幼稚園の日記(ブログ)

 Home /幼稚園の日記(ブログ)

2011年2月22日 火曜日

自由参観日2日目。戸外ではあちこちで元気な声が聞かれ、保護者の笑顔に見守られて今日の三葉幼稚園はさらに、にぎわっていました。そんななかで門をくぐってきた保護者の方を見つけて、「おはようございま-す!」と大きな声で挨拶をしていたのはりす組のM君です。幼稚園が好きで、毎日来てくださる方や、ご夫婦で来られる方もいらっしゃいます。つりかんの所では、Aちゃんが「お母さん見よって!」と言って、得意そうに端から端まで渡って見せていました。2学期までは、何回も挑戦して端までいくのがやっとだったのに、途中で止まることなくスイスイとやっているのを見て、思わず拍手です。お母さんも「毎日まめを作って帰ってきてたんですよ。」と、言って笑顔で頷きながら見ていました。さらに、次は1番飛ばし、そして反対から…。毎日の練習の成果を披露することができて、満足気なAちゃんでした。

      11222-1.JPG      11222-2.JPG

そして、今日はこあら組さんの登園日でした。いつも泣いてしまうこあらさんも、今日はにこにこで遊んでいました。また、靴箱の位置を覚えたり、自分でシールを貼ったりと、回数を重ねるごとに、どんどん幼稚園に慣れてきているのが分かり、嬉しく思います。友達同士のかかわりが見られたり、「お母さんにお土産作る!」と言って色水を作ったりする子もいました。また、遅コースのこあらさんは、今日は手作り給食で巻き寿司を食べました。「いただきます。」が待ちきれないくらいお腹ペコペコのこあらさん。すぐにぺろっと完食しました。帰りの準備をしていると、年中さんが迎えに来てくれました。年中さんも今までのお迎えの経験から、「自分たちがお世話をしてあげなくちゃ!」という意識や使命感のようなものが芽生えているようです。5往復もしてお部屋に連れて行ってあげたり、転んだらさっと手を差し伸べてあげたり、自分よりも大きな体のこあらさんでも、手を繋いで一生懸命連れて行ってあげたり。それを見た年中児のお母さんは、「この子がこんなにお世話してあげてるなんて!」と言って、普段見ることができない姿を見て、大変感動されていました。

      11222-3.JPG      11222-4.JPG

それから、今日はすごくいいお天気だったので、外やテラスでお弁当を食べるクラスがありました。くま組さんは年少のひまわり組さんを誘って、テラスで一緒に食べることにしました。お日様のあたたかい光の下で食べるご飯はとてもおいしくて、みんなにこにこでした。年長さんは、今日屋外遊ぎ場へ行ってちびっこハウスが新しくなっていたことや、いっぱい走って遊んだことを話したり、みかんの皮をむいてあげたり、異年齢のかかわりの中で楽しく会話したり思いやったりする姿が見られました。保護者の方も、隣でお弁当を広げて、一緒に食べる方もいました。お昼の放送で、「今日は何の日でしょう?」という問いかけがあり、子どもたちもお母さんも、「うーん。」と考えました。答えは「2(にゃん)2(にゃん)2(にゃん)」ということで、『猫の日』でした。クイズ形式の楽しい放送でした。

   11222-c.JPG   11222-b.JPG   11222-a.JPG

      11222-5.JPG      11222-6.JPG

朝は氷点下2度という気温でしたが、日中は風もあたたかく、春が近づいてきているのを感じます。終了まであと少しですが、たくさん遊んで、元気いっぱい過ごしていきたいと思います。

トラックバック
コメント (「お天気ぽかぽか参観日♪」 りす組 岩城 悠 はコメントを受け付けていません。)