幼稚園の日記(ブログ)

 Home /幼稚園の日記(ブログ)

2022年11月30日 水曜日

今日は子ども達はまだかまだかと楽しみにして待っていた焼き芋と人形劇がある日です!!

昨日、そのことを聞いていた子ども達も登園してくると新聞紙やアルミホイルを持って園庭に集まってきました。

実は楽しみなのは教師も同じで、早朝からいそいそとサッカーコートの中に、木や落ち葉を運んでいると「先生!アルミホイル持ってきたよ。」「俺らも手伝うよ。」「焼き芋サイコー!」と子ども達も準備に加わります。その横ではお芋洗いもスタートです。

IMG_0201

自分達が掘ったさつまいもを「私、これくらいの大きさのお芋を掘ったんよ。」と芋を掘った時のことを思い出しながら、塩水に浸した新聞とアルミホイルを丁寧にまいていきました。

IMG_0227IMG_0221

IMG_0213IMG_0208

準備が整い、いよいよ火をつけます。…が!!この最初の火をつけるのがとっても重要で、とっても難しいのです。キャンプファイヤーであれば真ん中を高くし、高く火を登らせますが、焼き芋は火力を全体に広げなければならないのです。私も十数年、三葉幼稚園で焼き芋をしていますが、なかなか思うようにいきません。今日も結局、園長先生の力を借ります。「火を強くするためにはね、火とお話をしないといけないんだよ。空気が入らないと苦しくなって火が消えちゃうんだよ。」と子ども達に話しかけながら、木を少し持ち上げると『ぼっ!』火がおき、「スゲー!」と拍手がおこります。そして、「火は低い方から高い方に登っていくからね。」と言って燃え上がる様子も見せてくれました。何かにつけて出てくる園長のアイディアや知識の豊富さに驚かされます。そんな生きる力は子どもの頃の経験(遊んだ経験!!)が大切ということをよく園長が口にするのですが改めて実感しました。とは言ってもIHの家庭が増え、火遊びなんかはもってのほかの現代で、家庭ではなかなかできません。だからこそこんな経験を幼稚園で沢山できるようにしていき子ども達の想いでの中に植え付けていきたいと思うのです。

IMG_0229IMG_0240

IMG_0231IMG_0234

たき火を見ながら、自然とたき火の歌を口ずさんだり、ホカホカホクホクの焼き芋を見て、「やきいも やきいも おなかがグー♪」と手遊びを始めたり、感情を素直に表現してくれる三葉っ子を次に待っていたのは劇団バクさんの人形劇です。

D929F318-060F-4FFC-A477-5B00027CA8C84B552B50-B27B-4307-936F-0B362AE6C8BC

いつものホールに舞台が設置され「ドキドキするね。」と言いながら席につき、みんなで「もういいか~い!」と言うと「もういいよ~!」と劇団バクさんの『ハタハタさん』の登場です。さすがプロのハタハタさん、表情から動きまで役者さんで子ども達は引き込めれ、手遊びや歌を大笑いした後、いよいよ人形劇『ねずみの嫁入り』がスタートです。楽しい歌と踊りが始まると自然と手拍子が起こり、ねずみのネネちゃんからクイズを出されると声をそろえて答えます。始まる前に「怖くなったら友達の手をにぎったり…。」とハタハタさんからアドバイスをもらっていたのを覚えていた年長組のM君は大きな目をギョロギョロさせる太陽が出ると、びっくりしてそーっと隣の子に手を伸ばして握ってもらっていました。劇の内容や楽しかったお話はおうちで聞いてみてください。発表会で劇をすることを楽しみにしているAちゃんは「今日の劇、すっごい楽しかったね!どうしたらあんなに楽しくなるんか聞いてみたいね。」とやる気満々です。発表会も楽しみになってきました。

63D113F5-DC1E-49FF-96A5-997623F147420CC2F3C0-8B8A-4E99-825F-E81281224355B9ACF333-A30D-46F2-85D7-3D1C9014737F

人形劇が終わった後、幼稚園の給食と焼き芋を味わってもらってお別れの時間になった2時ごろ、「劇団バクさんが帰られます。」と放送があると、笑顔で続々と子ども達が1階2階テラスや園庭に集まり「ありがとー!」「またきてねー!。」「楽しかったよー。」と思い思いの言葉で送ります。それに最後まで答えて手を振ってくれる劇団バク皆さんの温かさに嬉しい気持ちでいっぱいになりました。とっても素敵な一日をありがとうございました。

IMG_0375IMG_0378IMG_0384

子ども達に聞きました。「楽しかった~?」「楽しかったよ~。」「幼稚園はいつも楽しいよ~!」「お家ではイヤなこともあるけどね~。」教師達にとっては最高の嬉しい答えが返ってきました。

トラックバック
コメント (「とっても素敵な1日 ~劇団バクさんが来園されました~」      ちゅうりっぷ組 河野拓成 はコメントを受け付けていません)

2017年11月29日 水曜日

今日はあいにくの雨天でしたが、朝は小雨だった事もあり、先週から穴を掘ったり新聞紙やアルミホイルを持ってきたりして準備をして楽しみにしている子どもたちのために焼き芋をすることにしました。今日は、さつま芋の数を半分にしたので包む作業は年長さんと年中さんがすることになりました。そこで、年少は交代で洗う係をすることにしました!そして、ワラで作ったたわしを使ってお芋をクルクル回しながら洗っていきました。子どもたちは、何個か洗うと後ろに並んでいる友達と交代したり、並んでいる人がいなければ続けて洗ったり、その時々の状況に合わせて臨機応変に動いていきました。お芋を洗って手が冷たくなった子どもたちは、焚火に当たって温めました。

IMG_1813IMG_1817IMG_1838

IMG_1844

温かい焚火は雨が降り肌寒さを感じる今日にピッタリです。年少児が洗ったお芋は年中児、年長児の手によって濡れた新聞紙とアルミホイルで包まれて、火の中に投げ込みました。コントロールの良い子は園長が火の所でバッターになると上手に投げることができました。落ち葉で被せて落ち葉炊きの体験もしました。

IMG_1834IMG_1836IMG_1832IMG_1831IMG_1827

 

そして、一番重要な”焼く”という工程を赤コースの先生にお願いして、本日もう一つのイベントである人形劇を観ました。

 

今年は「花さかじいさん」の人形劇を観ました。たくさんのこあら保育の方々にも参加して観劇して頂きました。人形劇をして下さる劇団バクさんは東京から来てくれています。導入の手遊びでは、教師もいつも勉強させられます。子どもたちは「きゃあきゃあ」言いながら楽しんで、その世界に引き込まれていくのです。「花さかじいさん」の人形劇も年少の子どもたちも1時間も集中して観劇していました。

IMG_1856IMG_1859IMG_1850IMG_1861IMG_0949IMG_0950IMG_0957

 

すみれ組では、お部屋に帰ってから「花さかじいさん」の絵を描くと、それぞれが好きな場面を描いていました。よく見て理解できていて、見ただけでその子の興味のもった部分を表現できていました。”ぐんぐん伸びる木”や”桜の木を眺めるおじいさん・おばあさん””ポチとおじいさん”など、次々に絵を描いていて、人形劇からとても楽しい時間になりました。

IMG_1870IMG_1871IMG_1874IMG_1877IMG_1879IMG_1875

 

 

 

人形劇の後は、赤コースの先生たち焼いてくれた焼き芋が完成していました。感謝の気持ちをもって、ほくほくの焼き芋をいただいて、自分たちで収穫して、洗ったさつま芋を食べて満足な子どもたちでした。こあら組さんも焼き芋を食べた後、焼いてくれた先生方に「ありがとう」とお礼を言って帰っていました。

IMG_1867IMG_1866IMG_1868

トラックバック
コメント (人形劇「花さかじいさん」を見たよ すみれ組 濱本果穂 はコメントを受け付けていません)

2011年11月17日 木曜日

 登園して来ると年少児達が先日植えたチューリップに向かって「おはよう」と元気よく挨拶をしていました。昨日、子ども達にチューリップはみんなの声が聞こえて、声をかけてもらうと嬉しくなって早く大きくなろう、きれいなお花を咲かせようって頑張るんだってという話をしていたので、よく覚えていて挨拶をしていたのでした。年中組の教師に、「チューリップさん声が聞こえるんよ。」「お水いっぱいあげたらいかんのよ。」「みんなが年中さんになったら咲くんよ。」と嬉しそうに話す姿がとてもかわいらしくて思わず笑ってしまいました。

    

 そして、今日は人形劇の日でした。岡山から劇団バクのお兄さんやお姉さんが今年も来てくださったのです。子ども達はとても楽しみにしていて昨日は「花さかじいさん」の話をお家の人に素話で聞いていた子もおり、期待が更に高まっていました。私達教師も昨日の職員会で花さかじいさんがどんなストーリーだったかを話していましたが、知っているつもりが意外と細かいところがあやふやで私自身もとても楽しみにしていました。

 人形劇が始まる前の手遊びでは、劇団バクのムラッチさんが盛り上げてくださり子ども達は一瞬で引き込まれていきました。子ども達も内容に入り込んで見ており、場面が変わるごとに拍手をしたり、「すごい」「かわいそう」など色々なところで反応していました。園児の座席の横に放送設備があり、担当の方が操作されていました。ライトがチカチカする時には、そこで機械を上げ下げしている様子が見え、いつもは見ることができないこんなところにも興味を持って見ていました。放送の方も子ども達の反応を振り返ってにこにこと見てくださっていました。

         

             

 お部屋に帰っても子ども達は興奮状態でそれぞれ色々な感想を話してくれました。お話の中から、「良い考えができる人は良いことが返ってくること、良くないことを考えている人は良くないことが起こること」を教わりました。

 お部屋に帰ると子ども達はお手紙を書いたりプレゼントの首飾りを作ったりして様々な方法で感謝の気持ちを示そうと楽しそうに活動していました。すみれ組の子ども達も友達と「イヌがかわいかったね」「桜がきれいに咲いたよね」と色んな場面を思い出しながら寄せ書きを描いていました。子ども達は「ありがとう」「また来てね」と自分の気持ちを伝えながらプレゼントを手渡していました。昼食もとらないで人形劇の片付けの後、子ども達の相手をしてくださり、ありがとうございました。

              

              

トラックバック
コメント (「人形劇を見たよ」 すみれ組 立川留美 はコメントを受け付けていません)

2007年11月26日 月曜日

114.jpg

今日は年に一度、子ども達が楽しみにしている人形劇の日でした。登園して来るなり「先生、今日は“三匹のこぶた”みるんよね」と楽しみにしている様子がうかがえました。
実は人形劇団バクさんは、関東と関西のエリア別に公演する題目が分かれていて、“三匹のこぶた”は関東の方でしかしていないのをどうしても子ども達には三匹のこぶたを見せてあげたいという思いから古森先生が交渉して下さって観劇できるようになりました。
三匹のこぶたは誰もが知っているストーリーですが、そのお話には子ども達に伝えたい内容がたくさん含まれています。それをプロの方がどのように演出し、子ども達に見せてくれるのか私達教師にとっても、とても興味深いものがありました。
三匹兄弟がそれぞれバラバラに作っていった家が壊れてしまい、残ったのは地道にコツコツ時間をかけて一生懸命作ったレンガのお家。そこで三匹が力を合わせてオオカミを追い払って幸せな暮らしを手に入れるのです。面白く、また、ドキドキしながら見ていた子ども達はどんどんお話の世界に引き込まれ、真剣な表情で見入っていました。
途中、オオカミに「子ぶたはどこへ行ったんだー」と聞かれて「知らないよー」と答えた赤コースの子ども達や、オオカミに「うそをつくな!!」と言われて「あそこにおるよ」と言ってしまった青コースの子ども達と、面白いかけひきもみられました。場面々で興奮したり、静まりかえったりと様々でしたが、どの子どももきっと心に残る人形劇だったのではないかと思います。
年長さんは毎年、人形劇を見たことが刺激となって2月の発表会に向けて気分が盛り上がっていきます。今年度はどう活かされていくのか楽しみです。
帰りのバスの中ではくじら組のYくんが「オオカミはウルフ、子ぶたはピッグだよね。あの時、本当に食べられるかと思ったんよ。でっかい口やったけん。」と友達と話していました。

29.jpg

昨日はエルピスサッカーの対抗試合がありました。三葉幼稚園には10名前後のAG、7チームに分かれ、4つのリーグから勝ち進んでみごとアミーゴスGが決勝戦に挑み、相手の東松山ハリケーンに先制されたものの同点に追いつき、最後は年中さんのRくんがみごと逆転のゴールを決めて優勝することが出来ました。
最下位から優勝まで様々な結果でしたが、子ども達は自分の力を出し切って楽しんでボールを追いかけていました。ごほうびに金メダルをもらったアミーゴスGチーム優勝おめでとう!!

39.jpg

トラックバック
コメント (人形劇を見たよ  ひよこぐみ・日野美雪 はコメントを受け付けていません)