幼稚園の日記(ブログ)

 Home /幼稚園の日記(ブログ)

2020年9月15日 火曜日

今日は、赤コースの年中組と年少組が、屋外遊ぎ場へ遊びに行きました。先日、青コースが行った時に、工事で山に重機が入っていて、それに驚いたバッタなどの虫たちが園庭に移動してきて、子どもたちが歩くとおもしろいようにピョンピョン飛び跳ねていたと聞きました。しかし、今日はその姿が見えません。行き場を失った虫たちは、また新しい住処を見つけたのでしょうか。すると、さくら組のIくん、Kくん、Yくんが一匹の茶色い虫をじっと見つめていました。3人ともその虫を初めて見たようで、何かわからないので、少しビクビクしながら顔を近づけていました。教師が「コオロギだね」と、捕まえようと手を伸ばすと、ピョーン!と飛び跳ねました。「わあっ!」とびっくりしましたが、おもしろくなって追いかけ始めました。コソコソと地面を移動するコオロギがピタッと止まると、子どもたちが、コオロギに向かって手をたたいて動かそうとしており、その様子がほほえましくて見守っていました。朝晩ひんやりした風が吹き、虫とともに秋の訪れを感じます。

秋といえば、収穫の秋、様々な作物が実ります。ポンタ農園さんから、里芋を葉ごと頂き、テラスに展示しているのですが、親芋の周りにたくさんの小さな里芋がくっついています。古森先生が、「お母さんお芋が、子どもを抱っこしているね」と話すと、子どもたちは、里芋に対する親近感が一気にわいたようで、先生の背中にギュッと抱きついてお話を聞いていた子もいたそうです。じゃがいもの親芋は、役目を終えるとシワシワになってしまいますが、里芋のお母さんは、びくともしません。そんな違いにも気づかせ、夏野菜とは違う、秋冬野菜のパワーをこれから頂くことができます。子どもたちには、幼い時期に旬のものを食べ、野菜や果物が一番美味しい時に味わい、しっかりと栄養を摂って、成長してほしいと思います。園の手作り給食でも、子どもたちが食べる様子をよく見て改善しながら、幼児期に野菜そのものの味を感じられるようになればいいなと思います。

40B4AD26-DD71-4AE0-B11E-9CA0201ED2AAA7DFA96A-9246-45DA-ABF1-47EC3C3E10ADF10AEEF6-489B-41AD-883E-116DAC1281EBACCFAC23-F3F9-4DD7-8CD5-F7C5A3649F0113567915-2128-487B-B67A-C9E046711A3F1C697A1B-F1CC-4018-983F-09DCC27160AFC85BA27B-03F0-4DC3-99C1-CD1F0BB5736F8647E3B0-D8FA-4348-BD90-CCF682CAC568D1761870-6724-48C7-964C-0284CB3BF70C

 

89EF82AB-4100-4981-9968-45E088EFCE90

トラックバック
コメント (秋ですね♪ さくら組 佐々木 恵 はコメントを受け付けていません。)

2020年7月13日 月曜日

先週の月曜日、トマトがカラスに食べられて大変なことになっているという出来事がありました。そこで、土曜日に全クラスのプランターを1か所に集め、ネットで囲いました。教師がカラスの目線であちこちから侵入できそうな所を探して、しっかりガードしました。そのおかげで、今日はどのクラスもたくさんの赤いトマトができ、トマトたちは、キラキラ輝きながら子ども達が来るのを待っていました。

ネットを外し、各クラスのトマトが観察できるようにすると、プランターを取り囲むように子ども達が集まりました。収穫して、その場で食べさせてあげたいと、古森先生のアドバイスで塩水を用意し、きれいに洗いました。次亜塩素酸水も塩からできたもので、消毒作用があることを教えていただきました。さくら組は、18個取れたので、1個を半分に切ることにしました。トマトを見せて、「これ何個?」と聞くと、「1こ!」半分に切って「これ何個?」と聞くと、「2こ!」と1つが2つに増えたことを喜んでいました。

「ゼリーみたい」「甘い」と言いながら、今まで食べず嫌いで口にしなかったAちゃんが、友達がおいしそうに食べるのを見て、自分から食べることができました。

後から収穫していたきりん組が、さくら組のトマトが3個残っているのを見つけました。あと3個あれば、きりん組の人数分になるということで、きりん組さんから「さくらさん、トマト3つください」とお願いされました。「いいよ」と応えると「ありがとう」と言われたのですが、次の言葉が出ないさくら組の子ども達に「どういたしまして」と古森先生がにこやかに助けてくださり、みんなが「どういたしまして!」と返しました。

お家では、お店でミニトマトを買うとたくさん入っているので、当たり前に一人1個食べていると思います。幼稚園では、苗から育てて、花が咲いて、緑色の実がなり、何日も何日も待って、やっと赤い実になったこと、雨や風が強いと実が落ちてしまったり、カラスに狙われて食べられたりするんだということを知りました。一人に1個ないときは、半分こにして分け合い、少ないクラスがあれば、多いクラスが分けてあげる。そんな経験を積み重ねることで、子ども達の中に助け合いの気持ちが育つといいなと思いました。

15DA255C-412A-4FC2-A358-724C7402E67800F9B60C-F8AE-4306-A97F-5A2BC454048045809811-7501-4567-8068-81292B6787AD45C25A11-F5E8-4093-98D0-9A1D47943EC59B3D4D53-B918-4527-8D10-D58ECE984E5FC2880ABA-702F-41A4-968A-49CFD4041431

トラックバック
コメント (はんぶんこでいっぱい♪   さくら組 佐々木 恵 はコメントを受け付けていません。)

2020年6月15日 月曜日

先週火曜日、年少児が駐車場にひまわりの種をまきました。そこで今朝みんなで行ってみると、梅雨の雨と太陽の光を浴びて芽を出し、かわいらしい双葉になって並んでいました。それを見た子どもたちは、「はっぱになっとる~!」と驚きと喜びを表現していました。各クラスで育てているトマトも緑色の実が並び、「まだかなぁ」と赤くなるのが待ち遠しい様子でした。

さて、今日は「カレーパーティー」がありました。年長児が昨年の冬植えたたまねぎの苗とじゃがいもの種いもが「土・水・太陽」の力で大きくなり、先日全園児で収穫しました。今日のカレーには、そのたまねぎとじゃがいもを調理師さんが調理してくださって、おいしいカレーになりました。そして今日のカレーパーティーでは、古森先生が子どもたちが喜ぶ特別メニューを!と「ナン」を注文してくださったのです。お皿の上にはビヨーンと伸びた大きなナンとりんご、バナナ、イチゴとフルーツが並び、別のおわんにカレーをよそいました。せっかくの特別メニューです。盛り付けもていねいにして、子どもたちの食欲をそそります。配ぜんしながら「これなーんだ?」と聞くと「・・・」シーンと答えが返ってきません。でも食べ始めると、「白いやつまだいる!」と次々とおかわりの声。「ナンっていうんだよ」と伝えると「なん?」と不思議そうにつぶやきながらもモグモグとお口はとても忙しそうに動いていました。ちぎって、カレーにつけておわんを持って食べることも方法を伝えるときちんと守って食べることができていました。いつも給食でおかずをほとんど食べないさくら組のHちゃんは、大きなナンをあっという間にカレーにつけて食べました。お皿の上がピカピカになって、「今日はがんばったね!」と声をかけると、「やった!」とニコニコ笑顔になりました。こうして園の生活の中で、食べる楽しさを知り、好きなものが1つでも増えていくといいなあと思いました。

IMG_6629 A31A7378-25DD-4F06-BEB9-287FB5B8AFD2 IMG_6626 IMG_22973CA28380-77A9-4DD8-BCF6-D4F1243F75164DB2C307-7513-426E-9FBE-C4D8C92CC997D955F9F6-AA55-491E-AF85-4D5EB05D958E

古森先生は、私たちに「知育・徳育・体育」と昔から言われているけれど、「食育」というのは、この3つすべての基盤になっていると教えてくださいました。「食育」は食べることだけでなく、食べ物として私たちの口に入るまでの過程を知ることも大切です。子どもたちの感覚が敏感な幼児期にたくさん楽しい経験をして、「食べること=生きること」大人になるまで心に刻んでいてほしいと思いました。

 

トラックバック
コメント (「特別なカレーパーティー」 さくら組 佐々木恵 はコメントを受け付けていません。)

2020年5月26日 火曜日

どんよりとしたくもり空でしたが、子どもたちは今日も元気いっぱいに遊んでいました。朝は雨が降っていなかったので、子どもたちは戸外で遊んでいました。さくら組のHちゃんに「昨日、古森先生がお話ししてたトマトはどうなってるかな?」と声をかけると「見に行く!」とさくら組のトマトの方へ走って行きました。一緒に行ってみると、Hちゃんは「あ!先生トマト倒れてないよ!お花も咲いてる!みんなに教えてあげよう!」と次は友だちの方へ走って行きました。そして、Hちゃんは佐々木先生や他の友だちをたくさんつれてトマトの所へ戻ってきました。みんなでさくら組のトマトが無事に育って、お花が咲いていることを知ると、次は他のクラスのトマトのお花も見に行こうと順番にすみれ、ひまわり、たんぽぽ、うさぎ…と1つずつお花咲いているかな、虫に食べられていないかなと子どもたちはじっくり観察していきました。トマトを見ているとちゅうりっぷ組のH君が水やりをしていました。それを見てさくら組の子どもたちが「あと太陽さんもいるよ!」と日かげもよくないことを教えてくれました。「今日は天気が悪いから太陽さん出てきてくれないかもしれないね」と言うと「明日は晴れてトマトさん元気になるかな?」と本当にトマトのことを心配している答えが返ってきました。

DC474784-2842-4F18-8C24-FC62A0423731

9A4B5B23-38CA-4314-8F14-7C1842A23FF7

C4EC9C32-3C60-4882-91EE-BE1FB2E6BC07

「あ!いちごはどうなった!お花咲いてるかな!」とどこからか声が聞こえると、またみんなでいちごの方へ走って見に行きました。「見て見て!お花も1つだけあるよ!」とみんなで探していました。みどり色のいちごが多く、「まだ食べれなーい!先生見て!茶色のいちご(枯れかけている)もある!」と気づいたことをたくさん伝えてくれました。「どうして茶色のいちごは元気がなくなってるんだろうね?」と聞くと「お水と太陽が足りなかったんだ!水やりする!」と返ってきました。しかし、他の友だちが「雨降るからお水はいらないよ!」と教えてあげていて、子どもの中で考えがしっかりしていて改めてすごいなと感じることができました。また、いちごもみどり色では食べることができないことを理解していて、「トマトもいちごの色になったら食べれるね!」「みどりだと苦いよ!」と子ども同士で観察しながら話し合っていました。「トマトもいちごも赤くなるまでちゃんと待ってから収穫しようね」と言うと子どもたちはみんな楽しみになり「また見に来る!」と他の遊びに入って行きました。

78E9A758-4187-4707-83C2-6B46335F1D87

 

3D2A0100-F4A0-424D-ABB7-BBDC2E52FD92

そうしているうちに外で浸し染めをし始めたので、さくら組は部屋に入り、共同絵の具の使い方について話し、実際に使ってみました。「青の筆は青の部屋に返してあげてね」と声かけをしておくと、自分が使った筆の色を確認しながら戻していました。白い紙に自由に絵の具を使って描いていくと、絵の具の色がにじんで変化してきました。それに気づいた子どもが「先生ここには赤と青と黄色しかないのにむらさきやみどりがあるよ!」と教えてくれました。まだ絵の具が初めての子どもばかりなので、色を混ぜると違う色になることが不思議なんだなと感じました。上手に絵の具を使っていたので、さくら組も戸外の浸し染めに挑戦させていきたいと思います。

32862615-1688-46A8-BA8B-8506F4F6660D

今日も1日子どもの「見て見て!」という声から子どもの目線の発見をたくさん知ることができました。また明日も子どもと一緒に楽しい発見をしていきたいです。

 

≪今日の給食≫

62945A80-E180-4E4A-B87A-95B1C576E8DA

トラックバック
コメント (「みんな見て見て!」 さくら組 井伊麻夢 はコメントを受け付けていません。)

2020年5月13日 水曜日

今年度は、新型コロナウイルス感染防止のため、1学期が始まってから、数日で登園を控え、家庭で過ごしていたお友達が、約半数いました。11日から通常保育が始まることになり、特に年少児においては、初めての幼稚園生活がスタートする日である子もいました。1日目、2日目と登園すると、戸外に出ていたのですが、特に2日目、年少児達に活気が感じられず、普段と様子が違うことに気付いた古森先生が、年少児はお部屋で保育するよう声をかけてくださいました。そこで、年少クラスは、すぐ室内に遊びの環境を準備しました。粘土遊びやシール貼り遊び、こあらやたんぽぽ組の時に慣れ親しんだブロックやままごとを目にするとすぐに、子ども達は落ち着いて遊び始めました。この状況は、約1か月コロナ対策で出かけることがほとんどできなくなり、”ステイホーム”で、ずっと家で過ごしてきた子ども達が、園に来ていきなり外で大勢の子ども達のいる中に入って遊ぼうと言われても、どうしてよいかわからなかったり、戸惑ったりするのは当然だと、古森先生が私たちに示唆してくださったのでした。

教師たちは、自分達のことだけ考えると、ずっと園を開いていて、家庭で保育できない半数の子ども達をお預かりして、自由登園の期間を過ごしてきていました。その期間、ずっとお家で過ごしてきた子ども達はどうだろうかという点に、もっと思いを寄せるべきだったと反省したのでした。

その反省のもと、今日はまず、登園してからしばらくは、各クラスで室内遊びをしてゆったり過ごし、担任の先生とのかかわりをしっかりもつようにしました。朝のシール貼りを済ませると、室内の遊びの中で、自分が好きなことを見つけて遊び始めました。10時過ぎ頃、他の学年と入れ替わるように、誰もいない園庭に年少児たちが遊びに出ました。先に出て、振り返って子ども達の表情を見た時、「これなんだ!」と思いました。「さあ、遊ぼう!」「ブランコにしよう!」「三輪車に乗りたい!」そんな声が聞こえてきそうな顔・顔・顔!戸外に出た時に、ずーっと先まで見通すことができて、子ども達が次々に出て広がっていく様子、したい遊びを選んで、これをやろうという思いを持って歩む姿に、本当に、昨日、古森先生が私たちに気付かせてくださったことは、とてつもなく大きな事であったと思いました。

今までかかわっていなかった遊びに興味を持ち、「先生、あれやりたい」と色水コーナーを指さした、さくら組のTちゃんは、1か月来ていなかったお友達でした。担任と一緒にお花を探して、作り方を教えて、完成するとにっこり笑って、ナイロン袋に入った色水を光に照らしながら見つめていました。

今日は、家庭弁当の日で、お家の雰囲気を感じながら、友達と楽しく食事をしました。その後、クラスみんなで踊りを踊ったり、リトミック遊びをしたり、紙芝居を見たり、みんな一緒の楽しい活動ができました。大切な1週間、あと2日もしっかりと子どもたちの様子に目を向けて保育していきたいです。

259FBAF7-44C1-4ACA-BE2D-38E98780BB4FC85E7F18-C3EC-4513-9892-B934BB31DF92F00484F4-6C8E-45B0-91D6-ACC9B5F24B59ED4EAE70-9C1B-4365-ACA7-9A9C4B31093BC2077068-A2E7-4500-91DF-0363159F92BD8BB8A571-16AF-4896-B96B-67BC7BE70A7EFD888D8F-F9F5-487A-B788-465F6B8C897C5C50FCA1-2A86-4FE3-8415-2FBC28EF6742

トラックバック
コメント (大切にすることとは・・・   さくら組 佐々木 恵 はコメントを受け付けていません。)

2020年5月1日 金曜日

    昨日の散歩から色々なことに興味を持ってきた子ども達は次々と新しい植物やそれを使った遊びを見つけて楽しんでいました。山に座り込み、からすのえんどうを見つけ、今までと色の違う黒色のえんどうを探し出したHくんはなぜ黒色になるのか友達に話していました。「日が経つと緑色から黒色に変わって種になるんだよ」と得意げに話すHくんと周りにいた友達は頷きながら一緒に探しに行きました。

IMG_0945IMG_0942

    また、年長の女の子は危ないところをうまく気を付けながら花を見つけ、自分オリジナルの花束を作っていました。花の本数、色の組み合わせなどお互いの花束を褒め合いながら折れないように優しく握って束にしていました。

IMG_0980IMG_0983

    一方、年長の男の子は山の上にある人工芝に寝転がり、今まで捕まえた虫の自慢話をしていました。山にはどんな虫がいるのか「見つけたいね!」とのんびり作戦会議です。すると、カチカチと何かが当たる音が聞こえてきたので、音が聞こえる方に行ってみると両手に石を持った年長児がいました。石を持った2人は、石の大きさで音の高さが違うことに気付き、石を変えながら、音を楽しんでいました。歌をうたいながらリズムをとっている姿を見て、自然の物の性質に気付き遊びに利用している子ども達に感心しました。

IMG_0982IMG_0950IMG_0947

 気温が高くなってきた中、水分補給はこまめにとりますが、築山の中のトンネルでは、何人かの子どもが入り休憩していました。トンネルの中は、コンクリートで冷たく、熱くなってきた子どもの体温を下げてくれます。木の影、トンネルの中など子どもたち自身で過ごしやすい環境を見つけ出している姿に教師も遊技場での生活を工夫して子どもたちと楽しんでいきたいと思いました。

IMG_0991

 今日、ちゅうりっぷ組の子どもたちが泥場に並んで座り、何やら真剣に話していました。そばに行って聞き耳を立ててみると、「新型コロナやけん、店閉まっとんよー。バツってなっとんよ。イ◯ンは開いとるけどねー」と今の社会状況を子どもなりに耳にした大人の会話を話していました。私達の生活が困らないように仕事をしていただいている方々、医療従事者の方々には本当に頭が下がります。そういったお仕事をされている皆様の大切なお子様をお預かりしている私達も、社会の一員として支える仕事をしているのだという自覚と誇り、そして責任を持って子どもたちを守っていかなければならないと思いました。

IMG_2734

 赤コースの子どもたちは、今週は園での生活となりました。年少さくら組、ちゅうりっぷ組の子どもたちは、園での生活の仕方を思い出しながら、1日の流れを覚えていきました。戸外の遊びでは、固定遊具の正しい遊び方を繰り返し声をかけていきました。色水遊び、包丁ままごと、砂場では、大きい子が遊ぶ様子を見て興味を持っている年少児を教師が誘って一緒にすることで、初めて「できた!」という喜びを感じて楽しさを味わったようでした。さくら組のYちゃんは、新入園児です。初めての幼稚園で、屋外遊戯場での生活もなかなか馴染めず、色々遊びに誘っても首を横に振っていました。今週中も園庭の遊びを見て過ごしていましたが、今日は色水遊びに興味を持ち、教師と一緒に摘んでよい花を探して色水を作りました。「もう1こ作る」と別の花で作り、合計6種類の色水を作って大切に持って帰りました。またKくんは、砂場の道具を次から次へとポイポイかごから出しているので、何をしているのかと見ていると、物が沢山入った大きなかごを1人では動かせないので、中に入っている物を出してかごを軽くして移動させ、その下にいるダンゴムシを見つけていたのでした。発見した時の嬉しそうな顔、手のひらにのせて丸まったダンゴムシがモゾモゾと動き始める様子をじっと観察して、満足すると「ダンゴムシ、おうち帰るんよ」とバイバイしました。3歳の子ども一人ひとりが幼稚園という社会に出て、自分の力で自分の場所を見つけていこう、生きていこうとする姿を目の当たりにし、子どもの伸びようとする力って本当にすごいなと思いました。私たちの想像をはるかに超えたスピードで子どもたちが先へ先へと進んでいこうとしています。そんな子どもたちをしっかりと見て、認め、支えていきたいと思いました。

IMG_2729IMG_2740IMG_2730IMG_2742IMG_2765

トラックバック
コメント (「様々な環境」青コース ぞう組 大隅咲 赤コース さくら組 佐々木恵 はコメントを受け付けていません。)

2020年4月15日 水曜日

新型コロナウイルス感染防止のため、本日より自由登園となりました。自主的にお休みして、お家で過ごしているお友達、元気ですか。GW明けには、会えることを楽しみにしています。

今朝、教師たちが、いちごを植え替えていると、興味を持った子どもたちが寄って来て手伝い始めました。登園してくる子どもたちが、次々に見て通っていく中、すみれ組のKくんは、教師に「これ何?」と質問しました。教師が「い・ち・ご」と答えると、指で1と5を表し、「いち・ご」と言いながら指で表現しました。その姿がとてもかわいらしかったです。

色水コーナーには、咲き終わったチューリップの花びらなどを使い、年長児が中心に遊んでいました。さくら組の新入児Yちゃんは、年長児がするのを見て、スプーンで水をすくって入れていました。透明だった水がピンク色になって、うれしくて何度も花びらをすって遊んでいました。

フラフープの輪投げやジャングルジムのバスケットも、少しずつ遊び方が変化し、ゴールの網を傾ける子がいて、難易度を上げていました。少し難しいくらいが、子どもたちにはおもしろいようです。

また、踊りの曲が始まると、年少児たちが集まり、その中でもプレ年少からの進級児たちが、手足をいっぱい動かして、よく踊っていました。新入児たちは、じっと見つめていたり、少し真似してみたりと同じ学年の中で、よい刺激になっていました。そして、年長になった子どもたちも、自分たちが幼稚園で一番上のお兄さん、お姉さんになったことを自覚し、うれしそうにみんなの前に出て、お手本になって踊っていました。

また、今日は駐車場の畑にスナップエンドウをとりに行きました。年少児は、年中児と手をつないで歩きました。スナップエンドウって何だろう、ちょっと中を開いてみようと半分に開くと、閉じている時は、中の種が1列に並んでいるのが、光に照らされて透けて見えていたのですが、きれいに両側のさやに分かれてくっついていました。右、左、右、左とくっついて、もう一度閉じると、ぶつからないで1列になります。みんなも、2列から1列になる時は、間に入っていけばいいんだねと古森先生が、子どもたちの身近なことに関連づけて話してくださいました。また、グリンピースは中の種を食べるけど、スナップエンドウは、さやのまま食べられることも教えてくださり、金曜日の給食で食べられると聞いて、子どもたちはとても楽しみな表情をしていました。

また、その横にある、びわの木を見て、まだ実が小さくて緑色だから、おひさまパワーで黄色やオレンジ色になったらとろうねと話したり、アスファルトからたけのこが出てきているのを見て、すごい力だねと驚いたりしました。玉ねぎやじゃがいもも育っていて、土の上に出ている葉を見ただけでは、よくわからなかった年少児たちには、それぞれの葉のずっと下の土の中で、今大きくなっているところだよと話しました。スナップエンドウの小さな葉やつる、ロバさんの耳のようなびわの葉、玉ねぎやじゃがいもの葉など、朝のいちごの苗を含めて、いろんな緑の葉を見ました。それぞれが、どれも違った生長の仕方をし、実をつけて、種を作り、次の世代へと命をつないでいくのです。いちご、スナップエンドウ、びわ、たけのこ、玉ねぎ、じゃがいもとこんな身近な所に、子どもたちの学びの種があることに感謝し、私たちはそのチャンスを逃さず、絶好のタイミングで子どもたちに経験させていく責任があるのだと、今日あらためて感じました。

さて、今日は今年度初めての家庭弁当日でした。年少児は、朝からお弁当を楽しみにしていて、フタを開けると、かわいらしい小さなおにぎりが並んでいたり、大好きなウインナーがあったりと笑顔いっぱいで食べていました。お家のおべんとうって子ども達にとっては、大好きなお母さん、お父さんそのものなんですね。自由登園で給食ができなくて申し訳ないのですが、これから数日、登園する子どもにとっては一生の宝として心に残ることでしょう。よろしくお願い致します。

IMG_2486[1] IMG_2487[1] IMG_2495[1] IMG_2508[1] IMG_2510[1] IMG_2564[1] IMG_2600[1]DCCCFA4F-D5EE-4D90-9923-04EA484C53CBDEF23FCE-7F57-4346-BF78-4FCDC7553145

トラックバック
コメント (学びの種がいっぱい   さくら組 佐々木 恵 はコメントを受け付けていません。)