幼稚園の日記(ブログ)

 Home /幼稚園の日記(ブログ)

2021年1月20日 水曜日

 ここ数日、寒い日が続き、屋外遊ぎ場の伊予柑狩りを見合わせていたのですが、今日は太陽が出て暖かくなるということで伊予柑の収穫へと向かいました。伊予柑を入れるために空っぽにした緑カバンを背負い、期待を胸に出発です。青コースの年長児は園長先生と共に1番に園を出発しました。キャリーを持った先頭さん、体より大きいキャリーに苦戦しながらも楽しそうに運んでいました。

IMG_4365

 2人組で手を繋ぎ、年長になると遊ぎ場への道のりは慣れたものです。道を渡る際には自然と左右を確認し、手を上げる姿もあり、先頭から振り返ってみるといつもきれいな2列で小学生の登下校のようでさすがだなと思いました。

IMG_4368

 園児たちが安全に遊ぎ場に行けるよう新しくできている工事中の道を今日は特別に開けてもらって通ることになりました。「工事中」の柵は園長先生の遊び心でくぐって進み「今日だけねっ」と普段は絶対行ってはいけないところをくぐり抜けました。

IMG_4371IMG_4377

 朝一冷えていた体も「あったかいね〜」「歩くとあったかくなったよ」と体を動かすとポカポカしてくる体の不思議に自然と気付きながらも少し急な斜面を力強い足並みで登っていました。

IMG_4386

 着くと伊予柑の木の前に園長先生に話をして頂きました。1つの枝に沢山のみかんが付いているところを持ち、子ども達と数を数え、11個あることが分かると、「みんなのためにいっぱいみかん(伊予柑)をならそうと栄養を分け合っているんだよ」と説明してもらうと年長児は頷き真剣に聞いていました。

IMG_4406

 今朝は霜が降っていて斜面が油断すると滑ることに気が付き「霜は空気が凍って出来るんだよ」と園長先生が実際に指で取って見せてくれました。話をよく聞いていたぞう組のRちゃんは足元にあった葉についた霜を見つけて指をさして見せてくれました。

IMG_4409IMG_4411

 そしていよいよ背負ってきたカバンを前にかけ、準備が出来ると、木の下に潜ったり、少し高いところの伊予柑を獲ろうと背を伸ばしたりしながらお土産の伊予柑を2個収穫するとカバンに入れ、もう1個を3人で分けてその場で頂きました。3人で協力して皮を剥くグループもあれば、ぞう組のあるグループは伊予柑の大きな皮をお皿にし、友達の剥く皮を入れられるようにしていました。

IMG_4459

 「おいし!」と勢いよく言う子や「あまいね〜」と友達と顔を合わせ笑い合う子など子ども達の色んな表情を見ることが出来ました。お土産の2つの伊予柑は「早くにぃにと分けっこしたい」「家族みんなに食べてもらいたい」とそれぞれ話しながら持って帰りました。家庭に持って帰った伊予柑をぜひ家族で味わってください。また明日の子どもの報告が楽しみです。

IMG_4450IMG_4461

 今日持ち帰った伊予柑にヘタが付いてないものがあると思います。お店に売っている伊予柑は早い時期にヘタをつけて収穫し、寝かせて熟させたものですが、今日子どもたちが持ち帰ったヘタがついていない伊予柑は今まで枝につけたまま自然完熟したものなので子どもが触っただけでポロっとヘタから外れたものです。その分甘味も違うと思います。完熟したもぎたての伊予柑ですので安心して召し上がってください。

2021年1月19日 火曜日

★昨日の心温まるエピソードその1

~ひとつ学んだゆきやこんこ♬~

昨日は朝からとても寒い一日でした。外で遊んでいるとフワフワっとそらから雪が降り始めました。それを見た三葉っ子たちは大喜び!「ゆきだ~!」と部屋にいた子も嬉しそうに外に出てきました。その時、放送で「ゆき」の歌が流れていたのですがその中の歌詞にある『わたぼうし』って何?と疑問に思ったY君が古森先生に聞きに行きました。

わたぼうし・・・古森先生はすぐにコットンを持ってきて中のフワフワの綿をつまんで飛ばして見せてくれました。綿はフワフワっと雪のように地面に落ちていきました。「このフワフワの綿は雪に似ているよね。だからこんな雪を「わたゆき」と言うの。わたぼうしというのは、歌にもあるように山が綿雪の帽子を被っていることだよ。!」と教えてくれました。Y君もなるほどとうなずいてよくわかったようでした。歌の歌詞には一つ一つ意味があります。私たち教師も歌詞の意味やストーリーを話しながら子どもたちと情景を思い描きながら歌っていきたいと改めて感じました。いつか山が綿雪の帽子をかぶっているところが見れるといいですね。♬雪の日が楽しみです!コロナのせいで年長さんの雪遊びがなくなって残念でした。来年は行けるといいですね。

★今日の心温まる裏エピソードその2

昨日は凍えるような寒い1日でしたが今日はうって変わってお日様の日差しが心地よい1日となり子どもたちは笑顔いっぱいで遊んでいました。どの遊びのコーナーを見ても笑顔があふれていてお日様パワーはすごいなと思いました。

10DD7006-B7B9-4ABB-803C-D3C029D74EF84A17AE1D-5AAD-441B-A1AD-54EAA5C0366D

そんな中、羽子板を見ていた園長が一言。「どちら側で羽根つきをするのかみんな知らないね」とつぶやき、『羽子板は絵がある側が表、絵がない側が裏だよ」と言って裏で羽根つきをすることを教えてくれました。

その話をじっと聞いていたりす組のK君は、羽子板を大事に抱え絵のない側を確かめながら羽根つきをし始めました。日本古来の伝統的な遊びの本当の意味を遊びの中で正しく教えていかなくては。知っているのと知らないのとでは大違いです。昔の人々は伝統的な行事の中で人が生きていくために必要な心や願いを込めて祭りごとを大切に引き継いでいたのです。三葉の子たちには、今の時代だからこそそのような心を教師がちょっとずつ気付かせて繋いでいきたいと思うのです。そういう機会を大切にしていきたいと思います。

E8A8BCD9-0821-4CBD-8B85-850843525916

さて、今日年長児たちは、ケーブルテレビの「スマイルkids」園児同士のインタビューの撮影がありました。朝から子ども同士で「大きくなったら・・・・」「何の食べ物がすきですか?」とインタビューの練習をしていました。先生たちも次々と年長さんのインタビューに答えていました。

F62668AC-6E3C-4E5C-92A3-099EBA6DC351C5171064-C7AD-41BA-89AC-B8B4D7F7816B

練習は和らいだ雰囲気の中で行われていましたがいざ本番になると練習では笑顔で答えていた子も緊張し、表情ががこわばってしまう子が出てきました。そこで園長は、待機場所を少し離れた場所に変えました。そして順番が来ると「笑顔だよ~いってらっしゃーい」と言って背中をポンと押し出してくれたのです。

そうすることでリラックスして本番を迎えた子供たちに笑顔が戻るのです。一人がマイクを持ってインタビューをし終わるとマイクを相手に渡します。お互いがインタビューをし合っている姿を見ると何だかチビッ子アナウンサーたちのようにも見えました。緊張してインタビューの内容を忘れてしまった子には、相手の子がそっと教えてあげるほほえましい姿も見られました。また普段は元気いっぱい走り回っているA君が緊張でカチンカチンになっているのを見てちょっぴり驚きました。人前で発表するのが苦手なB君も一生懸命自分なりに大きな声でゆっくりと話しているのを見て感動しました。「好きな動物は何ですか?」の質問に『ワニ!』 と答えた子が多くいました。作品展の時に年長児たちが藁で作った『ワニ』を思い出したのでしょう。ワニに対する思い入れが大きかったのだと思います。やっぱり体験は心に残るのですね。

そして、「好きな食べ物は?」の質問で印象に残ったのが「お漬物!」美味しいお漬物(お母さん手作りかな)でお茶漬け!これはまた美味しいですよね!私も朝インタビューされたのですが思っていることと違うことを答えてしまったり、ちょっと考えてしまったりしていたのですが子どもたちはちゃんと受け答えができていてすごいと思いました。

今日の撮影の中で色々なドラマがありました。年長さんは卒園DVD撮影もあるのでとても良い経験になったと思います。

この撮影風景は、2月と3月の2か月に渡ってケーブルテレビで放送されます。ケーブルTVが見れない方には申し出て頂きましたらDVDでご覧になっていただくこともできます。詳しい日程は後日お知らせ致しますので楽しみにしていてください。

D7850CE5-92C9-4574-B9CD-A0676E657820BF07FC80-EA7A-4E3E-99FF-979E97567C5982BE43FC-4746-4D1D-A3E9-0C072BEA84395932531F-35E1-4EFA-B970-F89649AA025C

2021年1月18日 月曜日

今朝は、テラスまで陽が差しポカポカ陽気で、園長が2年階へ来て部屋よりテラスの方が暖かいからと遊びの環境のお引っ越しをしてくれました。2階のテラスから下の園庭にいる先生が目に入り、「先生」と手を振ったり、隣のクラスの遊び道具が目新しくそこに行って合同で遊んだりしていました。

64552281-1B16-47E4-9306-94F3A0ADECFA

しかししばらくすると、あれほど晴れていた空がどんより曇ってきたかと思うと、空から白い小さなものがチラチラと降ってきました。「わぁー!雪」「先生 雪」「雪が降ってるよ」とテラスで遊んでいた子ども達も降ってくる雪に気付いて、大喜びで雪をつかもうと飛び跳ねたり追いかけたりしていました。

A469C128-F67F-46A6-9478-E1AA2BBA626A

テラスの遊びは中止して、部屋の中に戻ったのですが、暖かい松山ではなかなか雪に出会えない事もあり、子ども達は寒さなど気にせず大喜びで外へ行ったり、窓から眺めたりしていました。

「雪が積もったら、雪でいっぱい遊べるのにね」と声をかけると、「雪だるま?」とAちゃん、「雪だるまだけじゃないよ」近くにあった新聞紙を破って丸めて投げてみると「わぁー!する」と乗ってきました。「雪合戦って言って、こうやって雪を丸めて投げるんだよ」と話すと、周りで遊んでいた子も寄ってきました。Y君「これ、どうしたらいい」と破いた新聞紙を持ってきました。教師の横で座って丸めていたkちゃんの様子を見てY君も手にした新聞紙をくちゃくちゃと丸め始めました。ついにクラス全員の子ども達が丸めたことで、新聞紙の雪の玉が山の様にできました。しかしお部屋は遊んだまま…。そこでみんなで片付けてから雪合戦をすることにしました。

AEAE7974-BD87-4E8B-B3BF-05DE2039230A

片付け終わると、かごいっぱいになった新聞紙の雪の玉を床に広げると、それぞれが思い思いに雪の玉を手にとり上に投げて落ちてくるのを楽しんだり、友達と投げ合ったりして遊び始めました。籠を持ってくるとみんなが今度は玉入れです。いっぱいになると教師が籠を逆さにして玉をばら撒きます。すると「わぁー!」と駆け寄って拾うともう一人の教師に投げたり、中には背中に入れようとしたり、大騒ぎしていました。何回か繰り返しているうちに子どもの方から「もっと高い所からして」と言う注文で、高い所から雪の玉を降らせると、子ども達も台の上からその中にぴょんと飛んでごろごろと転がったり、拾っては教師に向かって投げたりしていました。

8C8E1418-9D21-4CCE-939D-36D9D1462FF01363CDD2-D0EE-4892-90E9-DDAA9D564ADE4ECF48DF-4979-40C7-BF5A-5982D34569903C1E3211-79F3-4328-A0E7-99C11C1FD468

0451E595-24FB-427B-ADCA-A4344FA150BA7C62F09A-5BC3-429B-B5F5-8E9D11D2AD4D606DECBA-3719-4B5F-BF3D-B74FC8E411A8630407CF-AA83-46E4-A149-10B42F2ED81C

沢山遊んだ後、ビニール袋にその新聞紙の雪の玉を集めて入れて口を縛ると、白くて丸い玉が2個できました。それをくくったところを合わせて結ぶと「雪だるま!」とNちゃんが叫びました。「目がいる」と言い、クレヨンを持ってきて描こうとすると、今度はRちゃんが「ボタンがいる」と言いました。(自分達で作って飾った雪だるまの胸にボタンをつけたのを思い出したようです。)そしてクレヨンを持ってきてボタンを作ってくれました。まゆ毛、口、鼻が付くと、M君が「帽子がいるよ」と言って、新聞紙を伸ばして丸めたドーナッツの様な帽子を持ってきてかぶせ、「雪だるまが出来たー!」と嬉しそうに触っていました。

3A9FACC9-8744-4B2F-A2F4-781474504C4D

今日は雪が降ったことで、お部屋で新聞紙を使っての雪遊びを楽しむことが出来ました。自然やとっさの出来事に気付き、そんな出来ない体験をさせていきたいと思いました。

今日の給食です。

594EF7C8-477F-4D07-9931-903EC5A43EC674033815-22C7-4874-B1AB-C934C1D16B32

2021年1月17日 日曜日

先週はいよいよ本格的な冬の訪れと感じる寒さがやってきて、先日は雪もチラチラ降ってきました。それに気づいた子どもたちは、テラスへ走って行って「キャー!」と大喜びで、その場でくるくる回ったり、手を広げて受けようとする姿が見られました。幼児たちはもしかしたら生まれて初めて見た白い粉は物珍しく嬉しかったのでしょう。

お部屋に入ると、この日は新聞バルーンで遊びました。新聞を広げると、子どもたちは次々と新聞バルーンの下に座っていました。保育教諭がそれを上下に動かすたび「キャー」と大喜び。隠れて遊ぶだけでなく、みんなでバルーンを持ってバサバサ動かしてみたり、布団にしてみたり、ちぎったり…とどんどん遊び方は変わっていきました。

IMG_7005 IMG_7011 (1) IMG_7018

IMG_7024 IMG_7022 (2) IMG_7012

最後にみんなでちぎった新聞を雪に見立てて遊びました。雲をつけたかごから「雪だ~‼」と新聞をまくと、子どもたちは舞う新聞に大喜びで目をキラキラさせて上を見上げていました。大きな大きなバルーンがお布団となり、最後は雪になる等、色々な物に変化させて遊ぶことによって様々な楽しさを味わうことができました。

IMG_7038 IMG_7035 IMG_7039

IMG_7046 IMG_7049 IMG_7056

又、別の日には、新聞や広告を両腕につけて鳥になりきって遊びました。「パタパタパタ~」と子どもたちの前で走ると上手に真似をしながらついてきて本物のひよこさんの行列になっていました。

IMG_7090 IMG_7074 IMG_7091

IMG_7112 IMG_7093 IMG_7072 (4)

この遊びを通して新聞紙は多様な遊びに利用でき、その中で育つ子ども達の想像力や気付き、知恵、工夫など楽しみながら五感を養っていく素材であることに気づきました。これからも五感を刺激しながら、子どもたちが楽しく遊べる保育を工夫していきたいと思います。

2021年1月15日 金曜日

今日は子ども達と教師達の楽しみにしていた鏡開きの日です。バスから降りてきたこども達も「今日は鏡餅を食べる日〜!」とワクワクしながら登園してきました。おしるこにして食べるのを覚えていたYちゃんは、お餅つきの時に古森先生が作ってくれたあんこがとっても美味しくてほっぺが落ちそうになったのを思い出し、「今日もほっぺが落ちたらどうしよう」と楽しみにテントの所を行ったり来たりしていました。今日のおしるこも古森先生が味見をして、美味しくなるようにと作ってくれました。遅コースの子どもたちも登園し、いよいよ鏡開きのはじまりです♫

はじめに古森先生にどうして鏡開きをするのかを教えてもらいました。鏡餅にはいろいろな神様がいます。”お野菜がたくさんとれますように”、”お魚がたくさんとれますように”、”泣き虫さんもニコニコになれますように”、”優しくて強い子になれますように”といろいろな願いの神様が住んでいるのです。その神様が住んでいたお家を「いただきます」と食べるといいことばっかりになるんだよ!と教えてもらいました。

E62A3843-D2D3-497D-B56D-54FC91446A17

今日は1月15日。今日でお正月もおしまいの日です。正月が終わったらお空に帰らないといけない!と神様もきっと大慌てです。そしてもう1つ、お正月の間に幼稚園に悪い物が入ってこないようにと玄関に飾っていたしめ縄飾りを燃やして、神様がけむりになって悪い物を連れて上がっていけるようにもしました。ところが、、、。ここで教師のミスに古森先生が気付いてくれました。しめ縄飾りに”だいだい”がついたままだったのです。だいだいは、おじいちゃんもそのまたおじいちゃんも、お父さんもお母さんもいてみんなが産まれたんだよ。代々幸せに暮らせますように!という意味があるんだよ!と教えてもらい、子どもたちも、もちろん教師達もとても勉強になりました。

5A70EB15-75AE-459E-8007-9DEF97B17F108CB4D874-7BAC-42E5-AE5D-7259C44CE106

さあ、鏡餅をわります。「力持ちの先生ー!」と古森先生が呼び掛けると、まずJ先生とN先生が手を挙げてやってきました。さすが力持ち!!お餅が2つにパカッと割れました!

6EBDC371-E96F-423C-8F1F-C7780493E108

でも2つではみんなが食べる分はありません。またまた先生たちがやってきて4つに!!

17FC97C7-2600-4E4C-9E2C-199A7DD3EF01

そして4つが8つに!8つが16こに!とどんどん大きな鏡餅がみんなで分けっこできるようにと割れていきました!

3978DE8B-74EA-4960-8332-5D127DECAAA02A252C91-3510-46F1-BC40-BEB2389203FF

神様の住んでいたおもちをみんなで分けっこして、甘くて美味しいおしるこの中に入れて食べました。

4191BD40-C547-4343-BB44-6F07C9773C74C4011F09-F19E-497A-BBE4-2C03E3081A0722BEABE8-E5F8-4AAF-BAE9-5767E7A095F5

おしるこを食べていたS君は、「美味しい!美味しすぎて僕おしるこになりたい!」とお椀がツルツルになるまで飲み干していました。あんこの好きなうさぎ組の子ども達は、T先生がおしるこを食べながら「美味しくてほっぺたおっこちそうだね!」というと、「先生!美味しすぎてもうほっぺた落ちてるよ!!」と嬉しそうに話しながら頂いていました。鏡餅にいた神様!三葉っこたちはおしるこにしておもち(お家)を頂きました。きっとみんなは優しくて強い子になりますよー!ごちそうさまでした。

869DAC9E-280D-4AB7-9E59-B462249A6593C5EDE173-3321-46C4-80EB-5941405FD92F8EB12AF4-D493-4DF6-9002-DE4C54356CAE4C750965-34CC-44D9-A7D6-2BF2019173E26E6046D8-C083-4230-8CEC-D40DEF60B506C12A3B69-34BB-4238-97DA-9E2C86DA5571C0FAF663-7E31-4901-ADDD-6EF28F5EB2A2D76D3550-73CA-4966-9674-9D04BD689D08D4C99E47-4A4F-4BD3-A878-65671A9F6308F85989CE-8736-4DF7-ABB0-53B7A8DEA194B0A67CD4-5093-47C1-BE44-393C35413AAA

今日の給食は、農林水産省実施、ゆめモグ南海放送の愛顔の子ども食堂企画によるナカフードさんの鯛給食の日でした。そしてもう一つ、三葉幼稚園のみんなに食べてほしいなと、愛媛県の方がメロンも持ってきてくれました。この今、コロナウイルスというものにたくさん悩まされている世の中ですが、美味しいときにみんなに食べてもらおう!と動いてくださった漁業、農家さんに感謝して美味しく頂きました。作ってくれた人も食べてもらえて嬉しいし、美味しい物を食べれたみんなも嬉しいね!と今日は美味しい物をたくさん食べれた1日でした♫

73BF9CC0-FE8B-4FAC-AA63-C3BE38EA160E82C3FADF-C477-4743-B2DD-4C38CEBB47051BDD0FF7-2ECF-4057-91F2-6FD2375825097A66F168-85FA-42A8-A2A6-B5B656D0EB8ABE1722E7-F683-4879-B76C-C394B5990B8525A6E0DA-5C37-446C-A15B-7507947D6F9E55698B4F-08A6-4091-93E4-6BD7441EAAA1

 

2021年1月14日 木曜日

今日は、先週の寒さが嘘のように暖かい1日となりました。

戸外では、友達と縄跳びをしたり正月遊びを楽しんだりしていました。年中・年長のお兄ちゃん・お姉ちゃんたちがこままわしや羽根つきなどをしている姿を見ていた年少の子どもたちもいつの間にか交じって遊んでいました。ひまわり組のKくんとJくんたちも羽子板と羽根を持ってつき始めました。最初は羽根が板になかなかあたらず苦戦していた2人でしたが、何度もしているうちにあたるようになっていました。空高く羽根を飛ばすことができたKくんとJくんはとても嬉しそうでした。

IMG_5700IMG_5703IMG_5701IMG_5711IMG_5721

また、テラスではいろいろなクラスの子ども達が交じって凧を作っていました。すると、すみれ組のSちゃんとRちゃんも「作りたいな~!」と言って、広告やひもを使って凧を作り始めました。SちゃんとRちゃんは、自分だけの凧が完成すると園庭に駆け出して、飛ばしていました。季節や行事ならではの伝承遊びに親しみを持って関わっていけるようにしていきたいと思います。

IMG_5713IMG_5716

戸外遊びが終わってから、すみれ組はシール帳折り紙で「こま」を作りました。戸外の遊びでなじみのある「こま」ということで子どもたちもイメージしやすく様々な色のこまができあがっていました。作り方が分からず困っている子には、友達が「こうやってするんよ。」と教えてあげていました。友達同士の関わり・助けあいもだんだん増えてきて、子どもたちの成長を感じ嬉しくなりました。感染症の予防に気をつけながら、子どもたちとたくさん遊んでいきたいと思います。

IMG_5722IMG_5723

※お願い

幼稚園では毎日体温を計って登園して頂くこと、体調のよくない子やコロナの感染が不安な子はお休みさせること、咳の出ている子は必ずマスクを着用することなどをお願いしております。保育園児や幼稚園児は、感染しにくく、かかっても軽症であること又、運動量が多い子はマスクをすることで息苦しくなることなどの理由で健康な幼児にはマスクをさせてもそのような時ははずさせて、呼吸を保つことが必要です。そのような理由で、必要に応じて着用を保護者に判断して頂いております。

厚生省や学校指導関係機関からの指導に基づいて、マスクの使い分け、又消毒、換気、オゾン機による室内消毒等十分注意しながら、お子さんを預からせて頂いております。医療従事者の方々のご苦労を考えると支える立場の私達もしっかり正しい知識を持って判断を間違えないよう気を付けて保育にあたっています。

どうぞご理解ご協力をお願い致します。

2021年1月13日 水曜日

今日から通常保育が始まりました。園庭では冬休み中に会えなかった友達と久し振りに顔を合わせ嬉しそうに遊ぶ姿が見られました。砂場では、年少児3人が力を合わせて穴掘りをしていました。Kちゃんが穴を掘っている横でC君が「こっちにも穴作るね!」と言って掘り始めるとB君も手伝って最後は三人で作った大きな穴に大喜びで入っていました。また、別のグループはパイプを繋げて水の道を作ると水を流して盛り上がっていました。

D331A79B-CC1C-4C81-A542-3A0ABB55115AE1BC0499-3DCD-4D43-981B-AF1B1BEDFEE2

一方では、正月遊びも賑わっており、羽根つき、こま回し、カルタ、凧揚げと楽しんでいました。羽根つきでは何度も空振りをして笑いながらも「もっかい!」と言って友達の所まで何とか飛ばせるようになっていました。「カツン、コツン」と音が鳴る羽根の音に「やった~」と喜んでいる子を見て教師も嬉しくなりました。また、手作りの凧では2階から写真を撮っていると「凧上がったよ~!」と言う元気な男の子の声も聞こえてきて、正月遊びを楽しんでいる様子が見られました。

51B4D7E6-49AB-4E36-B0F1-72F9888831A9B1713D19-91D7-4F5A-B141-F97E8F570EF0F7BA4787-B0AE-4C63-9220-AFB8CE879B4CACF75D98-514A-4451-90AC-19DC74FD9193

また、各クラス版画や月刊絵本等をしている中、たんぽぽ組は生活発表会に向けての活動をしました。たんぽぽ組はオペレッタ『大きなかぶ』をします。初めに教師が登場する役をあげていくと「おばあちゃん」「猫さん」等と出てくる役の名前を言いながら真剣に見ていました。物語を楽しみ、理解できると役決めが始まりました。衣装を見て自分で何をしたいか考えていた子ども達はなかなか決めることができず「あれもしたい~これもしたい~」と迷っていましたが無事に決めることができました。そして、最後は「みんなで頑張るぞ~」と手を大きくあげてクラスに戻りました。

5795F402-0E61-4A35-A8D8-D41B1364C9021B155ED2-BDD7-4651-B5BC-95AE7DC0B3A786F6BA66-43E5-4C9D-9C7F-9B5FC5A79E20791D6C7C-F62E-4CCE-85A5-DC3233A0EB09B14C5A71-3792-4955-A557-E141FDB6E8F994C3D091-A651-48C0-B797-09EA69CE8B29

今日は、3学期最初のお弁当の日です。子ども達は大喜び!

卵焼きやミートボール、唐揚げなどお母さんの手作り弁当を楽しんでいました。そして、子ども達は満足そうな笑顔いっぱいの顔で降園しました。

87CA68DA-0BC4-4436-A8D7-464210DB936E424D62C8-C694-4EF8-916F-D6B13286AB086DC9E8D9-451E-4F3A-BAB8-16C4DF698717F54564CE-DA80-40CC-96DB-AA8D9FB75C402335139C-171E-4F46-B875-68B8B42918D6