り、ミリ単位で高さや幅を調節するまでに育っていることに驚かされました。遊び体験や遊びの連続性の大切さを改めて感じることができました。今後もこの遊びがどのように発展していくのかが楽しみです。

B46653F9-37A4-4B28-9CDC-BB3C2780BD41 4ABDE37B-898D-4460-BE31-3552D6D85166 EB5BCB8A-6B19-4332-8190-F79C948E345D

今日は明日から始まる第2回の運動会に向けて練習をしました。練習をする前に園庭に小石が落ちていることに気付いたT先生が年長さんに「トラックの上にある石を拾ってきれいにしよう!」と呼びかけました。すると、さすがは年長さん!自分で考えて大きめの鍋ややかんを持って来て、石を拾い始めたのです。誰かに言われなくても自分達で気付いて、石を入れる入れ物を考えて持ってくる姿に感心しました。

84C14979-C33A-42AC-BCFB-436B0898C0F9

第2回の運動会は、子ども達が必要な道具を準備したり片付けたりする姿を保護者の方々に見て頂きたいと思います。今回の運動会は、更に子ども達が主体的に、又、かけっこは子ども達の希望により年中さんはリレー、年少さんは(リレーは時間が掛かり過ぎるので却下)円周を長めに、たんぽぽさんも円周を走り終えると自分で番号札の所に座ります。更にハプニングもあるかも・・・・。楽しみにしていて下さい。

B396F3F7-A4FC-4F9E-AC33-73705AE2A731 ABDBFEAA-3771-4E16-A0B9-5A561038FA45 6115CE91-DBE6-419B-8ABC-99697B890ED1 847D3AC2-8AB1-4EE2-AEC7-8D18F1AD7538

トラックバック
コメント (「皆で作ろう!」 ひつじ組 太田菜美子 はコメントを受け付けていません)

2022年10月14日 金曜日

 雲一つない秋空の下、笑顔いっぱいで終わった昨日の運動会。登園して来た子ども達が「運動会頑張ったけん、お菓子買ってもらったんよ!」「お母さんが頑張ったねって言ってくれた!」と嬉しそうに報告してくれました。その様子や表情からも昨日の運動会をやり遂げたという満足感が感じられ、嬉しく思いました。

 今朝一番に、園長がたくさんの画板を持って来てくれました。そして、先生達に「お絵描きに使える紙を持って来てください♪」と放送すると色々な質や大きさの紙が集まって、テントの下はお絵描きコーナーに変身しました。そのことにいち早く気付いたらんおん組のAちゃんは、保育室からクレヨンを駆け足で持って来ると早速描き始めました。そこに描いたのは年長児がリレーをしている絵で、らいおん組が先頭を走っているところでした。私が「らいおん組が1番を走りよるんやね!」と言うと、「先生違うよ!これは3番目を走りよんよ!」と言うのです。Aちゃんの言葉を聞いて、そうだったのかと納得させられると同時に年長児の場面を忠実に表現できる感性や技術に驚かされました。年長児が徐々に集まってきて、それぞれが絵を描いていましたが、どの絵も自分と友達を描いていて、助け合いや協力、みんなで力を合わせて成功させたという気持ちが絵に表れていて、感動させられるばかりでした。

167F852F-AD65-4D5C-A12B-99D2FF84C334 C0B02A0B-8276-48E1-9F25-E3EA87773AC3 70FB4EE1-9774-4AD2-A806-8B5338CF92D9

 絵を描いている年長児の姿を見て、年中児や年少児もクレヨンを持って集まってきました。学年を越えて刺激し合う三葉幼稚園の良さを感じながら、ひつじ組のEちゃんが描いている絵を見ると、かけっこをしているEちゃんと友達を描いていて空には虹を描き始めました。少し野暮なのですが、Eちゃんに「なんで虹を描いたん?」と聞くと「運動会に虹はなかったけど、楽しかったけん描いたんよ♪」と言ったのです。運動会の楽しさや喜びをEちゃんは虹で表現したのかと思うと、子どもの感性とそのイメージを表現する力の奥深さには驚かされると共に感心させられるばかりでした。11月の作品展では、子ども達の絵や作品を展示します。そこに込められた子どもの思いやその時の様子を教師のコメントでお伝えしたいと思います。楽しみにしておいてください。

 園庭では昨日の運動会の興奮が冷めず、全学年の子ども達が入ってかけっこや踊りを楽しんでいました。憧れの年長児の鼓笛隊に加えてもらった年中児と年少児は、大喜びでポンポンや旗を持って一緒に踊っていました。来週末の保育園の運動会に向けて、保育園児が幼稚園に上がってくると保育園児のお手本となって全学年が踊り、保育園児も手を叩いて喜んでいました。

3AD809D4-FAD4-4FAE-A197-84D0D971985A 18E80A61-75F7-43C2-9BBB-3A50F2B671A3 F53AFFCA-4DF0-4C36-8FE9-9D12B562E5B7

616A2B97-6C0F-4EFD-BDAD-C1954B3A6256 2A41906A-F051-457D-A8F8-1E7D2F01EC86

来週も運動会の熱気は冷めそうにない三葉っ子達です。

トラックバック
コメント (「運動会の熱気冷めやらず☆」 ひつじ組 丸山利夫 はコメントを受け付けていません)

2022年9月27日 火曜日

今日の天気予報では雨が降るということで、古森先生が「雨が降る前に運動会の練習をしましょう」と放送をしてくれました。バスから帰ってくると、年長さんが踊りを練習していました。自分達で作ったペットボトルの鳴子を持って、かっこよくポーズをきめている姿に感動しました。自分の立ち位置を覚えて移動するのはとても難しいことだと思いますが、さすがは年長さん!!すぐに移動して、ピタッと止まって踊ることができていました。練習を重ねる度に出来ることが増え、顔が凛々しく頼もしくなっているのは少しずつ自信をつけているからだと思います。古森先生は、年長の先生たちに“叱るよりも誉める事を大切にする”ことを教えて下さり、鼓笛隊の練習の時は、「すごいね!」「今日は間違えてないよ!」と子ども達に声をかけているのが印象的です。子ども達が自信を持って練習できるような声掛けをしていきたいと思いました。

2C2F279D-6986-496A-8FE0-B06081A81782 6DA9FDA2-C737-4BCA-8882-80696C7C3D2F 612BE19E-72D6-47F0-AEA3-C263C91BC444

年中と年長児は、牛乳パックランタンを作りました。昨日の帰りに、「明日は牛乳パックを使ってランタンを作るから、家に牛乳パックがある人は持って来てね♪」と声を掛けていたことで、今朝は「先生!牛乳パック持ってきたよ!」と笑顔で見せに来てくれる子がたくさんいました。4歳児がちゃんとそのことを覚えていて、家で話して牛乳パックを持って来てくれたことに驚き、嬉しくなりました。この牛乳パックランタンは、10月8日、9日に松山城の420周年をお祝いする「月のおもてなしin松山城」で本丸広場に飾られるお祝いのランタンです。年中児には牛乳パックが硬くて、はさみで型を抜くことが難しかったので型抜きの機械を使ってみました。年中児の力でもきれいな型を抜くことができて、子ども達は犬やうさぎ、葉っぱなどの形が出来たことを喜んでいました。年長児のクラスを覗くと、牛乳パックをはさみで上手に自分の好きな形に切り抜いていて感心しました。年中児と比べるとはさみの持ち方も上手で、こんなに器用に切れるんだなと一年の差の大きさに驚きました。油性マジックで書いた絵は、どの絵も楽しい絵ばかりで世界に一つしかない素敵なランタンが出来ました。

三葉幼稚園の年中・年長児のランタンが、松山城の本丸を優しい光で灯してくれるのが楽しみです。

49FEDCAF-4C2E-418E-960B-68C4CBD211D5 B9734890-36AC-4B54-9B1D-130CE521C613 9A2D3706-506A-4BAC-A2A7-BF0D4A0E7E8D

 

 

トラックバック
コメント (「牛乳パックランタンを作ったよ」 ひつじ組 太田菜美子 はコメントを受け付けていません)

2022年9月22日 木曜日

 昨日、運動会の退場門としてできたわらの恐竜は、一晩たって少し?形が変わったように見えましたが、今日も園庭で存在感たっぷりに立っていました。子ども達は相当この恐竜が気に入っているようで、登園してくるとわざわざ2体の恐竜の間を見上げながら嬉しそうに通っていました。

 今朝も園長が教材の中から、何やらいそいそと準備して持ってきました。それは絵の具だったのですが、子ども達が普段使っている水彩絵の具ではなく、アクリル絵の具でした。そうこうしていると、園長は年長児が運動会の踊りで使っているペットボトルの鳴子に色を塗り始めました。子ども達が使っている水彩絵の具ではペットボトルに色を付けることはできないのですが、このアクリル絵の具はしっかりと色が塗れるのです。その様子を目を丸くして驚いた表情で見ていた年長児に園長が、「自分のペットボトルを持っておいで。」と声を掛けると嬉しそうに笑顔で駆け出していき、年長児達のペットボトル鳴子の色塗りが始まりました。らいおん組のMちゃんは、鳴子の羽根を1枚ずつ色を変えて塗ると、「わー!可愛くなった!」と大喜びしていました。子ども達は、自分で作ったペットボトル鳴子が可愛くなったりかっこよくなったりしていくことが嬉しくて、目をキラキラさせながら色を塗っていました。

AE316ABF-C7E7-4FCC-8D56-320BA8D99473 91B2793C-44C8-4A0C-A3DC-0053F363060D 37D77C1F-DF88-4243-AFA2-DD9C4A8EC30A F72430F4-E191-4D32-9412-1A5D80F769B2

 そして、塗り終えるとその鳴子を持って年長児の踊りの練習が始まりました。色の付いた鳴子は太陽に反射して色鮮やかに輝き、子ども達の踊りもいつもより熱のこもった踊りになりました。日に日に変化を与えてくれる園長のアイデアには脱帽の教師達ですが、毎日同じ練習の繰り返しではなく、楽しい変化や課題を与えていくことが、子ども達が楽しみながら意欲的に参加できる練習の工夫や知恵なのだと勉強させられました。

15B632A4-7CEE-4D91-A7C3-D091297D8D82 EAA733A8-A07A-4D82-8F8B-084571AC6A69

 そして、今日はミキスタディパルズの年中、年長児が運動会の練習にやってきました。今年は10名の子ども達が運動会に参加し、年長児のリレーや年中児のかけっこや踊りを一緒に行います。今日は2回目の交流でしたが、すっかり顔なじみになり、並ぶ場所やグループを教えてあげる姿が見られました。年中児の踊りは踊りに使う道具が色々な所に隠れていて、それをみつけて踊るのですが、子ども達のなかにはなかなか道具をみつけられない子もいるのです。そんな様子を見た園長が、「みつけるのが得意な子がみつけられない子に道具を渡してあげたり、助けてあげたりしてね。」と子ども達に課題を与えてくれました。今日、初めて練習に参加したミキスタディの子のなかにも道具をみつけられない子がいましたが、それに気づいたひつじ組のTちゃんは、持っていた道具の2つの内、1つをそっと渡してあげていました。きれいな円を作ったり手足をしっかりと動かして踊ったりなど、まだまだ課題はありますが、日々楽しい練習になるよう心掛け、子ども達と共に創る運動会に向けて、残り3週間頑張っていきたいと思います。

1CE56090-3584-46B6-BF38-B38D3CA8B811 23B2F2F2-0ED8-4003-86A9-097246417748 21762A6E-9EE8-4346-91A7-C56E5A788B43

トラックバック
コメント (「素敵な鳴子になったよ♪」 ひつじ組 丸山利夫 はコメントを受け付けていません)

2022年8月24日 水曜日

今日は青コースの夏季保育がありました。夏休みの間、家庭で過ごしていた子どもにとっては1ヵ月ぶりの幼稚園です。預かり保育で幼稚園に来ていた子ども達も、久しぶりにクラスの友達と会えたことを喜んで、嬉しそうに挨拶を交わしていました。そして、園舎建て替えに向けての工事も先日から始まり、見たことのない地盤調査のボーリング工事用の3メートル程高い所まで伸びている機械を見上げながら、「これ何しよるんかな?」とMくんが言うと「幼稚園を新しくする工事の準備をしよんよ!」と預かり保育に来ていて工事のことを知っていたTちゃんが教えてあげていました。

39A487D0-8D56-4CAE-A367-965F637D0A6D C07C16CE-8D8F-4A85-B3AC-1F624E047962 A46B7F31-93A2-43E7-A4EA-797B9CAD8137

今日は年長さんのお泊り保育があるので、朝から登園していた年長さんが少なく、科学の広場では年中児がいそいそと遊び始め、雨どいをつないで水を流したりボールを転がしたりして、考えを出し合いながら楽しんでいました。2学期が始まろうとしていますが、科学の広場はまだまだ人気のようです。

E5FEDE49-4F24-4551-AB2D-2FF9F92FBCE7 8D78BE11-4C83-475F-B092-7FC0CFEA4B3D 3BF5151E-BFDE-4016-8E5E-9666CB0DDA66

曇り空でしたが、今日も水鉄砲が盛んです。夏季保育ということで今日のおやつは特別にアイスキャンディーが出てきて、子ども達は目をまるーくして喜んでいて、久しぶりの幼稚園をみんなで楽しんでいました。やっぱり、クラスのみんなが集まって活動することが子ども達は大好きなんだなと感じる夏季保育でした。

867D2AAB-1086-4F88-90CF-C3F8FB11F172 241E0B29-9D9A-496C-BFE0-C593D48CFE7F BFD4E99D-FF36-455B-AAEB-3A264F8156A1

午後になると年長さんがリュックを背負って登園してきました。今日は待ちに待ったメルパルクでのお泊り保育です。

14:30。大型の貸し切りバスで年長さんが幼稚園を出発しました。屋外遊ぎ場では、お父さんやお母さん、兄弟たちが手を振ってお見送りをしてくれました。

お泊り保育の様子はブログとインスタグラムで速報を流しますので、楽しみにしていてください。

E0431325-2016-47E6-AE1B-769F7CD535D0 4D84D380-2250-41CB-AD73-7327E4CD751A 3B7D7794-0CB4-48FA-AABD-AF274DB52C82 9AE75F57-1EC3-4FC0-8CDB-B40B7E1A32EA

トラックバック
コメント (「青コース夏季保育&お泊り保育がはじまるよ♪」 ひつじ組 丸山利夫 はコメントを受け付けていません)