幼稚園の日記(ブログ)

 Home /幼稚園の日記(ブログ)

2020年7月3日 金曜日

今日は海の家が七夕飾り作りのコーナーにへーんしんっ!三角つなぎや、四角つなぎを作るのに色の組み合わせを考えながら作ったり、友達と協力してながーい貝がら飾りを作ったりして、できあがった飾りは鉢うえの笹にどんどん飾りつけていきました。すると、海の家の隣ではM先生とN先生がゴソゴソと黒色の遮光カーテンを広げ始め、それを2階のテラスからつるして、そこへ少しずつ星の飾りがついていきました。それを見ていた古森先生が2階のテラスから遮光カーテンめがけて星を手裏剣投げし始めました。すると、子ども達もすぐに真似て次々と星を投げていきました。まるで夜空のような遮光カーテンいっぱいに星がちりばめられ、三葉オリジナルの「天の川」の完成です。手を伸ばせば届きそうで、届かない。そんな天の川を見上げる子ども達の目はキラキラと輝いていました。また少しずつ、子ども達と飾りも増やしていきたいと思います。

IMG_2572IMG_2578IMG_2576

 

IMG_2585IMG_2593IMG_2596

IMG_2591 IMG_2608

年長さんから始まった駐車場の野菜当番のお世話当番の表をみんなが見える場所に掲示しようということになり、年長さんが「どこがいいかな~?」「わかりやすいところは~」といろいろ考えていました。ワイワイ、ガヤガヤしている所にうさぎ組とひつじ組の子ども達がやってきました。表を見た年中さんの「私たちもお当番やりたーい!」の声に、年長さん達は「ダメだよ。これは年長さんだからできるんだよ。」と返しました。そこへ、教師も加わって子ども達といろいろと話し合っているうちに年中さんにも加わってもらってみんなでお当番をして、みんなできゅうりを食べよう!とお互いに納得することができました。

IMG_2621 IMG_2615 E5C7327A-3CBF-4935-893B-3F93559DEF64

そこで、今日はうさぎ組とひつじ組が当番になって世話に行くことになりました。世話をして帰ってきた年中さんの手には大小様々なきゅうりが合わせて18本もありました。そして、卒園した(今の3年生?の)お兄さんお姉さんが種から育てたニラも大きく生長していたので収穫すると、古森先生が「これでニラみそきゅうりができるね!」と一言。それを聞いて子ども達はもちろん教師も大喜び!そして、なんと今日は古森先生が調理室で子ども達の喜ぶ笑顔を思い浮かべながら、心を込めてニラみそを作ってくれました。ちょうどお昼前にできあがり、給食の前にみんなで「いただきま~す♪」とスティックきゅうりをニラみそにつけていただきました。子ども達は口に入れては「おいしい~♪」「うまーい!!」と口々に言いながら笑顔で食べていました。やっぱり採れたてで新鮮なきゅうりとニラを使ったニラみそきゅうりは香りもよくとても美味しかったです。心を育てる三葉の保育。保育者として、いつも子どものことを一番に考え、子どもの喜ぶ笑顔を想像し、今自分に何ができるのか考えて行動していきたいと思いました。「コロナだからできない」ではなく「コロナでもできる!」といつも以上に知恵をふりしぼり、今こそ子ども達にたくさんの経験をさせてあげたいなと思います。

2020年7月2日 木曜日

今日も子ども達は、登園するとすぐに外に出て遊んでいます。三葉幼稚園では、コロナ渦のなか、子ども達には十分な配慮をしつつ、可能な限りその時期に必要な経験をさせたいと頑張っています。その中の一つにプール遊びがあります。水汲み遊び(5月の)、6月からはプール遊びと気温の高い日はしてきました。ところが教師達の大失敗でプール遊びが、昨日はできなくなってしまったのです。朝、プールの準備をしていると、消毒液が切れていることに気が付いて、大慌てしましたが、急遽のことで間に合わず、この日は中止になってしまいました。子ども達には申し訳ないことをしてしまったと反省した教師でした。そして、今日はもう一度教師達で手すり、椅子、プールのふち等消毒し、プールの水もリトマス試験紙できちんと測定し、気温、水温を見て、準備を進めました。子ども達には、このような生活のなかで気付き、喜び合い、感じ合って楽しみながら成長し合っているだろうと思いながら、教師のちょっとした油断で、その日の楽しみを奪ったことを本当に申し訳ないと思いました。

IMG_3321IMG_3323

プレ年少、保育園の子ども達が入る小プールの水をタライで何往復もしながら入れていると、水汲み遊びコーナーのところで、年中のAちゃんが「ここ お水ないよ」とつぶやきました。その一言でバケツリレーが始まりました。「私 ピンク」「Bちゃんも運んで」と言いながら3人で運んでくれました。水が入ると早速遊び始めるかと思いや、今度は水汲みコーナーのところにあるトマトに水をあげ始めました。

IMG_3313

トマトの緑の実も太陽の光を浴びて、少しずつ赤くなってきています。「あっ 赤くなってる」「1つ赤くなっているね」と微笑み合っていました。

そして図書館のウサギ小屋の裏は木々の落葉によって腐葉土ができていて、植物にとってとてもいい土ができていました。そこにシャベルを入れると木の根っこが張り巡っていて、なかなかはいりませんでした。しかしそこを頑張って、プレ年少組で色々な所を掘って、掘れたところに年少さんが種を蒔き、育ててくれたひまわりの苗を分けて貰って植えました。雨の日は、担任だけが見に行ったのですが、毎日どうなっているのか、外に行く度、見に行き「あっ 元気になってる」と、まっすぐに伸びたひまわりを見つけては 、嬉しそうに報告に来てくれました。そして植物の生きる力の強さに驚きました。こらからも花が咲くのを楽しみに世話をしていきたいと思います。

IMG_3288IMG_3310

さて、その後の耳鼻科の検診後、たんぽぽ組の部屋に年長さんが来てくれ、一緒に盆踊りを踊りました。担任とプレ年少だけで踊る時は、別の遊びをしていると思い、くっつき虫になっているのかもしれませんが、担任の足に子ども達がへばりついて動けず、踊ることにならないことになるのです。年長さんだと、年長さんが踊っているのを見て、真似をして踊り始めます。その数がだんだん増えてきて、年長さんが歌いながら踊ると、同じように歌いながら踊っていました。どの遊びでも年長さんがしていることをじっと見ていて真似をしてやってみる三葉っ子たち。たんぽぽ組の子ども達も三葉っ子になったのだと思いました。している ことを覚えていて、真似をして行って欲しいともいます。その中で出来ないことがあるかもしれないけど、諦めず、何度でも挑戦して欲しいと思います。

IMG_3339IMG_3341

今日の赤コースの手作り給食です。

IMG_3348

2020年7月1日 水曜日

今日から月が変わり、7月になりました。今日は、昨日とは天候が違い、とてもいい天気になりました。太陽が出て、風が吹くと涼しく、とても過ごしやすい日でした。園庭では、昨日遊び足りなかったたくさんの子ども達が元気よく遊んでいました。ままごとの材料を切って、うさぎの餌にしたり、砂場の涼しい場所で大きな川を作ったり、冷たい土の感触を楽しんだりしていました。そして、皆で育てているミニトマトにある変化がありました。それは、少しずつ1個づつ赤く色付いてきているのです。色々なクラスのトマトが1個づつ大きくなり赤くなってきています。水やりをしていた子ども達は赤くなりつつあるトマトに気付いて嬉しそうにトマトを見ていました。子ども達と一緒にこれからも水やりを欠かさずして、美味しいトマトを育てていきたいと思います。

71AE7702-ED10-470F-8A8D-32D3E878E8C17CAD1F33-0628-4277-96F9-98ACFD335AC0312A1698-244D-443A-B460-53CC79F92E4CC3EFA504-AA65-41FB-A55E-EFEEC45AC974

今日はらいおん組さんが、初めてのうさぎ小屋の掃除、えさの準備をしました。まず初めに、教師がウサギ小屋を掃除する時の注意と説明をすると、子ども達は真剣に聞いた後、代表で男の子5名、女の子5名の計10名でうさぎ小屋の掃除をしました。普段は柵の外からしか触れ合わなかったうさぎですが、今日はドアの鍵も外され、いつもとは違う体験ができました。えさの準備をする時、教師から子ども達にうさぎは水分の多い野菜を食べると、コロコロうんちが出ないことなどを伝え

「白菜とキャベツはどっちが水分多いでしょう?」と質問をすると、子ども達は、「こっち!」と言い白菜の方を指差しました。ままごとで野菜で遊んでいる子ども達はいつの間にか気づいていたのでしょうかとても驚きました。ということで、キャベツをカゴに入れ、うさぎさんにあげたら終了です。

368578D7-F4B3-44E2-9052-8EE026E86105E215AD95-1DE9-41C9-A50B-22418E3CB4543CB7EC02-5131-44DD-AC29-C4DF02DB00FEF9C35045-4EAA-4DFB-B7F7-71410743B1A5

らいおん組のうさぎ小屋の様子を見ていると、「先生こっち来て」と他の教師から呼ばれて行ってみると、その場所は昨日の雨でまだ土が完全に乾いておらず、柔らかい状態でした。ちょうどその場所は、盆踊りをする場所なので、「どうしよう」と子ども達が真剣に考えていました。すると年少さんが手で砂をすくって運び始めました。それを見ていた年長さんがスコップを持ってきて、砂を運び始めました。さらに一輪車を持って来て、そこに砂を入れ、たくさんの砂を運べるということに気づいた子ども達が次々と砂を運び、ぬかるみを埋めスコップで平にしていました。テントを立てて陰を作ってしまっていたので、それに気付いたた教師たちが、太陽が当たるようにしました。子ども達で気付き、どのようにしたら良いかを考え、行動する姿に感心しました。

0E50E332-7B7F-416A-BB55-5D0D846D97D2792862E4-4932-40C5-901B-041507C75AC06BA6ADF1-FD1C-460E-AD3A-7866121F73C805EC2281-1E48-4CDA-9909-3A1AA78C270E

そして、今日はたんぽぽ組に新しいお友達が来ました。たんぽぽ赤組に2名、たんぽぽ青組に3名友達が増えました。先に幼稚園に来ている友達が名前を呼んで誘ったり、一緒にお絵描きをしたりする姿が見られました。明日からも、クラスの皆で仲良く楽しく生活してほしいと思いました。今月は、子どもだけの夏祭りや、作品展など、行事があります。子ども達が楽しいと思えるよう、教師、子ども達で準備を進めていこうと思います。

 

1B91B6DE-0117-4EC8-9C86-BA1F81D0F85E

<今日のメニュー>

胚芽米、ミートボール、厚揚げと野菜の煮物、ポテトサラダ、バナナ

2020年6月30日 火曜日

今朝も子ども達は今日こそ雨が降るに違いないと期待して登園してきました。しかし、今日も朝パラパラと雨が降って、その後、何度か湿り気程度に降っただけで終わりました。

75D7E1DB-1E58-4781-8389-E8F70AA287D7

そんななか、登園して来たさくら組のK君が季節を感じる生き物をテラスまで持って来てくれました。周りにいた子どもたちは興味津々で寄って来て「かたつむり!!」と声を揃えて言いました。その後、ひまわり組のKちゃんが「雨!」といったので、「かたつむりは雨が好きなんだね!!」と話すと嬉しそうにかたつむりが入っているケースの中を覗いていました。

一方、ひまわり組の子ども達は登園して朝の準備が出来ると、テラスや廊下に出て、虫の観察を始めます。今日は部屋の前に、大きな蛾がいて廃材のカップで捕まえて観察をしていたのでした。

BF299AAA-E075-4A91-9B4F-8A279B0BF03A135272E0-D8D5-4108-BE9D-B9D1950D6940

ひまわり組の部屋の中では、6月3日に行ったジャガイモ掘りの思い出アルバムを作っていました。子ども達はジャガイモ掘りのことを思い出しながら楽しそうに作っていました。紙でジャガイモを作る時も、「僕は2つしか取っていないから、2つにしよう」と言っている子どもがいました。「私はジャガイモ四角にしよう」と言いながら四角にちぎっている子どももいました。好きな絵を描くところは、ミミズや雲、ジャガイモを幼稚園で蒸して食べた時の絵などを描いて、たった1日の経験がこれほど子どもたちにとっていい思い出になるのだと改めて実感しました。

7662DA71-8613-42CC-B0C3-75B046DD2FD62F8B173B-0F51-495E-A1E8-C76983D27AC4

今日は歯科検診がありました。「松友先生が歯科検診に来られました。」と放送があった時、年少組の子ども達は少し緊張した表情をしましたが、いざ「歯科検診に行くから並ぶよ!」と言われると素早く並ぶことができていました。内科検診を経験している子ども達は大きな声で「◯◯です。お願いします。」「ありがとうございました。」と大きな声で言うことができていました。何人かは照れくさそうに言っていましたが言えたことがとても嬉しそうでした。そして部屋に戻るとホッとした顔で「全然怖くなかったよ!」と言って笑顔を見せていました。並んで自分の番を待っている時も、友達が喋っていると、シーっと人差し指を口に当てて注意している姿を見て、先生の話をしっかり聞いていて、喋ったらいけないこと分かっているのだと感心しました。これからも子ども達の日々の成長を一緒に感じて行きたいと思いました。

2020年6月29日 月曜日

 


朝、トマトの周りに子ども達が集まっていました。どうしたのか聞くと、ひつじ組のY君が「先生、ひつじのトマトの色が変わっとる!」と言って、そこまで連れて行って教えてくれました。Y君はひつじ組のトマトが色付き始めた事が嬉しく、たくさんの友達に教えていました。すると、それを聞いた子ども達が次々と様子を見ようと集まって来ました。「ほんとだー!」「ちょっと赤くなっとる!」「早く食べたいね」と口々に言いながらクラスの友達と収穫して食べるのを楽しみにしている様子でした。

IMG_5450IMG_5451

登園して来たくま組のk君が「水溜まっとる!」と嬉しそうに言ってきました。先週の雨の日に出した水ため装置の下に置いていた、ポリバケツの中に休みの間に降った雨が溜まっていたのです。その水を「明日、雨が降るからその時の魚釣りの水の足しにしたい!」とK君が園長に相談しました。すると「雨の水は空から降ってくる時に空気の中に入っている小さなゴミも持ってくるから、何日もたった水は使わないで明日は明日の雨を使おう。今日の水はトマトの水やりに使ったらいいよ」とアドバイスを貰ったK君とR君は「それだったら朝顔の水に使いたい」と言って、年長の2階のテラスに運ぶことにしました。しかし、そのままだと重くて運ぶことができません。どうしようか考えた末、溜まった水を小さなバケツに移して運ぶことにしました。テラスに運ぶとまたポリバケツに移し替えながらなんとか全て運ぶことが出来ました。水を運び終わると、次は表示を作ろうと、廃材の中から文字の書けそう物を探し出すと"あさがおにつかってもいいみず"と書いてポリバケツに貼りました。文字だけだと寂しいと感じたR君とY君は、何か可愛い飾りを作ろうと朝顔の花を作り始めました。しかし、廃材で作るには少し難しかったようで、ヒマワリの花に変えました。黄色い廃材を花の形に切り開いて飾りを作ると、セロハンテープを上手に丸め、両面テープにして飾りの裏にはり、ポリバケツに貼りつけました。それを見た年長の子たちは、その水を使ってあさがおの水やりをしていました。そして保育終了後の預りの時間には、A君達が明日の雨に向けてバケツをセッティングしていました。テントの下や水ため装置の下の水が落ちてきそうな所に並べて水を溜める準備はバッチリです。明日の天気予報は雨、明日の朝どれだけ水が溜まるのか、また、溜まった水を嬉しそうに見る子ども達の姿を見るのが楽しみです。教師たちも雨よ、お願いだから降って・・・。と祈るばかりです。

IMG_5454IMG_2067IMG_2069IMG_5458IMG_2077IMG_3218今日の給食の献立は、パン、中華風コーンスープ、マカロニサラダ、リンゴ、牛乳でした。

IMG_5462

2020年6月28日 日曜日

梅雨入りをし、蒸し暑い日が続いていますが、ひよこ組の子ども達は水分補給や衛生管理をしっかりする中で、元気に過ごしています。
そんな子ども達が関心を示しているのが、小さな生物です。
トマトのプランターにいたダンゴムシや、園庭でみつけた アリやカタツムリに、そっと手を伸ばしたり、動きを見つめたりしています。
W君、F君は絵本や図鑑から虫を見つけると笑顔で保育教諭に見せてくれます。
小さなもも組さんにも生き物に関心をもつ三葉っ子魂が芽生えています。

最近は、特にカタツムリに興味を持っています。
でんでん虫、虫の歌を歌うと、両手を合わせて可愛いカタツムリを作ります。
両手で作るチョキとグーの組み合わせが両方共グーの子、グーの上に指を1本だけ乗せている子、グーを横に並べている子、表現の仕方は様々だけど、それがまたとっても可愛いのです。
組み合わせた手を動かして、かたつむりのお散歩を楽しんだり、友達に見せたたりしています。
そこで、カタツムリを作ってみることにしました。
以前シール貼りをして遊んだトイレットペーパーの芯(その時は、転がしたり、並べたり、のぞいたり)を使って、その上に丸く切った廃材氏を乗せて、目玉を付けました。
出来上がると、とっても喜んだW君は、窓辺に持っていき這わせていました。
バスの運転手さんが来ると、「たたつり」と言って教えていました。
J君は、ソファーに座らせて自分の手で表現しているかたつむりと遊ばせていました。
M君は、大切そうに持ち歩き、みんなに見せていました。
次に保育教諭が天井から吊るすと、風が吹くたびに揺れて、本当に動いているように見え、子ども達はキラキラした目で見ていました。
次の日、F君が泣いていたK君を見て「たたし」「たたし」と言いながら揺れているかたつむりを指差すと、K君は泣き止め手を伸ばしていました。
K君をあやすF君の優しさに助けられ、とっても心温まるひと場面でした。

DSCN0727

DSCN0762 DSCN0756DSCN0711 DSCN0748 DSCN0754 DSCN0750 DSCN0752DSCN0736DSCN0739

また天気や水温と相談しながら水くみや砂場遊びも楽しんでいます。
砂場は涼しい風が吹き、開放的でお気に入りの場所です。今日もご飯を作ってはスマイルハウスに運ぶHちゃんRちゃんの姿が見られました。
遊びが日増しに発展している事を嬉しく思います。
1日1日を大切に子ども達と楽しんでいきたいと思います。

DSCN0768 DSCN0766 DSCN0758 DSCN0770 DSCN0759

2020年6月26日 金曜日

今朝子どもたちは、昨日の遊びの続きで雨が降ることを期待して登園して来ました。ところが残念…雨は瞬間的に降ったものの、雨水が溜まるほどは降りませんでした。それでも子どもたちは少しでも雨水を集めようと、雨が降ってテントの上に少量溜まった水を棒で突いてバケツや桶に落としていました。

126537C2-1240-40AA-9354-69B81E3426D8

すると、きりん組のY君がコップに入った水を持ってきたので「どうしたのそれ?」と聞くと、雨水が入るように作ったと説明してくれました。毛糸とコップを使って、上から落ちてくる雨水のポタポタを少しずつ溜まるように作っていて、コップを置く場所も「この辺かな?もう少しこっちかな?」と言いながら上を見てポタポタと落ちてくる水をコップがキャッチできるように考えながら設置していました。

C1810005-EB2B-46B2-8B49-44A01D645CF0

三葉幼稚園の子どもたちは本当に何でも遊びに変えることができるので「てるてるぼうず作る?」と古森先生が笑いながら問いかけると「雨が降らなくなるからダメ!」と雨も大好きな子どもたちは必死で答えていました。

「雨が降らないから遊べないね…」で終わらないのが三葉幼稚園の子どもたち!

雨水がなくてもひしゃくでボールすくいができると「1つ、2つ、3つ…」と数えながら2つのチームに分かれて対決していました。数えている途中でバラバラになってやり直すこともありましたが、遊びの中で算数あり、化学あり、学習の芽も育っています。改めて子どもは遊びの中で発見したり、発展させていって自ら成長していく姿を見ることができました。

E2B4951D-40D2-4006-8BEA-86D15FADFB17

85146870-A68F-4738-B4D3-C6EF16DD5299

戸外の天候が不安定で落ち着いて遊べないので、赤コース青コースのバスが帰ってきたタイミングで部屋に入って作品展に向けての作品作りになりました。さくらの部屋では、たんぽぽから進級した子どもをはじめ、今年度新入園した子どもたちも廃材をセロハンテープでどうやって繋ごうか考えながらくっつけていました。また、廃材制作が苦手な子どもはクレヨンや絵の具で絵を描いていました。

41DAB422-BF9F-4EC7-8509-01F5A8C0BA2D

年長の部屋を覗きに行ってみると「さすが年長さん!」と最初に声が出るほど絵も作品も本当にクオリティが高く、私は初めて年長児の作った作品を見て、今の年少児が2年後にはここまでできるようになるのかと驚きました。また、年長児は作っておしまいではなく、最後自分たちが廃材を使って出たゴミなどを掃除し片付けまでしていたので、小学校に上がるための準備の1つだなと感じることができました。

4AAE4A8D-9F08-4C30-AC1F-5E6AC7BE2F6A

80A0F4B3-2AB4-4544-9089-5E52FA1DE95F

158B259B-0D1E-4333-8626-7E57440CEF3B

さくら組は帰る前にぱんだ組に誘われて、盆踊りの練習をしました。戸外とは違いその場で踊るので、さくら組の子どもたちも周りのお姉さん、お兄さんを見ながら楽しんで踊っていました。

DE6FF4ED-D9F5-4290-B9BB-4CE5E6DA6C5D

昨日の遊びから雨を期待してきた子どもたちも、雨ではなくてもその時に合わせてできる遊びを見つけていて、毎日を楽しく過ごせるのは子どもたち自身から発信させていることを感じることができた1日でした。

 

<今日のメニュー>

EC79AAF0-BE1C-476E-A671-9A0121E66825

 

昨日のブログに雨水流水装置の動画をあげましたので、是非ご覧になって下さい。