幼稚園の日記(ブログ)

 Home /幼稚園の日記(ブログ)

2018年7月3日 火曜日

 

今日は雨も降っていましたが、その天気にも負けない元気で明るいきりん組とくま組の子どもたちが高島屋で行われた「ちびっこ七夕まつり」に参加しました。子どもたちは前日から、会議室で行った練習で年中・年少さんをお客さんに招き、見てもらい「かっこいい!がんばってね!」と声をかけてもらったり、みんなが作った飾りを託されたりしたことで気合が入っていました。登園し、自分で作った自分だけの髪飾りをつけると「こうじゃない、もっとこう!」としっかりと自分でこだわりを持ち、かっこいい年長さんに変身していました。

IMG_0205IMG_0207IMG_0209

出発の準備ができると、子どもたちは古森先生のお話を聞き、約束を交わしました。今日のきりん組とくま組の子どもたちの目はすごくキラキラしていて、体操座りをしている背中もピーンと糸が張られているように伸びていました。古森先生との約束として「お話をしっかり聞くこと」「すぐに話を聞いて並ぶこと」「誰にでも自分から元気な挨拶をすること」をひとつひとつに大きな返事をしながらうなずき、「古森先生がいなくてもできる?」と聞かれると「できる!!」と力強く答えていました。その様子を見ていたひつじ組さんから飾りを受け取り、「きれいに見えるところに飾ってね」と頼まれると「きれいに見えるところに絶対飾ってくるね!」と子ども同士で堅い約束を交わしたことで、三つ葉幼稚園の代表で行くこと、みんなに飾りを任せられ期待されていることを自覚し出発することができ、縦のつながりの強さに改めてすごいなと感じました。

CIMG7729CIMG7731

出発したバスの中では、古森先生との約束を思い出しながら「おはようございますって自分から言う!」と言っているだけでなく「”おねがいします”も”ありがとうございます”も”さようなら”もいわないかん!」と自分で考えて言っている姿も見られました。一番先についた子どもたちは、高島屋の方だけでなく、後から入ってきたい他園の子どもたちにも見かけるとすぐに挨拶をし、かっこよく体操座りができていました。七夕さまのお話が始まると大きなパネルシアターを食いつくように真剣に見ていて、「お父さんが来るかな、緊張しちゃう。」と口にする子もいたり「アイスクリームの歌きれいに歌う」と言っている子もいてやる気十分な子どもたちでした。きらきらぼし・アイスクリームの歌の合唱や七夕の合奏、手話どれも前を向いて堂々とやり遂げることができました。

IMG_0211IMG_0216IMG_0323IMG_0326

帰るときには約束をしっかり守れていたことを自分たちで古森先生に伝えることを楽しみにしていたり、一人ひとりにここは今日一番上手にできたと誇らしげに言えるところがあったりして、今日ちびっこ七夕まつりに参加したことで年長として一歩成長できたと思いました。これからどんどんとかっこよくなっていく姿が見られることが楽しみです。

IMG_0251IMG_0350

トラックバック
コメント (「ちびっこ七夕まつりに行ったよ!」 年長赤コースチーム大政 由衣 はコメントを受け付けていません。)

2018年6月21日 木曜日

この頃、雨が続いていましたが今日は太陽が徐々にでてきて晴れたおかげで戸外では夕涼み会の踊りをコースに分かれて行うことができました。最初はどう園になっていいのか戸惑う子どもたちでしたが、太鼓の「ドドン」「ドン」という音が鳴ると楽しいことに敏感な子どもたちの目の色が変わりました。太鼓を叩いていたHくんも先生に合わせて慣れた手つきで堂々と音を奏でていることに驚かされました。音楽が鳴り出すと、CDに負けないくらいの大きな声で歌いながら、先生をよく見てマネをしながら踊る子、昨年持って踊ったパラリコ鳴子やうちわをもって大きく体を動かし楽しそうに踊っている子、年長さんが親子運動会で踊った曲ということもあり、堂々と元気よく踊っている子、いろいろな表情の子どもたちを見ることができ、その表情から本当に夕涼み会を楽しみにしているんだなと感じ、私自身も待ち遠しい気持ちでいっぱいになりました。

CIMG7429CIMG7430CIMG7431CIMG7428

今日、きりん組の部屋では、いよてつ高島屋で行われるちびっこ七夕祭りに持っていく七夕飾りを作りました。自分たちで飾りを作るためには、何が必要なのかを考えてその場で「のりを使うなら新聞紙!」と提案し共有しようとする子、聞いてすぐ行動に移している子がいて、さすが年長さんだなと感心させられるものでした。初めは教えてもらった折り方で飾りを作っていた子どもたちでしたが、家から「こんな飾りもあるんだよ!」と作って持ってきている子もいて、その飾りを見ると周りの子どもたちは「え、私も作ってみたい!どうやって作るの?」と興味を持って聞いてくると、家から飾りを作ってきた子どもたちが机に分かれて「まんまるつなぎ」「ちょうちん」「おはなつなぎ」自分が考えたものを先生として折り方やコツを紹介してくれていました。又、Sくんは提灯の作り方を思い出しながら取り入れ、友だちが紹介してくれたおはなつなぎとは全く別のものを作り上げていました。Sくんは、パッと何かがひらめいたように折り紙にはさみにひもにといろいろなものを手にとり、「ここはもっとこうした方がいい、ひもでつないでみよう」など自分のイメージを口にしながら工夫し、完成すると「どうだ!」と言わんばかりの嬉しそうな顔で見せてくれました。友だちに教えているときも、自分でのりしろの部分を作り「この色がついているところにのりをつけてね」と分かりやすく伝えるにはどうしたらいいのかまで考えていて、自分の保育の中でもとりいれなくては!と思うほど子どもたちの発想は広がっていて、私たちが学ぶことがこんなにもあるんだと感じる活動になりました。

CIMG7435CIMG7437CIMG7438CIMG7439

年長さんが育てているアサガオは、3つとも芽が出ていてグングンと生長しています。アサガオと一緒に草までも生長していることに気付いた子どもたちは「大変だ!」と急いで自分のアサガオを探し、草を抜いたり水をあげたりしていました。自分のものだけでなく、友だちの分まで心配になるまで大切にしている子どもたちと一緒に、花が咲くまでしっかり世話をして見守っていきたいと思います。

CIMG7440CIMG7441CIMG7442

トラックバック
コメント (「七夕飾りでーきた!!」 年長赤コースチーム 大政 由衣 はコメントを受け付けていません。)

2018年5月23日 水曜日

今日は雨の中登園してきた子どもたちの遊びを追ってみました。泥場では、泥団子づくりのプロがたくさんいて自分の泥団子と友だちの泥団子を手のひらにのせて見比べ、「あ、みんな大きさが違う!」とひとつひとつ少しずつ大きさや形、手触りが違うことに気付いて、子ども同士で「大きくするにはもっと広げてこうして…」と大きくするコツを伝え合う会議が繰り広げられていました。その横では、ライオン組の男の子たちが定食屋さんを開き年中さん、年少さんを呼び込む姿が見られました。そして、興味を持って見ていたわたしはなんと秘密のレシピも教えてもらうことができました。廊下では、すみれ組の子どもたちにきりん組のお姉さんたちがカタツムリについてどんなエサを食べるのか、どこが目なのか、カタツムリについて教えてくれていました。いつもはわんぱくなすみれ組の子どもたちも虫カゴに顔をくっつけるようにして興味津々で見ていて、小さな先生の引き付け方に驚きました。なんだか雨のおかげで、子どもたちの学びあう姿をたくさん見ることができました。

IMG_0084IMG_0099IMG_0100IMG_0107

 

年長さんは待ちに待った初めての個人持ちの絵の具の使い方を学ぶ日でした。年長にならないと使うことができない個人絵の具をやっと使うことができる喜びと自分のイメージを表現しようとする期待でいっぱいの子どもたちは、先生が絵の具を手にすると、キラキラした輝いた目でくいいるように見ていました。絵の具を使うときのお約束を話していると…「絵の具を使うときには何がいるのかな?」「筆はどこに置いたらいいんだろう」「パサパサになってしまったらどうしよう」といろんな問題が出てきました。すると、共同絵の具や色水遊びの経験がある年長児たちは、「水がいる!」「ここにおける場所があるよ」「そんなパサパサじゃダメー!!!もっと水入れなくちゃ」と次々に自分の言葉でたくさん答えを出していました。みんなの前で、先生がクレヨンの上から絵の具をぬると、子どもたちからは「あー!!!」と声が上がりました。でも、クレヨンは消えません。絵の具よりもクレヨンの方が勝つこと、絵の具の中にない色でも作れること、同じ色の組み合わせでも絵の具の割合や水の量でちょっとずつ変わることを知った子どもたちから「絵の具ってフシギー!」と驚きと感動の声が聞かれ、なんだかあったかい気持ちになりました。今日、個人持ち絵の具を手にして、新しい発見や気付きが広がり、自分のイメージした色を作って絵を描くなど作品の内容も広がり、春の作品展では子どもたちの豊かな想像力と発想で作品が生まれてくることと楽しみで待ち遠しい気持ちでいっぱいです。

IMG_0110IMG_0114IMG_0116IMG_0120IMG_0122

今日はお弁当の日でした。親子運動会のお土産に育ててお家へ持ち帰ったカイワレを調理して入れてもらったり、パンダの形やハートの形のかわいいおにぎりがあったり、みんな嬉しそうに見せ合いっこして食べていました。給食とはまた違った楽しい食事の時間になりました。

IMG_0125IMG_0124

 

トラックバック
コメント (「絵の具って…フ・シ・ギ !!!」 年長赤コースチーム 大政 由衣 はコメントを受け付けていません。)

2018年3月23日 金曜日

今日は平成30年度入園予定児の一日入園がありました。登園して来ると、クラスが発表されているボードを見て、「〇〇ちゃん、〇〇組になったね!」と親子で嬉しそうに会話する姿が見られました。保護者は、説明会があるため保育室まで一緒に行くと、すぐ離れなくてはならなかったのですが、泣く子がいてもさっと離れてくださる方がほとんどで、椅子に座ってDVDを見ている間に落ち着いて自分のしたい遊びを楽しむことができていました。説明会が終わるまでの1時間半、先生と歌を歌ったり手遊びをしたり、踊りを踊ったりして幼稚園を楽しむことができたようでした。おやつの炒り玄米は、とても喜んで一粒一粒よく噛み、味わって食べていました。

説明会の中で、園長からこのような話がありました。「クラスの帽子の外側には名前を書かないでくださいね。クラス担任とお子さんとの初めてのスキンシップになりますので。」子ども達の帽子は、クラスの担任が書くのですが、その時に担任は子ども達に帽子を被せたまま、スキンシップを図りながら名前を書いていきます。その時、子ども達も自分の先生の鼓動や息遣いや温かさを感じることができるのです。入園式で、子ども達に会えるのを楽しみにしている教師達です。

CIMG5476   CIMG5484   CIMG5479   CIMG5465

トラックバック
コメント (「一日入園があったよ!」 きりん組 丸山利夫 はコメントを受け付けていません。)

2018年2月21日 水曜日

 今日は年長組が久万スキーランドに雪遊びに行きました。雪遊びに行くためにお迎えの大型バスがやって来ると、年少・年中児は目を丸くして、バスの大きさに驚いていました。その様子を見ていた園長が、「バス、見に行ってみようか。」と、園庭で遊んでいた年少・年中児を誘ってくれ、みんなできれいな大きな大きなバスに乗せてもらうことができました。バスの中は、座席が広く、きれいなカーテンが付いていて、天井は青くぴかぴか光っていて子ども達は、「サーカスみたい。」と心をワクワクさせていました。年中児は年長になったら、こんなバスに乗ってお出かけできるんだと喜んでいました。

  CIMG4682  CIMG4684  CIMG4685

 そして、年長がバスに乗り込んで久万スキーランドへ向けて出発です。スキーランドまでの道中では、今まで行った場所を通る度にとべ動物園へ遠足に行ったことや、砥部焼観光センターで絵皿作りをしたことなど、今までの思い出を振り返っていました。そして、山道になり短いトンネルや最長3000メートルのトンネル等、いくつかのトンネルを抜けると、「なぜ、山にはトンネルが多いんだろう?」「どうして、山の上の方には雪が積もるんだろう?」などの、「なぜ?どうして?」の会話が聞かれました。友達と会話を弾ませながら、出掛けることも園外保育の楽しみです。

  CIMG4688  CIMG4722  CIMG4710

  IMG_0353  IMG_0361  CIMG4717

 久万スキーランドに着くと、白く輝く雪がたくさん積もっていました。 園長からは、「してはいけないことや周りのお客さんに迷惑をかけないこと」などの約束事を話してもらって、雪山を作ったり雪合戦をしたり、ソリ滑りをしたりして、お昼まで目一杯あそびました。

 昼食は温かいおうどんです。大人用のおうどん一人前を、みんなおいしそうに食べてお汁まで飲んでいました。冷たくなった体を温めてくれた熱々のおうどんをみんなで食べた経験は、きっと子ども達の心の中に残ったことでしょう。昼食後も、帰る時間ぎりぎりまで雪遊びを楽しんだ子ども達は、帰りのバスの中で疲れぐっすり寝ていました。

  CIMG4765  IMG_0390  IMG_0391

  卒園まで残り1ヶ月を切りましたが、1つでも多くの楽しい経験をさせていきたいと思います。

トラックバック
コメント (「雪遊び楽しかったね!」 きりん組 丸山利夫 はコメントを受け付けていません。)

2018年1月24日 水曜日

 今日は雪がチラチラと舞う寒い一日となりました。雪が降ることが少ない松山の子ども達は増す増す元気いっぱいで外を気にしていました。そんな中、年長児が合同保育しているくま組のお部屋からは、「トルコ行進曲」に合わせて楽器を練習する音が聴こえてきました。昨日の降園前にホールで年少、年中さんに年長児は合奏を見てもらいました。そのことから、きりん組のYちゃんは、人に見てもらうことや人前で演奏するという意識を持てたようで、「もっと上手になりたいけん、教えて!」と友達を誘って楽器の練習をしていて、年長児達から発表会に向けての意識の高まりが感じられるようになり、嬉しく思いました。

  IMG_1439

 自由登園日ではありますが、体調が良くなった子や発表会の練習がしたいと登園してくる子等、幼稚園に来てくれる子ども達が増えてきています。そして、今日は「休んでいる子の分まで、手話を覚える!」と年長児は手話教室に参加しました。細かな表現を山中先生に丁寧に教えてもらい、手や指の動きや使い方、顔の表情にまで、言葉がもつ意味をきちんと表現しようと、年長児は真剣な表情でした。又、年中児達も山中先生から手話を教えてもらい、発表会で手話ができるように練習していました。そして、年長の劇「三人の王子」の中でも、手話を取り入れるというアイデアを園長からもらって、子ども達が山中先生に教わりに行く姿も見られました。生活発表会の中で手話が出てくる場面も、みどころの一つですので楽しみにしてください。

IMG_1444  IMG_1443  IMG_1450

IMG_1447  IMG_1451

 今日も降園前に全学年がホールに集まって、昨日できなかった踊りやオペレッタをしました。他の学年に見てもらうことや人前で表現することで、子どもの意識が変わってきていることが分かりました。「明日もやりたい!」「明日も頑張る!」と意気込んで降園していった子ども達でした。

IMG_1459  IMG_1462  IMG_1455

☆健康情報☆

自由登園となっておりますが、回復した方や健康な方は登園してください。自由登園は、インフルエンザ等の感染症の流行を抑えるための処置ですので、外出は極力控えて安静に自宅で待機してください。よろしくお願いします。

 

トラックバック
コメント (「明日も頑張ろう!」 きりん組 丸山利夫 はコメントを受け付けていません。)

2017年12月2日 土曜日

 

 今日は高島屋のクリスマス幼稚園フェスティバルに、きりん組とくま組が参加しました。この日に向けて参観日に練習することを計画していたのですが、干し柿や焼き芋等、この時期にしか体験できないことも大切にしたいという思いから、十分な練習の時間をとることができませんでした。しかし、昨日やっと園長に見てもらえる時間を作ることができ、一通りの流れを見てもらい、高島屋の舞台の大きさやお客さんからよく見える隊形、一人一人が主役になれるようなアドバイスと励ましの言葉を掛けてもらって、今日を迎えました。

 しかし、私達教師は心配や不安ばかりでした。少し早めの時間に集合し、昨日の練習で変更になった隊形や移動のリハーサルをして、「あそこに移動するんだよ。任せたね。」と声を掛けてもらいました。その励ましの言葉に応えるかのように、子ども達はちびっこサンタの衣装に着替えると、一瞬にして目の色が変わったのです。初めての高島屋の舞台、大勢のお客さんの前でも緊張することなく、堂々と笑顔で「島人ぬ宝」の踊りや「大きな古時計」の鼓笛隊を披露してくれました。そして、「赤鼻のトナカイ」の手話では、みんなの心を一つにして伸び伸び表現してくれました。

CIMG2949  IMG_1958  IMG_1965

IMG_1969  CIMG2969  CIMG2972

 体調を崩して練習に参加できていなかったRちゃんは、今日、園長から島人ぬ宝の星を作る隊形で「中心を任せたよ。」と声を掛けてもらって舞台に上がりました。しかし、星の形を作った時、なぜか中央列の最前列になったRちゃんは一人だけお客さんに背を向けて踊り始めたのでした。フェスティバルが終わった後、Rちゃんに後ろを向いていた理由を聞くと、「星の中心だから、みんなの方を向いていたんよ。」と教えてくれました。その時の様子を振り返ってみると、確かにRちゃんは隊形全体が見渡せる方向に体を向けて、演技が終わった後は合図に合わせてくるっと体を一回転させて、お客さんに凛とした態度でお辞儀をしていたのです。

IMG_1927  IMG_1942  IMG_1946

 昨日の練習と今日のリハーサルの中で、子どもたち一人一人がRちゃんのように、園長の言葉で自分ができることを理解し考えて、自ら行動できたことが今日の成功につながったのだと思いました。

 本日、たくさんの拍手をしてくださった保護者の皆様。ありがとうございました。

トラックバック
コメント (「クリスマス幼稚園フェスティバル☆」 きりん組 丸山利夫 はコメントを受け付けていません。)