幼稚園の日記(ブログ)

 Home /幼稚園の日記(ブログ)

2020年2月26日 水曜日

 

昨日の三輪車のトンネルが楽しくて今日も登園してきた子ども達がワクワクした表情で『今か今か』と待ち構えていました。しかし、昨日と違うことがありました。昨日はカラッと乾いた土だったのですが、昨晩降った雨で園庭はしっとり濡れていたのです。そこで、今日はそっと竹の棒を環境の一部として出しておきました。するとらいおん組のY君ときりん組のR君が真ん中から左右に分かれて、それぞれ線を引いてつなげ、「ここ難しくしよ!」「ここは曲がろう!!」とくねくねあり、デコボコありの道を作りました。「トンネルはこことあっちに置いて!」とY君が提案すると周りの年長児がさっとキャリーや柵を運び教師に手伝ってもらいながらトンネルを作りました。

CACE38FF-8859-45C2-A5A8-F725752CBAF8 0C2A39C9-AD3C-4E36-80C0-89A2C264D1E2

道ができた時点でさも当たり前かのように三輪車をすいすいこいでいた年少・年中児はトンネルの開通待ちで大行列を作っていました。トンネルが開通してもしばらくその混雑は続き、道路を人が渡れない状況でした。すると、さっきの竹を持ってきて「ここは横断歩道ね。」と線を年長児が引き、それを見た年少児はほっとしたように渡ることができていました。Y君が「信号がなっかたらこまるなぁ。」と一言つぶやくとひらめいたように走って小さな赤・青の三角コーンを取って戻ってきました。横断歩道には歩行者用の信号を付けました。しかし、Y君が本当に作りたいのは横に3つ並んだ自動車用の信号です。「ん~」と悩みながらトンネルの天井のイスの上に3つ並べておくと「あっ!わかったわかった!!」と目をキラキラさせながら白い三角コーンを2つ走って取りに行き椅子の上に置いたコーンの3つの内、2つにかぶせました。

EF554B6A-3963-44AC-AA3D-14189FC9CC7A EAF9A71A-C460-48E9-A862-307351AF81A2

16625D55-B365-49A8-99AA-E67936C4CB21 04979CD1-CAE5-41D4-B019-011810CF0258

『進め』の青のときは黄色と赤に白いコーンをかぶせ見えないようにする。『止まれ』の赤には青と黄色を隠す…というアイディアに見ていた教師たちは驚きました。その信号のアイディアはあっという間に広がり、くま組のA君達は信号のチカチカを表現しようとコーンをパタパタ動かすなど新しい発想も生まれました。「あ~ほんとおもしろい!」と大笑いしながら見ているとぞう組のO君が上手に駐車場を描いていました。今日の駐車場は一つ一つが囲まれているタイプです。1台出ると整理して止め直すR君はまるで大街道の駐輪場のおじちゃんのようでまたまた笑いました。どんどん停められていく三輪車の中にストライダーのような2輪車がやってきました。ポタンと倒れる2輪車、それをどうにか立てようとするT君とEちゃん。T君がキャリーを持ってきて立てかけるとEちゃんが「私いいもの持ってくる!」と園庭の隅に置いてある重しを持ってきて前後のタイヤの下に置きタイヤ止めとして使いました。見事に立った2輪車を見て「なぜ重しがそこにあることを知ってたんだろう…なぜタイヤ止めのことなんか知ってるんだろう…」と感心しすぎて疑問だらけの教師を尻目に2人は大喜びしていました。しばらくすると、どうしても混雑するトンネルの前後に迂回の為のバイパスも通っていました。暴走車やあおり運転を厳しく取り締まる道路交通隊も出てきました。

A4A11D04-F7C3-45E4-AE4A-7CFDA029DC2D

次々湧いて出る子ども達のアイディアに教師たちは楽しんで観察していて、時折子どもが必要とする道具を一緒に調達しか必要とされていないのです。中には子ども達に混ざって三輪車を「キャーキャー」漕いでいる教師もいましたが、昨日の園長の環境作りがきっかけで今日はこんなに発展しました。明日はどうなることでしょう。なにやら子ども達の中にはガソリンスタンドを作りたい。道の駅やお店を作りたいと言う子もいました。子ども達の主体的に遊び、『こうしたい!あぁしたい!』という要求を叶えてあげたいなと思います。

トラックバック
コメント (「続!三輪車のトンネル作り!!」 はコメントを受け付けていません。)

2020年2月23日 日曜日

2月21日金曜日に子育て支援スポーツ推進委員会のちびっ子スポーツクラブ・スマイルさんによる体力測定を行いました。今回は年長児対象で朝早くからスタッフの方が準備を始めてくださると子どもたちは興味津々です。「何が始まるの?」「ドキドキする。」と言いながら時間が来るのを楽しみに待っていました。

そして、いよいよ時間です。いつも、ひよこ組・たんぽぽ組・年少組にスポーツダンスを教えてくれ、預かり保育にも入って遊んでもらっている大好きな池本先生から説明を受けると「ハイ!」と元気よく答えました。

IMG_5346

第1種目はボール投げ!「太陽に向かってボールを投げてね。」と声をかけてもらい、思い切り投げました。中には驚くほど遠くに投げる幼児に対し「すっげー!」と声が上がりました。最高記録は15メートルでした。

IMG_5366

第2種目は25メートル走です。周りからの「〇〇君がんばれ!」の声援に押されるようにスピードが上がり迫力満点でした。そして、驚きの5秒台で走った子が、女の子1名を含めて7名もいた事が話題になりました。

IMG_5358

第3種目は両足連続飛び越しです。この種目はリズム感も重要です。焦れば焦るほどリズムが崩れてしまします。どの子も集中して臨んでいました。

IMG_5386IMG_5372

第4種目は鉄棒ぶらさがりです。これは何と言っても我慢が大事!応援にも後押しされながら歯を食いしばって頑張りました。最高時間、4分には驚かされました。

IMG_5379IMG_5373

年長になると友達の記録を意識したり、応援に答えたり、どの種目も楽しんでいました。そして、スタッフの方々もたくさん盛り上げてくださり、とても素晴らしい経験をさせて頂きました。測定結果は後日お知らせいたします。楽しみにしていてください。

トラックバック
コメント (「体力測定を行いました!」 年長組 はコメントを受け付けていません。)

2020年2月18日 火曜日

 お天気に恵まれた今日、年中児は秀野邸の畑へじゃがいもを植えに行きました。自分達で2つに切り、灰を付けた種芋を持って出発です。子ども達は穴を掘り、種芋を隠すように丁寧に土をかけていきました。

IMG_4106IMG_4108

 そんな中、りす組のHちゃんは土を撫でているので様子を見ていると隣にいた男の子に「よしよしした?」「入れたらよしよしするんよ。」と話しながらまた土を優しく撫でていました。きっとHちゃんだけでなく、年中児の優しさや思いのこもったじゃがいもは大きく育ってくれるだろうと思いました。

IMG_4110

 種芋を植え終わった子から12月に植えた玉ねぎの観察をしました。すると1人の女の子が泣き出したので理由を聞いてみると「自分が植えた玉ねぎがどこにあるか分からない」という事でした。そこで、今回植えたじゃがいもに目印を付けようと菜の花の方へと誘いかけました。菜の花は玉ねぎを植えた12月からより高く成長し、沢山咲いていました。するとその子の行動をきっかけに他の子ども達も大きい菜の花に興味を持ちました。その花は玉ねぎの時にも咲いていて摘んでお土産にしたことを覚えていた子ども達は菜の花を今回もお土産として持って帰ることにしました。自分で摘んだ菜の花をプレゼントにすると手いっぱいに持っている子ども達が次に何かを見つけました。子ども達の中には初めて見る子も多かった「つくし」です。初めて見るつくしにどこから摘んでいいのか分からず、つくしの頭だけ取る子どももいました。そのつくしが食べられると初めて知った子ども達は「焼くのかな?」「つくしごはんとか?」と大盛り上がりでした。

IMG_4122IMG_4125IMG_4129

 幼稚園へ戻り、ひつじ組では、年長児の卒園写真に参加していた園長先生に報告の手紙を書きました。その中には、「たまねぎのげんきがなかったです、どうしたらいいですか、おしえてください」と玉ねぎを見て枯れているのではないかと心配した子どもが書いたメッセージがありました。今まで言葉でのやり取りでしたが、文字が少しずつ書けるようになり、子ども達が分担し、3枚の紙にまとめました。手紙という形でも伝えられるようになったのだと子ども達の成長も感じることが出来ました。

IMG_4149IMG_4148IMG_4142

トラックバック
コメント (「じゃがいも植えに行ったよ」 年中青コース 大隅 咲 はコメントを受け付けていません。)

2020年2月16日 日曜日

梅の花も咲き始め春の近づきを感じられる今日この頃です。

ひよこ組の子ども達も元気に登園しています。
日々の成長が感じられる中で、お手伝いが喜びになっている子が増えています。
「お手伝いしてくれる人」と声かけをすると集まってきて、お昼寝の布団運びをしてくれます。
「よいしょ」「よいしょ」と運ぶ姿は頼もしく可愛いです。
午睡後のシーツも保育教諭が畳むと、押入に片付けている保育教諭の所まで運んでくれます。
「ありがとうRちゃんすごいネ」と誉めると、私も誉めてと、Wちゃん・M君も始めます。
誉めてもらえる事は、1歳児達のやる気を育てています。
遊びの中でOちゃんは、ぬいぐるみにハンカチをかけた後2つに折って持ち歩いていました。片付けのお手伝いの真似っ子です。
「おもちゃ片付けてネ」では、反応しない子も「U君お片付けお手伝いしてネ」と言うと始まるのです。
終ると「ハイタッチ」と「ぎゅっ」が待っています。給食の後の食器運びのお手伝いも誰がするかケンカになる程の人気なのです。
いっぱい誉めることによって、見せてくれる誇らしい顔は、輝いています。
日々の生活の中で、誉める事を増やしていきたいなと思います。

DSCN0518DSCN0553 DSCN0555 DSCN0569 DSCN0520 DSCN0550 DSCN0523

楽しみにしているお遊戯会が近付いています。

お部屋ではジョイントマットを敷いてステージを作って踊ったり、お面のベルトにお絵かきをしたりなど、気持ちも高まってきています。3Fホールまで月齢の低い数名はだっこですが、他の子はしっかり手すりにつかまって1段1段丁寧に上がっていき、足腰もしっかり鍛えています。
最初はなれないステージでの踊りは、不安な子や落ち着かない子も多かったですが、繰り返す事、誉める事で少しづつ慣れてくるにつれ、楽しみにしてる子も増えてきています。
22日は保護者の皆様を前にして、どんなハプニングが起るかドキドキですが、無心な子ども達の演技をお楽しみ頂きたいと思います。

DSCN0532DSCN0566DSCN0534DSCN0564DSCN0536DSCN0561

トラックバック
コメント (「お手伝い大好き」 ひよこ・もも組 松末華来子 はコメントを受け付けていません。)

2020年2月14日 金曜日

(さらに…)

トラックバック
コメント (「一つも同じものないね!」 きりん組 大政由衣 はコメントを受け付けていません。)

2020年2月9日 日曜日

 

2月3日は節分ということで、朝から子どもたちに「今日は、オニが来るから豆を作ろう」と声をかけると、「えっ!!オニ」「イヤだ~」と言いながらも広告や新聞紙を丸め始めました。一生懸命、丸めますが、手を離すとすぐに広がっていき豆になりません。豆じゃない形も出来て「ギュッギュッするんだよ」と保育教諭が握って見せると、自分なりにギュッギュッと力を入れてボール状に作っていました。1人1人力の入れ方が違うので形も様々でそれもまた、面白いなと思いました。

 

CIMG0445CIMG0446CIMG0450

 

 

 

 

 

保育教諭の「集まれ~」で集まって、豆まきの歌を歌いました。そのあと、節分の話をすると子どもたちは興味深そうに聞いていました。「オニさんが来たら豆をまくんだよ」と子どもたちに伝え、オニのお面を付けた保育教諭があっちから・こっちから入ってくると、子どもたちは笑いながら手作りの豆を次々と投げていました。中には、オニさんが近づくと泣き出す子や豆を投げられて目の前でオニさんが倒れると驚いて棒立ちになっている子もいましたが、他の子たちは、オニさんが逃げるまで無我夢中で投げ続けていました。オニさんが逃げると、子どもたちは満足して散らばっている豆を協力しながら片づけていました。子どもたちに、「オニ怖かった?」と聞くと「楽しかった」という答えが返ってきました。次の日、壁に貼っていたオニに向かって、また豆を投げては遊んでいる子どもの姿が見られました。A君は、小さな声で「オニはーそと」とつぶやきながら投げて、オニの顔に当たらないとカラー積み木を持って来て台にして顔を狙って当てていました。

IMG_3554IMG_3561IMG_3562IMG_3565IMG_3567

 

 

 

 

 

 

IMG_3569IMG_3583

CIMG0463CIMG0469

 

 

 

 

 

 

子どもたちは、新しい物に次々と興味を持ってかかわっていき、そこから色々な事を発想したり遊び方を工夫したりして自分たちで知恵や技術を獲得していきます。よく観察していると1~2歳の間に人として必要な様々なことの基礎を貯えていることに気付かされます。保育教諭たちも幼いながら次々と成長し続ける子どもたちの姿を見守り・学び成長していきたいと思います。

トラックバック
コメント (「お部屋の中に・・・」 ひよこ組  上田由梨 はコメントを受け付けていません。)

2020年2月7日 金曜日

今朝、登園したSくんが”おはよう”の次に言ったのは「先生、昨日何点やった?」の一言でした。次にバスを降りてきたMちゃんSちゃんKちゃんが駆け寄ってきて昨日の発表会がどれだけ楽しかったか、きゃっきゃと話していました。そして言ったのは「何点だろう?」

と、いうのも一昨日の発表会前日練習で一生懸命劇をした後に園長から95点をもらったからなのです。「明日の発表会では元気いっぱい、お客さんから拍手をいっぱいもらったら100点だよ。」と話してもらっていました。発表会当日は1番に解散だったので点数の話までしていなかったので気になっていたようです。MちゃんSちゃんKちゃんは走って事務所に行き園長に「何点だった?」と聞きにきました。すると「お父さんお母さんは何て言ってた?」と質問されました。「100点って言ってた!」と答えると「見ていたお客さんが100点っていうなら間違いない!100点ってすごいんだよ。100点以上はないんだから!」と言ってくれ大満足な3人でした。

IMG_5169

今日、椿号の絵本を借りに行くのに並んだ時も点数のことが話題になり、ぞう組とらいおん組で園長に聞きに行くと3人の時と同じように話してもらいました。又、「みんながお父さんお母さんに言ってもらった言葉を集めてみて?」と提案してくれました。

IMG_5196

部屋に帰って紙を渡すとみんな嬉しそうに鉛筆を動かしていました。「なくほどうれしかったよ H」「がんばっとったよ げきのあばれるところがおもしろかったよ S」「ぜんぶがんばっててうれしかったよ しょうがっこうにいってもがんばってね M」「よくがんばったっていってくれてありがとう よくことばをいえたねっていってくれてありがとう 100てんっていってくれてありがとう ままぱぱじぃじばぁば W」「おかあさんがね、なみだがね、でてね、めいくがおちたよ  ますくがしめったよ きらりきらりがかんどうしたよ F」こんなに嬉しい言葉をもらった子どもたちの表情のかわいいこと!満足感と自信に満ち溢れたキラキラした目で大きな紙に貼っていきました。のりを乾かすのに広げていると、子ども達が「○○ちゃんのどれ?」「これ○○くんのや!」と頭を寄せ合って文字を1つ1つ指で追いながら読んでいました。

IMG_5202IMG_5206

きりん組では同じように紙に書いているとRくんが「ねぇ、Y先生は何て褒めてもらったん?」と聞きにきました。「うーん。先生緊張しすぎて覚えてないな。でもみんなが頑張ってくれて嬉しいよ。」と答えると「先生はピアノ一生懸命練習して昨日まちがえんかったけんえらいね」と言ってくれたそうです。Y先生は涙が出るほど嬉しくて会議でその話題になりました。全教員それを聞いて心があたたかくなりました。

14A8F9A7-3BAA-471D-A51B-26755018C3DD

今日”嬉しい言葉集め”をしてみて思ったのは具体的に褒めることの大切さです。「上手だったよ。えらかったね」だけでなく「劇の○○がおもしろかったよ」「かわいい声で台詞が言えたね」等、子どもにわかるように具体的に褒めてもらうことで子どもはまた自分自身を振り返り満足して自信につながるのです。こうして褒めてもらい嬉しい言葉の貯金をどんどんためて一生の財産にしてもらいたいのです。”ご褒美に今日はごちそうよ!”、”ご褒美のプレゼント”も悪くないとは思いますが、それよりも他の何にも変えられないお父さんお母さんから具体的で内容のある嬉しい言葉をかけてあげてほしいねと教師間で話し合いました。今日「お家に帰ってもう一回聞いてみる」と言っていた子もいました。褒め足りない、もっと伝えたい!と思ったお父さんお母さん、土日でたくさん言葉をかけてあげてください。子ども達にとってはお父さんお母さんの嬉しい褒め言葉は一生の宝物になります。大人になったとき、心の中に宝物がいっぱい詰まっている人は幸せな人生に違いないと思うのです。

トラックバック
コメント (嬉しい言葉集め らいおん組 富田瑞穂 はコメントを受け付けていません。)