幼稚園の日記(ブログ)

 Home /幼稚園の日記(ブログ)

2022年5月16日 月曜日

先週の金曜日、さくら組に年長のおにいちゃんおねえちゃんがやってきました。今週の水曜日の子どもだけの運動会のプログラムを決めるために年長さんが来てくれ、何の踊りを踊るかどんな競技をするか、一緒に考えてくれました。そこで運動会に向けての気持ちも高まってきて家でもペンギンダンスやサンサンダンスを踊っていたそうで、みんな運動会を楽しみにしているようです。そして今朝、園庭で古森先生が年長さん年中さんに教室から自分の椅子を持ってくるように声をかけてもらって何往復も椅子を運んである姿が見られました。そんな様子をみた年少の子どもたちは何が始まるのかワクワクドキドキ!!そして、年長さんが年少さんのために準備してくれた椅子に座って真剣にその様子を見ていました。みんなの大好きなアブラハムです。アブラハムはお部屋でもたくさん踊っているので自信満々で友達同士で顔を見合わせてニヤニヤ踊っている子や、自分の踊っている様子を見ている先生に得意そうに「上手〜?」と聞いている子などみんな楽しく踊っていました。年長さんのやっぱノリノリやリトミック、およげ!こいのぼり競技を見たさくら組の子どもたちは、「やっぱすごいね〜」「私もやってみたいな」「こいのぼりおよいどる!」と待っている間も目を輝かせて真似をして踊っていました。また、他の学年の競技が始まったときに、ある子が「がんばれ〜!」と言うと他の子も「がんばって!」と言って、1人から始まった応援が競技が終わる頃にはみんなに広がり、手拍子をして、年少さんの応援団ができていました。自分の応援していたクラスが1番になると自分のことのように喜ぶ年少児たちはしっかり運動会に参加できていて驚きました。

IMG_7528IMG_7531IMG_7533

お昼ご飯を食べた後、運動会で使うマスクバックにシールを貼りました。たんぽぽ組から上がった子は、何を作るか分かったようで、「発表会で使ったやつだ〜!」「シール貼ってもいい?」と言いながら自分の好きな形を選び貼って完成しました。降園前には、踊りと応援合戦の練習をしました。「さくらぐみ〜」と掛け声は誰が言うのかみんなで話し合い、女の子1人と男の子1人で言うことに決まりました。これで子どもだけの運動会への準備は万端です。ますます運動会が待ち遠しい1日となりました。

IMG_7535

トラックバック
コメント (「楽しみな子どもだけの運動会」 さくら組 中村真衣 はコメントを受け付けていません)

2022年3月11日 金曜日

卒園式まで残り数日、登園してくると年長児達は「グーとパーで分かれましょう!」と言いながら元気良く階段を降りてきました。「おれが鬼ね、早く逃げてー!」と笑顔で走っていきました。バスの子達も登園し、クラスの年長児がそろうと、自分達から「先生一緒に遊ぼう!」「ケイドロしよ!」と教師を誘って集団で遊ぶ姿がありました。たんぽぽ組さん同士が喧嘩をしていると「どうしたの?」と言ってあげるらいおん組のY君、自転車をとられても怒らず優しく貸してあげるくま組のR君など、園庭でもお兄さん、お姉さんらしい関わり方をしている子がいて、見ていて微笑ましくなりました。残り少しですが、年長さんと一緒に遊べる機会を大切にしていきたいです。

3B8CDE5F-6848-4838-962C-056EA32DC2C786B27B99-9A4E-4ADD-B7B7-E89EBBE8B1784402FB10-F2C7-4A1D-BE2F-F712C1B22A99

また、今日は園長が園庭の様子を見て、子どもが楽しく遊べるように環境を変えてくれました。バスケットボールの人気が落ちているのに気づいて、玉入れの方に持って行きました。最初は、ゴールの下にカゴを置いて玉入れのカゴにしていましたが、それでは面白くないと、バスケットゴール2つを向かい合わせにして、その下にカゴを置き、高さも変えてピタゴラスイッチのような玉入れが完成しました。年長児が集まってボールがゴールにあたって落ちるのを見て楽しんでいましたが、そんな中ですみれ組のR君が遠くの方からすました顔で片手で玉入れのボールを投げてどんどん入れていました。その様子を見ていた周りの子ども達は勿論、教師もびっくりです。そんな周りの雰囲気を気にすることなくR君はさらに、そこに転がってきたバスケットボールもひょいっと拾ってジャンプしてゴールに向かって投げると、なんとそれも入ったのです!教師達もまたまたびっくり‼︎思わず「天才だ!」と呼んでいました。それを見た子ども達は、「次は僕がする!」「私もやりたい!」と集まってきました。人気のなかったバスケットボールが新しい遊びに変わり、人気を取り戻しました。遊びの準備をする場所、出し方など、遊びの環境を教師が工夫することで子どもの遊びも育ちも変わっていくんだと勉強になりました。大変身したバスケットゴールで子ども達と沢山遊んでいきたいです。

72492155-1933-4217-91A5-5135EE07A04C6A3A912A-4C69-48A5-B334-E4F511045E3F

 

今日は今年度最後の給食の日でした。子ども達も「カレーのにおいがする!お腹空いた!」と楽しみにしていました。「次は年中さんになる!」という意識が出てきたさくら組。苦手な野菜も自分で一口ずつ頑張って食べて、ほとんどの子が完食することができました。コロナに負けず、最後まで元気いっぱい遊びたいと思います。

2D005A9C-B062-4BFB-9C0A-0A87653F59D0520F4672-741C-4B86-B9F7-867D4FE1DEC48CD3A1E8-BBB8-4E46-9AA3-0F3D8516DA21

トラックバック
コメント (「玉入れ合戦!」   さくら組 岸田亜寿美 はコメントを受け付けていません)

2022年2月15日 火曜日

昨日、初めて発表会の服を着た子ども達は登園してくると、「昨日の服可愛かった〜」「早くもう一回着たい!」と大喜びで話をしていました。

さくら組では、Y君とT君が絵を描きたいと言って描き始めました。Y君は、「ぼくは黄色怪獣だった!黒色のズボンはいたよね。ギザギザもあった!」と一つ一つ思い出しながら楽しそうに描いていました。T君は、「明日はパパが来てくれる!見てるところ描いた!」と明日の発表会を楽しみにキラキラした目で話しました。

6F211A9F-15A3-4073-A8F3-82267B8EEA85

うさぎ組では、「発表会晴れますように」という願いを込めて子ども達とてるてる坊主を作りました。そして、教師に抱っこしてもらい桜の木の高いところにつけようと頑張っていました。「高いところの方がお日様に届いて天気になるね、お願いしよう!」と目をぎゅーっとつむってお願いをしている姿がとても可愛いかったです。すると⋯その願いが届いたのか、雲の間から太陽がひょっこり出てきて暖かくなってきました。「えっお願いもう届いた!?」とびっくりしながらも「やったー!やったー!」と喜ぶ子ども達の姿に明日を楽しみにしている様子がうかがえます。明日、土曜日の発表会も良い天気になりますように。

AA2AF1F6-82C5-49C0-A2EF-418C62FF35F994A65DD1-551F-4B92-950A-AFF869561D4B

また、今日は最後の練習ということもあり、見ている園庭の小さなお客さんも気合が入っていました。さくら組のRちゃんは、客席ど真ん中の園長のために準備された正面の最高の席を陣取り、お姉ちゃんいるきりん組の劇を最初から最後まで脇目もふらず見ていました。そして、時々監督気分でうんうんと頷きながら「上手!」と拍手をしていました。色々な学年の踊り、オペレッタ、劇を興味を持って見ることができる野外ステージはやっぱり素敵だなと思いました。

789FD071-82C3-45A7-B25D-582EDAED94CB

そして、最後の練習で年中児達は園長からやる気と元気の出る声掛けをしてもらいました。教師達は年中児のオペレッタが元気いっぱいで面白くて可愛くて、涙が出るくらい笑って見ていました。終わって拍手をしてもらった後、園長から「悲しくて泣いてるんじゃなくて面白くて笑っちゃった。一生懸命頑張っているみんなを見ていると嬉しくて楽しくて幸せな気持ちになるんだよ。だから明日は見ているお客さんを幸せにしてあげてね。」と話をしてもらいました。それぐらい頑張った欲張り爺さん役のK君は、欲張り爺さんの帽子のてっぺんがぱっくり破れてしまいました。帽子のてっぺんから覗いてる頭を気にして触っていると、「頑張ったから破れたんだよ。大丈夫!自分で直せるでしょ!」と園長から肩を叩かれると頭を撫でながら嬉しそうな顔をしていました。

B6F5D9AE-4016-43E2-8F8F-4BD9A807D3C7FD6524DD-67FE-4FFC-8853-CF17F7F77E5A2AFF4F3F-D3A7-454A-8A87-694E4B12BCD6

 

明日はいよいよ本番です。舞台の上で堂々と楽しんで演じている子ども達を目一杯頭に焼きつけて下さい。

トラックバック
コメント (「明日はドキドキ楽しみな日!」  さくら組 岸田亜寿美 はコメントを受け付けていません)

2022年1月27日 木曜日

さくら組では、発表会で必要な自分の役のお面も作り、「私はうさぎさんだから!」と張り切って踊っている子ども達を横目で見ながら遊んでいるカメさん役の子ども達に、「何がいるかな?」「お家に戻るからお家がいるよね」と今日はカメ役の子ども達と一緒にお家作りをしていきました。「カメさんのお家は砂でできてるんだって」と話をすると、誰かが「茶色かな」とつぶやきます。教師が絵の具で茶色を作っていると、ちゅうりっぷ組のG君がチラッと覗いて「もう少しかな」と言いました。それを聞いていたさくら組のYちゃんは「ちょっと赤色に見える!」と自分がイメージする砂の家の色を考えながら話していました。色ができるとみんなで協力して塗りながら、K君は手を絵の具だらけにしながら「ここぬれてない!」と気づいてそこを塗りつぶしていました。

7570012F-27CD-411B-8753-DE792E386750 839E2298-D3EB-4C95-8A52-D1DFD01F1101

また、オペレッタ「ねんころかめのこもりうた」の雪の精役の子ども達は、踊っている時に雪が降っているように見えるよう、青と白のポンポンを作っていきました。Mちゃんは、「雪の妖精は何作るの?」と作る前から楽しみにしていました。「ポンポンは細くなるように裂いていったら雪が降ってるみたいに綺麗だよ」と声を掛けると、「これどう?」「これ雪に見える?」とお互いに確認し合ったり、「まだ大きいのあるよ!」と見つけて裂いていったりしてフリフリの可愛いポンポンが出来上がりました。

BDD590EC-426F-4CFF-91A8-E62163236A25 DFE274E8-8CE9-4659-93A7-E14284B68E3F 76005354-7889-42CD-85A3-DD66347F4D14

自分達が作ったポンポンを使って踊ってみましたが、本当に雪が降っているみたいに綺麗で、雪の精役の子ども達も嬉しそうに踊っていました。

野外ステージのお客さんも密にならないように一人一人離れて座り、コロナに気をつけながら他の学年の練習も楽しんで観ていました。発表会まで残すところ実質13日ですが、子ども達と楽しみながら練習していきたいと思います。

496790C5-38B4-40C4-B6C9-2CACAAAD4460

トラックバック
コメント (『なにがいるかな?』  さくら組 岸田亜寿美 はコメントを受け付けていません)

2021年12月20日 月曜日

2学期最後の日、寒さに負けず元気に遊んでいた子ども達に反して園長がテラスに飾っているフクロウを見ると、冬の支度が出来ていなくてとっても寒そうに見えました。そこで園長が以前に年長児からプレゼントされたマフラーを持ってきて、フクロウの親子の首に巻いてあげました。それでも寒そうと、タオルを帽子にして頭に被せてあげて可愛いフクロウの親子になりました。それに気付いたぞう組のIちゃん、Rちゃん、M先生は、お部屋から布を持ってきてマスクを作りはじめました。「くちばしはここだから口はここかな」とギャザーをつけて、口のところをふんわりとさせて息ができるようにして、あったかくなるようにと考えながら着けていました。ぱんだ組では、「かさこじぞう」の話を読んだ後に、Cちゃん、Rちゃんが「フクロウさんもあったかくなってたよね。着けてあげた人に良いことあるかもね」と話をしていて、子どもの感性にも驚かされました。

667A0DFC-5B69-4BCB-9403-E74887ED653E90E9CE1C-9B87-4899-9F92-897EE161C45E49DDB252-D812-45BD-8C2C-0D2BBE7771A6C4671235-C11B-46BB-A20D-AC2020356ADF

今日は、終園式がありました。園長からは3学期が終わると次の学年になることを見据えて、3学期はみんなが大きい組さんになる準備の期間であることなどを楽しく話してもらいました。泣かないで登園すること、冬休みの間、食べても寝るだけでなく、お父さん、お母さんのお手伝いをすること、早寝早起き朝ごはんを食べることなど規則正しい生活習慣の話などしてもらい、3学期にはちょっとだけ大きくなって元気に登園することを約束しました。

お正月の鏡もちの話も、子ども達はとても興味を持って聞いていました。「うらじろは、表は緑色で裏が白いことからみんなが大人になっておじいちゃん、おばあちゃんになって髪の毛が真っ白になるまで元気に過ごせますようにという意味があること」「幼稚園の鏡もちは、年長さんが植えて収穫をしたもち米で作っていて、世界で一つの鏡もちであること」「おもちはみんなの心を映すもので、ニコニコしている時も怒っている時も鏡はしっかり見ているのでニコニコで幸せでいるように、そしてその幸せが2つあるようにと2つ重なっていること」「鏡もちの上に乗っているのはみかんではなくだいだいといって、みかんよりもレモンよりも酸っぱいんだけどみんなのおじいちゃん、お父さん、子どもが代々続きますようにという願いがあること」など、分かりやすく一つ一つ話してもらいました。聞いたことを忘れないように、部屋に帰って覚えたことを友達と話している子もいました。

AA7496AB-E933-40B3-BC40-51FD1CF7BA2C9784E42A-50E6-4428-B29E-7717D89FF3F2

3学期には、かっこいいお兄さん、お姉さんになった子ども達に会えるのが楽しみです。寒い日が続くので風邪を引かないように元気いっぱい楽しい冬休みになりますように!

トラックバック
コメント (「ちょっとだけ大きくなる!」   さくら組 岸田亜寿美 はコメントを受け付けていません)

2021年12月2日 木曜日

今日は最高温度6度という寒い1日でした。登園してきた子ども達は、しっぽとりをしたりマラソンをしたりして体をあたためていました。そんな中、うさぎ小屋の前で落ち葉を集めて遊んでいる子ども達がいました。それを見た園長は、「今日も寒いね。たき火でもしたいわね。」とつぶやきました。すると、子ども達は古森先生の話を聞いて園庭の真ん中に運び始めました。自転車に乗っていたすみれ組のT君、K君は友達に後ろのカゴに落ち葉を乗せてもらって運ぶ姿がありました。

6D587D87-BDA3-440C-AE51-56B23AC9EBC0 8163954A-AC41-478E-B10B-8893F6AFE955

たき火が始まると、教師達は「焼き芋」と言っていそいそと焼き芋の準備をはじめました。子ども達も加わって秋にみんなで掘ったさつま芋を洗って準備していきます。「寒い寒い〜」と言っていた子も煙を見ると集まってきて手をかざしていました。火がどんどん強く燃えていくのを見て歓声を上げ、友達同士で「あったかいね〜」と顔を見合わせていました。煙が空に向かって高く上がっていく様子を見て、M先生が「もえろ〜もえろ〜」と声をあげると、しゃがんでいた子ども達もジャンプしながら「もえろ〜!」とみんなでたき火を応援しながら見守っていました。気がつくとみんなでファイヤーレンジャーになりきって、火が上がる度に「ファイヤーパンチ!」「ファイヤーキック!」と言いながら楽しんでいました。年長児は古森先生から特別に許してもらって、自分達が集めた木や葉っぱを燃えている火のまわりに教師に「ここに」と必要な位置を教えてもらいながらたき火のまわりに入れることができました。

14BA973B-57A1-45E5-A487-F65E79354CED D5CAADFB-DA1E-4CD9-B548-63A3FE29120A 3CEC0A08-5800-493F-8FB5-48E095DDEBA2 B449CBB3-A3CB-484D-9F64-5964A83A7E75 B2583B37-5F82-47D5-B3BD-2F50054A3BD3

しばらくたき火を楽しんでいるうちにいい匂いがしてきて、焼き芋ができあがりました。「上手にできているかな?」と古森先生が味見をすることにしました。半分に焼き芋を割ると、ほかほかの湯気とトロッとした黄色いお芋が見えて、子ども達も「美味しそう!」「あつあつだ〜」と古森先生の手元の焼き芋に釘付けになっていました。古森先生は一口食べると、色々な表情をしながら最後にはほっぺたをおさえてニコニコになりました。子ども達は「美味しい顔だ!」と嬉しそうに見ていました。美味しい顔を見たうさぎ組のKちゃん、ちゅうりっぷ組のNちゃんは自分達も口を開けて「ちょうだい!」と言う顔をしていて、古森先生に味見の一口を特別にもらうことができました。

FB5C7375-1285-4C17-9D3C-76531ACEF276

焼き芋が出来上がって各クラス3個ずつもらってみんなで分けて食べました。分けている時も「早くちょうだい!」「あったかい?」「美味しそう!」「黄色だ!」とそれぞれが口々に言っていて、食べた瞬間、「甘いね」「もっと食べたい〜」と笑顔で話していました。寒い日のたき火は体をあたためることもでき、ほかほかのおいもを食べることができて子ども達の楽しみの1つです。

2CACDE52-E102-47E5-B459-07CE0A35CA9A 094C5393-A05D-4DCD-8981-18A75E2EBE27 09186FD1-4314-44F9-B201-391E127A828F

そうしている内に、アイススケートに行っていた赤コースの年長児、年中児が帰ってきて焼き芋をした炭やアルミホイルを見つけて、「え?なにしたの!」と古森先生や残っていた教師を問い詰めました。鼻がよくきくりす組のS先生は、幼稚園に帰った瞬間「何か違うぞ!」と美味しそうな匂いに気付いていて、きりん組のAちゃんは、「おいも食べたんでしょ。いいな!ずるい!」と妹のいるさくら組まで抗議にきました。アイススケートに行っていたクラスにもお芋がとってあることを言うと、ご機嫌を直して「後で食べるからね!」と嬉しそうに帰っていきました。幼稚園でお留守番をしていた子も、アイススケートに行っていた子も楽しい1日になりました。

A0E50AC3-242C-4618-91E0-3FEDC5817B6B D8EF209D-4588-4CAD-A5F2-065655245B98 78165B8A-75AB-41A6-AB15-36124C2E73F101A2E8DD-5FDA-47F1-9ECC-6D8D9255613EED691EB3-D351-42C9-BBCC-4CFAD4641E98077F2B08-7A19-4B4B-A7CC-46BE20EA4888DAB3FF27-E1F2-43F7-8893-596730822061

明日はいよいよ年長児のお店屋さんが開店します。子どもはもちろん、教師も楽しみです。

トラックバック
コメント (「たきびだ たきびだ おちばたき〜♪」 さくら組岸田亜寿美 はコメントを受け付けていません)

2021年11月10日 水曜日

いよいよ作品展を3日後にひかえて、さくら組、ちゅうりっぷ組、たんぽぽ赤組の部屋が作品展の展示の部屋になっていることから、真ん中に作品展示用の島を作っていました。登園してきた子ども達は、「昨日言ってたみたいにロッカーがなくなってる!」「なにこれ!」とびっくり。通りがかったりす組のIちゃんは、「ひまわり組さんの絵可愛い!」「上手だね」と友達と言い合っていました。

DABDDF06-E11A-4C4C-9384-219A055CDA5364F849A9-97BD-4DF0-B52C-3F6A64C40C307931F21A-C95A-4BBA-91AC-6344CE0E4642

さくら組では、園長に部屋での過ごし方を教えてもらいました。「ここの部屋は特別なんだよ、だってみんなの絵と作品が毎日見えるんだから」と楽しく過ごせるように話してもらい、「でも作品は触ってもいいかな」「ブロックは投げていいかな」としていいことと悪いことも一緒に考えると、「壊れるからだめー!」と手をバツにして言い合っていました。それから、もっと楽しいことを教えてもらいました。「真ん中に島があるけど、まわりでは沢山遊べるよね、こんなことしてみようかな♪」と園長の「歩く、止まる、座る」の合図に合わせて島のまわりをぐるぐる回りながら歩きます。「あっ間違えた!」「やったー!」と言いながらついて回る可愛い子ども達。もう一つの楽しいことは、お弁当や給食を島のまわりの好きなところで食べてもいいということでした。今日は、お家からのお弁当ということもあって、遠足の時のように「ここに座ろ」「一緒に食べよう!」と友達を誘いながら楽しい雰囲気で食べることができました。

F58635E2-A677-44D9-A0EE-9332BB9A6532040D65C4-7C1E-4361-BA44-71ADFA0F095EB5064191-0113-40A5-A7C2-43699ADDD465

何か障害ができた時に、「これがあるからできない」「やめよう」と決めつけるのではなく、「この状況をどう生かしていくか」「どうやったら楽しくできるか」と考えることが大切なんだと園長から改めて指導をしてもらいました。残り2日間ですが、特別な作品展のための部屋になった保育室を楽しみながら保育していきたいです。

また、年少児の共同作品の話もしてもらいました。おもちゃ箱を持ってきた園長は「この人形のおもちゃはね、みんながおやすみ〜って寝てる時に、次は自分達が遊ぶ番だ!って出てくるんよ」とポンっと人形を出して「どこに行こうかな、誰と遊ぼうかな」と子ども達の方に投げていきました。「でも、みんなが起きた時には急いで帰らないといけないの」おもちゃ箱に急げ急げと帰っていきます。「おもちゃのチャチャチャっていう歌があるんだけど、この話と一緒なんよ。楽しいでしょ♪」とみんなで歌ってみました。「なまりの兵隊は年長さんの鼓笛隊と似てるんだ」と歌の歌詞も分かりやすく教えてもらいました。すると、「みんなはどんなおもちゃが好きかな」と園長が聞くと、「プリンセス!」「クマの人形!」「ロボット!」と思い思いに言っていました。「じゃあみんなで作ってみる?」と言うと、子ども達はキラキラした目で「うん!」と頷いていて、作ることを楽しみにしている姿がありました。

明日、子ども達がどんな廃材を持ってきて作り始めるか、どんなものが出来上がるのかとても楽しみです。

E4915CB3-8E6C-4220-8570-7AC764EBA9F3

トラックバック
コメント (「おもちゃのチャチャチャ♪」   さくら組 岸田亜寿美 はコメントを受け付けていません)