幼稚園の日記(ブログ)

 Home /幼稚園の日記(ブログ)

2018年4月23日 月曜日

新緑の季節を迎え、幼稚園もバスから見える景色もとても爽やかで気持ちがいい日が続いています。色とりどりのツツジの花が咲いていることに気が付いたバス登園の年少さんが「ピンクだね。」「かわいいね」と指差しながらつぶやいていました。少しずつ園生活に慣れてきた年少さんのかわいいつぶやきに心が和みます。

園内でもたくさんの植物、野菜が子どもたちの興味の的です。4月に卒園したくま組の子どもたちが去年の10月にまいたニラの種が芽を出し、冬の間ひょろひょろだったのが、だいぶしっかりニラらしくなってきました。くま組だったHくんの弟のIくんに「これ、お兄ちゃんたちが植えたんだよ。」と言うと「じゃあ代わりに水あげとく!」と言って友達を誘いに行きました。しばらくすると大きなジョウロを2人で重たそうに持ってきてたっぷり水をやってくれました。鼻を近づけて匂いをかぐと「ギョーザの匂いや~!」と言って嬉しそうに代わる代わるくんくんしていました。「ニラができたら古森先生にニラみそきゅうりを作ってもらおうね。」と約束していたくま組さん。卒園には間に合わなかったけど、しっかり在園児の友達が世話をしてくれているよ!!と伝えたくて同窓会がますます楽しみになりました。

CIMG5902 CIMG5904 CIMG5903

そして門を入ってすぐにある、プランターにはぽつぽついちごが色づき始めています。「早く食べたいな~、赤くなっていないかな~?!」と毎朝観察しています。先日青い実を採って年長さんから叱られ、園長や教師にしっかり話をしてもらった子どもたちはもう勝手には採りません。今日は年長のTくんが「7個赤くなっていたよ!」と報告に来ました。それを聞いた年中児たちが急いで見に行き、「イチゴとりた~い!!」と口々に言っていました。そこで「でも年長さんの方が見つけるの早かったからなぁ~聞いてみたら?」と言うと走ってTくんを探しに行きました。そして「年中がイチゴをとってもいいですか?」とTくんに聞くと快く「いいよ!」と言い、年長さんにはTくんから”年中さんがイチゴとってもいい?って聞いてたよ”ということを説明してくれると言ってくれました。みんなで踊りをした後、年中と年長を前にTくんやAちゃん、Yちゃんが一生懸命言葉を考えて説明してくれ、年長さんみんなが「いいよ!」と答えてくれました。大喜びの年中児は4クラスで集まって8個のイチゴをわけて食べました。年長さんのやさしさにあったかい気持ちになると共に、年中児も確実に三葉っ子の心が育まれていると感じました。「年少さんと年長さんにもわけてあげよう。」「みんなでわけっこするんよ」「先生の分もある?」口々に話す言葉に、この1年が更に楽しみになりました。これからも、様々な経験を通してお互いを思いやる心を育てていきたいと改めて思いました。

CIMG5900 CIMG5901 CIMG5905

今日の給食

・パン・具沢山味噌汁・サラダ・バナナ です。

トラックバック
コメント (野菜のお世話も任せて〜! りす組 富田瑞穂 はコメントを受け付けていません。)

2018年4月22日 日曜日

ペッタンコが大好きな幼児達は、シールを見ると目を輝かせてやって来てシール遊びを始めます。

保育教諭が、いろいろな形に切ったカラーシールを入れている箱を持っているのに気付いたSちゃんは「Sちゃんもする!」と全身でやりたいということを表現しながらやってきました。その姿を見たKちゃんやSくん、Rくんもやってきて早くシールが欲しいと我先に手を伸ばしてきました。今までは、チラシや新聞紙に貼っていましたが今日はトイレットペーパーの芯を見せると、またまた興味全開で「私にちょうだい!」と競争のように手を伸ばしてきました。そして芯を貰うと今度は箱の中から好きなシールを選び始めました。普段からシール遊びをしているSちゃんは、シールを選ぶと台紙を上手にはがして芯にペタペタと貼っていきました。一緒にし始めた子たちは、まだ上手くはがすことができず「あけてー!(はがしてー!)」と保育教諭のところに持ってきました。はがした物を渡すと自分の芯をクルクル回してどこに貼ろうか迷いながらペタッ...ペタッと貼っていました。何度かシールをはがして渡すことを繰り返していくうちに月齢の高い子たちは自分でやってみようとする姿が見られ始めました。

DSC03534

DSC03535

DSC03536

DSC03537

 

 

 

 

 

 

はがし方を見せながら教えてみましたが、まだ難しいようで台紙の端を折ったり指ですき間をつくろうと爪をたてたりしていましたが、思うようになかなかできません。まだ、指先を上手く使えない子ども達ですが、やりたい・やってみたいという気持ちを大切に繰り返し遊びを提供して手指の発達を促していきたいと思いました。

DSC03543DSC03545DSC03547

トラックバック
コメント (「上手にシール貼れるかな?」   ひよこ組 清水万実 はコメントを受け付けていません。)

2018年4月18日 水曜日

朝早く登園してきたさくら組のA君は、昨日園長からイチゴの話をしてもらったのを覚えていて、教師と赤くなっているイチゴ探しをしました。葉っぱをかき分けながら一つずつ指をさして数えて3個赤くなっていることが分かり、「イチゴが3個ある!」と喜んでさくら組の友達に教えていました。この3個のイチゴを誰が食べるか話し合った年長児が降園前に「イチゴを分けてください」と言いにきてくれ、目を輝かせてイチゴを待っていました。三葉幼稚園では何でもみんなで分けるというルールがあります。そこで3個のイチゴは調理師さんの手で120人分に分けられました。一人分は少ないですが香りをにおって「甘いにおいがする」と大切そうに一口を味わって食べる姿がみられました。

IMG_0228IMG_0236

仲良し会は、おひっこしゲームからのスタートでした!はじめは、自分のクラスの先生のところに集まり、そして「おとなりさんにおひっこし~♪」のリズムに合わせて隣にいるクラスの先生のところにおひっこしをしました。何度か繰り返すうちに、おひっこしをするのが楽しくなり、「次はあっちに行くよ」と指をさす姿がみられました。その後はトンピッピで並びました。この時、園長が「オニのポーズ」等と楽しくしてくれて子どもたちは、ニコニコで並ぶことができました。そして、年長児の真似をしながら「あくしゅでこんにちは」の音楽に合わせて、握手をしたり肩をトントンとたたいたりして年長児との触れ合いを楽しみました。お兄さんお姉さんがしている姿を見ることで、年少児も体を動かして踊ることができていて、影響をたくさん受けていることを実感できました。次は、待ちに待った玉入れをしました。各学年に合わせてカゴの高さを変えて、他の学年がしている時には、応援したり入った玉の数を一緒に数えたりしました。普段の遊びの中でたくさん玉入れをしていた子たちは、投げ方を工夫していてカゴめがけて投げることができていました。最後は年長児がかけっこをしました。お兄さんお姉さんが園庭を走りぬける姿を、年長児はずっと見ていました。

IMG_0237IMG_0242IMG_0244IMG_0245IMG_0243IMG_0256

会が終わった後は、全員で戸外でお弁当を食べました。今年度はじめてのお弁当で隣同士で見合いこをしたり、教師に「見てー!」と嬉しそうに見せにきたりする姿があり、お天気にも恵まれ、とても良い雰囲気の中で食べることができました。

IMG_0270IMG_0275

明日からも色んな学年とかかわりをもち、たくさん刺激をもらって、年少児も一つずつできることを増やしていきたいと思います。

トラックバック
コメント (「みんなでした仲良し会♪」 さくら組 上田有沙 はコメントを受け付けていません。)

2018年4月16日 月曜日

今日から通常保育がスタートしました。休み明けでしたが、元気いっぱい笑顔で登園する子供がほとんどでした。園庭には今日は金曜日とは違った玉入れが出ていて、少し何度が上がったものを年少さん達も好んで遊んでいました。園長がカゴの周りに白線を引くと、線の外から狙って投げますが…なかなかうまく入りません。上に投げて高い所のカゴに入れるという全身を使った遊びは子ども達の体力も知恵も更にパワーアップになりそうです。

IMG_0147  IMG_0148

先日、砂場に新しい砂が入り、今日は今日は泥団子を作る泥場の土がダンプカーで運ばれて来ました。ダンプカーの荷台が斜めになって砂がザザーっと落ちてくると、子ども達から大歓声があがりました。そして、今度は男の先生達が力強く砂を寄せてくれるのを見て、応援の声に変わりました。その応援の声に先生達も増すます力が入り、張り切っていました。その後、泥場からはみ出た土は年長児が大活躍でいろいろな道具をそれぞれが持って来て、泥場の中へ運んでくれました。年中さんに「お願いしまーす♪」と頼まれた年長児は得意げで「任せてー!」と張り切って作業していました。こういった経験をたくさん重ねて、頼もしい年長児にと成長していきます。

IMG_0167  IMG_0170

さて、今日から給食が始まりました。進入児にとって初めての給食のメニューは、

パン、野菜たっぷりナポリタン、コーンサラダ、果物、牛乳でした。

ナポリタンは子ども達が大好きなメニューなのでみんな口の周りをオレンジにさせながらおいしそうに食べていました。年少児の部屋も覗いてみると、上手にお椅子に座って、みんなで楽しそうに食べていました。明日はどんな1日になるのか楽しみです。

IMG_0184  IMG_0177

IMG_0179  IMG_0181

トラックバック
コメント (「年長さんに任せて~♪」 きりん組 神岡会里 はコメントを受け付けていません。)

2018年4月15日 日曜日

2歳児のAちゃんは、うさぎにえさをあげていました。カゴから野菜を持ってきては、うさぎ小屋の網の目にさしこんでいました。うさぎはお腹がすいていないのか寄ってきてくれません。「うさぎさーん!!食べていいよ?どーぞ!!」と呼びかけるのですが、うさぎさんは知らんぷりです。うさぎさんにふり向いてほしくて一生懸命、声をかけているAちゃんがとてもかわいくて、しばらく見入ってしまいました。その後もAちゃんはずっと声をかけていましたが、うさぎさんはふり向かず、ついにうとうとと眠り始めました。Aちゃんの声を聞いて他の幼児も集まってきて口々に「食べて!!」と声をかけていました。うさぎが寝ていることに気づかず、声をかけ続ける子どもたちに「うさぎさん、ねんねしよるよ」と声をかけると状況をつかめない様子で呼びかけるのをやめて不思議そうに見ていました。そして目をつぶっていることに気が付き状況が分かったようで、隣りの小屋のうさぎにえさをあげ始めました。

IMG_7331 IMG_7323 IMG_7325 IMG_7322

隣りのうさぎがえさを食べてくれると、みんな嬉しそうに、次々持っている野菜を「はい、どーぞ!!」と網の間につっ込んで食べさせていました。

IMG_7328 IMG_7329 IMG_7327

うさぎに声をかけながら、食べさせている幼児達の姿を見て、給食時の子どもたちへの日常の声かけも大切にしなければと改めて実感しました。又、幼児たちは保育教諭や周りの人々の言葉かけや会話から言葉を覚えていきます。1日1日の遊びの中で「楽しい」「嬉しい」「きれい」「おいしい」などの表現も含めた言葉かけをいっぱいいっぱいしていきたいと思いました。

 

トラックバック
コメント (「うさぎさんだいすき」 ひよこ組 小笠原 美湖 はコメントを受け付けていません。)

2018年4月13日 金曜日

入園して2日目の今日は、色々な帽子の色が集まった砂場が大賑わいでした。先日園長が、砂場にたくさんの新しい砂を入れてくれました。その砂は、サラサラで、手触りが良く、とても気持ちの良い砂なので、いつの間にか、子どもたちは、次々と裸足になって砂山を作っていました。また、カップや入れ物で型押しやケーキ作りがとてもきれいにできるので年少さんも楽しそうに砂で遊んでいました。製氷皿で型を作ったAちゃんは、「本物のチョコレートみたい!」と言ってみんなににこにこ見せていました。この白くてきめ細かいきれいな砂は、海外の深海から採れた砂なのだそうです。子どもたちが集まる楽しい場所として自然に集まり頭を寄せ合って遊ぶ姿を見ると本当に嬉しくなります。

CIMG5847CIMG5845CIMG5834CIMG5835CIMG5850

さて、年少さんたちのお部屋をのぞいてみると、どのクラスもとても落ち着いて遊んでいるので驚きました。ひまわり組さんは紙芝居を読んでもらって静かに見ていました。そしてその後、お楽しみ♪ 調理師さん手作りの炒り玄米を一粒一粒美味しそうに食べていました。お部屋をのぞいた私にもA君が「はい!あげる!」と言って一粒の炒り玄米をくれました。心のこもったその一粒の美味しかったこと。!A君ありがとう!

CIMG5870CIMG5865

また、集まっているちゅうりっぷ組をのぞいた園長が「前でお歌が歌える人はいる?」と声をかけると「は~い」と元気よく手を挙げたY君!たんぽぽ組の時は、ちょっぴり恥ずかしがり屋さんだったY君が一番に元気よく手を挙げて大きな声で歌を歌ったのだと教えてもらいました。私も急いで見に行くと、大勢の元たんぽぽさんたちが前に並んで歌っていました。中には、新入園児さんも混じってそれは楽しそうにみんなが歌っているのを見てそれぞれ、一人ひとりが頼もしく活躍していることをとても嬉しく思いました。

CIMG5885CIMG5886CIMG5884

おともだちいっぱい!皆で遊ぶと楽しいね!

CIMG5861CIMG5863

 

誰も泣いていません!この笑顔です♪

CIMG5882

園庭のイチョウの木は、新緑がまぶしくて気持ちよく、木漏れ日の間から小鳥の声が聞こえるような気がして見上げてふとみると・・・・かわいいたんぽぽの二人も並んでイチョウの木を見上げているではありませんか。「ことりさんいるかな~」と言っている姿を見てとても微笑ましく心が癒される様でした。週明け月曜日には、また子供たち皆がにこにこ笑顔で来てくれるように準備して先生たちみんなで楽しみに待っています。

CIMG5858CIMG5856

トラックバック
コメント (「お友達いっぱい♪みーんなであそぼ!」  吉本 多恵子 はコメントを受け付けていません。)

2018年4月10日 火曜日

今日は平成30年度1学期の始園式がありました。今年は桜の開花も早く今や園庭の桜の木は緑の若葉をつけています。去年、年中児が植えたチューリップも満開で子ども達の登園を首を長くして待ってくれていたかのように花びらをいっぱいに開いていました。そんな中子ども達は新しい帽子をかぶって元気いっぱい登園してきました。新しいお部屋に入ると自分のシールが貼られている靴箱やロッカーを見て嬉しそうに所持品を片付けていました。今日は幼稚園の始まりの日です。みんなが1年お兄さんお姉さんになる記念の日でもあります。始園式では、まず初めに古森先生から「進級おめでとうございます」と言われて期待に胸を膨らませながら、ドキドキしている様子で子ども達は「ありがとうございます」と答えていました。そして明後日から年少児が登園してきます。「今日泣いてきた人はいるかな?」「もっと泣いて来る人がいるけどどうする?」と聞かれると子ども達から「優しくする」「よしよししてあげる」と答えが返ってきました。そして靴箱が分からず泣いている子がいたら教えてあげるなど、進級してすっかり気持ちはお兄さんお姉さんになって胸を張って答える姿が頼もしいな思いました。そして今日は1年の出発! イチョウや桜の木の葉っぱみたいに元気いっぱい、優しい人になりましょう!と言ってもらって始園式が終わりました。image image image image今日は新しい担任に対して子ども達は様々な表情を見せてくれました。ニヤニヤしながら反対の行動をとってみる、小さい組さんの時から見ると信じられない位、お行儀良くお座りして話を聞いている子、先生のお手伝いが出来るよとばかり、想定外の行動をとって教師は怒るに怒れず…(気持ちがわかっているだけに) などなど、職員会では話題がつきません。子どもがいることの喜びや楽しみは教師をますます元気にしてくれます。

明日は入園式です。進級児はお休みになります。在園児の兄弟のお友達は代表として式に参加します。明後日も元気いっぱいの子ども達に会えるのを楽しみにしています。image

トラックバック
コメント (「H30・始園式」 ぞう組 二宮永実 はコメントを受け付けていません。)