幼稚園の日記(ブログ)

 Home /幼稚園の日記(ブログ)

2019年1月17日 木曜日

今日も園庭にはお正月遊びが出ており、登園してきた子どもたちはすぐに遊び始めていました。

IMG_2701 IMG_2706

羽根つきをしていたうさぎ組のI君たちは、はじめはなかなか羽子板に羽根を当てることができず、横から打ってみたり、上から打ってみたり、下から打ってみたり色々な方法で試していました。一緒に遊んでいたR君S君も次第に打てるようになり、相手に届くようになってくると、I君R君は「横から打ったら違うとこに飛んでいくよ」とまっすぐに飛ばないことに気付いてS君とK君に教えてあげていました。K君はみんなと同じように打てないので気が付くと羽根つきをしている友達の点数をつける審判役になって盛り上げていました。大人から教えてもらうよりも自分たちで試行錯誤してより良い方法を見つけて教えあい、身につけていく姿を見てその中で学ぶことが多いことに気づき遊びの大切さを改めて感じることができました。

IMG_2730IMG_2728IMG_2725

また、今日は年中のひつじ・ぱんだ組がミキスタディの子供達との交流がありました。朝は運動会以来の交流を思い返しながら年中4クラスでミキスタディさんと一緒に園庭で遊びました。すると子どもたちは「僕の事おぼえてる?」「一緒に遊ぼう」と声を掛け合ってお正月遊びをしたり自転車に乗ったりして遊び、嬉しそうでした。その後ひつじ組の部屋でゲームを楽しみ給食は手作り給食のぱんだ組さんで食べ、楽しいひと時を過ごすことができました。

IMG_2748IMG_2738IMG_2778IMG_2826

今日の給食のメニュー

胚芽米・はまちの照り焼き・筑前煮・なます・りんご

IMG_2837

トラックバック
コメント (「たくさん遊んだね♪」 うさぎ組 今岡美奈穂 はコメントを受け付けていません。)

2019年1月16日 水曜日

今日は、発表会の座席を決めるためのくじ引きがありました。

一家庭で二席となっておりますので 兄弟姉妹は、一緒にくじを引くことになっています。それぞれどうするのかおうちで兄弟による話し合いが繰り広げられていたようです。

昨日の帰り、バスに乗る前に年長のAちゃんとRちゃんは、「まだどっちが引くか決めていないからこれから帰って決めるんよ」と言って帰っていきました。今朝、聞いてみると結局決まらなくてくじを引く前にじゃんけんで決めるのだと話していました。兄弟のくじについては、毎年色々なエピソードがあります。

CIMG0223CIMG0221IMG_0489IMG_0482

この他にもさくら組のK君は、「お兄ちゃんが最後だから(年長さん)くじを引かせてあげるんよ」と優しい言葉をかけていました。また、ひつじ組のT君は、たんぽぽ組の妹Nちゃん」に「ひいていいよ」と言い、Nちゃんがくじを引くのをそばでにこにこと見守っていました。

また三人兄弟のHちゃん、Mちゃん、K君はじゃんけんをしてK君がくじを引くことになりました。「年少の時にはMちゃん、年中では、K君になったから年長さんになったらHちゃんの番よ。」と次への期待を妹に持たせてあげていました。それぞれの家庭でくじ引きを通して小さなドラマがあったようでした。

CIMG0222IMG_0491

また、年中さんの部屋では、こんな楽しい話も聞かれました。

くじ引きをしている部屋をのぞいた園長先生にぱんだ組のM君は、「古森先生も宝くじ引くの?」と声をかけたそうです。!!

周りにいた教師たちは、大爆笑!!でしたが子どもたちは、今日のくじ引きを本当の宝くじのように思っていたに違いありません。

こんな風に大切に思いながら引いたくじです。保護者の皆様には、子どもたちが引いた座席を愛おしく思っていただけるとありがたいです。もう少ししたらご案内状を子どもたちを通してお届けいたしますのでどうか楽しみにしていてくださいね。

今日は、公平にくじ引きが行われるように各学年それぞれの場所で役員さん方に最後まで見届けて頂きました。緊張しながら名前を言い、くじを引く子どもたちを温かい眼差しで見守って下さり声をかけてくださった役員さん方、本当にありがとうございました。

CIMG0226IMG_0493IMG_0499IMG_0505

さて、昨日から実習のお姉さん先生たちが3名来ています。昨日は初日だったので表情も硬かったのですが、今日は、表情も少し和らいで人懐っこい三葉っ子達と元気に遊んでいました。これから2週間、子どもたちとたくさん遊んで仲良くなってほしいなと思います。

IMG_0469IMG_0478IMG_0471

本日の健康情報・・・昨日と変わりはありません。手洗い、うがいをしっかりと行い、登園前の体温チェック、健康状態を観察した上でお子さんの体調の変化に十分気を付けてあげてください。

園でも手洗い、うがい、消毒、殺菌などしっかりと行っていきます。

トラックバック
コメント (「ドキドキ♡発表会のくじびき」  吉本 多恵子 はコメントを受け付けていません。)

2019年1月14日 月曜日

戦隊ものに憧れている2歳児たちは、自分達で変身の道具を考えて作るなど毎日元気いっぱいに変身しています。Bちゃんは「アンパンマンして~」と布を持って来ました。その布を背中につけてマントのようにしてあげると満足そうに今度はCくんの背中にマントをつけてあげていました。そして2人で背中のマントを見合って、にっこり笑っていました。1歳児のDくんはソフトブロックを次々と合体させていき、箱型の剣をつくっていました。上に上にブロックを合体させていくとどんどん長くなっていくことに気付き、夢中でつないでいました。幼いなりに興味関心のあるものに触れたり、かかわったりしながらその経験が頭の中のタンスに貯えられ、イメージとなって表現されていきます。1枚の布を見てアンパンマンのイメージを持ち、アンパンマンになった気持ちになる、ブロックをつないでいくうちに、どんどん長くなっていくことに気付き、それが剣や汽車のイメージとなり遊びのなかで表現されます。そんな幼児達のイメージを感じ取り表現しようとする思いに寄り添いながら見守ったり、援助したりして育ちを見守っていきたいと思います。

IMG_7975  IMG_7976  IMG_8061  IMG_8066

テラスの前に遊ぶスペースをつくって遊んでいると2歳児のAくんが柵と並べて置いているプランターの花を眺めていました。その目線には風がふくたびに花びらがひらひらと動いていました。私の目に気付いたAくんは「ちょうちょだ!」と指をさしました。ちょうはいませんでしたが、ひらひらと風で動く花びらがまるで本物のちょうのように見えました。Aくんが花びらの大きさを見ながら「大きいちょうちょ」「小さいちょうちょ」と指をさしていると他の幼児達も集まってきて「ちょうちょ、ここ!」と指をさしていました。「これは何色?」と保育教諭が尋ねると「あか!!」とAくんが答えると横にいた1歳児のBちゃんも真似して「あか!!」と言って指をさしました。その姿がとても微笑ましく思いました。花びらがちょうのように見えることからイメージしたAくんの表現に保育教諭たちも「なるほど~」と感心しました。大人は固定観念が優先して柔軟な発想に乏しくなってきます。幼児達の自由な発想と表現を大切に保育教諭も想像の世界を広げ楽しみたいと思います。

IMG_8081  IMG_8082  IMG_8084  IMG_8088

トラックバック
コメント (「みーつけたっ!」  ひよこ組 小笠原美湖 はコメントを受け付けていません。)

2019年1月11日 金曜日

子どもたちの戸外遊びは、その時期、季節で移り変わっていきます。

これまで、リレーやサッカー、交通ルールを守って三輪車に乗ったりしていた園庭ですが、今日は、朝早く登園した年長児がきりん組のJ先生とたこあげをして走っていました。手作りのたこが空高く飛ぶ様子をみ、次々と登園した子どもたちがたこ作りを始めました。たこ作りの部屋では、新聞紙を横4分の1、縦3分の1に折り、線を引いたところをハサミで切っていきました。好きな絵を描いたり、しっぽをつけたりと工夫して自分だけのたこができると喜んで戸外に出て走っていました。しっぽをつけるとよく飛ぶことに気付いて楽しそうに飛ばしている子もいました。たんぽぽ組の子どもたちは、4.5歳児が作って遊ぶ様子をしばらく見て、たこ作りの部屋に入りました。大きい子どもたちが、ハサミで切るのを見てたんぽぽ組の子どもたちも、ハサミを使うことに興味を持ちました。あまり、ハサミを使う経験がなかった子も、作りたいものがあると何とかして切ろうと頑張る姿が見られました。ハサミを開いて閉じる指の使い方も初めて経験する子もおり、思うように切れなかったり、線からずれたりしながらも、切った後は「できた!」と嬉しそうでした。毛糸をつける所は教師が手伝い完成すると、朝泣いて登園したYくんも走って飛んだことで、ニコニコ笑顔になりました。どの子も大切に部屋まで持って帰っていました。今日、カバンの中に入れて大切に持ち帰った子もいると思います。お休みの日に家庭でも作って、親子で遊んでみるのもいいと思います。

さて、トラックの外周をたこあげの子どもたちが走るその中には、テニスコートのようなラインが引いてありました。それは羽根つきのコートでした。「カン、カン」と羽根についたかたい「ムク」の実が羽子板にあたる音がとても心地よく響いていました。子どもたちはその音を楽しむかのように羽をついて遊んでいました。

年少児のYくんは、自分一人で羽根を打つことができるようになり、何度も何度も羽根をついていました。そこを通りかかった古森先生が飛んできた羽根を両手でそっと打ち返してくれて、とても嬉しそうにしていました。年長児はお互いに向かい合って、羽根を付き合うことができる子もいました。くま組のS先生も子どもたちと真剣勝負をしていました。ぞう組のN先生やらいおん組のM先生は、こま回しが上手でした。

年長児たちは大好きな担任の先生とお正月遊びを本当に楽しんでいました。

生活発表会の踊りやオペレッタの曲が流れ、年少の先生たちが笑いながら踊っていました。子どもたちが次々に興味を持って入ってきて、踊りを踊っていました。遊びの中で子どもたちのやる気を引き出しながら進めていきたいと思います。

imageimageimageimage

image

 

 

トラックバック
コメント (「楽しいな!お正月遊び」 たんぽぽ組 佐々木 恵 はコメントを受け付けていません。)

2019年1月1日 火曜日

明けましておめでとうございます。
平成31年も一日一日を大切に、楽しい保育を心掛けていきたいと思います。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

image

トラックバック
コメント (「明けましておめでとうございます」認定こども園 三葉幼稚園 はコメントを受け付けていません。)

2018年12月23日 日曜日

はやくも今年もあと数日となりました。ひよこ組の子ども達も毎日元気です。
天気の良い日は園庭やテラスに出て、おひさまからの太陽パワープレゼントで強い身体づくりをし、肌寒い日は室内遊びを楽しんでいます。

今日は室内で大好きなすべり台です。「片付けてーー」のかけ声がかかると次は何が出てくるのか、とても楽しみにしています。保育教諭がすべり台を運び始めると、直ぐに集まってきて「ワッショイ!ワッショイ!」と手伝ってくれます。
マジックテープをはずして組み立てる前には大集合でみんなで「大きな太鼓ドンドン、小さな太鼓トントントン」と歌いながらすべり台をトントンします。
はやく組み立ててと言わんばかりに目を輝かせています。
組立が終わると次々とすべり台に登っていきます。始めは上がる方向がバラバラで大騒ぎでしたが、上がり口の方向に大型ソフトブロックで道を作り、すべり台に繋ぐと何度か繰り返している内に1歳児達もルールが守れるようになりました。
道の途中で待っている保育教諭とじゃんけんをします。
「じゃんけんポン」ほとんどの子がグーですが、にこにこしながら手を出してきます。
H君はじゃんけんすると「あった~」と言って喜びます。「勝った」と言うことですが、いつもH君の勝ちになってしまいます。間違った方向から上がっている子に「あー」とか「ダメ」とか注意する子も出てきています。そして上まで上がると「バイバイ」と笑顔で手を振ってとても楽しそうに何度も繰り返していました。

DSCN0109 DSCN0114 DSCN0123 DSCN0129 DSCN0127 DSCN0119

今日は1歳児の部屋から事務所前のホールまで開放してカートに乗って遊びました。

カートは大好きでみんな早く自分の番がこないかなぁーと待っています。「かして」のポーズもここから覚えた子が多いです。1歳になったばかりのMちゃん、やっと歩き始めたところですが、カートに乗ってにこにこ笑っています。足を使ってバックすることを覚え嬉しそうです。始めは前進よりバックのほうが上手に出来るようです。月齢の高い男の子H君やM君は名ドライバーです。上手に方向転換をしたりブーブーと音真似をしたりしながら楽しんでいます。保育教諭が足トンネルを作ると喜んでくぐっていきます。M君が足で何度か蹴って勢いをつけたあと足を乗せて走っているのを見たSちゃん、足を上に乗せていましたが進まず困った顔をしていました。色々なことを本当によく見ていて真似っこの天才だなと感心させられます。何度も純粋に挑戦する事を子供たちから教えられます。
これからも小さな発見を大切に常に学び続けながら、子供たちと共に挑戦していきたいと思います。

DSCN0148 DSCN0146 DSCN0145 DSCN0143 DSCN0142 DSCN0141

トラックバック
コメント (すべり台楽しいよ! ひよこ組 松末華来子 はコメントを受け付けていません。)

2018年12月20日 木曜日

子供達は「おはよう!制服できたよー!」と元気いっぱい挨拶をして登園してきました。伝達もしっかりとできるようになり、2学期の成長を感じました。終園式では、園長が「鏡餅」の話をしてくれました。お日様やお月様のようにまん丸の鏡餅は良い事がいっぱいありますようにと「二十八」の日に飾ることを教えてくれました。ハの字は末広がりで頑張ったら良い事がいっぱいあるので、12月28日に飾るのだそうです。「二十九」の日は、苦しい「九」だから「二十八」なんだということも知りました。鏡餅の上のだいだいはみかんと違ってすっぱい味なんだけれど、おじいちゃん、おばあちゃんの代、お父さんとお母さんの代、子供の代、その次の子供の代と「代々続くように」という意味が込められています。今日、家に帰っておうちの方に教えてあげてねと言ってもらって帰った子供達からおうちの方に伝わっているといいなと思います。

IMG_3239  IMG_3233IMG_3243

又、冬休みの過ごし方も「イカのおすし」の歌と合わせながら話をすることで、子供達の頭の中にしっかりと残ったことと思います。短い休みではありますが、早寝早起き、三食しっかりと食べ、安全に楽しく過ごして3学期が迎えられるといいなと思います。

年を越す前に子供達と掃除をして綺麗になった部屋で、自分達で作った干し柿を1人1個ずついただきました。あんなに渋かった渋柿がお日様パワーを浴びてとても甘くなっていて、子供達は嬉しそうに食べていました。
IMG_3231IMG_3228IMG_3252

 

きりん組の子供達は帰りは友達や先生に「良いお年を〜♪」と元気良く挨拶して帰っていきました。1月は行く、2月は逃げる、3月は去る、と言われるように3学期はあっという間に過ぎていきます。各学年締めくくりの時期です。クラスでの思い出作り等、一日一日を大切に過ごしていきたいと思います。

トラックバック
コメント (「良いお年を〜♪」 きりん組 神岡会里 はコメントを受け付けていません。)