幼稚園の日記(ブログ)

 Home /幼稚園の日記(ブログ)

2017年12月10日 日曜日

12月になり、プレ年少たんぽぽ組に4名入園したことで、ひよこ組の2歳児の部屋に空席ができたので、月齢の高い幼児が保育室を移動しました。普段から、1,2歳児の交流はあるので、特別に変化はないのですが、2歳児が多かった保育室に月齢の近い1歳児が入ってきました。

そんななか、2歳児のAくんがいすを並べて遊んでいると2歳児のHちゃんが縦に並べ替えていました。すると、1歳児のBちゃん、Uくんもやってきて両手でいすを持って並べ替え始めました。そしていすが縦に並ぶと、そこにめいめいが座りました。一人ひとり遊びに使っていたおもちゃやバッグを、落ちないように腕にぶらさげたり、ひざの上に置いたりして大事なものを落とさないようにしながら座っていました。一方ではいすが机代わりになり、1歳児のUくんとDくんは、いすの上にブロックを並べたり、積み重ねたりして遊んでいました。しかし、いすの上では思うようにブロックを並べることができないことがわかると、それを床の上に置いて、並べたりくっつけたりして遊んでいました。

CIMG1851 CIMG1852 CIMG1857 CIMG1860

保育室の各コーナーでは、1歳児と2歳児が、かかわりながら遊ぶ姿が見られるようになりました。2歳児が遊ぶ様子を見て、好奇心旺盛な1歳児は何でも真似ようと、すぐにそばにやってきます。毎月、新入園児が入園してくるひよこ組ですが、毎日安定した生活を送る中で刺激を受けながら成長しています。1歳児の部屋では、月齢の近い子だけになったので、ものの取り合いが起こるのもしばしばです。そんな中でも、自分の思いはしっかり伝えているようです。このような子ども達の成長を見守りながら、私たちも日々楽しみ、気付き、学んでいます。

CIMG1858 CIMG1859 CIMG1871 CIMG1872

トラックバック
コメント (「新しいお友達が来たよ」  ひよこ組 檜垣美恵子 はコメントを受け付けていません。)

2017年12月9日 土曜日

ふ今日の天気は朝から少し雨が降っていて肌寒い1日となりました。そんな中、図書館の下では1人、さくら組のS君が包丁ままごとをしていました。S君は上手に人参を小さく切って、昨日年長さんたちのお店やさんに行った事で、自分も「人参やさんです!」と言って電子レンジやガスコンロで料理を作っていました。そこに1人、また1人と増えていき、料理を作る人も増え、S君も楽しそうに友達と協力してご飯を作っていました。少しずつ年少児でも他の子と、協同で遊ぶことができ始めているので色々な遊びが友達と関わりながら出来るように見守ったり援助したりしていきたいと思います。

IMG_1331 IMG_1327IMG_1336 IMG_1337

今日は午前保育で個別懇談と言うことで、たんぽぽぐみの靴箱をたんぽぽのAくんBちゃんがほうきとちりとりを持って掃除していました。さくら組でも「お母さんたちがくるから、掃除しようね!」と言うとちりとりとほうきを自分たちで出してきて、机の下や壁の隅などを、自分で考えて掃いていました。また、オモチャの片付けもエプロンもきちんと畳んで並べて片付けることができ、さくら組の部屋はとても綺麗になりました。

IMG_1346 IMG_1359 IMG_1360 IMG_1362

 

来週には、ていれぎ荘にさくら組すみれ組と他の年中組年長組の青コースが行くのでさくら組とすみれ組で今日は集まり、練習をしました。おじいちゃんとおばあちゃんに見てもらうことをしっかり伝えて、「笑顔でするんよね!」と言って踊りをしました。来週しっかり練習して、元気をあげられるようにしたいです。

今日は寒い中懇談に来てくださった保護者の皆様ありがとうございました

トラックバック
コメント (「お掃除頑張ったよ!」 さくら組 今岡美奈穂 はコメントを受け付けていません。)

2017年12月7日 木曜日

今日は、いよいよ「三葉商店街」がオープンとなります。

昨日「しょうてんがい」を見学した年中さん、年少さん、たんぽぽぐみさんたちは、オープンする日をワクワクしながら楽しみに待っていました。

そんな今朝のこと・・・

「天気がいいから外に行こうよ!」とみんなを誘って外に出ようとした時、ふとテラスの隅でたんぽぽ組のMちゃん、Yちゃん、Kちゃんたちが座り込んで何やら楽し気に遊んでいました。座っている子たちの後ろをよく見るとトマトパックに何やら詰め込んだものをいくつも積み重ねておいてありました。そしてYちゃんたちは、包装紙を広げ、その上にブロックを入れたポップコーンの袋をきれいに並べていました。そしてMちゃんは、「お店屋さんなんよ」と言っていました。そんな満三歳児たちの姿のあまりにもびっくり、感動した私は、、そのあたりにいた教師たちに大声で知らせました。その知らせは、園長先生、そしてひよこ組の日野先生や檜垣先生のところまで届き、みんなが駆けつけてくれたのです。「買いたいけどお金がないの」と言う園長先生の手には、いつの間にか洗濯ばさみと粘土のお金(?)がのっていました。先生たちにお客さんになってもらって少しの間、満三歳児のお店屋さんごっこを楽しみました。先日年長さんのお店を少し見学しただけのたんぽぽさん達でしたが、こんな風にどんどん自分たちのの遊びの中に取り入れていく姿は、本当に驚きと感動でした。

CIMG3156CIMG3163CIMG3167CIMG3159CIMG3157

 

 

 

 

 

さて、いよいよ「みつばしょうてんがいが、オープンします!」という年長さんの放送が流れました。

たんぽぽさんたちもどこから聞いたのか「財布作らなくっちゃ!!」と廃材の箱を取り出したり、新聞紙や広告を折ったりしてオリジナル財布を作り始めました。12月に入園したばかりのSちゃんは、チョコレートの箱に新聞紙を折って作った紐をつけてかわいいバックを作っていました。「ボクもほし~い」と言って泣いていたY君を見て材料を集めて作ってあげているSちゃんの姿にまた感動しました。

CIMG3179CIMG3180

 

 

 

 

 

商店街オープンの際には、オープニングセレモニーとして「テープカット」がおこなわれました。

お客さんの大きな拍手でお客さん第一号が入店しました。

年長のお店屋さんは、「いらっしゃい!いらっしゃい!」と威勢の良い声で迎えてくれました。わけがわからないたんぽぽさん達が入っていき、銀行が大混雑すると警備員のH君がさっそうと現れて「はい!一列にまっすぐ並んでください」「ここは混んでいますのでこちら側にも並んでください」とテキパキとお客さんの整理をするH君やT君がとってもかっこよく見えました。

服屋さんでは、買いに来たお客さんに「この洋服が似合いますよ」と着せてみて「ちょうどですねかわいいですね」と言っていました。また、お花屋さんでは、スイトピー、チューリップ、ボタンなどたくさんの種類のお花がありました。「50円で変えるお花はありますか?」「私に似合うお花はどれですか?」などのお客さんからの質問に丁寧に答え選んであげていました。特別注文のたんぽぽの花は、その場ですぐ作ってくれました。

「こちらには美味しいドーナツとケーキがありますよ。」ケーキ屋さんのK君は、呼び込みに行き、お客さんを連れてきていました。また迷子のMちゃんをひまわり組の部屋まで連れて行ってくれていました。

ゲームコーナーも大人気で長い行列ができていました。ボーリングのゲームでは、全部倒れると景品がもらえるので、それを目当てに何度も並んでいる子がいました。

楽しい時間はあっという間!最後に玉ねぎ植えから帰ってきた年中さんたちが買い物をしている間にお昼になり、残念ながら本日は閉店となりました。年中さん年少さん、たんぽぽさん達は、今日のこのお店屋さんごっこを経験して明日からまた自分たちの遊びの中に取り入れていくのだろうと今からとても楽しみです。

ねんちょうさん、ありがとう!

IMG_1082IMG_1080CIMG2995IMG_2014IMG_2008IMG_2010

 

 

 

 

 

又今日は、年中さんが、生石農園に玉ねぎを植えに行きました。何と1300の苗を一人一本ずつ5本植えました。「大きくなってね」と言いながら、お水もたっぷり上げたそうです。

年中さんたちが心を込めて植えた玉ねぎ!きっと大きく成長するだろうと今から楽しみです。

年中さんありがとう!

y今日の手作りメニュー(芋ご飯・おでん・野菜の和え物・果物)

芋ご飯の芋は、とっても甘くておいしかったです。お変わりしてパクパク食べてい

CIMG3205

IMG_1754IMG_1755

IMG_2051

トラックバック
コメント (「みつばしょうてんがいオープン」    たんぽぽ組  吉本 多恵子 はコメントを受け付けていません。)

2017年12月6日 水曜日

今日は年長さんの変わりに年中のひつじ組と年少のひまわり組が合歓の木交流に行きました。サンタの衣装を着るので、制服でなくてもよいので、施設訪問に行くことは保護者に伝えず、“子ども達がどれだけ伝えることができるかなぁ?”と思いながら子ども達だけに制服のことを伝えました。MちゃんとH君は、朝着替える時に体操服が出ているのを見て、「ちがうんよ。おじいちゃんのところにいくんよ」と泣いて伝えたり、Y君は幼稚園が見えた所で思い出したようで「着替えに帰りたい」とお母さんに伝えたようでした。しかし、園に来てみると半分ぐらいの子が体操服だったので安心した様子でした。少しづつですが、伝達できるようになった事が嬉しかったです。早コースで来た子ども達は、少し歌などの練習をしました。最初は元気がなかったのですが、「何の為に行くの?」と聞くと「おじいちゃん、おばあちゃんに元気と笑顔とパワーをプレゼントする」と言ったので「じゃー、もう1回歌ってみよう」と言うと、大きな声で歌うことができていました。出発前にひまわり組さんみんなミニサンタに変身しておじいちゃんおばあちゃんのところに行きました。サンタの衣装を着た子ども達はとっても可愛くてワクワクしている様子がつたわってきました。

バスを降り、男の子1列、女の子1列に並びました。サンタの衣装を着た子ども達は、後ろから見ると同じ服と同じ帽子なので、男の子か女の子か分からなくて自分の並ぶ場所を見つけるのに大混乱していました。しかし、園長が「ドンピッピ」とリトミックの並び方のリズムで声を掛けるとしぜんに1列になり、とても上手に並ぶことが出来ビックリしました。おじいちゃん、おばあちゃんたちは、園長に幼稚園で一番小さい子達で、後2年幼稚園生活があります。と話してもらった事で最初から最後まで、ニコニコで手拍子して見て下さっていました。子ども達は、はじめの挨拶も元気いっぱい言うことが出来ました。また、“つながれわっしょい”では、おじいちゃんたちにも鳴子を渡すということで、少し離れている人にも気付き、渡すことが出来ていました。また、踊りの隊形移動で園長が「こっち来て、ここまわってね」と数人の子に言うと、その後ろをついて他の子も歩くことができ、円になった時も、「外を向いてね」と一言言っただけで、他の子も外を向いて踊ることができ、考えて行動することができていました。終わりの言葉は声が小さかったので、園長が「大きい声で言おうね」と言って言い直しをさせてもらうと、大きな声で言うことができました。最後はみんな一人一人と握手をしてさよならをしました。

IMG_1802 IMG_2026 IMG_2029 IMG_2036

しかし、その時です。最初から子どもたちが気になっていた、子ども達の正面に立っていたロボットに向かって皆が駆け寄っていくではありませんか、園長はそれを見て慌てることなく「すみません。子ども達は最初からこのロボットが気になっていたのでお話させてください」と断って皆を集めてくれました。ロボットに「ごきげんいかかですか?」と聞かれ園長が「悪いです」と言うと「手洗い、うがいをしましょう」と返事が返ってきました。子ども達はよく覚えていて、園に戻るなり、手洗いうがいをしている姿がありました。また、テラスのツリーがきれいで園長に声をかけてもらい写真を撮りました。

IMG_2038 IMG_1820

おじいちゃん、おばあちゃんの手あったかかったー。ニコニコで喜んでくれてたー。と子ども達はとても喜んでいました。初めての施設訪問でしたが、たくさんの子ども達の成長に気付くことができて、子ども達にとっても私にとっても、とても良い経験になりました。

青コースの年中・年長さんは、アイススケートでした。最初はまったく立てなかった子どもが最後は立って滑れるようになりました。

CIMG3150 CIMG3129 CIMG3117

今日の夕方、ひまわり組に新しいピアノが届きました。それに気付いた預かり保育の子ども達は大喜びで「どんぐりが歌いたい」「クリスマスの歌」などと言っていました。これから色々な歌を皆で歌っていきたいです。

IMG_2048

トラックバック
コメント (「一列並びドンピッピ」  ひまわり組 水木良美 はコメントを受け付けていません。)

2017年12月5日 火曜日

今日、赤コースの年中・年長児はイヨテツスポーツセンターにアイススケートに行きました。年中児のほとんどは、初めてのアイススケートで、12月に入ってからとても楽しみにしていました。この日のためにも、新しい手袋を買ったよと嬉しそうに見せてくれる子もいました。行きのバスの中では、平和通りにあるイチョウの木の葉が落ちていて、幼稚園のイチョウの木の葉はまだまだ残っているので、どうして同じ木なのに違うのかな?という話になりました。すると、ひつじ組のNちゃんが「風がたくさん吹いて落ちたんやと思う!」と言いました。又、Aちゃんは「向こうに見える木がすごく揺れているから、この場所は風が強いんよ」と風の方向と強さに気付いていました。帰りに園長ともその話をすると、太陽の当たり具合で生長の速さが違うのかなということを教えてもらいました。子ども達の観察力はすごいなと思いました。

DSC05743 DSC05746 IMG_1737

イヨテツスポーツセンターでは、初めて履くスケート靴はリンクの外でもバランスがとりにくく、みんなよちよち歩きでかわいらしかったです。今年は、イヨテツスポーツセンターの方が、リンクの中での立ち方、歩き方、転び方などを教えてくださいました。カメさんポーズでハイハイしてリンクに入り、カメさんポーズからかかとをくっつけて、カエルポーズにしたらすーっと立ってペンギンさんで歩く。氷の上でこの一連の動作をするのは一苦労です。子ども達は転んでも転んでも何度も挑戦し、立てた時のあの嬉しそうな表情は、何とも言えないなと思いました。年長児は、去年のことを覚えていて、中にはスイスイと滑れる子もいて、1年の差を感じました。普段なかなかできない経験をこれからもさせてあげたいと思いました。帰りのバスの中では疲れてぐっすり眠る子のかわいい寝顔もみられました。

IMG_1737 DSC05752 DSC05755

トラックバック
コメント (「転んでも転んでも」 ひつじ組 神岡会里 はコメントを受け付けていません。)

2017年12月4日 月曜日

12月になり、たんぽぽ組には新しい友達が7名入りました。1学期から来ているK君は、泣いているY君の手を繋いでお部屋まで連れて行ってくれました。すると、閉まっていた戸を9月から来ているM君が開けてくれました。周りの子ども達も手を繋いで入ってくるK君とY君の姿を見ていました。そして、部屋では使っていたおもちゃを取られるとK君は以前は泣いていたのに今日は「とられちゃった、でもいいんよ」と言って笑っていました。満3歳児でも集団で生活する中で、友達を思いやり、自分の思いをコントロールすることができてくることに驚きました。

遊びの中でも友達がいる喜びを感じています。「ねんどする人、手をあげて」「はーい!」と言いながら洗濯バサミで粘土をつまみ、原木からシイタケがにょきにょき出てきた所を作ったり、ブロックを大型積木の上に並べて、両側からパタパタとあおいでやきいもを焼く姿がみられました。それぞれの遊びに友達の輪ができて今まで体験してきたことが遊びの中に出てきていることにも驚きました。

IMG_1981IMG_1974IMG_1971IMG_2005IMG_2022

そして、今日は年長児のお店やさんの見学をしました。ゲームコーナーがあったり、アクセサリーやお花、お菓子などどれも買いたくなるような売り場の工夫がされていました。郵便局もあり、どんなことをするのか丁寧に教えてくれました。友達と一緒に買い物に行くのが楽しみです。

IMG_2006IMG_2008

そして、今日年中はチューリップの球根を植えるために自分の植木鉢に土を入れに行きました。その時「こんな所にー。」と園長がたんぽぽのわたげをみつけて「フー」と吹くと一つの種がふわふわと飛び地面にポトンと落ちました。「どうしてくるくる回りながら落ちると思う?」と聞かれると「種の方が重いから」などとそれぞれが考える様子が見られました。それからも、リリコがカラスに運ばれて畑の外に育っていることやニラは花に種が付き風でパラパラ落ちることなど植物によっての違いを実際に見ながら気づくことができました。そして、野菜を見ているとニラが黄色く細くなっていることも子ども達に投げかけてくれました。「みんなもお肉ばっかり食べて野菜を食べなかったらどうなる?」と聞かれ「風邪をひく」「元気になれない」と子ども達。そこで登場したのが先日の焼き芋でできた灰です。「この灰は熱い火の中にいたからばい菌もやっつけられてとっても良いものになってるんだよ。手洗い場を磨いてもピカピカになるんだよ」「その灰を土にまぜると土のばい菌もやっつけたり、栄養のバランスを取ってくれるんだよ。」と教えてもらいました。そして園長が「みててねー。」と「ぱー」とまきました。何度がまくとS君が「花咲かじいさんやー。」と気づき今日はみんなで花咲かじいさんになって灰をまきました。来年野菜が実った時には今日の出来事も思い出し、収穫を喜びたいと思います。

IMG_0980IMG_0979IMG_0986IMG_0984IMG_0987

<今日の給食>

IMG_2023

トラックバック
コメント (「友達と一緒に」 たんぽぽ組 佐々木 恵 はコメントを受け付けていません。)

2017年12月3日 日曜日

Aちゃんは、保育室で積み木で遊んでいました。そして平らで正方形の積木を見つけると、数枚持って来て、赤ちゃんの人形に1枚ずつ食べさせる真似をしていました。1つずつ「はい、あーん…もぐもぐ…おいしい?」と人形に声をかけながら食べさせる真似をしていて、まるでお母さんのようでした。食べさせる真似をしながら、Aちゃんも口をもぐもぐさせているその姿がとても可愛くて、しばらく見入ってしまいました。

IMG_6596 IMG_6599 IMG_6601 IMG_6603

2歳児のBくんは積み木を重ねて、床の上でゆっくり動かして遊んでいました。積み木が崩れないように、慎重に走らせながら、「これ飛行機なんよ、荷物運んでる飛行機!」と教えてくれました。動かしていると、重ねた積木が崩れるので、何度も作り直していましたが、積み木を十字に重ねて飛行機の形を再現していて感心しました。又、作ったものが何か言えるようになり、「なるほど」と幼児たちのアイデアに驚かされることもあります。

IMG_6605 IMG_6607 IMG_6609

テラスで遊んでいたCちゃんとDくんは、積木を積み重ねていました。そこで保育教諭が、縦と横にして重ねて見せると、じっと見ていましたが、それを見て、真似して自分達で同じように積み重ね始めました。それを見て、Eくん、Fくんも興味津々にやってきて同じように積み重ねていきました。そして高くなってくるとみんなで倒して、それがおもしろくて大笑いしていました。「積み上げてこわす」ことを繰り返して、楽しんでいる姿を見て、みんなで高く積み上げては、倒すことを楽しんでいて、1つの遊びになっており、友達同士でつながって遊んでいる様子がうかがえ、子どもと子どもの育ちあいを、かい間見ることができました。幼児同士の関わりを大切にし、言葉がけなど様子を見て援助できるようにしていきたいと思います。

IMG_6617 IMG_6615 IMG_6613 IMG_6612

トラックバック
コメント (「いろいろなあそび方があるね」 ひよこ組 小笠原 美湖 はコメントを受け付けていません。)