幼稚園の日記(ブログ)

 Home /幼稚園の日記(ブログ)

2020年5月28日 木曜日

いちょうの木の下のブランコ、子どもたちの大好きな遊び場所の一つです。

今、鮮やかな新緑の葉がまぶしく輝いています。園長が以前、年長さん用にと作ってくれたブランコですが「あこがれのブランコ」として子どもたちの間で語り継がれています。

だからそのブランコを漕いでいる年中さん、年少さんの顔は、なんだかとても誇らしげに見えます。今朝もりす組のH君とぱんだ組のS君がとても気持ちよさそうに漕いでいました。

そんな時、ふと年少組のMちゃんがその隣の小さなブランコの柵の中を通り抜けようとしたのです。するとちょうどそばを通りかかったぞう組のAちゃんがさりげなくすっと手をつなぎ「あぶないよ」とばかりにそとへ連れ出してくれたのです。 あっという間、ほんの一瞬の出来事でしたが、さりげなくもとっさにこんな風にできるAちゃんの行動が輝いて見え、感動しました。

63097106-5B74-4924-94FB-D0254AED1D56

 

さて、今日は、一部の(懇談予定の)保育室は、いつもと様子が違っていました。実は、今日の懇談のために昨日試験的に一室作ってみました。するとカーテンで仕切られた小さな部屋が出来、なんだかワクワク♪楽しそうなお部屋になったのです。それを見て園長が「明日は、子どもたちにこのお部屋で楽しませてあげるといいね」と言ってくれたので、各学年、それぞれの「懇談用」兼「子供たちのお部屋」が出来上がったのです。

やっぱり、園長の思惑通り今日は、それぞれのクラスでいつもと違う新鮮で楽しい活動が見られました。

76CA410F-F3CF-464B-A75E-71CB2A90C9D7545DDA2C-003C-41E1-9954-0045D68899955708DCA1-D9C6-403E-8625-1802484C0BBD1DCB6FE9-AFF1-46E4-975F-C7A38BB6CE45

 

さくら組のH君は、いつもと違う部屋の様子見た後、びっくりして部屋から飛び出すと「さくら組がなくなっとる~!」と言って泣いて訴えてきました。K先生と一緒に入って少し落ち着くと今度は「あのね~さくらぐみのへや行き止まりやったんよ~」ととびきりの笑顔で知らせに来てくれました。そしてすっかり嬉しくなったH君は、「おみせやさんみたいやった~」と嬉しそうに先生や友達に話していました。あまりに楽しそうに話すのでさくら組をのぞきに行ってみるとこじんまりした4つのお部屋でそれぞれ落ち着いて遊んでいて驚きました。

廃材遊びのお部屋では、せっせと自分の作りたいものを一人一人が黙々と作っていて、足りないものがあるとさっと自分で取りに行くのです。又、隣の部屋では「レストランなんよ」と言って友達とままごと遊びを楽しんでいました。ブロック、粘土のお部屋でも驚くほどゆったりと遊んでいました。

D1498675-88D2-47F0-9CA2-9820A43D54DC5ED73530-B244-4F1C-8C1C-6E94E23C1204C962C118-CB1A-46AE-A723-DCC644A8D904

 

次に、ぱんだ組の部屋をのぞいてみると・・・とても素敵なカーテンができていました。子どもたちが浸し染めで作った傘がステキに飾ってありました。かくれんぼをして遊んだり、「迷路だ~」と言って散歩してみたりと子どもたちがいつもと違う環境の中でそれぞれ楽しく面白い遊びを作り出していたことに驚きました。

CBC3843D-D637-4ABE-B913-EDFDF688BF786224B0D0-C0B3-45B9-9D56-61080EFEED49FEF9BECD-0BC8-4D63-9049-CB42C677F411

 

子どもたちは、「お家の方が懇談に来て下さること」をとても楽しみにしてどのクラスもかわいい飾りつけをしていました。懇談の時に子どもたちの手作りの飾りや絵で迎えてもらった保護者の方も大変喜ばれていたようです。

こんな時だからこそ知恵を使って工夫した生活空間をという園長の考えのもと、環境作りをするとこんな風に子どもたちが喜んで遊び、保護者も楽しんでくださることに私たち教師はとても嬉しく、これが三葉保育の誇りでもあると思いました。

 

♪おまけエピソード♪

さくら組のK君は、外から帰ってきたときにいつもは言わないのに「ただいま~」と言って帰ってきました。なんだか今日は、「あったかいおうちに帰ってきたような気持になったのかなあ」と担任のS先生が目を細めながら話していました。それを聞いた私もほんのりほのぼのとした気持ちになりました。

IMG_2596[1]

 

今日のメニュー♪

胚芽米・ちくわの磯部上げ・カレーきんぴら・酢の物・バナナでした。

明日は個人懇談のため午前保育です。預かり保育をご利用の方で給食注文をされていない方はお弁当を持たせてください。お願い致します。

2020年5月27日 水曜日

ひよこ組からあがってきた子ども達がほとんどだったたんぽぽ組も、5月11日から通常保育になり、お休みしていた友達もそろい、活気が戻ってきました。又新しい友達を迎えての生活が始まりました。たんぽぽ赤組は、保育室が2階の為、毎日何度となく、上り下りをしていた子ども達は、階段を上り下りするのが早くなり、手すりを持たなくてもトントンと上がっていきます。

IMG_3098

 

 

 

 

 

まだまだコロナの感染が心配で3密(密集、密接、密閉)にならないようにと、戸外でも時間を見て学年やコース別で交代しながら遊んでいます。少し遅めに全員がそろってから園庭に出たたんぽぽ組さんは、しばらく泥場付近で遊んでいました。ひよこ組の時、園庭で遊んでいるお兄さん、お姉さんのしている姿を憧れのまなざしで見ていたたんぽぽ組さんは、「何しているのだろう?」「あんなことをしているよ」と見ていたことをしっかり覚えていて、ままごとコーナーでは包丁をもって、見よう見真似で野菜を切り、フライパンや鍋に入れて、お料理を作っていました。又泥場でもさら砂をどうやって作っているかを見ていた子ども達は、今では上手に器にすくって、サッサと振って作れるようになりました。

IMG_3109IMG_3118IMG_3120

IMG_3112IMG_3110

 

 

 

 

 

さら砂を作っているところに裸足で来ていたY君は、「先生 見て!足跡」と土に付いた自分の足跡を見せてくれました。「本当だ! 先生も出来たよ」と足跡をつけて見せると、「もう一回」と言って再度足跡をつけたY君は、「先生の大きい」「僕の小さい」と笑いながら言いました。満3歳になったばかりのY君が大きさの違いに気付いて、楽しんでいる姿に驚かされました。

IMG_3121IMG_3123IMG_3122

 

 

 

 

 

色々な場所で思い思いに遊んでいたたんぽぽ組さん、年長さんが部屋に入り、年中さんが部屋に入り、年少さんが部屋に入ると、大きい組さんがしていたのをあこがれて見ていた玉入れと水汲みコーナーが空いているのに気付き、そこに行って遊び始めました。そこにこあら保育入会手続きに来ていた小さい子供達も手続きを終えてやってきて、たんぽぽ組さんがしているのを見て、同じように柄杓をもってボールを拾って、玉入れのかごの中に入れていました。次第にコツが分かってくると、柄杓でボールを1個ではなく2~3個入れては、玉入れのかごの中に入れていました。その横にあるテントの高い所についたかごにも気付いて、何人かがそれに向かってボールを投げ始めました。中には上手に入れる子がいて驚きました。お兄さん、お姉さんがしていることを見て覚えて、真似をしてやり遂げる三葉っ子達は、すごいなぁと思いました。

IMG_3125IMG_3128IMG_3129

 

 

 

 

 

玉入れのテントの側のテントの下の水汲みコーナーでも、最初は水を汲んでは他の容器に移して遊んでいた子どもが、何本ものヤクルトの容器に水を入れて並べると、次にその容器から1つ1つお椀に移していきました。服やズボンが濡れても諦めず、何度も何度も挑戦していました。

IMG_3124IMG_3134

 

 

 

 

 

どこの遊び場でも沢山の気付きと学びのあることに気付きました。今日もいっぱい学んだたんぽぽ組さん、大満足の顔でお着替えをしに帰りました。

2020年5月26日 火曜日

どんよりとしたくもり空でしたが、子どもたちは今日も元気いっぱいに遊んでいました。朝は雨が降っていなかったので、子どもたちは戸外で遊んでいました。さくら組のHちゃんに「昨日、古森先生がお話ししてたトマトはどうなってるかな?」と声をかけると「見に行く!」とさくら組のトマトの方へ走って行きました。一緒に行ってみると、Hちゃんは「あ!先生トマト倒れてないよ!お花も咲いてる!みんなに教えてあげよう!」と次は友だちの方へ走って行きました。そして、Hちゃんは佐々木先生や他の友だちをたくさんつれてトマトの所へ戻ってきました。みんなでさくら組のトマトが無事に育って、お花が咲いていることを知ると、次は他のクラスのトマトのお花も見に行こうと順番にすみれ、ひまわり、たんぽぽ、うさぎ…と1つずつお花咲いているかな、虫に食べられていないかなと子どもたちはじっくり観察していきました。トマトを見ているとちゅうりっぷ組のH君が水やりをしていました。それを見てさくら組の子どもたちが「あと太陽さんもいるよ!」と日かげもよくないことを教えてくれました。「今日は天気が悪いから太陽さん出てきてくれないかもしれないね」と言うと「明日は晴れてトマトさん元気になるかな?」と本当にトマトのことを心配している答えが返ってきました。

DC474784-2842-4F18-8C24-FC62A0423731

9A4B5B23-38CA-4314-8F14-7C1842A23FF7

C4EC9C32-3C60-4882-91EE-BE1FB2E6BC07

「あ!いちごはどうなった!お花咲いてるかな!」とどこからか声が聞こえると、またみんなでいちごの方へ走って見に行きました。「見て見て!お花も1つだけあるよ!」とみんなで探していました。みどり色のいちごが多く、「まだ食べれなーい!先生見て!茶色のいちご(枯れかけている)もある!」と気づいたことをたくさん伝えてくれました。「どうして茶色のいちごは元気がなくなってるんだろうね?」と聞くと「お水と太陽が足りなかったんだ!水やりする!」と返ってきました。しかし、他の友だちが「雨降るからお水はいらないよ!」と教えてあげていて、子どもの中で考えがしっかりしていて改めてすごいなと感じることができました。また、いちごもみどり色では食べることができないことを理解していて、「トマトもいちごの色になったら食べれるね!」「みどりだと苦いよ!」と子ども同士で観察しながら話し合っていました。「トマトもいちごも赤くなるまでちゃんと待ってから収穫しようね」と言うと子どもたちはみんな楽しみになり「また見に来る!」と他の遊びに入って行きました。

78E9A758-4187-4707-83C2-6B46335F1D87

 

3D2A0100-F4A0-424D-ABB7-BBDC2E52FD92

そうしているうちに外で浸し染めをし始めたので、さくら組は部屋に入り、共同絵の具の使い方について話し、実際に使ってみました。「青の筆は青の部屋に返してあげてね」と声かけをしておくと、自分が使った筆の色を確認しながら戻していました。白い紙に自由に絵の具を使って描いていくと、絵の具の色がにじんで変化してきました。それに気づいた子どもが「先生ここには赤と青と黄色しかないのにむらさきやみどりがあるよ!」と教えてくれました。まだ絵の具が初めての子どもばかりなので、色を混ぜると違う色になることが不思議なんだなと感じました。上手に絵の具を使っていたので、さくら組も戸外の浸し染めに挑戦させていきたいと思います。

32862615-1688-46A8-BA8B-8506F4F6660D

今日も1日子どもの「見て見て!」という声から子どもの目線の発見をたくさん知ることができました。また明日も子どもと一緒に楽しい発見をしていきたいです。

 

≪今日の給食≫

62945A80-E180-4E4A-B87A-95B1C576E8DA

2020年5月25日 月曜日

5月も残り一週間になりました。今日は気温も高く子ども達は涼しい影を見つけながら上手に遊んでいました。砂場ではホースを使って川作りをしており、O君が「N君は〇〇して」「A君は○○ね」と役割を決めて指示すると「任しといて」とN君A君も理解して一生懸命協同で仕上げていました。完成すると足を入れて「気持ちいな!」とみんな笑顔になっていました。また、浸し染めコーナーも賑わっていました。赤、黄、青の絵の具にキッチンペーパーを浸して色がにじんでいく様子をたんぽぽ組のAちゃんも見ており、「やりたい!」と言うと教師に手伝ってもらってドキドキしながら折りたたんだ紙を絵の具に浸していました。ペーパーを開いて綺麗な模様が出来ると嬉しそうに「もう一回、もう一回」と何度もしていました。

CIMG9287

そんな中、事件が起きました。それは、各クラスで育てているミニトマト3クラスの茎が1本ずつ折れていたのです。「大変です!」と先生達も大騒ぎ!そして、園長先生の周りに皆が呼び集められました。「土曜日に1本のミニトマトの茎が折れていたんだよ。古森先生が頑張れ!頑張れ!と言って包帯を巻いたんだよね」「茎の中の細い筋は皆にある血管と同じで大事な役割があるんだよ。茎を折ると皆の体の中の血と同じように大切なお水が野菜の枝や葉っぱに行かなくなって死んでしまうんだよ」と教えてくれました。そして、成長しているミニトマトの近くに支柱を作ると茎と結んで「これで大丈夫」「皆も大切に育ててね」と指導してくれました。その後は各クラス自分達のミニトマトに支柱を作ると「大切にしようね」と言ってお部屋に戻りました。

CIMG9285CIMG9286CIMG9288

年少さん、年中さん、年長さんがお部屋に入った後プレ年少児は「お水遊びしていいよ!」と園長に言ってもらい10cm程水を溜めた小プールでカップやペットボトル等を使って水遊びをしました。ここでも驚く事がありました。一人の男の子がペットボトルに水を入れていたのですがこぼれないようにカップの端から少しずつ入れていて、こぼれる寸前に水を止めたり、四角いスプーンでペットボトルに水を入れていた子は始めは辺の所から水を入れていましたが横からこぼれる事に気づき角から入れ始めたりと水遊びをしながら効率的な方法や調整する事や量の加減や左手と右手に持つ物の利便性など自然に気付いていく姿が見られました。遊びを通して、子ども達の何気ない遊びの中に様々な事に繋がるものがあることを今一度考える事ができました。

CIMG9313

《今日の給食》

CIMG9314

2020年5月24日 日曜日

保育室にバランスボールを2つ並べておくと、AちゃんとBちゃんが気づいて、柵を支えにして立とうとしていました。片足ずつのせて、ぐらぐらなりながらも両手で柵をしっかり持って立つことができ満足そうでした。2人で時々、顔を見合わせながら立っている姿はお互いに競争しているかのようにも見えました。しばらくしてから、Aちゃんがバランスボールを持って移動するとBちゃんも後に続きます。Aちゃんは柵の次に支えになる場所を探していました。そして保育室内をぐるぐる歩いてドアにたどり着くと、2人でまたドアを支えにして得意気に立っていました。小さな身体でしっかりバランスをとろうとしている姿が可愛らしくて、ガンバレ!ガンバレと心の中で応援していました。

IMG_8971 IMG_8976 IMG_8982

IMG_8984 IMG_8987 IMG_8988

また先日、幼稚園児の「子どもだけのうんどうかい」が行われた日、ひよこみかん組の保育室では、年長さんのリトミックを真似っこして遊びました。保育教諭が「ギャロップ♪みんなも跳んで~‼」とリズムに合わせてジャンプしながら誘いかけると、踊るのがすきな子どもたちは、自分なりに真似してぴょんぴょんと跳び始めました。幼児達は動きや表情など、何でも真似をして学んでいきます。特に異年齢からの学びは大きく、幼稚園児や保育教諭の動きに興味を持って真似て様々なことを身につけてほしいと思います。新入児達も園生活に慣れてきて、少しずつ“友だち”を意識し始めています。たくさん歌ったり、踊ったり、お話したりと楽しい遊びの環境を考えて、子どもたちにとって“楽しい場所”になるよう、また刺激を受けて学ぶ場所になるよう、日々心掛けていきたいです。

IMG_9091 IMG_6013 IMG_6014

IMG_9006 IMG_8999

2020年5月22日 金曜日

今日とても嬉しいことがありました。きっかけは、昨日年少児が乗っていた三輪車の後部座席のネジの部分からヒビ割れがある事を見つけて教師に知らせに来たことから始まりました。

その事を古森先生に報告すると、その座席を外してカゴを付けて荷台付き三輪車に変身させる事を提案してくれたのです。早速、事務所の前で作業を始めると興味を持ったのは、りす組のN君とうさぎ組のO君でした。N君は普段から教師が遊具などを直していると興味を持って寄ってきて手伝いをしてくれています。今日も例にもれず、いつの間にか作業が一番見やすい場所を確保して真剣に見ていました。河野先生の動き、古森先生の動き、吉本先生の動きを身動きひとつせず見つめていました。そして、仕上げに入った時!突然N君が立ち上がって「よし!僕が大きくなったらいっぱい働いて三輪車を直しに来てあげる。おもちゃも直すよ!そしてバスの運転もするから。」と声を上げました。男性教員の二代目が決まり園長一安心です。子ども達は普段から教師(大人)の姿をよく見ていているのだなと改めて感じました。

IMG_6474

 

N君が直った一台目の三輪車に乗ってさっそうと試運転に出かけ続けて二番目に改修した三輪車にずっとN君の隣で見ていたO君が乗って続いて試運転に出発していきました。二台のカゴ付き三輪車が園庭を走っていると、年長児や年中児達がボールを持って追いかけてカゴの中に投げ入れ始め追いかけ玉入れが始まりました。

IMG_6473IMG_6476IMG_6477

 

そこで、まずはルール作りをすることになりました。子ども達に問いかけてみると、「リレーをしている水線より出ないようにすること。」「人数を同じにすること。」などのルールができました。改めて追いかけ玉入れの始まりです。10まで自分達で数をかぞえて出発です。追いかけて玉入れをする子ども達は、両手にいっぱいボールを抱え込んで入れる子、一個ずつ拾っては追いかけて入れる子、三輪車が近くに来るのを待って入れる子など様々な姿が見られました。玉入れ時間は20秒で笛が鳴ると終了です。年長さんが中心となってボールを数えます。昨日の玉入れで教師がしていたようにボールを高く上げて数えていきます。

IMG_6486IMG_6485

 

しばらくすると、年長児が習字で部屋に上がるのと入れ替わりにすみれ組の子ども達が出てきました。三輪車を使った玉入れを見て、自分達もしようとしたのですが三輪車が速くて入れる事が出来ません。すると、その様子を見たR君は、年長児がしていた時よりもスピードを落とし、年少児の様子を見ながらゆっくり年少児達が玉を入れれるように走り始めたのでした。

教師が声を掛けなくても、子ども自身の判断で走る速さを調整するなど相手の事を考えて遊んでいる三葉の子ども達は素晴らしいなと改めて感じる事が出来ました。

IMG_6482IMG_6487

 

今日は令和二年度初めての避難訓練がありました。はじめに園内放送で古森先生から、津波や火災、土砂災害などについてのお話があった後、今回する避難訓練についての説明がありました。「今椅子に黄色い座布団ついているかな?それは防災頭巾と言って、みんなの頭を守ってくれるものなんだよ。一回かぶる練習をしてみましょう。」という放送を聞いた子ども達は、自分の椅子についている防災頭巾を素早く被りました。

IMG_6489IMG_6490IMG_6497

 

そして、上から物が落ちてきても大丈夫なように、机の下に隠れて机が逃げないように足をつかまえて身を守るという指導もしっかり聞いて理解していました。地震速報が入ると、子ども達は両手でしっかりと机の脚をおさえて動かないようにしていたり両手で一本の脚をおさえ両足でもう一つの脚もおさえたりしてしっかり身を守っていました。

IMG_6500IMG_6503IMG_6506

 

今後も、火災や津波、不審者などから身を守る訓練を通して子ども達が内容を理解して行動できるように、又、教師も内容や状況を見て素早く判断して誘導し子ども達を守れるようにしていきたいと思いました。

2020年5月21日 木曜日

登園してくると、子ども達が「運動会のことをおうちで話したよ。」と昨日の子ども運動会が楽しかったようで口々に話してくれました。そして今日も園庭では年中さんが3・4人程集まって、男の子チームと女の子チームに分かれて玉入れをしていました。両手にボールを持って、自分たちの身長よりも高いかごをめがけて、投げていました。昨日の運動会のように、どちらが多く入るか競いあって、自分たちで数もかぞえていました。部屋で十分遊んだ年少の子どもたちも外にでてくると、友達と一緒に玉入れを始めました。そして、なんと、自分達で数もかぞえていました。かっこいいお兄ちゃん・お姉ちゃんの真似をしながら少しずつ成長していく姿がみられ、頼もしく思われます。

IMG_2076IMG_2081IMG_2095IMG_2091IMG_2092

戸外で遊んだあと、年少さんは2クラスずつコースごとに分かれて駐車場にびわの収穫に行きました。毎日のように収穫してきたびわもそろそろ終わりで木の上の方に残っているので教師が長い棒を使って、引っ張って収穫していくのをみんなが息をのんで見守ります。何個か収穫してみると、すでにカラスに食べられている実もありました。子どもたちに「誰に食べられたのかな?」と聞くと、「カラス」「とり」という答えと共に「リス」「ダンゴムシ」などという子どもたちらしいかわいらしい解答もでてきました。

IMG_2109IMG_2113

 

収穫して持って帰ってクラスごとに分けてもらったびわは、少しまだ緑がかった物もありましたが今まで食べたびわと比べてもとてもおいしく感じました。いちごやびわの収穫やトマトの栽培などを小さいころから経験することで、子どもたちの自然と命、食べることと生きること、そして、物事や事象に対する感性も育っていくのだと思いました。これからも生き物や植物との関わりを大切にしていきたいです。

IMG_2090IMG_2086