幼稚園の日記(ブログ)

 Home /幼稚園の日記(ブログ)

2018年8月19日 日曜日

ぴよぴよ組は幼稚園が夏休み中も通常保育です。みつばっこハウスでは学童保育の小学生と共同生活を楽しみながらもそれぞれが生活の流れ「スケジュール」に沿ってぴよぴよ組は水遊びやお部屋での遊び、学童さんは学習と遊びの時間を確保しながら暑い夏を過ごしています。ある日ぴよぴよの遊びの中でスイカのビーチボールで遊んでいる時に保育士が新聞紙を丸めて棒にしてスイカ割りのように叩いてみせると子ども達もポーンとビーチボールを叩き始めました。
P1110969 P1120041
それはスイカ割りのイメージではなく叩く事を楽しんでいましたが両手で棒を持って構える姿は何となくさまになっていました。それを見ていた保育士が「スイカ割りしたこと無いから本物のスイカ割りをしてみたい!」とつぶやきました。そこでたまたま知り合いの方から頂いたスイカがあるということで学童さんと相談してぴよぴよと学童さんの合同スイカ割り大会をすることにしました。当日、子ども達は勿論ですが大人もワクワクしながらテントのある場所に集まりました。丸いスイカを嬉しそうになでていた子ども達、まずは小学生のお兄さん達から順番に目隠しして始めました。順番を待っている子は「もっと右、違う今度は左よ!」と声援を送り、棒を持っている子はその声を頼りに狙い打ち・・。なかなか難しくて当たりません。当たっても割れるまでには至らないので「惜しい!!」の連発、徐々に盛り上がる雰囲気を味わいながらぴよぴよの子ども達もニコニコと観ていました。
P1110975 P1110983 P1110992 P1120002
そしていよいよぴよぴよの子ども達の番がまわってきました。小学生がしていたようにスイカに近づいてポン! スイカをこすっただけでもお兄ちゃんお姉ちゃんと同じに一人前にできたつもりです。
P1110989 P1110990
さていよいよスイカ割り初体験の保育士の番です。より一層大きな声援と皆が注目する中、力一杯の一撃!
P1120004
・・結果は残念ながらスイカの上をかすっただけでしたが楽しいひと時を過ごしました。スイカ割りを終えた後はプールに入ってさっぱりしてから無事丸い形のまま残ったスイカを切り分けてもらって食べました。幼児たちはそれから何度もスイカ割りを思い出してつぶやきお母さんが迎えに来たときにはすぐに「面白かったんよ!」と報告していました。最近ずっと暑くて外に出て遊ぶ機会が無かったのですがこの日は幸い涼しい風が吹いて過ごし易く学童さんとも交流できて楽しい夏の日の一日になりました。
P1110850 P1110923 P1110929 P1110939 P1120007
P1120014 P1120027 P1120044

2018年8月12日 日曜日

 連日30°を越える暑い中、幼児たちは嬉しそうにプールバックをさげて元気よく登園してきます。
1歳児の保育室では幼児同士の会話はほとんどありませんが、お互いがしっかり周りの子たちの遊びや行動を見ています。
少し先輩のAくんは、ころころところがして遊ぶおもちゃを持ってくると、「こうやってころがすんよ」と言わんばかりに両手で車をもち、コースの上に乗せて、ころころと転がっていく様子を見ていました。側で見ていた新入園児のBくんも同じようにやってみようと車を乗せてみますが、上手くころがりません。するとAくんがもう一度、その車を持ってころがして見せてくれました。Bくんはその様子を見て嬉しくて、手をたたいて喜んでいました。近くで見ていたCくんがすぐ隣りにやってきて車を持ってころがし始めました。又、Bくんは次々におもちゃの新幹線やボール等、周りにあるものを取ってはコースの上に乗せていましたが、動かないことに気が付くと、ポイと投げてあきらめてしまいました。
CIMG1947 CIMG1949 CIMG1948 CIMG1951
今後はままごとを見つけてテーブルに運んだり、お皿の上に乗せたりと普段の日常の生活の中で経験したことを楽しそうにしていました。一人の幼児が始めると、次々に他の幼児も集まってきて同じことをし始めますが、まだまだ会話でのやりとりはありません。しかし気持ちの上ではわかり合っているようです。時々同じものが欲しくて「イヤ」と言いながら、取り合っていますが他の物を渡すとすぐ機嫌を直して遊び始めます。
CIMG1959 CIMG1963 CIMG1974 CIMG1976
乳幼児の発達がこのような遊びを通して、みられることを夏の研修で学びました。幼児たちの日常生活のなかで見られる発達の姿を見つけて楽しんでいます。月齢に応じたかかわり方を保育教諭が理解し、よりよい保育をしていきたいと思います。

2018年8月6日 月曜日

おえかきやシール針が好きな子ども達は、クレヨンやシールを用意するとすぐに気がつき保育教諭の近くに集まってきます。Hくん、Rくん、Kちゃん、Mちゃんは、テーブルがいつもと違う所に置かれただけで「何をするんだろう?」「ボク(私)がするのかな?」といった表情でテーブルの周りに座ります。一人ずつ名前を呼んでから紙を渡し、クレヨンの入った箱を置くとそれぞれが好きな色を手にして自分の思いのままに色をつけていっていました。その後「シールも貼る?」と声をかけるとクレヨンに満足した子はすぐに箱の中にクレヨンを戻し、シールを貰って自分で台紙からはがして貼ろうとしていました。はがすのが難しい子も保育教諭が端を少し浮かせてあげると上手に取り、クレヨンで描いた紙の上に真剣な表情で貼っていました。
DSC03699DSC03702DSC03700
DSC03704
DSC03705
DSC03706

その中で2歳児のSちゃんはシールを貼った後、保育教諭がかき氷の形になるよう紙を破いているのを見て興味を持ったようでした。自分も紙を貰い挑戦しますがうまくできません。難しいことに気がついて、あきらめたのかと思って見ていると「シール貼りする」と言ってもう一度紙いっぱいにシールを貼っていきました。満足したところで「かき氷!」と再び破るのに挑戦し始めました。途中、少しくじけてしまいそうでしたが自分で納得できる形になると「これにする」と渡してくれました。その姿を見たKちゃんも「Kちゃんもする!」と持っていた紙をビリビリと破っていき、その中から保育教諭と一緒にお気に入りの形を選んで、自分でのりをつけてカップに張り付けかき氷を作っていきました。月齢の低い子達も2歳児達がしているのを見て、自分からテーブルの横に座りました。「やってみる?」と声をかけると、うんうんと大きく頷いて保育教諭に援助してもらいながらも真剣な表情で挑戦していました。
DSC03710
DSC03711
DSC03712
DSC03713

2018年7月30日 月曜日

いろいろな虫を見つけては「せんせー!むし!!おったー!」と興奮気味で教えてくれる2歳児たち。
この日、AちゃんとBちゃんは、2人で仲良く図鑑を見ていました。知っている虫のページを開けては「てんとーむし!」「だんごむしー!」とその都度嬉しそうに見せに来ていました。また「かたつむり」を上手に言えなかったAちゃんは、かたつむりを見つけると「かたつむり!!ここ!ここ!」と嬉しそうに指をさして見せにきました。いつの間にか、「かたつむり」と上手に言えるようになっていて驚き、また嬉しく思いました。そんあとAちゃんとBちゃんは、手でかたつむりをつくって「でーんでんむしむし♪」と歌い始め、その姿がとても可愛く思いました。
IMG_7583 IMG_7588 IMG_7587
歌い終わった後、マットに頭をつけて何かのポーズを作っているAちゃんとBちゃんを見ていたCくんも真似し始めました。かたつむりのように見えたので、「かたつむりさん?」と声をかけると、くるんっとでんぐり返りして、「かたつむり~」と笑顔で言いました。
IMG_7589 IMG_7590 IMG_7591
この絵本は他の幼児もお気に入りで、誰かが見ていると必ず隣りや前にちょこんっと座って一緒に見ている姿をよく見かけます。言葉をうまく言えず、片言で話すところも可愛いのですが、いつの間にかはっきり言えるようになっていることに気付いた時、とても嬉しく思うのです。
IMG_7607 IMG_7605 IMG_7600

2018年7月24日 火曜日

 毎日暑い日が続いていますが1歳児達は元気に登園しています。毎月順次入園してくる幼児たちも1週間もすると自分の所持品の片付けが出来るようになっています。Kちゃんはお母さんに抱っこされて登園し保育室に入るのをぐずっていましたが、「Kちゃん給食セットのお片付けできるんよね。すごいのよね。」と言葉かけをすると、さっとお母さんから降りて保育室に入って行きました。少しずつ月齢の高い幼児から持ってきた給食セットの袋の中の物を自分の戸棚のケースに移し変える事を始めました。最初は巾着袋が開けられず、保育教諭が開け、ひとつひとつ渡してケースに入れるという事から繰り返して指導していきます。巾着袋を開けるとき保育教諭が「よー」とかけ声をかけて両端を引っ張って開けてみせると、それに合わせて「よー」と幼児もかけ声をかけ始めました。繰り返ししていくうちに「よー」のかけ声と指先の力の入れ方が合い始め、上手に開けられるようになってきて「できた~」と笑顔がこぼれてきました。それを見ていたSちゃん、Aちゃんもやり始めました。袋をあけてケースの中にエプロン、テーブルクロス、スプーン・フォークセットを入れ、口ふきはケースから出して
別のカゴに入れます。ゆっくり時間をかけてエプロンやテーブルクロスを畳んでいきますが中には畳まないでポイと入れているだけの幼児もいます。最後に自分のロッカーに入れて入れて終了です。上の段のロッカーの幼児は背伸びをして一生懸命入れています。出来た時、いっぱい誉めて「やったね!」と言って保育教諭とハイタッチをすると、とても得意そうな笑顔を見せてくれます。だんだん上手になってきたSちゃんは友達がやっているのが気になり、片付けをしている友達を見つけると近寄って手伝いをしようとします。その場面はとても微笑ましく可愛いです。幼児たちは出来なかった事が出来るようになった時満足そうに目を輝かせて笑います。1歳児との生活は毎日が驚きと喜びの連続です。日々の小さな成長とキラキラを見逃さず、出来るまでゆっくり見守ってあげられる、そんな保育教諭になりたいと思います。

IMG_1822[1]

IMG_1829[1]

IMG_1830[1]

IMG_1834[1]

IMG_1848[1]

2018年7月22日 日曜日

昨晩ぐっすり寝た子どもたちは、今朝も元気いっぱいです。「おはよう」と挨拶をしてくる子どもたちの表情は、清々しくそして自信に満ち溢れているようでした。子どもたちは、家族と離れて友達とお泊まり出来たことで1つ自信がついたようです。朝の身支度を終えた子どもたちは、園庭に集まり“ラジオ体操”をしました。ラジオ体操を元気いっぱい踊ったあと、古森先生に本物の印鑑を押してもらいとても嬉しそうでした。

CIMG8371CIMG8384

その後は、屋外ゆうぎ場にみんなで散歩に行きました。月山でゴロゴロ転がったり、少し遊具で遊んだりしました。そして、屋外ゆうぎ場の果物畑の木を見て収穫できるのを楽しみにしながら幼稚園に帰りました。

CIMG8391CIMG8392CIMG8411IMG_2609[1]CIMG8404CIMG8415

さあ、いよいよみんなが楽しみにしている朝食です。お泊まり保育の朝食は、古森先生アイデアのバイキングです。調理師さんや先生たちが朝早くから一生懸命作ってくれたということを話してもらい、くま組のHちゃんは“ご飯ありがとう。いっしょに食べよう”と、調理師さんにお礼を言って声をかけていました。古森先生からバイキングの種類を聞き、子どもたちも「わあ!すごい。どれ食べよっかな」とワクワクしていました。自分たちが食べたいものを選んで食べることができるので、子どもたちも自分の朝の体調を考えながら選んで食べることができていました。

CIMG8451CIMG8452

終わりの会では、最初のオリエンテーションで話してもらった大きい人の話をしてもらいました。協力という字の“協”という字には力が3つあります。「みんなで手を取り合って助け合わないと乗り越えられないことがたくさんあるんだよ」ということを教えてもらいました。今回のお泊り保育は、“仲間と力を合わせて助け合うこと”を目標にお泊まりをしてきましたが、これからも 一人では乗り越えられないことがまだまだたくさんあると思います。でも、お泊まり保育を乗り越えて、一つ大きくなった年長さんなら大丈夫です!いろいろなところでみんなで助け合って三葉っこらしく支えあって頑張っていきます。

IMG_2648[1]CIMG8476CIMG8495CIMG8501CIMG8499

2018年7月21日 土曜日

温泉から帰って「みんなが切った野菜と肉を煮込んだだけの野菜スープ」そして、「下味をつけた野菜スープ」「カレールーが入ったカレー」の3種類の味見をさせてもらった子ども達。5時半。いよいよ夕食の時間になり、待望のカレーライスが食べられる時間になりました。自分達で野菜を切って作ったカレー。調理師さんや先生たちが心を込めて作ってくれたカレー。そんなカレーを園長が魔法をかけて、ぐっと美味しくしてくれました。夕食のメニューはカレーライス、きゅうりのごま酢和え、バナナです。どの子も、すぐにぺろりと食べてしまい、おかわりもたくさんしていました。「おいしいね。」「もう1回おかわりしよう!」「作ってくれてありがとう。」たくさんの楽しい声が聞かれた夕食でした。

IMG_0563 IMG_0751[1] IMG_0732[1] IMG_0743[1]

IMG_0741[1] IMG_0738[1] IMG_0736[1] IMG_0734[1]

夕食の後は、夕べの集いがありました。始めに先生達による「大きなかぶ」の人形劇がありました。この大きなかぶのお話は、原作とはちょっと違っていて、らいおん、ぞう、くま、きりんの年長組の動物達が次々と出てきました。その動物達の力を借りても、大きなかぶは抜けません。そこで、園長はかぶにひもをくくりつけて、先生達で引っ張ってみることを提案しました。それでも、まだまだかぶは抜けません。いよいよ、子ども達の出番です。年長児みんなの力を合わせて引っ張ります!「うんとこしょ!どっこいしょ!!」段々と掛け声は大きくなって、とうとうかぶが抜けたのでした。ここでも、みんなで力を合わせることの大切さを感じた子ども達でした。

IMG_0766 IMG_0773 IMG_0775 IMG_0777

次は、探検ラリーです。夕涼み会が終わってから、たったの4日間しかなかったのですが、先生達は年長児達が喜び、楽しめるコーナーを考えて、一生懸命に作ってくれました。6〜7人のグループでコーナーを回り、玉入れ、踊り、じゃんけんに相撲など、どれもみんなで力を合わせれば簡単にクリアできる楽しい物ばかりでした。

image image CIMG8287 CIMG8335

CIMG8338 CIMG8339

そして、最後は花火です。夕涼み会の花火教室でのことをしっかりと覚えていて、「人に向ないこと」「燃える物の近くではしないこと」「終わった花火はバケツに入れること」など、きちんと守って楽しむことができていました。噴き上げ花火にも、大きな歓声をあげていました。

IMG_0808 IMG_0802 IMG_0815

パジャマに着替えると、いよいよ就寝です。一人では運ぶことができない大きな布団も、友達と協力して敷くことができました。寝る前に可愛いパジャマ姿で集合写真を撮って、会議室の電気が薄暗くなってきた9時。園長の「どろぼうがっこう」のお話が始まりました。さっきまでにぎやかだった子ども達でしたが、いつの間にか園長の優しい語りの中で、すやすやと眠りについていました。

CIMG8348 CIMG8353 CIMG8355 CIMG8359

image image

明日の朝、清々しい表情の子ども達に会えることを楽しみにしています。