幼稚園の日記(ブログ)

 Home /幼稚園の日記(ブログ)

2018年10月31日 水曜日

今日は「長ズボンを履いてきたよー!」と子ども達が元気に登園してきました。今日は、青コースチームの乗馬の日でした。昨日、乗馬に行くときの服装を話していたので、年長児はお家の方に伝えることができていたようでした。(年少の保護者の皆様、服装を文章でお知らせできず申し訳ありませんでした。)いよいよバスに乗って出発です。バスの中ではワクワクしながら馬の年齢や名前、性別など、何を質問するのか言い合いながら乗馬センターに到着しました。

IMG_1455

馬が見えると「黒の馬に乗りたいな!」などと増々期待を膨らませ順番を待っていました。少し緊張していた子も笑顔で乗ることができ、見ている友達に手を振っていました。乗馬を終えた子どもからは「てんぜん君って言う名前だって!」「12歳だって!」「得意なことは走ることだって!」と馬に乗せてくれたお兄さんに教えてもらったことを嬉しそうに話していました。馬舎見学では近くで馬を見ることができ、「りんご食べてるね」「メダル3つもある!!」といろんなことに気づき、みんな興味津々でした。

IMG_1461 IMG_1467 IMG_1468 IMG_1479 IMG_1482 IMG_1484

乗馬の後は、土手を散歩しました。そこからは、雄大な空、山、川が見え、とても素敵な場所です。昨年、ここで出会ったNPO法人えひめ311の方達が今年はいつ来るのかわざわざお電話を頂き、農園で育てたさつまいもを蒸かして待っていてくださいました。自然の中でみんなで食べるホカホカのお芋は格別でした。おじさん達は「おいしいね!」と子ども達が喜ぶ姿を嬉しそうに見てくださっていました。残ったお芋はたんぽぽさんのお土産にと頂き、園に持ち帰りました。

IMG_1486 IMG_1487 IMG_1488 IMG_1493 IMG_1495

おじさん、おばさん達の優しさに心がいっぱいになった年長組の子ども達は、昼食後に手紙を書きました。”ありがとう”の気持ちを込めて書いた手紙は、明日、赤コースのお友達にお願いして渡してもらうことにしました。東北大震災の後この松山市に来られた翌年に出会い1年に1回ですが交流を深め、今年も素敵な時間を過ごさせて頂きました。子ども達が大きくなってこのような自然の風景を見たとき、きっと今日という日を思い出してくれることと思います。

IMG_1502 IMG_1504

トラックバック
コメント (「出会いを大切に・・・」 年長青コースチーム 竹本茜 はコメントを受け付けていません。)

2018年10月24日 水曜日

今朝8時40分頃、登園してきていた子供達を連れて、近くの踏切までアンパンマン列車の遠足のお見送りに行きました。踏切に到着して並んで間も無く、電車の音と共に遠くから警笛がポー!そして、踏切のカンカンカン!という音と共に踏切が下がり、ポー!という警笛を鳴らしながらアンパンマン列車が近づき、ちょっとスピードを落として通過して行きました。アンパンマン列車の窓からは、未就園児さんや遠足に参加した園児達と保護者の皆さんが手を振ってくださっていました。大きく手を振っていた子供達からは、「〇〇くんが乗っとったね!」「T先生もおったね!」とお見送りができたことを喜んでいました。

IMG_0387

帰り道。園長に連れられて第1駐車場の畑に寄った子供達は、ニラの花が枯れ種ができている様子をみたり、びわの花のつぼみが柔らかい毛に覆われている様子をみたりして、植物の生長を感じることができました。その横では、収穫し忘れていたピーマンがたくさんできていて、なかには熟れて赤くなっている赤ピーマンも多くありましたが、大きなザルがいっぱいになるほどのピーマンを収穫し、調理室に持って行きました。このピーマンは、月曜日の給食の焼きそばの具に入れることを聞いて、子供達はとても楽しみにしている様子でした。

IMG_0397

IMG_0399

IMG_0393

年長は高木町の田んぼに稲刈りに行きました。実は園内でも田植え、稲刈りをしたのですが、日照不足や肥料不足、教師の手入れ不足で生長できず、か細い稲になってしまっていました。今日は高木町の遠藤さんが育ててくださっていた稲を収穫できるということで、子供達の期待も膨らんでいました。バスに乗り高木町が近づいてくると、黄金色の田んぼが見えて来ました。今年は収穫時期が遅かったので、稲穂だけではなく葉も黄金色で、雨つゆを浴びていたこともあって、ぴかぴか輝いていました。

IMG_0402

IMG_0404

園長が稲を1株刈って「1、2、3、、、。」と数えていくと、田植えの時には4本植えた小さな苗が、なんと32本の株に生長していて驚きました。「4本が8個もある!」と子供からも、驚きの答えが返ってきました。そして、遠藤さんが稲刈り機で残りの稲を刈り始めると、刈り取った稲が束になって紐でくくられて出てくる様子を驚いて見ていました。自分の手で刈る時には、幼稚園の稲とは太さが全く違う株をしっかりと握って、力を込めて何度も鎌を引いて頑張っていました。6株を束ねると稲木に干していき、重なり合った稲を見て、「昔のお家みたいやね。」と喜んでいました。3人1組で稲刈り機で稲刈りも体験させてもらい、脱穀されて幼稚園に届くのを楽しみにしている子供達です。

IMG_0410

IMG_0422

IMG_3246

稲刈りをした遠藤さんの隣の田んぼは、真っ黒に焦げていました。その秘密を園長が、らいおん組を集めて話してくれました。「藁を燃やすとじゃがいも切って灰をつけたことと同じように、畑を消毒してくれて、すぐに次の野菜を植えることができて、悪い虫もやっつけてくれるんだよ。」高木町は、まだこうした野焼きが残っている地域で、子供達はまた一つ、人間の知恵と自然の不思議について学習することができたのでした。

IMG_0428

 

 

トラックバック
コメント (「稲刈りをしたよ!」 らいおん組 丸山利夫 はコメントを受け付けていません。)

2018年9月25日 火曜日

園庭には銀杏の実が転がり、年中児が植えているさつまいものつるは大きく伸び、稲も穂が垂れ始め、いつの間にか実りの秋が訪れています。

 

土曜日のフリースクールで使った野菜や果物をテラスに飾っていると登園してきた子供達が集まって何やら話をしていました。どうも、野菜や果物の名前を当てるクイズをしているようで、「これはなんだ?」「さといも!」「正解!」などのやり取りをして楽しんでいました。フリースクールに参加していたKちゃんは、「柿は柿でも、この柿はなんだ?」と質問していました。なかなか答えが出ないので、身振り手振りを加えて、「こんな形が渋柿やけん、この丸い柿はなんだ?」とヒントを出しました。それでも答えは出ず、最後はKちゃんが、「正解は、甘柿でした!」と、得意げに答えました。フリースクールで経験したことが、こうやって遊びとして子供達の間で生きていることを知り、子供達の育ち合いの大きさに驚かされました。

 

ここには、たんぽぽ組さんも来ていたようでした。いがの中にある栗を見ると「どんぐり!」と言ってみたり、すすきを見ると「お米!」と言ったりしていたようです。私達が子供の頃には普通に見ることができた栗やすすきも、今はあまり見ることができなくなっていることを感じました。しかし、満3歳児の子供達から、すすきと穂が垂れている稲のイメージが重なり合って言葉として出てきたことには、教師みんなが驚かされ、感心させられました。

IMG_0248  IMG_0240  IMG_0251

事務所前の花壇の片隅には、数個の小さな実をつけたみかんの木があります。そこに、男の子達が集まっていました。みかんの葉っぱに幼虫がいて、何の幼虫なのかを騒いでいました。それを聞きつけて寄ってきたぞう組のSくんは幼虫を見ると「これはアゲハの幼虫やで!アゲハの幼虫はみかん好きやけんね!」と年中、年少児に教えてあげていました。周りにいた子供達が驚いていると、Sくんは続けて「モンシロチョウはキャベツが好きやけん、キャベツに卵産むんで!」と、虫の種類によって卵を産む場所が違うことも教えてあげていました。こうした学年を超えたかかわりも、子供達の知恵を豊かにする要素なんだと感じました。

IMG_0244  IMG_0243

年長の保育室からは鍵盤ハーモニカの音が聞こえてきます。又、年中児は園庭でフラフープを回し、年少児は魚釣りをして遊んでいます。今年は運動会の練習ではなく、興味をもって子供達が遊んでいることを運動会の踊りやゲームに取り入れ、自然な形で表現したり競い合ったりできるよう、まとめていきたいと思って進めています。

IMG_0234  IMG_0238

らいおん組では、先週の金曜日に人間ブロックの形作りを、磁石を人に見立てて動かしながらしていく方法を園長から教えてもらってやってみました。すると、今日は子供達の中から教師役が出てきて、「この形を作って!」「次は4人グループ!」と声を掛けながら磁石を動かして教え合ったり助け合ったりして、色々な人間ブロックを造って楽しんでいました。このように、遊びとして主体的に進めていく育ちや学びを大切にしていきたいと思いました。

IMG_0259  IMG_0258  IMG_0253

 

 

トラックバック
コメント (「秋は野菜や果物がいっぱい!」 らいおん組 丸山利夫 はコメントを受け付けていません。)

2018年6月29日 金曜日

今日も暑い朝でしたが、時折風が吹いて心地よいなと感じる時間もありました。そんな中、「おはようございます」と挨拶をして部屋に行く途中、カブトムシがいるのを見つけ立ち止まって見ている子どもの姿がありました。「ツノかっこいいね!」「ピカピカだね!」などと言いながら入れ代わり立ち代わり観察していると、りす組のA君が

「食べ物がなかったら生きられんよね。ゼリーがなくなったら入れてあげんといかん」と言っていました。このカブトムシは、ぱんだ組のM君のお父さんがお家で孵化して成虫になったカブトムシを持って来て下さったのでした。ひと夏しか生きられない命を大切に育てていきたいと思います。

 

 

今日は、2回目の移動図書の貸し出しの日だったので、年長児は移動図書館が待っている山西団地の広場に向かいました。すると、きりん組のS君がつばき号の色が違うことに気付き「今日は3号だ」「前は4号だったよね」と会話をしていました。“ありがとう”の気持ちを込めてきちんと向きを揃えて絵本を返却した後、つばき号の車内やその外に並んである沢山の本の中からお気に入りの1冊を見つけて借りることが出来ました。三葉幼稚園にはない本も沢山あるので選ぶのに迷っている子や「〇〇の本があるって聞いたんですけど」と直接職員の方に自分が借りたい本がどこにあるのか質問している子もいました。事前に友達から得た情報を覚えていて、それを自ら恥ずかしがらずに聞けたことは、とても素晴らしいことだと思いました。前回借りた本を持ってくるのを忘れていて今日借りる事ができなっかた子がいました。今日借りた大切な本は7月13日に返却予定ですので、必ず持って来てください。このような体験を通して公共機関や社会のルールやマナーを身に付けていきたいと思っています。

CIMG7675CIMG7674CIMG7678CIMG7673

今日の給食は胚芽米、さけのフライ、ポークビーンズ、レタスとにんじんのサラダ、バナナでした。

CIMG7685

トラックバック
コメント (移動図書館がやってきた!! 竹本 茜 はコメントを受け付けていません。)

2018年5月31日 木曜日

 

今朝、瞬間的にパラパラと雨が降りましたが、「おはよう」と元気よく挨拶をして登園してきた子ども達は所持品の始末を終え、テラスへ出ると「あっ、芽が出てるー!!」「私は2つ!!」「僕のは3つ!!」と声をあげました。月曜日に年長児が植えたあさがおが芽を出していたのです。まだ芽が出ていないOちゃんは急いでじょうろに水を汲んできてあげていました。今から子ども達は、何色の花が咲くのか楽しみにしながら世話をしています.

IMG_0218IMG_0226

戸外ではスタンプ遊びや泥団子作り、包丁ままごとなど、それぞれの子ども達が思い思いのコーナーでよく遊んでいました。色水遊びでは、年中児が紫色の色水をたくさん作ってペットボトルに入れ、ぶどうジュースに見立てて嬉しそうに持ち歩いていました。「このお花は何かな?」「すみれ?」「パイナップルの花?」花の正体が気になります。どこに咲いているのか、なんの花なのかいろんな先生に聞いて回りました。「駐車場に咲いていたよ!」と教えてもらい行ってみると、子ども達の背丈よりも高く垂直にすくっと立つ赤い花が目に入りました。「タチアオイ」でした。梅雨入りの頃に咲き始め、梅雨明けと共に花期が終わると言われている花です。子ども達と花が終わって落ちたタチアオイの花びらを集めて帰りました。しぼんで黒ずんでいる花でも色水にすると綺麗な紫色になります。このように自然物を使った遊びは不思議を感じることができ、素晴らしいことだと改めて感じました。

IMG_0197IMG_0198IMG_0202IMG_0206

らいおん組は、ケアフル土居田の施設を訪問し、昨日のブログでもお伝えした園長との3つの約束を胸に朝10:00バスに乗り込みました。ケアフルの方に大歓迎された子ども達は、少し恥ずかしそうにしていましたが、おじいちゃん、おばあちゃんの手を優しくとって、一緒にむすんでひらいてをしたり、玉入れをしたりして触れ合いを楽しみました。最後に、利用者の方から「今日はありがとう。前回、来てくれたことを思い出します。身体に気をつけて、また来て下さい」と暖かい言葉のプレゼントを頂きました。

バスの中で「何点だった?」と園長に問う子ども達。95点をもらい上機嫌ならいおん組は、騒がしくなり5点減点されて幼稚園に着きました。1つ気になったのはあいさつを知らない子が沢山います。あいさつを自分からすること。帰ったら「おかえりなさい」には「ただいま」で返すなどあいさつ用語の意味と使い方は機会ごとに教えていきたいと思いました。

IMG_0208IMG_0210IMG_0215

トラックバック
コメント (「素敵なプレゼント」年長青コースチーム 竹本 茜 はコメントを受け付けていません。)

2018年5月24日 木曜日

今朝、苺が赤くなっていないか見ていたRちゃんとMちゃんに園長が何か話をしていました。近付いていくと、苺の親苗からライナーというつるが伸びていて、その先に子どもの苗が育っていて、その次に孫の苗ができて、それを切って植えると来年元気な苺が育つという内容です。そこで、「RちゃんやMちゃんのおばあちゃんからお母さんが生まれて、そのお母さんから生まれたのがRちゃんやMちゃんでおばあちゃんの孫なんだよ。」と苺とRちゃんやMちゃんを重ねてわかりやすく話してくれたことで、よく理解できたようでした。身の回りの自然からも私たちの命は親から子へと引き継がれていくということを学ぶことができました。こうした自然体験を今後も大切にしたいと思いました。

IMG_1697 IMG_1698

今週から戸外に出ているスタンプのコーナーには、今日もたくさんの子どもたちが集まっていました。4月から浸し染めを楽しんできた年少児たちも色々な形のスタンプを押すことを楽しんでいました。年長や年中になるとスタンプの形を組み合わせてイメージした物を図案で表現します。「電車ができた!」「カニを作るんだ!」など声が飛び交うのを年少児たちも聞いていて、それを真似て、押す楽しさから作る楽しさも少しずつ感じられるようになってきています。これからも、素敵な作品ができるのが楽しみです。

IMG_1700 IMG_1701

今日は年長児が生石町の農園にびわを採りにいきました。生石の農園には幼稚園の駐車場のびわの木よりも何倍も大きな木が2本あります。それにたくさんのびわが実っていて食べ頃になっているということで、急いで採りに行きました。農園に着くと、びわの木にたくさんのびわがなっていたのですが、木の上の方のびわはほとんど鳥に食べられていました。「ここは新聞をかけていなかったからね。かければ良かったね。」と園長が話してくれました。そして、たくさんおいしそうなびわがなっていたので、「1つずつ、みんな食べていいよ!」と園長に言ってもらって食べました。実が大きくて、とても甘く、子どもたちは大喜びでした。びわを採った後は、じゃがいもや玉ねぎの周りの草を抜きました。じゃがいもを1株掘ってみると、大きなじゃがいもと小芋がたくさん出てきて、じゃがいも掘りの日がとても楽しみになりました。

IMG_1703 IMG_1707 IMG_1711

トラックバック
コメント (「びわをとりにいったよ!」 らいおん組 丸山利夫 はコメントを受け付けていません。)

2018年4月20日 金曜日

昨日は、先生達の手作りのこいのぼりがあちらこちらに飾られていましたが、今日は本物の大きな真鯉や緋鯉が、子ども達を迎えてくれました。登園してきた子ども達も風を受けて泳ぐ鯉に、目を丸くして驚いたり喜んだりしていました。

 IMG_1652

 今朝、駐車場の畑の中に生えている竹を切ってしまおうかどうか話していると、落ち葉や草の陰に隠れて、竹の子が生えているのを園長が見つけてくれました。更にタチアオイの傍では、自然にびわの種が落ちて、そこから小さな苗ができていたり、里芋から小さな葉っぱが出ていたりしました。そして、昼食を終えて年中と年長が集まって、園長に話をしてもらいました。去年生えた竹と2年前から生えている竹とでは、全く強度が違うことや、竹の子はお母さんの竹とつながっていて、それはみんながお母さんとへその緒でつながっていたことと同じだということも教えてもらいました。又、竹の子の皮は、昔はお弁当箱の代わりに使われていたことや、その皮を使ってどんな遊びができるのかも話してもらいました。教師達も竹を使った遊びや生活の道具を子ども達と作っていく課題をもらって、来週からの保育が、またまた楽しみになりました。子ども達からも「竹とんぼ、竹笛、流しそうめん」など、たくさんのアイデアが出ていました。

IMG_1664  IMG_1667  IMG_1668

 昨日から年長は、英語と習字が始まりました。らいおん組は初めての習字がありました。まず、習字に使う道具の名前や使い方を教えてもらって、準備の仕方をしっかりと覚えました。今日は、文字の基本になる横線や縦線、丸を書いていきましたが、子ども達は菅野先生の手の動きを見ながら、慎重に筆を走らせて細い線や太い線を書いていました。次回から文字の練習が始まることを聞いて、とても楽しみにしている子ども達です。

 IMG_1655 IMG_1657 IMG_1658

トラックバック
コメント (「竹の子を見つけたよ!」 らいおん組 丸山利夫 はコメントを受け付けていません。)