幼稚園の日記(ブログ)

 Home /幼稚園の日記(ブログ)

2022年8月14日 日曜日

毎日とても暑い日が続いていますが、子どもたちに負けないよう保育教諭も元気に保育をしていこうと頑張っています。 先週の金曜日の事、久々に曇り空になったのでさんさんらんどで遊ぼうと靴を履いていると、突然雨が降り始めたので急いでテントの下へ避難しました。雨がやみそうになかったので部屋へ入ろうとすると、テントとテントの間から雨水が流れ落ちていました。それに気が付いた子どもたちは大喜び。落ちてくる水をどうにか掴もうとしたり、保育教諭が置いていたタライの中に溜まった水を触ったりと、(ビショビショになる事は予想していなかったのですが)ビショビショになって遊び始めました。そして、テントの端っこに小さな水たまりを見つけると誰からともなく靴のまま、駆け足をしてバシャバシャし始めました。靴が・・・という保育教諭の心配をよそに子どもたちはすごく楽しそうで、とてもいい笑顔です。子どもたちは、小さな頭でいろいろな事を考えたり、他の友達がやっている事を真似してみたりしています。一緒にできない事もたくさんありますが、他の友達から刺激を受けて、昨日できなかった事が今日できるようになっている事もたくさんあり、私達もそれがまた楽しいのです。 IMG_5020IMG_5021IMG_5024IMG_5029IMG_5056         そんなみかん組の子どもたちは、よく保育教諭のお手伝いをしてくれるようになりました。そこで、8月に入り出来る子から少しずつ自分の所持品を片付ける練習をする事になり、声を掛けてみました。すると、ほとんどの子が水筒、お昼寝タオル、食事の時の口拭きを片付ける場所を知っていて、片付ける事が出来ていました。それにも驚きでしたが、1番驚いたのはタオル掛けの自分のマークを覚えて、一緒に行って声を掛けなくてもかけられる子がたくさんいた事でした。今まで繰り返し繰り返し伝えはしていましたが、いつの間にか覚えて出来るようになっていて驚くと共に感動でした。片付けの後はシール帳にシールを貼るのですが、身に付いている子は遊びに行かずじっと保育教諭の近くから離れないで、シール帳を指さしてアピールしていました。入園して約4ヵ月。まだまだ体は小さいですが、1歩1歩お兄さん、お姉さんになっていっています。入園当初には考えられなかった事がたくさんできるようになっていく子どもたちを近くで見る事が出来、すごく幸せに思います。これからも、たくさん子ども同士が刺激をし合い、心も体も大きく成長する様子を楽しんでいきたいと思います。 CIMG7014CIMG7017CIMG7020CIMG7034CIMG7037CIMG7039CIMG7040CIMG7041CIMG7044CIMG7048CIMG7045CIMG7051CIMG7055CIMG7063CIMG7071CIMG7075

2022年8月7日 日曜日

連日真夏日や猛暑日となりじっとりと暑さが体にまとわりつく感じがする毎日です。そんな中子ども達の楽しみは水遊びです。初めは水を怖がって顔にかかると泣いていたKくんも、今ではホースのシャワーを浴びてもへっちゃら!自分で顔を拭ってニコっと楽しそうに笑います。Rくん、Iちゃんは保育教諭の後ろからそっと近づきマヨネーズの容器を水鉄砲代わりに勢いよく水をかけてきました。「やられた~」と保育教諭が反撃し、追いかけっこが始まりました。泥遊びが好きな子はおにぎりを作ったり、泥水でジュースを作ったりして「はい、せんせいの」と持って来てくれました。Nちゃんは、アヒル、カバ、ペンギン、などの玩具を持ち、水浴びさせていました。ついでに自分も泥の中に腰を下ろし、豪快に遊び始めました。ジョウロを使いたいけど、全部友達が使っていて、それを物欲しそうに見ているCちゃんに気付いたAくんは、自分が使っていたジョウロを‶どうぞ″と言うようにそっと差出し貸してあげていました。Aくんの成長を感じる一場面でした。水遊びになると一際目を輝かせて遊ぶ子ども達。コロナ禍で思うように遊べないこともありますが、そんなことを感じさせず、水や泥の感触を楽しみ太陽の下で伸び伸びと遊び成長する子どもの姿に刺激をもらう日々です。

IMG_4978IMG_4970IMG_4969IMG_4974IMG_5005

 

 

 

 

 

れもん組では、絵具スタンプで花火を作ることにしました。トイレットペーパーの芯に切り込みを入れ、花火のように広げた物に絵具を付け、画用紙にペッタンペッタンとスタンプしていきます。今年2年ぶりに行われることとなった花火大会。友達より一足先に花火を見たSくんは「怖かった…」そうですが、保育教諭が「花火を作ろう!」と準備をしていると、興味津々で近くに来て見ていました。最初は一人一回づつペタっとスタンプする予定でしたが、Sくんが「トントントン」と何度も重ね付けをすると本当に花火が何個も上がっているように見えて、「すごい!一番花火っぽくてきれい!」となり、Sくん方式を採用することになりました。そして皆で「トントントン」と言いながら楽しく画用紙にいっぱい花火を打ち上げました。色とりどりの花火が並び、「きれいねー」と言うと、「きれいねー」と返すIくん。満足すると「おわりにしよ」と見せてくれました。できた作品は、8月の間保育室に飾る予定です。感染症対策で様々なイベントがなくなり、以前より季節を感じる機会が減っているように思います。この保育室を彩る子ども達の作品が少しでも夏の思い出になればいいなと思うと同時に、早く元通りの生活ができることを願い、今できることをしっかりしなければと身が引き締まります。

IMG_5002IMG_4994IMG_4990IMG_4980

2022年8月2日 火曜日

8月に入り、つい最近まで影をひそめていたセミたちが勢いよく鳴き始めました。

毎朝登園すると預かり保育の男の子も女の子も虫取り網を抱えてセミを探しあちこち走り回っています。

そんな子ども達を見て、園長が「子ども達が涼しく健康に遊べるように」と影を増やすことを提案してくれました。

37度にも達すると言われる酷暑ですが、冷房の効いた部屋の中にいるばかりでは、感染対策も十分ではなく、コロナにも負けてしまいます。

たっぷり遊んで体も心も健やかに、逞しく!

今日は預かり保育の三葉っ子の夏を紹介します。

6A578E85-1338-475D-9732-9BD7620ABD4A702A4CF3-B41C-4922-B9EE-A22DE31FB7E1

ぶらんこの上にも日よけシートを張ってくれました!風がびゅんびゅん気持ちいいです。

スワンボートも木陰にお引越し。

9E3DA65D-3C3B-4D95-8018-08A60254708F01320595-9BD5-43A0-B72D-9BE84C610BA4F2E348C2-4E17-4DF5-AFF0-4E0B6AD29CD3

 

科学の広場は相変わらず大人気。新しい装置を続々と発明しています。

年少児から年長児まで、少しずつレベルアップしていく遊びを横目で見ながら、なんとなく一緒に遊び、同じ空間を楽しんでいます。

50F6FA0C-CBB3-454D-A083-6F2C96825418

テラスは風が吹いてびっくりする程涼しいのです。お茶を飲んでほっと一息。

83C8EA5B-94FC-4BD2-B972-03CEAE36EE0B10333872-CBB0-4953-B7E2-9A0A566F5B177F0BEB12-CAE6-41C1-AEC1-9C83A26FBC25

三葉幼稚園は木がい~っぱい!木陰の下は涼しくて気持ちよくて安心です。

EEADF614-8680-49AB-88A1-BE52E7D1CB62

ひんやりした砂と、冷たい井戸水!山やら川やらプールやら・・・毎日いろんな物ができます♪

 

2C88B344-8F6E-4D8D-AF10-B40F7D97202AF5ED4C2F-8DF9-4A3F-81E7-DF473C9BAC783046E488-5405-4EB8-AF04-2CCF1780C0D2798FCE0F-315E-432C-9E20-AB4CF6ACCAB7

「男の子に負けないぞ!」「女の子み~んな水かけてやる!」今日の年長児の水鉄砲大会は戦いです!

水をかけてもかけられても楽しい水鉄砲。水鉄砲で遊ぶとしばらく、体がひんやり涼しいです。熱中症対策もできる楽しい遊びです。

7FC204D0-B5AC-440D-9DF4-AFAF8072AE7D

水鉄砲をしているとテラスに冷たい風が吹いてきます。「お兄ちゃんお姉ちゃん楽しそうだな~」ひよこ組さんもじーっと見ていました。

真夏の三葉幼稚園も遊びたっぷり!熱中症対策、コロナ対策に気を付けて夏休みの預かり保育を行っています。家庭保育に協力してくださる家庭にも感謝の気持ちでいっぱいです。様々な困難がたくさんありますが、三葉幼稚園はそれに負けないように、できる方法を考えて前向きに頑張っています!

2022年7月31日 日曜日

幼稚園は夏休みに入りそれに合わせたように気温は上昇し続けていて、子ども達には、コロナ・熱中症と厳しい夏になってきました。そんな中でも小さな子ども達は気にすることなく元気に登園してきます。
屋外遊ぎ場での生活も半年以上になり、みかん組・れもん組そして保育教諭達もすっかり生活に慣れ、今では保育園の園舎として心地よい生活を楽しんでいます。

登園してきた子ども達は早々に人工芝の上に出たり長い廊下のようなテラスで行ったり戻ったり、かけっこをしたりして遊び始めます。Aくんは車を持ってくると、ゆっくりと戸外で使っている赤・青・黄のカラフルな椅子を並べて、その上を走らせていました。それに気が付いたBくんもやってきてその様子をのぞき込んでいました。一方では、テラスの隅で汽車をつないで走らせているSくんの横で次々登園してくる友達をじっと見ているTちゃんの姿もありました。そのように朝はゆったりと時間が過ぎていきます。

IMG_4902 IMG_4905 IMG_4908 IMG_4910IMG_4916

 

 

 

 

 

先日、もも組の水遊びを見ていた古森先生からたくさんのアドバイスや指導をいただいたと伝達がありました。コロナ感染症のオミクロン株の感染が増加してきていることから水遊びの前後には使うものやたらいを次亜塩素酸で消毒すること、同じ場所で2人以上集まらないこと、時間差で入れ替わること、水道水を使い中が汚れないように気を付けること等、コロナ対策を強化するよう指導していただいたことを聞きました。保育園ではほとんど感染者が発生していないのですが、さらに対策を強化するようにとのこと。早速今まで遊んでいた環境を見直すことにしました。

カップやペットボトル、ジョーロなどは朝のうちに消毒し、子ども達が集まらないようにしました。着替えも一同に集めず、順番に行い、全員が安心して過ごせるよう、保育教諭達はフル回転です。そんな中で子ども達が気にすることなく楽しそうに遊んでいる姿を見ると嬉しくなります。今、コロナ感染症が猛威をふるう中、何も知らない子ども達には伸び伸びと動き回ってこの大切な時期を過ごしてほしいと思える、広々とした屋外遊ぎ場での生活ができることに感謝しながら夏を乗り切っていきたいと思う毎日です。またこの遊ぎ場は水も豊富で水に触れながら遊べる環境でもあることから何不自由なく夏を快適に過ごすことができとても ありがたいと思っています。

IMG_4912 IMG_4924 IMG_4926 IMG_4929

IMG_4930 IMG_4928

 

これからも熱中症の心配もある1~2歳はマスクの着用も難しいため、換気や手洗い、手指の消毒には十分気を付けていきたいと思っています。

まだまだ暑さとの戦いも続きますが子どもの笑顔にパワーをもらいながら頑張っていきます。

保護者の皆様、日々のご協力ありがとうございます。これからもよろしくお願い致します。

 

2022年7月24日 日曜日

毎日暑い日が続いていますが額に汗をかきながら気にせず子ども達は元気いっぱい遊んでいます。
雨が降って水遊びができなかった火曜日、ビニール袋に子ども達でシールを貼り、その中に水を入れヨーヨーを作ってみました。シール貼りの様子も月例によって様々で、もも組では月齢の高いYちゃん、Kくんはシールを台紙からはがすのも袋に貼るのも上手で早々と貼り終えては「もっとちょうだい!」と言うように何度も手を伸ばしては追加のシールをもらって貼っていました。月齢の低いHくんやSくんはシールが指にくっつくとはがせず手をぶんぶんふってみたり「ん〜!」と声をあげて怒ったりシールと格闘する姿を見守りながら思わず笑ってしまいました。水を入れて輪ゴムをつけ、完成したヨーヨーを子ども達に渡すと嬉しそうに手に取り、ほっぺたに当ててひんやり気持ちよさを感じたり、手でもんで感触を楽しんだり一人ひとりが楽しそうに遊んでいました。次の日は幼稚園の「かがくのひろば」の浅いプールが空いていたので作ったヨーヨーを浮かべて遊びました。保育教諭がひしゃくを渡してみると次々ヨーヨーをすくおうと夢中になってひしゃくを伸ばしていました。また、保育教諭がプールの中の水をひしゃくで混ぜて動かすとヨーヨーが移動していく様子を見たRくんは「わぁ!」と声をあげ、動いているヨーヨーをつかまえようと手で追いかけていました。これからまだまだ暑い日が続くので水遊びを積極的に取り入れ、夏を感じながら遊べるようにしていきたいと思っています。

FF67630D-40ED-4860-B1CC-FC945C70A652 3FF8F1AB-CDD5-499B-B53E-759F9E8801B8 5976F751-BC47-4EAE-A89D-5251C46193F5 F49ED749-3AE4-451A-B93A-05A80CCEAD2E 8210AEB6-D74B-4F8C-956D-5ADC13438FD4 6AB62C73-D698-43DB-8DE3-88D5F56B2314 BD9AEF4F-100E-44A6-846A-D3463E2A7340 C001B3C8-EC8F-4368-96AF-C88BDE9D70EF 8F35D360-64DF-4D3C-A853-731370A121A3 4B7F07E9-03D9-4C94-86D6-93C5366B0019 5CC5F0AF-64B9-4F4A-992B-F049F24D2526 4A698034-9C15-4125-9FC6-39B912B70158

今、子ども達の間では先月買って頂いた磁石ブロックの玩具が人気です。ブロック同士をくっつけて色々な形を作るのも楽しいのですがMくんはお部屋の前のフロアにある避難扉にこのブロックがくっつくことに気がつきました。そしてどんどんブロックを運んではくっつけ始めました。その様子を見た他の子ども達も次々やって来てみんなで避難扉にブロックをくっつけて楽しんでいました。しばらく見ていると子ども達はより高い所へくっつけようと背伸びしたりジャンプしたりとより高度なことを見つけて挑戦していて驚きました。そしてついにブロックではなくパトカーの玩具を持ってきてKちゃんの挑戦です。もちろんくっつくはずはなく「あれ?」というような顔をして何度も何度も試している姿に保育教諭も応援しながら見守ります。また、Wちゃんはこのブロックがどこにでもくっつくものだと思ったのか避難扉の隣にあるガラスの扉にくっつけようと挑戦です。しかしくっつくはずはなく、少しイライラした様子でバンバンとブロックで扉をたたいて苛立っていました。そんな中Rくんは、その後ろにあった玩具の消毒機にもこのブロックがくっつくことに気が付き、友達の群れから離れ一人磁石遊びを楽しんでいました。このようなどんどん挑戦したり試したり工夫したりしながら遊びを広げていく子ども達を見ているとやはり子どもは遊びの天才だなと思うとともに保育教諭があまり手を出し過ぎず、子どもの遊びを笑顔で見守ることも大切なことだと改めて感じました。これからも子ども達の遊びの様子を見守りながら一緒に楽しんで保育教諭として子ども理解を高めていきたいと思いました。

943122D1-5D55-4C19-92E9-FB48811448ED F0A7F557-0002-4F14-A07B-340C8F126550 CBD96304-B9BF-48AE-8DBA-85298BFF83B6 06A3E099-D896-4270-9CF3-9C2F84821AD4 353207F9-7A6F-407B-8BFF-F1D1425F8FAB 790FC160-3052-470C-A8C1-F020170EA447

 

2022年7月20日 水曜日

昨日の雨が大雨が嘘だったのかと思う程の晴天の中、1学期の最終日を迎えました。

進級・入園して約3か月。今年度の三葉っ子たちは、コロナ禍の中で大人に負けないくらいの知恵や行動力を遊びや毎日の生活の中で身につけてきました。言われなくてもさり気なく置かれた横断歩道の横の旗を見つけると手にして、高く上げ左右を確かめて渡ったり、ピタゴラ水遊びで「ああでもない、こうでもない。」とせっせと役割を分担したり、話し合って調節したり、どこを見ても「三葉っこってすごいな!」と感心させられるばかりです。

IMG_7504 IMG_5128

さて、今朝は太陽が照って真夏を思わせる空の下、子どもたちが登園すると、R4年度終園式が始まります。昨日の予定では、コロナ対策として園庭での終園式を計画していましたが、この炎天下では熱中症の心配もあるということで、急遽、会議室に変更し集合です。鼻までしっかりマスクをつけると、目がきりっと変わりかっこいい年長さんになり、背筋をしっかりと伸ばして会議室へ向かいます。

コロナ禍の中で自分の身を守るすべを身に付けてきた子どもたちは、大きな声を出さなくても習いたての手話を使って気持ちを伝えることができるのです。「おはようございます。」「おめでとう♪」「はーい。」どれも小さい声と手話の身振り手振りで挨拶も誕生日の友達へのお祝いの言葉も、そして、お話をしっかりと聞いて「うんうん。」とうなずいたり、どんなに距離が離れていても話をよく理解し、頭の中でイメージができるのです。古森先生から気を付けないといけないことなど、夏休み中のお約束を話してもらいました。子どもたちは、気を付けないといけないことがたくさんあります!!「熱中症に…コロナに…台風!もういっぱい頭使わんと!」と指を折りながら少し慌てるAくん、「よし‼これでコロナは入ってこないぞ♪」とマスクを鼻まであげ、満足そうな笑顔を見せるMちゃん、話を聞いてそれぞれ違った思いを話す姿に大人みたいだなと思わずクスッと笑ってしまいました。

そして、15分ほどの終園式を終えて帰り、「夏休みの約束なんやったけ?」と尋ねてみると…「アイスくれそうでも知らん人についていったらだめなんよ!」「ピンポーンって鳴っても出たらだめ。1人ででかけるのもいかんよ!」「マスクも鼻までしっかりしてね。」と右左右とやって見せてくれました。まるで小さな古森先生がたくさんいるようで、本当に理解力やイメージする力が備わった子どもたちに「さすが‼」と思うばかりの1学期の最後の日でした。

IMG_7508 IMG_7509 IMG_7513
IMG_7510

そして、1学期毎日過ごした保育室も子どもたちと一緒に掃除をしました。「ここ、ホコリたまっとる!」「あそこはまだキレイになりそう。」と子どもたちのお掃除センサーはピカイチです。お部屋も心もキレイに整理して今学期最後の1日を終えることができました。年長児は預かり保育の園児以外は8月のお泊り保育の日に、みんなが揃います。その日がとっても楽しみです♪

IMG_7516 IMG_7520

本日の引き渡し訓練では、ご協力ありがとうございました。現実、災害がないことを祈るばかりですが、万一に備えての準備は必要です。幼い子ども達を預かる者として、どんなに頑張っても私たちの力は微々たるものです。保護者の皆様のご協力により、教職員と保護者が両輪となって、子ども達を守っていきたいと思います。

0B028DFE-3B13-4F4E-A04B-D62D43F2E96688F63BA1-6CE0-42F8-9AD2-8E5A89DDACF6594E51CF-DD71-4950-924E-791D909E5DA6

今後とも保育現場でのご協力をお願いすることがあると思います。よろしくお願いいたします。

2022年7月19日 火曜日

今日教師達は、朝から雨が激しく降ったりする中プール前の固定テントに、休み前に片付けていた小プールやタライなど雨水遊びに必要な道具類を出していきました。朝の環境の様子を見に来た園長が教師達に、子ども達が自分で遊びをイメージして、どんどん道具類を動かしていくから教師がやり過ぎないよう少し離れて見ていること、どうしても手を貸さなければならない時と危険な時に教師の出番になる事の指導をしてくれました。そしてそこに登園して荷物を片付けた年長さんがやってくると、さっそくテントの屋根に雨水が溜まっている所がないか探し始めました。テントの屋根に溜まった水を見つけたHくんは、近くにあった短いといを持って来たのですが屋根に届きません。それを見ていた園長が倉庫から使えなくなった外ほうきを持って来ると、それを受け取った子ども達が雨水が落ちそうな所にバケツを置いて、テントを突っついて水を落としていました。あとから来た他の年長児達も、長いといとほうきを持ち雨水を落としていく係と、桶やタライを落下するであろう所に持っていく係などに別れてせっせと水を集めていました。

AB2F1BFD-6A30-47D9-A245-03A9C33143572F1EE4A2-B577-4DC4-8A20-07DC14148D48

 

その様子を見ていた年少児のKくんも雨水をバケツで受けようと、年長児の後ろをついて行っていました。Kくんに気が付いていない年長児は、雨水を次々と移動しながら落として行きました。Kくんはバケツを持って後々移動していて落ちる水に間に合いません。それに気が付いたKくんは水を溜めるのを諦めて今度は自ら落とす事に決めました。年長児の真似をしてほうきを使い雨水を落とそうとテントの屋根を突こうとしましたが届きません。するとKくんはブロックを持って来ると、積み上げ階段のようにすると近くの教師に屋根から雨水を落としたいから支えてくれと言わんばかりに「ウンウン」と言って支えてもらい雨水を無事に落とす事が出来ていました。朝園長が言われたように、遊びはじめは教師が環境になるものを遊びのヒントになるようにさり気なく出しておくと、子ども自身で考え遊びが発展していく事を改めて感じることが分かりました。子ども達で考えて行く遊びは、教師達が考えもつかない事が沢山起こり見ているだけでも十分に楽しめます。子どもの遊びが発展する事を邪魔しないようにして自分も関わりを持てるようにしていきたいと思います。

C519ED65-EE2C-4D6B-A32B-85B83538902C8CD818CE-DAEC-41BB-B62F-047696861DE6544E8782-C536-4248-8BB0-F05B3B705CD6

 

今日は、駐車場で収穫したキュウリやゴーヤ、ポンタ農園さんからいただいたナスなどを調理してもらって食べました。ゴーヤは古森先生特製のゴーヤチップスにして頂き大好評でした。ぱんだ組のYくんとSちゃんは、代表でゴーヤチップスを調理室に取りに行くと、古森先生から「いいものをあげる」と何かが入った小皿を渡されました。「これは最後に出来るゴーヤチップスの宝石なんだよ。とても美味しいから食べてみて」と教えてもらいさっそく食べてみる事にしました。口に入れると二人とも大きく目を見開き「う〜んあま~い」と口をそろえて言いました。その正体はゴーヤチップスの時に出来た天かすでした。天かすを見ると小さい宝石の様にキラキラと輝いていて、口に入れると何とも言えない歯ざわりと甘さが口の中に溶け込んでいきました。部屋に戻った二人は、待っていたクラスの子ども達に伝えようとした第一声は「宝石食べたら甘くて美味しいよ」でした。それを聞いた子ども達は何のこと?と言った表情でしたが、改めて説明をすると「どれなん?」と興味津々。ゴーヤチップスを手にするとすぐに頬張っていました。食べ終わった子どもの中には、ゴーヤチップスを食べるのに使ったお箸を何度も口にふくんで味わっていました。今年度初めてのゴーヤチップスはとても甘く、子ども達から次の催促がある程でした。

 

一学期も明日で終わりです。明日は災害時の引渡し訓練があります。お迎えメールが10時30分頃きますので、必ずお迎え方法と返信をお願い致します。