幼稚園の日記(ブログ)

 Home /幼稚園の日記(ブログ)

2016年1月28日 木曜日

今日、朝のバスで年長児がポツリと「もうすぐ卒園するんよね」と呟きました。すると、それからバスの中は今まで幼稚園で楽しかったことの話題でもちきりになりました。「民謡 四国巡りで褒められたことが嬉しかった」「お店屋さんが楽しかった。」「手作り給食がおいしかった。」「友達がたくさんできたことが嬉しかった。」など子ども達の口から次々と素敵な話が聞こえてとても嬉しかったのですが、卒園まであと2ヵ月なんだなと実感し少し寂しい気持ちにもなりました。

バスを降りて部屋に入ろうとすると、何やら楽しそうな声が聞こえていたので覗いてみると、子ども達が自分で「ねずみの嫁入り」の曲をかけて踊っていました。Aくんは「▲の再生ボタンを押したら流れるよ」と得意気な表情で言いました。いつの間にか操作の仕方を見ていて覚えていたのだと驚きました。子ども達だけで曲をかけて踊っていたオペレッタでは女の子のBちゃんが教師の口調を真似て「移動!」「とんでもない!」と先生になりきって周りの子に声をかけていました。その後の練習でも張り切って、大きな声で歌ったり、手を伸ばして踊ったりして自分たちで楽しく練習する姿が見られました。

また、さくら組では今日ちょっと時間を見つけて室内で「なんでもバスケット」をして遊びました。過去にも何度かしてみましたが、その時は恥ずかしがって自分でお題が言えなかった子が多く、教師がお題をだしていました。しかし今回は「自分からいいたい!」と言う子が増えたことにまず驚きました。さらに「今日の朝パンを食べた人」「今、白と黒の制服ズボンを履いている人」など、より具体的なお題を出せる子がいることや、それを聞いてさっと理解して行動に移す姿に、年少さん達もいつのまにか、お兄さんお姉さんになっているんだなと嬉しい気持ちでいっぱいになりました。

今日は赤コースが手作り給食で、さつまいもごはん、ソーセージ天ぷら、にんじんの天ぷら、酢の物、レタス、ブロッコリー、バナナでした。たくさん練習してお腹がすいていた子ども達はペロリと食べ終わっていました。

トラックバック
コメント (「先生の真似っこ」      さくら組 尾崎優香 はコメントを受け付けていません。)