幼稚園の日記(ブログ)

 Home /幼稚園の日記(ブログ)

2019年7月19日 金曜日

今日は、一学期最後の日 終園式でした。子ども達も明日 夕涼み会があるということで、何かあるのかと期待して集まってきました。会議室では園長の話や7月21日以降の誕生児のお祝い、そしてみんなで「うみ」の歌を歌った後、明日は夕涼み会と言うことで、全員で盆踊りを踊りました。園庭で円を作って、毎日踊ってきたのですが、さほど広くない会議室でプレ年少さんを真ん中に、その周りを取り囲むようにして踊って、自然に円になっていくように園長が指示をしてくれました。全園児が丸くなったところで、太鼓の合図で盆踊りが始まりました。明日はいよいよ待ちに待った夕涼み会と言うこともあって、元気いっぱい手を伸ばして、「ぴっ ぴっ ぴっ」「右肩あがりです ひょい」等、元気いっぱい歌いながら踊る姿が見られました。実際、雨が降った時、盆踊りを会議室で踊れるかということもあり、園長先生の素敵な案で踊ることが出来ました。そしてクラスごとに集まる時も、子ども達はしっかり自分の先生を見ていて、そこに集まることが出来ました。当日は、雨が降ってもみんなが踊りを楽しめるのではないかと思います。雨が降らなければ、外でやぐらを組み、その周りで赤コース、青コースで元気いっぱい、笑顔いっぱい踊りたいと思います。

P1010653P1010656P1010657P1010658P1010659

その後、各クラスに戻ると夕涼み会にどんなお店がどこにあるのかみんなで探検に行きました。「ここは 先生のお店」「宝石やしゃぼん玉等がある」と話すと、「指輪 ある?」「買いに行こう」と友達を誘う姿が見られました。昨日まで遊びの中でカラオケをしていた子ども達は、「夕涼み会でもあるよ」と話すと、「ドラえもんの歌を歌う」と楽しみにしている子もいました。お化け屋敷では、「お化けがいるよ」と言うと、「怖くないもん」と胸を張る子と「お化けがいるの?」とちょっぴり不安そうな子の姿も見られました。そしてくじびきコーナーでは、「くじ 知ってる」「こうやってとるんよね」とやって見せてくれる子もいました。最後にいつも水遊びをしていたプールに行くと、「先生 お魚がいる」とさかなつりコーナーになっていることに驚いていました。さかなつりコーナーでは、釣り竿の約束、プールサイドでの約束など話しました。どのコーナーでも入り口と出口があることに気付き、「明日 一緒に来るお母さん お父さんにも教えてあげてね」と話すと「うん ゆっとくね」と心強い言葉が帰って来て、夕涼み会がとても楽しみにしているようでした。

P1010662P1010661P1010663P1010664P1010665

子ども達が帰った後、役員さん、担当の保護者の方々と一緒に、明日みんなが楽しめるように準備してきます。明日は、普段と違った浴衣や甚平等かっこいい・かわいい格好をして来てくれるのを楽しみにしています。

トラックバック
コメント (明日は 夕涼み会!  さくら組 谷川幸実 はコメントを受け付けていません。)

2019年7月18日 木曜日

今朝登園してきた子どもたちが部屋に入って騒いでいました。実はお部屋の様子がいつもと違っていたのです。それに私も加わってクイズを出しました。「今日はどうして青いシートが敷いてあると思う?」と子どもたちに聞くと、「今日はお店ができるから!」とちゅうりっぷ組のKちゃんが答えました。昨日、ちゅうりっぷ組の部屋がお店屋さんに変わるため、ちゅうりっぷ組のみんなで掃除をしたのです。Kちゃんは昨日の出来事をしっかりと覚えていたのでした。また、テラスの壁や窓には、くじびきや先生の夜店、カラオケなどの表示も出ていて、子どもたちは「ここでくじびきするん?」とくじびきコーナーの部屋に行ってみたり、先生の夜店の部屋にいってみたりとわくわく、どきどきした気持ちであちこちの部屋を訪ねて歩いていました。年中児が飾り付けをした「ゆうすずみかい」の素敵な表示も今日から飾られていて、子どもたちの気持ちも夕涼み会への期待へと高まってきているように思いました。

IMG_0841IMG_0895

今日は、土砂災害によるひき渡し訓練がありました。今回は、警戒レベル3を想定した訓練を行い、子どもたちは、3階の会議室へ避難しました。園内放送が流れたとき、不安で泣いてしまう子どももいましたが、避難する際は担任の先生の話を聞いて落ち着いて避難することができていました。会議室に全員が避難し、人数点呼をし終えると、園長の話がありました。今回は土砂災害の訓練であり、実際に起きた場合を想定して動くことが大切であるということを話してくれました。今回の訓練だけではなく、火災や地震、不審者の訓練の際も実際のことを想定して行動することを私たち教師が意識して行動することが大事だと思いました。

IMG_0919

 

その後はお迎えに来られた保護者の方から順に子どもをひき渡していきました。「今日はお母さんが早くお迎えに来てくれるんよ。」と嬉しそうに話していた年少組のTちゃんでしたが、なかなか自分の名前が呼ばれず不安そうな表情をしていました。しばらく待っていると、自分の名前が呼ばれ、お母さんの顔が見えた時には、とても嬉しそうにお母さんに抱きついていたのが印象的でした。

今回の訓練はお昼休みの時間帯に行っていたこともあり、仕事の合間を見て訓練に参加してくださった保護者の方や13時ぎりぎりに駆けつけてくださった方もいました。13時のお迎えの子どもたちには、幼稚園に備蓄している非常食の中から、ビスッケトを分け合って食べました。

IMG_2349IMG_2347

訓練ではなく、実際に災害が起こった時には、保護者の方がお迎えに来られるまでは、子どもの身の安全と、体調管理、心のケア等、自分たちがどうしなければならないのか改めて考え直すことができた訓練でした。今後も、南海トラフ地震、大雨、台風等、気をつけなけらばならない災害が起こりうる可能性が十分にあります。今回の訓練を機にご家族との連絡の取り方や、避難方法等、話し合うきっかけになれば嬉しいなと思います。

ご協力頂きました保護者の皆様ありがとうございました。今回残念ながらご参加頂けなかった皆様には今後の非常災害時に際してのご協力よろしくお願い致します。

 

 

トラックバック
コメント (「避難訓練をしたよ」ちゅうりっぷ組 石川結妃乃 はコメントを受け付けていません。)

2019年7月14日 日曜日

暑い日が続いていますが、ひよこ組の子供達は毎日元気です。
登園してくると楽しみにしているのが出席ノートのシール貼りです。
名前を呼ばれると、自分の名前ではない時も駆け寄ってきて、保育教諭が持っているシール台紙を覗き込んでいます。
子供達は、ノートの日付が分からないので、そこを指差し確認をするのですが、いざ貼るようになると別の場所に貼っている子もみられます。
Kちゃんは「ここよ」と指差して、友達に教えていますが、その場所が違っていて、見ていると、とても可愛いです。
何種類かあるシールを、どのシールにしようかと、じっと見て考えている子もいれば、毎日決まって同じシールを選ぶ子もいます。
上手に貼り終えると、保育教諭が拍手をすると、今度は友達が貼ると、同じように拍手をする子もいます。
朝のとても微笑ましい場面です。

IMG_0986 IMG_0987 IMG_0989 IMG_0990IMG_0988

今日は室内にビニールプールとタライを用意しました。
保育教諭が運んでいると走ってきてT君が手伝ってくれました。
それを見てRちゃんMちゃんも「よいしょ!よいしょ!」と手伝い始めました。
もも組の部屋にそれを置くと、すぐにみんな集まってきて中に入り始めました。
ビニールプールの中にいっぱいぬいぐるみを入れタライの中には、ボールをいっぱい入れました。
全身を使って遊ぶことのできるボールプールは、子供達に人気で、ボールの中で手足を動かしたり、投げたり、かき集めたりしていました。
手足を動かすたびに動く、ぬいぐるみやボールに、子供達は目をキラキラさせていました。
歩き始めたばっかりのU君は、ぬいぐるみの動きが楽しくって、足をバタバタさせて喜んでいました。月齢の高いT君が入ってきて、ぬいぐるみをだっこしたり、頭に乗せたりするのを見て、U君も同じように真似て顔を見合わせて笑っていました。
MちゃんとHちゃんは、一緒にボールプールに入り渡したり渡してもらったりしながら「これー」「はい」「はい」とやりとりを楽しんでいました。狭い空間の中で芽生えた仲間意識の始まりです。
スポーツダンスでお片付けの時に色合わせをしているのをヒントに保育教諭が「赤」と言ってボールを持ち上げると、Rちゃんも赤いボールを持ち上げる事が出来るようになりました。
Aちゃんは、青いボールを「あか」と言って持って笑顔で見せてくれました。
毎日の遊びの中で頭、身体、心が成長していく子供達を見るのはとても楽しく、嬉しく思います。
又、明日も可愛い発見が楽しみです。

IMG_0991 IMG_0992 IMG_0993 IMG_0994 IMG_0995 IMG_0996 IMG_0997

トラックバック
コメント (「毎日楽しいね」 ひよこ組 松末華来子 はコメントを受け付けていません。)

2019年7月12日 金曜日

昨日、いつも屋外遊ぎ場で学童保育やぴよぴよちゃんたちと活動している三好先生から幼稚園の子ども達に屋外遊ぎ場の桃がたくさん生っているよ、とお知らせのお手紙が届きました。

遊ぎ場の果樹園の桃が食べ頃だと聞き、園長が「お散歩に行って私だったらぱくっと一口お味見して帰るわ♩」とつぶやきました。終園式に向けて様々な活動がある中で、今一番子ども達にさせたいことはなんだろう…?それをするためには他の時間をどう使おう…?と教師間で話し合いました。

IMG_2442IMG_2445

今朝、青コースの子ども達に「屋外遊ぎ場に桃ができてるんだって!」と話すと「桃食べたーい!桃とりにいこー!」と盛り上がっていました。遊ぎ場の上の段々畑に上がると「これが桃の木…?」と不思議そうな顔でぽつり。それもそのはず。桃の実には学童保育の小学生が一つ一つ丁寧に袋をかけてくれていたのです。

IMG_2454

園長が桃の木を前に「大変です!」といろんな話をしてくれました。甘い匂いに誘われてかわいいきれいなピンク色の桃がカラスや虫に狙われていることや、食べ頃を逃してしまった桃は黒くなったりお汁が出たりして食べられなくなってしまっていることを話してもらいました。又、「他にも何だか変わった木があるよ。」と尋ねられるとぞう組のNちゃんが「木に包帯巻いてるね」と答えました。幼稚園のテラスの木も木のお医者さん(植木屋さん)が来てくれてベタベタの樹液を止めるために切ったり包帯を巻いたりして治していることを教わりました。包帯を巻いている木の桃の実は小さく、緑色でカチカチでした。

IMG_2456

その後、食べ頃の実を年長児が取らせてもらいました。実を優しく持つと食べ頃の実は、ぽんっ♩と木から外れます。「わぁ!とれた!!」と嬉しそうに袋の中を覗き込むと、ぷ〜んと甘〜い良い香りがしました。らいおん組のAくんやぞう組のAくんは近くにいた年少さんや、教師に「いい匂いがするんよ〜!!」と嬉しそうに見せたり匂わせてあげたりしていました。桃の甘い香りにうっとりしていた子どもたち、果樹園から下に降りると三好先生や兵頭先生がもぎたての桃を切って待ってくれていました!

IMG_2461

‘お味見’として大きな!一口をもらうと子ども達の表情が一瞬で‘おいしい顔’に変わりました。「あま〜い!!」「おいしいねぇ」「桃だぁ〜!!」と顔を見合わせ、ほっぺに手を当て嬉しそうにきゃっきゃと喜ぶ子ども達を見て、今日遊ぎ場に行って良かったなぁと改めて教師間で話し合いました。

赤コースは火曜日に行く予定です。良いお天気になることを皆さんお祈りください♩

トラックバック
コメント (「ももっももっ♩」 らいおん組 富田瑞穂 はコメントを受け付けていません。)

2019年7月10日 水曜日

    子どもたちが登園してくる頃には雨も上がり、今日も楽しく戸外遊びをすることができました。園庭には昨日の雨で水たまりがあちこちに出来ていました。子どもたちは雨上がりにしか出来ない水たまりに集まっていました。どんなにして遊んでいるか覗いてみると、、、土と水が混ざった感触を楽しむだけでなく、山を作ったり、手で丸めて泥だんごのようにしてみたりしていました。また、ひつじ組の女の子はさらさらの土で出来たドロドロの泥を運んできて集めていました。山盛りにして、そこをみんなで手でペチャペチャしながらクリームのような感触も楽しんでいました。一方でざらざらの砂を運んでくる子がいると「さらさらじゃないとだめ」と話し合いながらこだわりを持って泥遊びを楽しんでいました。

 6A789EB4-6C3A-4261-A3BB-6DAB372A5476FFDAF8D1-95A0-4FE7-BCAC-CC31937B64276FEF12F4-D355-4695-8B57-D6131D8D2025B6FE9BEF-5D18-47B9-8778-7D1A76A6BF78

    今日、うさぎ・ひつじ組合同で視力検査を行いました。まず、始めにうさぎ組の男の子から行いました。残りの子どもたちはひつじ組のお部屋で自由遊びです。うさぎ組の男の子たちはカンニングをしないように順番が来るのをドキドキしながらもきちんと後ろを向いて待つことができていました。また、検査を受ける子ども達は指された方向を指で示していましたがクラスの2.3人は「右」「左」と口で言うことができました。

994C395C-1D4E-4905-8C6C-FF10C6EB91BD

   待っている間の自由遊びでは、ブロック、ままごと、粘土、廃材遊びでそれぞれのコーナーがあり、子どもたちは自分のしたい遊びを選んで好きなコーナーで遊んでいました。廃材遊びのコーナーでは「これ使う人手あげて!」とひつじ組のTくんが中心となり、子どもたちの家から持ってきた廃材を譲り合って遊んでいました。どのコーナーもクラス関係なく子どもたちで遊びを展開していて、お店屋さん、料理作り、家族ごっこをしてお部屋の中を散歩したり、子どもたちの世界が広がり、私はガリバーのようにその世界に入り込んだ錯覚にとらわれました。クラスの関係なく遊べたり、自分でしたい遊びを見つけて主体的に広げていける三葉っ子は頼もしいな、と思いました。

6D368845-10B5-486C-8610-FA87DFF630F0BB9D6872-C74F-4391-8D92-88117147ECF3DF3BB7DB-1352-44C6-B66C-E2D3918355BB

トラックバック
コメント (「雨がやんだら…?」 年中青コース 大隅 咲 はコメントを受け付けていません。)

2019年7月8日 月曜日

今日は曇り空で少し涼しく感じる朝でした。

そんな中ぱんだ組では、駐車場の畑に植えているきゅうりとピーマンを採りに行きました。先月びわを採った時に、その横の畑にピーマンやきゅうり、オクラが植えてあるのを見ていた子ども達は大きく育って実がなるのを楽しみにしていたのです。駐車場に着くと、子ども達の顔よりも大きくなったきゅうりの葉っぱを見て、子どもは「でっかい葉っぱ。」「葉っぱがチクチクする。」等と実際に触れ見て話し合っていました。

imageimage

 

下の方の葉っぱをめくってみると、そこには大きなきゅうりが隠れていました。子ども達は「めっちゃでっかいきゅうりや。」「こっちにもきゅうりがあるよ。」と少し興奮気味でした。きゅうりやピーマンは剪定バサミを使って自分達で収穫しました。びわを採っていた時に、ピーマンの苗を植えていたことを覚えていたWちゃんは「ずっと前はめっちゃ小さかったのにめっちゃ大きくなったんやね。」と言っていました。

imageimageimageimage

 

きゅうりが4本とピーマンが5個採れ、沢山取れたので「ぱんださんで食べよう。」と言うと、Nちゃん「こんなにはいっぱい食べれんけんみんなで食べたらいいやん。」とのひと言をかわきりに「たんぽぽさんにも持っていこう。」「年長さんにもあげよう。」ときゅうりは全学年で分けて食べることになり、ピーマンは後日給食で使ってもらうことになりました。

今ぱんだ組では、先日Nくんが持ってきていたちょうちょの蛹が羽化してちょうになったことから子ども達が虫にとても興味を持ち、園のパンジーについていた幼虫を4匹も捕まえて来て部屋で育て始めました。朝登園してくると、毎日幼虫を見ていた、Yくんが「先生青いやつにくっついて動かんなっとる。」と言ってきたので覗いてみると、1匹は蛹になっていてもう1匹は蛹になろうと葉っぱにぶら下がっていました。

imageimage

 

その動こうとしない1匹を見てYくんは「死んだんかな?」と心配そうにしていました。それを聞いたNくんが「違うんよ蛹になりよるんよ。」と言うと安心した様子で「次は女の子と男の子どっちかな?」と羽化を楽しみにしている子ども達です。

imageimage

 

今日の給食はぱん、やさいたっぷりナポリタン、ポテトサラダ、オレンジ、牛乳でした。

image

 

トラックバック
コメント (「みんなで収穫したよ」 ぱんだ組 澤近宏一 はコメントを受け付けていません。)

2019年7月7日 日曜日

梅雨に入り、保育室で過ごす日々ですが、ひよこ組の幼児達も元気いっぱい遊んでいます。

この日、新しく買ってもらった「いもむしトンネル」を用意すると、子どもたちは興味津々でもぐり始めました。急いでトンネルを伸ばしていると「早く!早く!」と言わんばかりに、どんどんトンネルの中に入っていきます。1人入ると、2人3人…と増えて出口の前のたまり場がいっぱいになりました。1歳児のAちゃんは、入る前に、トンネルの中が気になる様子で、入口から中をのぞいていました。保育教諭が反対側から「おいで~」と声をかけていると、トンネルの中にいた1歳児のBちゃんも真似して「おいでっ」と手招きをして誘っていました。Aちゃんは安心したように笑顔でトンネルをくぐることができました。トンネルの中をのぞくと、次々と満面の笑顔でハイハイをして、トンネル内を進んでいく幼児たちの後姿は、とても活気にあふれ、可愛らしく見ていて楽しくなりました。

IMG_8480 IMG_8489 IMG_8499 IMG_8476

IMG_8498 IMG_8534 IMG_8496

また、トンネルの先にある行き止まりになっている、いもむしの顔のところに集まって″ごろーん”と横になってみたり、友達とぎゅうぎゅうになりながらも、向かい合って座ったりと、1つのおうちのようになっていました。手足をのばして横になっても、すっぽりとその中に入れる幼児達を見て、体の小さい今だからこそできる遊び方だと思いました。繰り返し遊んでいるうちに、トンネルに入るときの「順番」を覚えて、1人ずつ上手に入っていくようになりました。また中に先に入った子が、声をかける姿やみんなで1つの場所に集まって笑いあっている姿が見られました。言葉はほとんどないですが、幼児同士で心を通じ合って、楽しく遊んでいることが分かり嬉しく思いました。

IMG_8516 IMG_8512 IMG_8520

トラックバック
コメント (「トンネルから、ばぁ~‼」 ひよこ組 小笠原美湖 はコメントを受け付けていません。)