幼稚園の日記(ブログ)

 Home /幼稚園の日記(ブログ)

2021年11月25日 木曜日

今朝も冷たい風が吹いていましたが、子ども達は荷物を片付け園庭に出て元気いっぱい思い思いに遊ぶ姿がありました。
今日は、渋柿の皮をむいて干し柿を作る予定です。園児が揃うと、園庭で干し柿の話を園長がしてくれました。はじめに味覚の種類について子ども達に聞いていきました。「クイズで~す。甘い物ってどんなのがあるかな?」と聞くとお菓子も出てきましたが、三葉幼稚園で秋の味覚を楽しむ機会が多くなり、さつまいもやみかんなどが出ていました。「苦いものは?」の問には、夏に食べたゴーヤの名前が一番に出てきてみつばっこならではの答えが沢山出ていました。

063FB0BA-67E8-4B63-872C-D98C65C1F396
話の終わりには、教師による皮むき大会がありました。皮むきが始まると子ども達から自然に「◯◯先生頑張れ~」「負けないで~」の声があがっていました。

8520268A-D02A-4BF3-913C-074273E3390392FA3DD0-7CFF-436A-BE57-B43C4846BB51

次は、実際に小さく切った甘柿と、小さく小さく切った渋柿を食べ比べてみることにしました。はじめに口にしたのは甘柿でした。口にした途端「甘~い」「めっちゃ美味しい~」と口々に言っていました。

9DE98476-8ABF-458A-9E36-1A636A1ADDF47B4D2248-4CB6-464E-B903-AF1B9BE3062E5F666BB1-D480-4633-85E0-6B79C9C65FB258BB0248-D565-4ABA-995B-D5A4BBEEC5B7591A380D-46C6-4B9E-85CA-36171AE043C0ABA1ABAD-3305-4143-B57C-E330C9922D81

次に食べるのは渋柿です。渋柿を配っている時にどんな表現をするのかなと思っていると、すでに分かっている子どもが「先生次は渋いんやろ?」「美味しくないんやろ?」などと言っていました。食べた子ども達は「口の中がキュッッキュして掃除したみたい」「歯がツルツルになったよ」と面白い答えが出ていましたが、子どもの中には思っていた渋いとは少し違ったのか「あれ?先生美味しいよ」「先生甘いよ」と言う子どももいました。

C9348E03-3E43-4080-BF41-CA96E6C1BAF705B896C3-7C20-4D6B-A045-F33D3E1991528597ECFC-D6F2-4CBE-A01D-47FB02EC0BE73AF1CEBE-EFFB-40E1-BD6A-E8DFE8B07F35A1D394C0-A159-4800-8660-CB1A0D2A2DE2
年中児は昼食のあと、秀野邸の畑に玉ねぎを植えに行ってきました。植え付けの前に園長が子ども達に分かりやすく話をして下さいました。玉ねぎの苗を植える際太陽の方に玉ねぎの上側を向けて植えます。段々と成長するにつれて、苗が立っていって大きくなる過程を子ども達と一緒に体を使って教えてもらいました。すると、植える時に太陽の方を確認している姿が多く見られ話を楽しんでしっかり理解していることに驚きました。

090B163D-F983-4E86-B592-521650EB12D31D934F3F-B8ED-41E8-95AB-0B53484E28F0
その後秀野邸にはドングリの木が何本かあり、ドングリが隙間なく落ちていました。歩くたびにドングリがパチパチとはねます。りす組のK君は沢山落ちているドングリを見て「うぉ~」と大興奮!!みんなでドングリを拾って帰ることにして拾うとあっという間に子ども達の手がいっぱいになっていました。うさぎ、ひつじ組は水をまくために持っていて来ていたペットボトルが大活躍!空になったペットボトルの中に拾ったドングリを次々に入れ楽器が出来ていたり、ぱんだ組の子ども達は帽子に入りきれない程拾っていました。中にはバスに乗る順番待ちの僅かな時間も惜しんで拾っている姿もありました。玉ねぎの生長を見に行く際は、時間を多く取れるようにしてドングリ拾いを子ども達と楽しめるようにしたいです。

6FAF4C52-C687-4413-8598-0F5E34FEF76EFC485018-CA64-4F32-9B6C-1A3F8647820744355219-81DF-4EEE-8548-165014AAD9F4D3CC33C5-C2F3-4015-8879-A0169AD4564A

今日の給食は、胚芽米、魚のフライ、高野豆腐の煮物、レタスサラダ、ふかし芋です。

F4887F17-B5D8-404E-8DC3-47D352B66824

トラックバック
コメント (「干し柿を作ったよ」 りす組 澤近宏一 はコメントを受け付けていません)

2021年11月22日 月曜日

先日の避難訓練では改めて放送を静かに聞くことの大切さを感じた子ども達は今朝、”ピーンポーンパンポーン”と園内放送がなると静かに放送を聞いていました。「今日、ひよこ組の山岡先生から紅マドンナという名前のみかんをもらいました。古森先生がマドンナの意味を教えてくれたよ。マドンナはキレイでかわいいって言う意味だって。とっても甘くて美味しいよ。プールに取りに来てね、山岡先生分けてくれてありがとう。」といううさぎ組さんの放送を聞いた子ども達は急いでプールに向かいました。1クラス4〜5個もらい,みんなで分けっこして食べると「やっぱ、言ってたとおり甘い〜」「おいしい!」と嬉しそうに食べていました。そして山岡先生の所に行って「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えに行く事も出来ました。三葉の子供たちは色々な人から沢山の気持ちを頂いているので一回一回感謝の気持ちを忘れずに伝えていきたいと思います。

648822D2-4324-4AA5-85B4-64601E42E29C 96043979-5B79-4577-B156-561412B39748 6C6FF163-707F-4699-A3A0-0F159A95EFF6 C1E9AAF2-AD1C-435B-8C4E-A7F77DBAEAAE

今日年長児は、ホールに集まってお店屋さんごっこについての話し合いをしました。古森先生に「みんな今までいろいろなお店でお買い物をしてきたね。幼稚園でもホテルで泊まった後もお買い物したね。さぁ,どんなお店があるかな?」と話し合いが始まると…

黒板にはレストラン、たこやきやさん、フランクフルト、アイス、おかし、ごはん、ピザ、焼きそば、ケーキ、お洋服、おもちゃ、ぬいぐるみ、アクセサリーetc 出てくる出てくる!!沢山の案が出てきました。沢山出たのを見た古森先生が「こんなにたくさんのお店があったら1人や2人で作らないといけないよ。同じグループになりそうなものはないかな?」と提案してくれると たこ焼き屋さん には焼きそば、フランクフルトなど、グループ分けをして6つのお店に分ける事が出来ました。安心した子どもたちにまたまた問題です。先生たちがお店屋さんの案の中に出ていないもの「洋服屋さんでマフラー買いたいんですけど…」と聞き、子ども達は「無いよー?」と最初は答えていましたが中には「作ってあげるー!!」という声が上がり、次々とお客さんに扮した先生たちの”欲しいもの”に子ども達は「大丈夫!使ったげる!!」「あるよー!」とワクワクした声が上がっていました。お店屋さんごっこを始める期待が高まった子ども達と おもちゃ屋さん・洋服屋さん・八百屋さん・お菓子屋さん・レストラン・たこ焼き屋さん の6つのグループに分かれてみると少し人数に偏りが出ました。人数が少ないグループは「この人数で年中さん100人,年少さん100人たんぽぽさん60人みんなの分商品作れるかな?」「人が足りない‼︎」『誰か、たこ焼き屋さん手伝ってくれませんかーー!!』と子ども達から声が上がりその声を聞いて「じゃあ移動する!」「手伝ってあげる!」と移動してくれる子がいて、ほぼ同じ人数に分かれる事ができました。そのグループでお店をどこで作るか、どのように作るか自分たちで話し合って協力して、椅子やひな壇を運んで設営することができました。最後に「入ってきたお客さん達が分かりやすいようにしてね。商品もたくさん作らないといけないよ〜!」と古森先生に話してもらった子ども達は「看板作る!」「明日アメつくってくる!」と自分のお店で必要なものを考え、期待して部屋に戻って行きました。

CFECA9FE-C438-4DFF-8ADA-CA907481A4B7 F246BBA6-80E2-4E58-B410-FC08AF0716E5 12241A29-6956-415A-B1DB-E4F297119B3F 3D126BCF-8477-40A6-A3EA-A83407AEC8A9

 

 

嬉しかったのは昼食後、自分は〇〇屋さんをする!という自覚を持ってそのグループの担当の教師のところに自然と集まってきて「看板作ろう!」と看板作りが進み始めた事でした。この姿は今まで運動会、お泊まり保育そして、協同作品づくり、みんなで協力して成し遂げてきた子ども達の姿だなと嬉しく思いました。そして、協力して面白いものができるだろう、子ども達の素晴らしい姿が見れるだろうと期待を持てた1日となりました。

9023A80A-A20B-4D5C-A4C5-39386ED3D353C51D8771-7E06-4C42-9A51-BC379F12208F
今日の給食のメニュー

カレーライス、ちくわきゅうり、野菜の甘酢和え、バナナ

DF643AB3-DDFE-430B-ACF6-395FA3FA0C50

トラックバック
コメント (「何屋さんができるかな?」 ぞう組 今岡美奈穂 はコメントを受け付けていません)

2021年11月21日 日曜日

先週の土曜日は幼稚園の作品展・バザーがありました。ひよこの子どもたちもお父さん・お母さんと一緒にお買い物をしたり美味しいものをたくさん食べたり、あそびのアスリートに参加してトランポリンも楽しそうにしていました。普段お仕事が忙しくなかなか子どもたちと関わる時間が作れない保護者の方も子どもと一緒に楽しい時間を過ごして頂けたのではないかと思います。

17日(水)は幼稚園のたんぽぽ組の子どもたちが遠足に行った城山公園に遊びに行くということで誘ってもらい来年、幼稚園に入る月齢の高い子どもたちも行くことになりました。大きいバス(園バス)に乗れることを知った子どもたちは門に止まっているバスを見て「バス」「大きいね」と喜んでいましたが、いざバスに乗ると緊張した顔でずーっと前を見て座っていました。慣れてくると窓の外を見て車やバスが見えると指差ししている子もいました。バスの中では古森先生が楽しいことをしてくれました。「たんぽぽさん」「ひよこさん」「せんせい」と次々に名前を呼んでくれるとみんな元気に手を挙げて「はい」と返事する競争です。そして城山公園に着くと古森先生が急に歩いてくる子どもたちを知り目にさっさと遠くのほうに行ってしまったかと思うと振り返って離れた所から「おいで~」と呼んでくれました。すると子どもたちがいきなり古森先生に向かって全力で走り、みんなで座りそれを2度3度繰り返し公園の真ん中の芝生に移動すると古森先生の顔を嬉しそうに見上げていました。普段の声掛けで集まるのが苦手な子どもたちも集まり方を工夫することで集まっていて驚きました。遊ぶにあたっての話を聞いた後、芝生の広さに目を輝かせて子どもたちは広がっていきました。最初はみんなで四つん這いになってみたりかけっこをしたりしながら保育教諭の所まで競争していました。その後子どもたちは自由にジャンプをしたり保育教諭と手をつないで輪を作ってグルグル回ったり、時にはみんなで横になりながらゴロゴロして遊び、芝生の上はとても気持ちよかったです。

CIMG1039CIMG1040CIMG1043CIMG1051CIMG1044CIMG1049

 

 

 

 

 

CIMG1048CIMG1059

 

 

 

 

 

 

そんななか保育教諭がテントウムシを発見!!テントウムシを見せると子どもたちは興味津々で見ていました。A君は顔を近づけると「キャー」と逃げましたがB君は虫が大好きで触るのもへっちゃらです。テントウムシが逃げないように片手でガードしていました。

CIMG1060

CIMG1061CIMG1062

 

 

 

 

 

芝生の上で伸び伸びと遊んで楽しんだ後おやつも頂き美味しそうに食べていました。

IMG_1161

 

 

 

 

 

今回初めて幼稚園バスに乗ったり広い公園で遊んだりいつもと違う景色を見て大自然に触れ、地域の人にも手を振ったりなど園外保育で園では出来ない体験をすることが出来ました。私たちも子どもたちが伸び伸びして遊んでいる姿を見て子どもに必要な経験は園外に出かけ園とは違った動きや喜び、感じる物であることを改めて感じました。子どもだけの小さな社会から自然など広い社会まで子どもたちに触れさせてあげたいと思います。

トラックバック
コメント (「城山公園たのしかった」 ひよこ組  上田由梨 はコメントを受け付けていません)

2021年11月19日 金曜日

今日もポカポカ秋晴れの心地よい天候の中、子ども達は元気に園庭で遊んでいました。砂場では、異年齢児が混じり合って穴を掘ったり、ままごとをしたりして遊んでいました。Nちゃんは友達と遊ぶ中で役割を決めてケーキ作りをしていました。Aちゃんはケーキの飾りになる物をIちゃんは砂を固めるために器に水を、Nちゃんは砂を器に入れてひっくり返してケーキを手際よくつぬっていました。そして、Aちゃんが取ってきたいちょうや枯れ葉を使って上手にケーキを飾ると「チョコケーキできた〜」と3人で喜んでいてとても可愛かったです。

83027E8A-872C-4E47-8934-63E3DF3A1706

また、今日は不審者を想定した避難訓練を行いました。各クラスアルバム制作や壁面制作等をしているといつもとは違うピンポンピンポンピンポンと放送がなりました。子ども達も職員もびっくりです。ちゅうりっぷの子ども達はシ〜ンとなりドキドキしている様子でした。古森先生が優しく話をしてくださる中でT君は少し涙がポロポロ落ちていました。しかし、古森先生が「泣いたら悪い人に気づかれるから泣いたらダメだよ!」と放送してくださるとグッと涙を堪えて頑張る姿に可愛いいなと思うと同時に子ども自身も身を守らないといけないという意識があって感心しました。今日の不審者は丸山先生、子どもを守るのは女の先生、不審者を追いかけるのは河野先生を筆頭に武智、澤近、笹本、宮村の男性職員で無事に不審者を捕まえて放送が鳴ると子ども達も一安心した様子でした。今月あった宮城県の不審者事件はいつ起きるのか分からないので今日の訓練は真に迫っていました。安全で楽しい幼稚園生活が送れるようにいっそう気を引き締めていきたいと思います。

84FDBC1A-703E-45FB-865B-557AF989A17E

昼食前には昨日試供品のパンをいただいたヤマザキの職員の方がケースとアンケートを取りに来てくださいました。子ども達も朝バスの中で「帰ってすぐパン食べたよ!」「ふわふわして美味しかった」と話していました。アンケートの中にも温かいエピソードや感想が多くあり、ヤマザキの職員の方もとても喜んでいらっしゃいました。お見送りでは年少児も「美味しかったよー」「お仕事頑張ってね」等と声をかけたいて心が温かくなりました。

91394CE4-EB58-409E-A356-33F33E75825BB525EA5F-4CAB-4157-8958-EBEE883342904F5A3181-351B-47F2-87EA-88C93D74A8C54781F749-8EC4-4C7F-90D0-FB83BFA5F1B222FBCE9F-EDD0-47D6-9233-E0DCE276DBD8

保護者の皆様には早速のアンケートありがとうございました。子ども達のありがとうの言葉を添えてお渡ししました。とても感動してくださいました。パンをくださった方にも、アンケートを返してくださった皆様にも感謝です。

 

〈今日の手作り〉

F9AB6DC9-4A51-44F8-B566-5D65BD700C25

トラックバック
コメント (「息を潜めて」 ちゅうりっぷ組 笹本 慎悟 はコメントを受け付けていません)

2021年11月18日 木曜日



突然ですが、実は私、昨日から「メルパルク三葉」に雇われています。ままごとコーナーで遊ぶNくん、Kくん、Yくんの近くで遊びを見ていると「ここはメルパルクやけんね、ちゃんとせんといかんのよ。」と教えてくれたのがきっかけです。その一言で「わぁ、楽しそう!」とあっという間にメルパルク三葉に引き込まれていきました。メルパルク三葉は総支配人のNくん、料理長のYくん、お客様係のKくんが中心になって進めています。Nくんが「おいしいみそ汁作ろう」と言うとみんな総出でせっせと料理を始めます。料理長のYくんは細かく細かく形をそろえて具材を切っていくのに対し、Nくんは大胆に?大雑把に?!切ります。あまりにも大きなにんじんを見て「ほら~こんなに大きなにんじんこのお口に入る?食べる人のことを考えてお料理しなきゃって古森先生が言ってたよ。メルパルクだったらそんな切り方しないだろうな~」と言いながら近くにいた、たんぽぽ組のFくんのマスクをずらし、口の大きさと比べてみました。「あちゃ~だめや。やり直すわ。」と言ってNくんが具材をザルにあけて切り直し始めました。全部「メルパルクは~」と言うと行動を改めるNくんがかわいくて、おもしろくてふふっと笑いながらその場をそっと離れようとすると「先生、これ切りよってや。忙しいんやけん。」とNくんの一言。「ジュースあげるけん」と追い打ちをかけるもう一声。雇用関係の成立です。鍋いっぱいの大根とカブとサツマイモを刻んだところで「OK~!いいよ。運ぶね。」とOKが出ました。

IMG_2181IMG_2188IMG_2205

そんなことをしていると古森先生が遊びの様子を見に来てくれました。「この子たち奥の机でしか作業しないんだね。メルパルクも調理の様子は見えなかったからかな?目隠しでもしてあげる?」とアドバイスをくれました。布でわけられた2つのテーブルは奥は年長児、手前は年長児を見てなんとなく同じように、なんとな~く真似っ子しながら遊ぶ年中児が使っていました。その様子を見てレンジ台をずらそうかなと、机に手をかけると「こういうのはぼくに任せて!」とsくんが来て手伝い始めました。そしてハンバーグを手づかみで食べようとするお客さんを見て桜の小枝をSくんが拾ってきて箸にしてくれました。

IMG_2198IMG_2193

片付けの時間、Nくんが「先生、明日も一番最初はメルパルクしよね」とアルバイトの私を誘ってくれました。‟本物のホテル”に泊まるという事が子ども達のアイデアや行動につながっらんだと驚きました。本物の経験をさせること、本物を使って(包丁や野菜、陶器のお皿)表現できる環境が遊びや子どもの成長を更に豊かなものにしていくのだと実感しました。

今日は花王様による手洗いセミナーがありました。私たちも研修等では度々使っているZoomですが、子ども達と使うのは初めてでした。子ども達もテレビ(パソコンをテレビにつないでいました)の中のお兄さんが自分に語り掛けてくることがちょっぴり不思議そうでしたが、丁寧な手洗い、マスクの使用について改めて学ぶことができました。持ち帰ったシールやシートをぜひ活用してください。

IMG_2210IMG_2214IMG_2215

今日はもう一つ、持ち帰ったものがあります。古森先生とお付き合いのある方からのご紹介でヤマザキパン様から食パンを頂いて家庭に持ち帰っています。子ども達はつぶさないようふわふわのパンを持ち帰るとカバンをお腹に抱えていました。ご家庭で召し上がって、ぜひ感想を今日配布の手紙に書いて持たせてください。

トラックバック
コメント (「メルパルク三葉?!   うさぎ組 富田瑞穂」 はコメントを受け付けていません)

2021年11月16日 火曜日

「先生!廃材持ってきたよ!」「今日も廃材遊びするぞ!」と作品展でたくさん褒めてもらった子ども達は、さらに制作活動に熱が入ります。また、「先生のお店で買ったキーホルダー付けてきたよ。」「芋アイスがおいしかった!!」と話しが盛り上がっていました。

IMG_6486

コロナ禍でなかなか家族でお出かけしたり、買い物を楽しんだりすることができなかった子ども達や保護者の皆さんも時間制限はあるもののおじいちゃんおばあちゃんもお父さんお母さんと家族中で来て楽しんで頂いた方もいました。それだけでも、子どもたちにとっては嬉しい1日となったようです。さらに家族の励ましやほめ言葉は子どもにとって自信となった事と思います。そんな子どもの成長を見守っていきたいものです。

今日は味生小学校2年生の「町のすてき、大発見」(町探検)で2年生6人と保護者の方2名が来園されました。その中に卒園生のT君とK君を見つけた先生たちが「おかえり~わぁ大きくなったね~」と声を掛けると少し照れくさそうにしながらもニコニコと笑顔を見せていました。

A64D1D43-ED18-4D3E-8422-8AD85992E4AA43C19946-1C43-483C-AEA0-01F178D7CA8B7315C7BC-7BD6-423F-8D44-154097C2E644

小学生を見つけた年中児たちもあちこちから集まってきて大歓迎をしていました。卒園生のK君は、グループの代表で「幼稚園で働く人のすてきを見つけに来ました。」と堂々と挨拶してくれて感動しました。

また、働く先生へ「先生はどんな気持ちで子どものお世話をしていますか。」との質問に富田先生が「大好きだな~大切だな~といつも思いながら子ども達と生活しています。」と答えていました。それを横で聞いていたうさぎ組の子たち…はニヤニヤ、ニコニコとろけるように顔をほころばせ嬉しそうでした。

一方、屋外遊技場では15日(月)から大型遊具の展望台の様々な部品が大型トラック10台を連ねて運ばれてきて大型クレーン車でトラックの荷台からおろされていました。11時頃に屋外遊ぎ場に行った年長児は「スゴーー!」と大興奮です。ぞう組のN君はたくさんの部品を見て「あれを組み立てるんだ~。ブロックみたい。部屋に帰ってブロックがしたくなってきた。」とイメージが広がっていました。今までいっぱいいっぱい遊んできた子ども達は何でも『自分もできる!!やってみよう!!』と思える子ども達です。何でも『遊び』とつながる子ども達の可能性の大きさに驚かされます。園では包丁も金づちもままごとの野菜も本物を使います。そして、様々な種類・形の廃材で遊び、ままごとの器や道具も本物と多くの本物で遊びます。お店で教師が買って揃えても教材の数は限られます。周りの方々から、「これも使えますか?」と届けていただく廃材や道具、多数の本物に感謝し大切に利用させていきたいと思うのです。

IMG_6487IMG_8711

トラックバック
コメント (「待ちに待った工事が動き出しました!!」 ひまわり組 河野拓成 はコメントを受け付けていません)

2021年11月13日 土曜日

朝、外に出ると雨が降っていて心配していたのですが、8:00頃には雨も嘘のようにあがり、雲の合間から太陽が顔をのぞかし始めました。そして、秋空のもと、令和3年度作品展・バザーが始まりました。三葉幼稚園の行事は何かに守られているかのように天候に恵まれ、今日も例にもれず行事日和になりました。そんななか今年度も、子どもたちの絵や作品、年長児の習字や砥部焼きを飾り、各学年の年齢にあった思いが込められた協同・共同作品が展示され、会場は保護者の感嘆の声が響いていました。

コロナ禍で過ごしてきたからこそ、生きる力を身につけ、助け合いや協力し合うこと、そして、そんななかでも楽しめる方法を見つけられる子どもたちに育ってきたように思います。そんなキラッと光る子どもたちの素晴らしさが詰まった作品展の様子を紹介したいと思います。

C86949EE-61DC-4A8B-808B-82C714402E21 83825307-9E70-422C-9B58-0B706DF7B8C3 8E765D54-BA6B-4C4D-B82F-7A620BD62A7B

絵や作品を飾っているホールや中央棟2階では、「ぼくの作品あそこー!」と家族の手を引き一目散に自分の作品へと案内する子、昨日クラスで作品展ツアーの際に教えてもらったことを1〜10まで案内人になって嬉しそうに話す子、全部のクラスの作品を「これもすごい!あれもすごい!」と目をキラキラさせている子、どの子も今日の作品展を楽しみにしているのが伝わり、その場面を見ていた教師までもが幸せいっぱいになりました。

DB10E7CE-4CCB-408D-A973-C6FFEFAFDCB5 646627D3-9D1C-4C4E-99CB-521B89E2D311 8E732D4F-4DAC-4237-9943-19D675E5F1C9

そして、作品展を進めていく中で子どもたちの姿が最も光り大人をも驚かせたのは、(長)協同作品、(中)共同作品、(少)集合作品、(プレ)ごっこあそびです。それぞれ呼び方に違いがあるのは、年齢によって育つ姿が違うため、その姿を最も感じられる表現の仕方なのです。作っていく際、楽しんでいたのは子どもたちだけではありません。一緒に考え、作り出す仲間に入れてもらった教師も大人だということを忘れ楽しんでいました。そして、今日の作品展でも「すごいでしょ!」という子どもたちの声に、保護者の方々みんなが「ほんと!すごい!」と一緒になって感動して下さって嬉しい気持ちになりました。

05AEA65E-0137-44D3-9F23-F86CE8EDE4EF 613E1909-4B41-45ED-A255-CAE0CAFDD58B 4C18D29E-CD7A-4A64-90D7-08520C9A8C38 343CB6FB-54D7-495E-9D94-D92FCA7A0C83

コロナで制限される中、園庭コーナーでも今年度楽しめるための工夫が施されていました。その楽しい場面もご紹介します♪

喫茶コーナーでは、今日しか食べられないみたらし団子やみんなが掘ったさつまいもを使ったおいもアイスを楽しみに大盛況でした。昨日、園長に「ほっぺが落ちるほどあまーいおいもアイスにしとくね!」と教えてもらった年中児は、アイスを食べ、「ほっぺ落ちちゃった!」とほっぺを拾いながら笑っていました。そんな光景に私もつい可愛くて「ふふっ」と笑ってしまいました。

2189AC2F-336B-45B0-9E60-EF2FA8EA831A F3A775B2-184A-4EBB-896F-7F6DF2A4E0F6 B9D54E0B-762D-435F-8502-66B25AE32A05

こどものお店コーナーでも、「200円使ったら残りは…。よし、これも買える!」とお財布と相談しながら買い物をしている子、「弟の分も買ってあげる!」と誰かのためにプレゼントしている子、買ったものをギュッと抱きしめて大切そうにしているひよこ組の子、今日の思い出をキーホルダーに込めている子など、お店では子どもたちの可愛い場面がたくさん見られました。

006350D4-CEC9-4A45-8FAA-76C3E0EBD6EE E2685530-9C5D-49D8-8AC6-66DD538A9606 196668CC-8C06-4B7C-B654-985FAD58A4DAE71D9CEC-1DD7-441F-A24E-1B159D2C39DD

そして、今年度初企画!!子どもだけのショータイムです。何でもできる子どもたちの姿をどうにか披露できないかと園長が思いついたこの企画は、披露している子どもたちだけでなく、園庭にいるみんなの雰囲気を盛り上げてくれました。買い物中だったらいおん組のYくんは、音楽が流れてくると慌てて財布をお母さんに渡し、「僕の番だから!」とステージの方に走っていきました。それくらい子どもたちもステージに出ることを待ち遠しく思っていたのが伝わりました。

EDFCF042-A76B-409A-A700-7C5175D5FFB4 70E74A52-8C19-4AD9-91E0-1C9FC63FE227 7625ADB4-3E94-402B-A6F8-01134C14D6D96D788D74-AE06-4F90-869A-052DE1B259E2 8F314CFD-B63C-439F-AB44-A647E56414B9

今年度コロナ禍2年目の作品展でしたが、その中に「楽しい!」「すごい!」が詰まっていたのは、今までにたくさんの方が「子どもたちのために」と様々な経験をさせてくださったことや保護者の方々があたたかく見守ってくださったおかげです。

本当にいつもありがとうございます。

871572D9-572F-47B0-BABB-8F75EF36302B E180EAA0-4B8B-45CC-88A6-92483395F2D5

作品は月曜日(15日)も展示しております。18:00までご覧になれますので事務所にお声かけください。

トラックバック
コメント (「みんなが楽しみ作品展・バザー」 ひつじ組 髙松由衣 はコメントを受け付けていません)