幼稚園の日記(ブログ)

 Home /幼稚園の日記(ブログ)

2018年12月10日 月曜日

今朝は、土日に引き続き気温が下がりとても寒かったです。「さむい、さむい」と口々に言いながら登園してきた子どもたちは、体を動かして遊ぶと寒さがすぐに吹き飛ぶことを知っているようで、外に出て「サッカーしよう!」「長縄しよう!」と友達と誘い合ってすぐに遊び始めていました。ようやく冬らしい光景を見たような気がしました。

ぱんだ組の子どもたちは、先週植えたちゅうりっぷを欠かさず毎日観察しています。休み明け、少し土が乾いていたのでたっぷり水をあげました。年長になる頃に咲くというのがとても楽しみなんだと思いながら、大切に育てる姿をとても微笑ましく思います。

IMG_2432IMG_2437IMG_2435

 

さて、寒さが厳しくなると恋しくなるのは温かい火、火といえば幼稚園では焚き火、そして焚き火と言えば焼き芋です。そこで、さぁ焼き芋シーズン到来と教師たちが焼き芋の準備を始めると子どもたちは早速スコップを持って穴を掘り始めました。上手にスコップを入れて大きな塊がとれると穴の空いているカゴでも土を運ぶことができます。登園してきた子が次々と入れ替わりながら順番に穴を掘っていきました。穴が掘れると周りに木を置いて焼き芋の準備は完了です。子どもたちには、お家からアルミホイルと新聞紙を持ってくるよう伝えています。報告できているでしょうか?

IMG_2413IMG_2418

IMG_2429IMG_2430

 

今日、ままごとコーナーに、形の良いみかんが出ていました。それを見た園長が「炙り出しができるよ」と言ってやってみることにしました。みかんの汁を絞って紙に絵を描き、火で炙っていくと、だんだん焦げたような匂いがしてきました。くま組のMちゃんは「絵が浮かび上がってきた~!!」と嬉しそうに声をあげ、まるで手品を見ているようにはっきりと線が茶色になって浮き出してくる様子を楽しんでいました。思わず「すごーい!」声が出て、他の子たちも不思議そうに見ていました。年長児が次々と試してやっているうちに、塗り潰すよりも線で描いた方がきれいに浮き出てくることに気づいてもう一度描いて試す子もいました。私も少し炙るのに挑戦しましたが、上手くできず、園長は絶妙な火加減で紙を燃やすことなく上手に炙り出していました。子どもたちとまた一つ新しい遊びを経験することができました。

IMG_2424IMG_2425IMG_2420

IMG_2419IMG_2421IMG_2426

IMG_2427IMG_2428

 

2018年12月9日 日曜日

 

12月になりました。12月になり、そろそろ冬の到来か?寒くなるだろうと冬の仕度を始めましたが、気温が高く過ごしやすい1週間となりました。そんな中、テラスに出るのが好きな子どもたちは柵を出していると、窓にくっついてそれを待ち遠しそうに見ていました。「いいよ~」の掛け声で、嬉しそうにテラスに出て、遊んだりお兄ちゃん・お姉ちゃんに絵本を読んでもらったり、玩具で遊んだりしています。

一方、園庭に出たくてたまらない子どもたちは、部屋に入り帽子を被りマットに集まり、保育教諭の話を聞いています。「靴を履いてね」と言うと今までは、保育教諭に援助してもらい園庭に行っていた子たちが、経験を重ねることで、自分たちで履けるようになっていました。子どもたちは1日1日体験や経験を繰り返すことで、自分たちで出来るようになり、1日1日を大切にしていきたいと改めて思いました。

園庭で、三輪車やスケーターを出すと、大喜びの子どもたちです。Y君は、スケーターで遊んでいました。最初は、両足を置いていましたが動かないことに気が付き、足を片方地面につけ、つま先で動かすと前に進みました。前に進めたY君は、どんどん進み、上手に動かした足を着地させていました。Y君が使っているスケーターの前方に線を引くとその線の上を真っ直ぐに進んでいました。楽しくて何周も走らせていました。それを見たT君もしたくてたまりません。そこで保育教諭に助けを求めてきました。「貸して」って言ってごらんと言うと、手の平と手の甲を重ねて、ちょうだいの形をして、小さな声で「貸して」と言っていました。それを聞いたY君は「はいっ!!」と言って貸していました。そんな貸し借りが出来る姿を見て保育教諭も驚きました。そしてT君もスケーターに挑戦しました。T君もY君みたいに最初は、両足を置いていました。進まないので、様子を見て声をかけようと思った瞬間、自分で足を地面に置いて、つま先を動かして前に進んで行きました。よくお兄ちゃんたちが三輪車で、テラスまで来てくれます。もしかしたら、その動きを見て覚えていたのかもしれません。

CIMG0147CIMG0148CIMG0149CIMG0152CIMG0154

 

一方、NちゃんとMちゃんは、三輪車に乗っていました。ペダルがあるのに、MちゃんNちゃんは足で動かして前に進んでいました。「ペダルに足を置いてごらん」と足を置くと前に前に何度か体を動かしていましたがなかなか動かず、最終的には足で漕いで前に進んでいました。また、三輪車を乗る機会がある日は、少しずつペダルで漕げるように声をかけて援助していきたいと思います。

 

CIMG0151CIMG0150

2018年12月7日 金曜日

今日は、あいにくの曇り空。しかも、昨日とうってかわっての寒さ!!そんな天気の中でも、園児たちは元気いっぱい戸外で遊んでいました。早く登園した子どもたちから、戸外で長縄をしたり教師も混じってサッカーをしたりしていました。ボールを追いかけながら、サッカーを楽しむ様子はとても楽しそうで、ゴールを決めて喜ぶ子どもたちの姿もみられました。

IMG_0349IMG_0356

 

包丁ままごとのコーナーでは、たんぽぽ組の子どもたちが野菜を切って、料理をしていました。入園してきたころと比べると、包丁の使い方や盛り付け方が上手になっていて、子どもたちの成長を感じることができました。ままごとのコーナーにいると、くま組のMちゃんが「先生、これ見て!」と呼びました。行ってみると、丸く切ったにんじんに縦と横の切りこみをいれていました。何を作っているのか分からず考えていると、「ひまわりの真ん中を作った。」と教えてくれました。少したって、またMちゃんのところに行ってみると、きゅうりを小さく切って切りこみをいれたにんじんのまわりに花びらのように並べていました。「かわいいひまわりができたね!」と声を掛けると、Mちゃんはとても嬉しそうに笑いました。

IMG_0359IMG_0363IMG_0361

今日は午前保育で個別懇談と言うことで、たんぽぽ青組の子どもたちは靴箱をほうきではいたり、雑巾できれいに拭いたりしました。ほうきではく子ども、雑巾で拭く子どもなど、分担しながら掃除をすることができました。靴箱だけでなく、お部屋もきれいにしないといけないということで、みんなで1列に並んで雑巾がけをしました。普段から雑巾で床を拭く手伝いをしているたんぽぽ青組の子どもたちは上手に床を拭くことができました。雑巾がけをしている最中、子どもたちが足でトンネルを作り始めました。最初は、5人のトンネルだったものがだんだん増えてきて8人になっていました。トンネルを作った子どもも、トンネルをくぐった子どももどちらもにこにこで楽しみながら掃除をすることができました。子どもたちに掃除の仕方を教えつつ、楽しみながら掃除ができるといいと改めて思いました。

保護者の皆様、今日は寒い中懇談に来てくださってありがとうございました。

IMG_0371IMG_0376IMG_0381

ちゅうりっぷ組・さくら組・すみれ組・たんぽぽ赤組に1名ずつ水疱そうがでました。体や手足に湿疹が見つかりましたら、疑ってみて医師に診せてください。

2018年12月6日 木曜日

今日はあいにくの雨でしたが、こんな日こそ三葉っ子の腕の見せ所です!作品展や年長さんのお店屋さん、(そして年長さんのまねっこの自分たちのお店屋さんも)を経験して、ぐんと成長し、廃材で以前よりもダイナミックな作品や細部にまでこだわった作品を作っていました。
IMG_0690

来週12日はこあら組さんとひよこ組さんのお楽しみ会、14日は在園児の園内お楽しみ会があります。年中児は会食の配膳の手伝いと会議室の飾り付けを任されました。今日、りす組では「ぼくたち、わたしたちが年長さんになったら、こあら組さんが年少さんになって幼稚園に来る」ということを知り、年長さんへの憧れの気持ちと、”お願いね!頼んだよ!”と任された責任感を(ちょっぴり笑)感じて張り切って飾り作りをしました。登園して来て折り紙や包装紙を使って折ったり集中して作っている友だちを見て「ぼくもやる。わたしもやりたい!」とどんどん飾り作りの仲間が増えて行きました。すると先にしていた作り方を知っている子が「こうやってするんよ。」と見本を見せて教えていました。わからないことがあると「おーい!Aくん先生!こっち来て〜!」と”友だち先生”を頼って自分たちで教わったり教えたりしていました。その姿が微笑ましく、頼もしく、そんな姿を横目に教師は材料を出したり最後の仕上げをする手伝いをいそいそと楽しんでいました♩

こあら組さんに弟がいるJくんは「ぼくの弟はきっと興奮して大喜びすると思う!早く見せたいな。楽しみだな〜♩」とわくわくしながら言っていました。来週まで子どもたちは様々な思いで準備を頑張ることだろうと思いました。こあら組さん、ひよこ組さんお楽しみに!!

(年中児は配膳のときに着用するエプロンと三角巾の用意をお願いします。早めに持たせてください。)

IMG_0692 IMG_0693

また、お楽しみ会でする歌や手遊びの練習をしている年長児がいるホールを覗きに行くと年長さんがニヤニヤしながら口を押さえ「だめ〜!」と言うのです。これは何か良いことがあったに違いない!と「何があったの〜?何かいい匂いがするなぁ。教えて!!」と言うと、クイズを出してくれました。①頭の中のコンピュータがくるくる働くものです。②骨が強くなります。③それは名前(呼び方)が2つあります。 ………わかりましたか?

 

正解は「にぼし/いりこ」です!一生懸命練習を頑張った年長児はご褒美と応援のにぼしを食べてホールから部屋に帰る行進はとてもかっこよく歩いていてにぼし効果の即効性に思わず笑ってしまいました。

IMG_0698IMG_0696

今日の給食はおでんでした。大根、ちくわ、こんにゃく、じゃがいも、ウインナーと具沢山でした。昨日から調理師さんたちがみんなのためにお出汁がよく染み込んだおいしいおでんを食べさせてあげたいなと夜まで準備してくれていたことを伝えると「えぇ〜すごいね。とってもおいしいね。」と喜んでいました。

IMG_0691

明日は懇談のため午前保育です。預かり保育の予約、給食注文かお弁当の用意をお願いします。

2018年12月5日 水曜日

今日は、戸外に新しく長縄セットが出ていました。普通の長縄をして遊んでいた子ども達はその3本くっついた長縄セットのところに一目散に走っていきました。長縄が大好きな子ども達は「俺、郵便屋さんする!」「跳び込みしたい!」「4人で跳ぶけん回してや!」と近くにいる先生も誘って遊んでいました。一方では、折り紙で雪の結晶を作ってきて嬉しそうに見せてくれる子もいるなど自分のしたいことを十分に楽しんでいました。

IMG_0323IMG_0324IMG_0325IMG_0326

好きな遊びを楽しんだ後は、いよいよ青コースの子ども達はアイススケートに出発です。昨日の赤コースの子たちの話を聞いていた子ども達は「ねぇ、アイススケートまだ行かんの?」とみんな心待ちにしている様子でした。バスに乗り込むと赤コースの年少さんたちが門に集まってきて送ってくれました。道中、バスの中からイチョウの木を見つけた子ども達は幼稚園の木と比べ、葉が少ないことに気づき園長からどうして葉っぱがないものや少ないものがあるのかと聞かれるとNちゃんが「車が多く通る道やけん風もいっぱい吹いて葉っぱが全部落ちるんよ」と言っているのを聞いて、さすが想像力が豊かだなと思う瞬間でした。スポーツセンターに着き、スケートシューズを履いていよいよアイススケートのスタートです。初めての年中児はスケートリンクの氷が昨日の暑さで溶けてツルツルと滑り、氷との格闘でなかなか立てない子が多くいましたが、慣れた様子で歩く年長さんの姿が目立っていました。しかし、さすがの年長さんも転ぶたびに洋服の濡れた部分が増えているのを見て、氷のコンディションの悪い中でよく頑張っているな!と感じました。年中さんは壁につかまり、カニさん歩きを教わったのですがそれでも中々上手に進めず苦労しながらも「楽しい」と言って頑張っていました。次はいよいよ壁から手を放す指導を受け、真ん中までハイハイで行きそこから立ち上がる練習です。立ち上がろうとすると転げてしまい尻もちをつく子がたくさんいました。「全然立てん!」「どうやって立つん?」などと先生の助けを求めていました。そんな中、I君は「先生!見て!立てた!」と嬉しそうに言って転ぶことなく氷の嬉しそうに言って上を滑っていました。

年長さんも上がり、年中全員で競争になり、「よーい、どん!」の合図で大半の子がハイハイでスタートしました。進める子はすいすい進み、その後ろをハイハイで追いかけてゴールを目指していました。ゴールを目の前に立って進もうとするも、立ち上がるたびに転げてしまいリンクから上がると「疲れた!」と言って帰りのバスの中で寝てしまう子もいました。しかし、最後の2メートル程ゴール手前で年中のAちゃんとY君は正面で園長が「前を見てー、ここまでおいでー」と手を広げてくれると頭を上げて園長を見ながらソロリソロリと進み始めたのです。「歩けてるねー、すごいよー、頑張れ!」と励まされながらついに園長の手にタッチすることができました。2人は歩けたという満足感にいっぱいの笑顔でリンクを上がることができました。

CIMG0041CIMG0044CIMG0043CIMG0045IMG_2361IMG_2365IMG_2383IMG_2435CIMG0069CIMG0071

2018年12月4日 火曜日

雨上がりの今朝、雲の割れ目から顔を出した太陽に照らされイチョウの木が正に黄金色に輝いていました。それに気が付いた園長の「きれーい」という感動の言葉にみんなが集まってきました。そして、ひらひらとイチョウの葉が落ちるのを見て「綺麗だね」と子どもたちもイチョウの木を見上げていました。「あ、あそこに銀杏がついてるよ!」というと、どこどこと探していました。年長のRちゃんやSちゃんは綺麗なイチョウの葉を集めてきて薔薇を作っていました。自然物でなんでも作れる子どもたちはやっぱり本当に遊びの天才です。

CIMG9933CIMG9934CIMG9937

今日は赤コースの年中年長児のアイススケートでした。伊予鉄スポーツセンターに行くまでにはイチョウの木がたくさんあります。平和通りに入ると昨日の雨で落ちてしまったのか、葉っぱが落ちてしまった木や半分ほど残っている木、黄金色に輝いて入り木等がたくさんありました。走っているバスに向かってひらひらと飛んでくるイチョウの葉を見て「幼稚園のと同じくらい綺麗だね!わー!すごい!」と季節の移り変わりを感じながら伊予鉄スポーツセンターまで行きました。CIMG9938CIMG9939

伊予鉄スポーツセンターに着くといよいよスケートシューズを履いてリンクに向かいます。ここでは指導員の方に上手な転び方、立ち方、歩き方などを教わりました。年長児は年中児の時に経験していたこともあり上手に立ち上がれました。くま組のS君は立ち上がるとその気もないのに身体が勝手に「あれ、右に回るー!あれれ、今度は左に曲がるー!」とクルクル回っている姿がありとてもかわいく思いました。初めは立ち上がることも歩くこともできなかった子が転んでも転んでもなんども起き上がって挑戦していました。何度やっても滑れなかったKちゃんは最後に悔しくて涙を流していましたが古森先生が途中まで迎えに行って数メートル前で「おいで」と手を伸ばしてくれると、1・2・1・2とペンギンさんのように歩くことができました。転んでもすぐに立ち上がって古森先生のいるゴールまで行くことができ、とてもニコニコ笑顔でみんなから拍手してもらって満足そうでした。帰りのバスの中の子どもたちの顔はとても満足そうでいい笑顔でした。「年中のときよりも滑れた!」と嬉しそうな年長児でした。

CIMG9945CIMG9947CIMG9999CIMG0001CIMG0025CIMG0027CIMG9975CIMG9972CIMG0018IMG_0310IMG_0304IMG_0314IMG_0318CIMG0036

(健康情報)

嘔吐下痢3名

手洗いうがいをしっかりしてお部屋も綺麗に清潔にして過ごして行きます。

 

2018年12月3日 月曜日

12月3日(月)、子どもたちが登園してくると、幼稚園の所々がクリスマスムードになつていました。そして、今日の朝は緑色の木だったところも、子どもたちが集まってくるにつれ、キラキラのクリスマスツリーに変身していきました。クリスマスツリーの飾りには、キラキラ光るボールや自分たちで考えてサンタさんを折ったり、トナカイやプレゼントを上手に描いて作ったり思い思いにツリーの飾りを作っていきました。こんな素敵なクリスマスツリーを飾ったのだからきっと三葉幼稚園にもサンタさんが来てくれるに違いないと今から楽しみです。

CIMG9901CIMG9898CIMG9903

今日、年長赤コースのきりん・くま組は、最後の施設訪問をしました。行く前からSくんは「僕たちは、元気をあげる小さなお医者さんだから元気いっぱいでしないとね!」ととても気合いが入っていました。かっこいい衣装に着替えてバスに乗り込むと、さすが年長さん!バスの中でおじいちゃん・おばあちゃんに言う言葉も長い文が増えて大変かと思いきや…大丈夫!!なんと3回の練習で覚えることができました。施設に着くと、笑顔で迎えてくれたおじいちゃん・おばあちゃん。子どもたちもその笑顔を見ると、自然と笑顔が溢れてきました。始めの運動会の沖縄のおどりでは、うでもピシッと伸ばしながら、キレイな声で歌いながらおどりました。手話では、おじいちゃん・おばあちゃんに教えながら一緒に赤鼻のトナカイを楽しみました。すると、「あなたたちは本当にかわいいね」と褒めてもらい、たくさんの拍手をもらうことができました。

IMG_1219IMG_1257CIMG9908CIMG9911

ふれあい遊びでは、初めてにらめっこをしましたが、おじいちゃん・おばあちゃんを笑わかそうととびっきりのおもしろい顔をしたり、顔を見合わせて笑っていたり、最後の勝負ではみんなが大笑いをしとてもあたたかい雰囲気に包まれて時間を過ごすことができました。きれいな声でたきびを歌ったり、イス体操で「おしょうがつのうた」に合わせしっかり手を伸ばしおじいちゃん・おばあちゃんに元気になってもらえるように楽しく体を動かしました。最後におじいちゃん・おばあちゃんがお話ししてくれると、子どもたちはちゃんと目を見て真剣にお話を聞くことができ、一人ひとりに「ありがとう」「小学生になるために頑張ります」と最後まで話しながら握手をして、帰ることができました。帰りのバスでは、おじいちゃん・おばあちゃんに元気になってもらえたことを小さなお医者さんたちはとても喜んでいました。今日は年長さんのかっこいい成長の瞬間を見ることができました。また、このようなかっこいい姿が発表会などでも見れるように子どもたちと相談しながら進めていきたいと思います。

CIMG9912CIMG9916IMG_1263IMG_1306IMG_1308CIMG9925